これからの季節に親子でハイキング! >>

こども(小6)が
「宿題をやって行かないと 連帯責任で 体育の授業が受けられない」
と 言ってました。

先日 ニュースで どこかの中学でタバコを吸った生徒たちに連帯責任を取らせて坊主にした記事がありました。(検索エンジンで 「連帯責任 坊主」で出てきます。)
==質問==========================
何故、連帯責任では 指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?
例えば タバコを吸った生徒がいたら 「私の指導が悪かったので 私が責任をとります」でしょう。
何回言っても わからなかっくっても それでも 責任は大人側ではないのでしょうか?
(これが 現行の少年法の考え方にも反映していると思います。詳しくはわかりませんが。)

もうひとつ質問があります。
何故 坊主になることが 責任を取ることなんでしょうか?これだけ 髪型や髪色が多様化してて 坊主もひとつの髪型ではないのでしょうか?
それ以前に 「人は見かけで判断しないこと」と教えるのに何故?
(第一 髪の毛は 半年もすれば 男子ならフツーの長さになるのに・・・。)
(もちろん 強要するのは ダメだし、他人の体の一部分ですから 無理に切ったら 傷害罪?)
不思議です。
==================
私は 40代のオヤジです。
気分でたまに坊主(0.5mm-3mm)にします。
伸ばしてオールバックだったのが 翌日 いきなりってこともあります。
短くすると 電車などで ぶつかられて よく謝られるような気がします。不思議??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

いつも楽しく回答を読ませて頂いています。



>確認ですが、ミソギで坊主にするのが 時代錯誤がはなはだしいんですよね?
という一言に思わず吹き出してしまいました・・・(笑)

さて、私も基本的には連帯責任に教育的価値はないと考えておりますし、実際にはそうしなかったとは言えその様な発言があったこと自体が残念です。

ただ最近の子供達に多く見られる特徴の一つに、他者への咎めを他人事としか捉えることが出来ないという点があげられます。
例えば授業中に話をしている子供が何人かいたとします。私達の時代であれば一人に注意を促せばクラスの皆がピリッとしたものです。
しかし最近では誰かが注意を受けても自分への名指しでなければ「私じゃないのね」といった感じで再び話し始めるのですよ。
教員によっても確かに子供達の反応は違います。ですのである程度までは教員の指導力を問える問題なのですが、それでもやはり限界があります。
公立の場合は中学、高校になるほどその傾向が強くなります。
個々への対応がより必要な時代になってしまいました。
いわば『連帯責任』で何とかなる時代は既に終わっているとも言えます。

「時代錯誤」というのは的を射た言葉で、坊主頭や軍隊、みそぎ云々という時代的観点からではなく、「現代の子供達の心理、行動面を本当に理解しているか?」という点において正に時代錯誤だと考えます。
今、多くの子供達にとって連帯責任は仲間から反感を買う材料でしかありません。言うまでもなくそこから連帯感など生まれるはずもありません。
教員も本当はそれが分かっているはずです。もし本当に分かっていない教員がいたとすれば情けない・・・。
では何故そうするか、そう言うか?ですが、多くの場合はそれ以上の指導力を持ちえていないゆえの悪あがきでしかないと想像します。
懇談で話をしたくても、本当に来てもらいたいと思う保護者ほど懇談には不参加だったりします。
なので子供達の口から伝わることも十分考えた上での発言であると思います。しかし子供だって墓穴を掘ることはしませんから、本当に宿題をしなかった子供は親に言うはずがないわけで、これもまた虚しい結果に終ることは目に見えています。

以前中学生の息子が「同じ班の誰か一人でもマスクを忘れると全員が翌週も給食当番をしなきゃならない。今週も又エプロン洗わなきゃならないんだ。迷惑かけてごめんね。」と2週にわたり言ってきたことがあります。お陰で3回も洗濯させて頂き、保護者としての連帯責任を取らせて頂きました(笑)
忘れる子供は大抵決まっています。
何故かその後も一緒の班になることが多かったようですが、2週続けて洗うことは以後ありませんでした。
教員も本当に困っていた様で、懇談の際には息子に対して「彼の事で何かと迷惑かけて悪かったね」と言ってやって下さいました。
肝心なのはその後の対処ではないかと思います。ねぎらいの言葉がけを忘れずにすることで、上手くいくこともあるのです。もしその言葉が無ければ息子は恨みの感情を持っていたかもしれません。
教員がどこまで子供の心を理解し、踏み込むことが出来るか?で、その価値は多少変わってくるのかもしれません。

>何回言っても わからなかっくっても それでも 責任は大人側ではないのでしょうか?

仰る通りです。
叱られるより、親が自分の為に頭を下げている姿を見せる方が余程子供の心に訴えかけるものがありますよね。
それと同じで、「誰かが宿題を忘れたら私が一人で教室の掃除をします」と宣言し行動すれば何かが変わると思いますし、そうあってほしいと願います。

同じような事ですが、過去にクラスで物が無くなる事件が相次いだ際、教員が警察に通報すると言って初めて名乗り出た子供がいました。
その時に教員が「名乗り出てくれるまで毎日先生が教室の掃除(←また掃除・・・笑)するよ」と言って頑張る姿を見てることで名乗り出させた方が、より良い結果に繋がったかもしれませんね。
しかし最近の子供達だと「ラッキー」という感じで流されそうな不安も無きにしも非ずですが。

余計なお世話かもしれませんが、

>短くすると 電車などで ぶつかられて よく謝られるような気がします

やめた方がよいかもです。ファッションの一部にはあまりなってなさそうですし・・・。
それにスケベオヤジに見えなくもないので、電車に乗る時には別の意味でも注意してください。

ということで、

>何故 坊主になることが 責任を取ることなんでしょうか?これだけ 髪型や髪色が多様化してて 坊主もひとつの髪型ではないのでしょうか?

見かけで判断する人間が多いことを教員自身が分かっているからですね。
再生するという点で言えば、爪でもよいわけですね。
「それでは連帯責任で全員爪を切るぞ!」と言って一人づつちまちま切ってる姿を想像すると「なんだかな~」と思いますし、実際聞いたことありませんね。
やるからには大きめのパフォーマンスも必要なのでしょうか。
「やってやった」という満足感が欲しいのかもしれませんね。
可哀相な人達です。

この回答への補足

補足です。

質問とは関係ないですが・・・。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1729465

補足日時:2005/10/27 18:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね。発言があっただけでも遺憾なことですね。

「連帯感を持つ」と「連帯責任をとる」とは違うことですよね。

>教員がどこまで子供の心を理解し
理解=連帯感(=communication) なのかもですね。
(相互理解がcommunicationだから当たり前か・・。)

「ラッキー」は大人であり過ぎなのでは?と感じてます。自省を含めてですが、大人気(だいにんきではない)とは自制心を持っててコントロールできることだと。公共の福祉を考えてみるとか。

>見かけで判断する人間が多いことを教員自身が分かっているからですね。
自分が見かけで判断するからなんだと思いますよ。
私は こどもに 罰で坊主頭にしようとは考えません。だって自分が 罰でないのに坊主頭なんだし。
「爪でもよいわけで」と読んだとき、「爪をはがすのかぁ。過激だなぁ。」と思っちゃいました。

>「やってやった」という満足感が欲しい・・・。
この質問にご回答を!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1728669
=========================
えっ 「ぶつかられて」ですよ。自分からはぶつかったりなんかしませんよ。
スケベオヤジには見えます!もしかして 私のことを知ってるのですか!?
==坊主の話======================
坊主(丸刈り)にしたのは、高校のときに運動会の棒倒しで負けて 次の日に坊主にしたのが初めてでした。前髪がないと自分を隠せる?感覚がなくなり、気分が前向きになります。
サッカー選手やお笑いの松本やタレントさんでも坊主頭(剃ってはいません)おおいと思うんですが・・。
洗髪時にシャンプーやお湯の量が少ないので環境にやさしい髪形ですし、セットも整髪料も要らずで 寝癖もつかないし。それに おでこをぎりぎりまで洗えますし。
とにかく 否のない髪型です!!
でも 雨粒が痛かったり ちょっとものに当たると痛いのが難点ですね。髪の毛が頭が保護しているのを実感できます。

お礼日時:2005/10/27 17:24

連帯責任。

確かに馬鹿げた話だと思います。
坊主になることが責任をとることではないと思います。日頃から坊主頭にしている人に対して失礼でもあります。
しかし「指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?」というのはどうでしょうか。
本当にその人の「指導が悪かった」のでしょうか。
教育とは、その時に生徒に理解されなくても、後で「あの時に先生が言っていたのは、このことだったのか…」と生徒が気づけば成功なのです。
ですから、もし先生が悪いとするなら、それは法律を犯すような行為をした生徒に何も言わなかった場合や、連帯責任などという理不尽な処置をした場合ということになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>「指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?」というのはどうでしょうか。

そうですね。ここの部分は、なんともです。
連帯感を強制的に持たせるための指導者からの強制的な連帯責任であるなら、指導者自身が連帯責任に入ってしまったほうが、連帯感を持ちやすくなるのではないだろうか?と直感的に私が考えてしまっているためです。
(これ以上の説明がつきません・・・。)

お礼日時:2005/11/03 11:13

>教師は特権階級?では ないですものね!


ただ、次世代に対して大きな影響を与える職業なので 責任と権限を明確にして より大きな責任と権限を持たせるのが良いと考えております。
(「なんでも 学校に相談下さい」的では破綻してます。)

「権限」の意味をご存知でしょうか?
教員が公の職業である以上、法規制以外の処罰を与える権利はありません。
又指導者にとって『より大きな権限』なんてものは存在しません。
権限が大きさを増せば個人的な『権力』でしかありませんから。

あまりに極論なので閉口してしまいますが、「学校に相談してください」という意味もどうやら誤解されているようです。何でもかんでもじゃまるで馬鹿としか言い様がありませんよね。ポリシーは持ちつつも相手の意向を受け入れ思考する柔軟性をと余裕を持つことこそ指導者に必要な要素であるわけで・・・。
よく教員が発する「相談してください」はそういう意味合いですね。「私は私なりの考えでより良い環境を整えていますが、疑問に感じたことなどがあれば遠慮なく・・・。」といった意味ですね。

>指導=処罰 と世間で考えられてしまっているのが残念です。

誰が決めた「世間」ですか?少なくとも私はその様には考えていませんが。
指導=処罰と認識しているのは、ほんの一部の処罰に対する快楽主義者でしかないと今日の今日まで思っていました。
躾と称した虐待で我が子を殴り殺す殺人鬼と、行っていること自体は何ら変わりありませんよ、極論で言えば・・・ですが。

>「教育現場ではそんな悠長なことはしていられないんだ。現場をしらないからだ。」と突っ込まれそうですね。

そうですね・・・(笑)

どうしても議論になってしまいますので、もし自動的に削除がかからなければ自分で依頼します。
それでは、またどこかで・・・。

この回答への補足

言葉の定義とか 言い回しとか これだけの短文で書き表すのは難しいですよね。
(ISO用語での 責任と権限 でつかってみました。)

だから バカなんですってば。
でも、愛想の良い校長や教育長などの発言はそうもとれなくもなくないですし。
(私はそうは理解していないのですが、PTAなんかで話していると なんでも こどものことを任せられると考えている保護者の方がいらっしゃいます。)

なんとなく 私と似たような 考えなのかなぁと感じてしまうこともありますが・・。
(と思われるの嫌でしょうけど・・・。)

でわ でわ~

補足日時:2005/11/01 12:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足です。

>だから バカなんですってば。
って 主語は「私自身が」です。

お礼日時:2005/11/02 19:55

すみません、余計ややこしくなりましたね(笑)



基本的には

>No.4にも書いたように連帯責任とは学校側が生徒に対して科す「罰」であり、いかなる「罰」も受ける側が納得するかどうかなど考慮しません。これは「罰」だけではなく「罰」を与える判断基準となるルールも同じで、お子さんが通う学校でもすべてのルールと処罰を生徒が納得した上で決定してはいないでしょう。
 つまり「ルール」や「罰」というのは、それを決定し実行する側と従う側に権力の偏りと強制力が生まれます。そして「ルール」や「罰」は集団全体の秩序を守るために作られるので、従う側の心情というのは考慮されません。質問内容が「何故、連帯責任では指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?」と「何故 坊主になることが 責任を取ることなんでしょうか?」の二点でしたので、私は連帯責任という「罰」の性質についてNo.4で説明したことをご理解ください。
 ただし『教育現場における「連帯責任」の弊害や「坊主」という罰の問題に関しては質問と関係ない』と書いたように、教育現場で用いる「罰」として連帯責任が正しいかどうかは疑問です。overtoneさんはお子さんが納得していないことを気にしていらっしゃいますが、問題は子供が連帯責任を「納得するかどうか」ではなく「理解できない」ことで、子供が理解できない「罰」を用いても教育効果は現れません。ですからovertoneさんが連帯責任という「罰」をなくしたいならば、「子供が納得できない」を理由にするのではなく「子供が理解できない」ことを申し出るべきだと思います。

というNo.10さんの回答に対する個人的見解を述べたまでで、あくまでルール違反ですから削除対象かと思われます。
勿論No.10さんの回答は質問に忠実であるとは思いますしそれを教育現場に適用することに賛同されているのではないことも理解しています。
ただ、もしも教育現場に「連帯責任」という名の罰があるとすれば、それは少し違うのではないかと感じた次第です。
しかしマナー違反には変わりありません。反省しています。

しつこいようですが、私は教育現場における連帯責任を他の連帯責任と同一線上で語ること自体が基本的に間違っていると思います

ところで他の連帯責任と・・・と自分で書いておきながら何ですが、日常生活において連帯責任があるとすれば、一体どのような場面で出合われた事がおありでしょうか?私は数十年前に小学校で経験したのが最初で最後です。笑い話の一つにはなっていますが、それによって何か得たか?と言えば、不満以外は何もないですね。

そもそも教員に処罰を与える権限があるということ自体不思議でなりません。親の私でさえ処罰の資格は無いと考えているのに・・・。
あ~、関係ないかもしれませんが、我が家では理に適ったルールしかありませんので。
宿題を忘れれば翌日に2日分させますし、失敗すれば初めからやり直し、物を壊せば小遣いから弁償し、法に触れるような悪い事をすれば交番に連れて行きます。
それが「責任を取る」ということだと考えています。ですので親子双方に罰という認識は一切ありません。

又、質問にお書きの「喫煙に対する処罰」は教員が行うものではないと考えます。
きちんと警察に自ら出頭させる・・・それが唯一指導者が取るべき行為ではないかと思います。
それを一斉に丸坊主・・・。
連帯責任という名目で真っ当な教育をしたかのような気分に陥っている教員を可哀相な人と評価するのはそういった考えのもとに発したものです。

責任を取ることと罰を受けることは、全く次元の違う問題です。
罰から得られる物があるとすれば、それは子ども達が自らそれを決定した場合に限り一部有効であると想像します。
あまり好きなやり方ではありませんが、どうしても罰を利用した教育を求めるならば(色んなやり方があるでしょうからあえて否定はしませんが)、教員はあくまで提案だけにとどめ、後は子供達に委ねるのが最良の方法かと思います。

余談・・・家庭で「連帯責任」と称して関係のない兄弟にまで罰を与えたなら、一生兄弟関係は上手くいかないだろうな~。学校ならそれが有効に働くのかな~・・・ちょっと不思議。私はまだそんなことしたことないし、しようとも思わないけどな~。
上の息子がタバコを吸った罰として下の息子の髪の毛も一緒に切るの?え~っ!

「辞職」することによって「責任を取った」つもりのお偉方・・・あれと同じような発想かな(笑)

この回答への補足

複雑すぎますっ!

もう わかんないんで、見当違い過ぎることを書いてしまうかもしれません。
========================
「連帯責任」は、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1745267
のNo.6で書いたような、こどもに対する保護者としての責任なんかはそうだと考えてます。
でも 連帯が足して100%なら そうではなく 保護者各人が 100%の意識を持つ必要があると考えています。

保護監督の責任として、警察に連絡する。ものと思われます。未成年者に出頭させるのも一理とは思いますが・・・。

教師は特権階級?では ないですものね!
ただ、次世代に対して大きな影響を与える職業なので 責任と権限を明確にして より大きな責任と権限を持たせるのが良いと考えております。
(「なんでも 学校に相談下さい」的では破綻してます。)

指導=処罰 と世間で考えられてしまっているのが残念です。指導=指差して、導く と考えております。(間違えているかも)
「教育現場ではそんな悠長なことはしていられないんだ。現場をしらないからだ。」と突っ込まれそうですね。
でも、テロの憎しみの連鎖については 否定していながら、自分の目の前の矛盾を容認する。そんな 教師の方もいらっしゃいます。残念です。(論理の飛躍?)

辞職などで責任をとるのを容認するは世間と思いますが・・・。
====
教育=教え育む(そだてるではない!)
労働=(共に)働き(共に)労う、(他人を)労わるために働く
そんな 概念なんだと思いますが・・・。
よく こどもともそんなことを話しています。

補足日時:2005/11/01 10:23
    • good
    • 0

的外れな回答でしたらスルーしてください。



単に強制力を持たせただけの「連帯責任」という罰が、教育上有益なるものを与えることが可能だとは到底思えません。
宿題忘れに対しての授業放棄・・・大人であれど理解は出来ませんよ。子供に理解できるはずなどありませんし、私も説明できません。

私が書きたかったのは「連帯責任といえど、様々な状況の中では、やり方次第で何とか出来なくもない(否定の否定で極めてゆるやかな肯定)」という事です。

ただ現実問題として、理解出来もしないことを無条件に受け入れる時代ではなくなった事を教育者側が理解しておかなければならないと思うのですよ。
連帯責任がその役目を果たせなくなってしまっている事にさえ気付かず、それを指導や教育という範疇で行われていることに疑問を感じます。
うちの息子のように個別にねぎらいの言葉をかけることが必要なのだとすれば(教員がその点を理解していたのが救いではあったものの)、一体何の為の連帯責任なのかが疑問です。

相手を鉄砲や爆撃で殺傷し国を滅ぼすことが目的の軍隊などと、知性を与え、人を愛し育まれ育むことを目的とした教育現場が、同じ理論の下で不条理な罰則を与えるというやり方で人間そのものを矯正しようと考えるなら、それはやはり根本的に間違っているとしか言えません。
罰だから何でもありですか・・・。
そんなものから本当に仲間意識が生まれるでしょうか?
確かに子供によっては迷惑をかけないよう配慮する力が育つでしょうけれど。
それにしてもやはり『道理』は必要であると感じます。
マスクを忘れて当番を2週・・・これは取って付けたような友情論で何とか子供への説明がついた為黙認しましたが、授業放棄となっておれば「何故そうするのか?」と教員に尋ねたと思います。
教育における罰にも条理が必要です。
法の場における罰にも条理は必要です。だからこそ長い時間をかけて裁判が行われます。同じように1人の人間を殺したとしても量刑が違うのもその為ですね。

そして子供を育てた経験のある人間であれば分かるはずですが、「理解」のみならず、「納得」のないところには何も育たないという点は無視できません。
納得のいかない部分から反省は生まれません。反発が生まれるだけです。

余談ですが、喫煙は何故20歳以上ならOKなのでしょうか?
答えは一つしかありません。それがルールだからです。
19歳ならダメで20歳なら許される。何故??
統計上まだまだ明確になっていない部分もあるようですが、健康上の理由からなら全面禁煙にすべきですね。
最近では学校内での教職員の禁煙も珍しくなくなりましたが、今でもスパスパ吸っているところがあります。
子供達が頻繁に出入りするにもかかわらず・・・受動喫煙の観念はなさそうです。
なのに子供がタバコを吸えば罰則ですか?
警察に通報すればよいのです。そこで国が定めた処罰を受けさせればよいのです。それが法律なのですから。
逆に、教員に違法行為を処罰する権利があるとでも言うのでしょうか?
教員は裁判官ですか?どこぞの刑務所の刑務官ですか?

そこには納得も理解もありません。
納得や理解がなくても許されるのは罰ではなく取り決めに関してのみです。それも法で規制されていない部分でのみです。
勘違いしてはなりません。

要するに「宿題を忘れたら罰を与える」という取り決めは指導する側が必要に応じて行えばよいのです。
問題は、『罰の度合い』を一教員が個人的な感情の下に決定することにあります。
学活の時間にでも「宿題忘れが何人いた時にどのような罰を与えるか?」を子供達に話し合わせると良いのです。
そうすれば細かな部分で納得がいかなかったとしても「クラスの皆で決めた」という点で説得力があり効果が期待できます。

別に批判するつもりはないのですが、確かに質問内容に対してのNo.10さんの回答は的確です。
ただ、
>No,7に補足質問が投稿されているので回答します(以下省略)
の部分についてはどう読んでも補足質問には受け取れません。学校側に対しての発言であることは十分理解できると思いますし、実際私はそう理解しました。
別に説明不足ではないと思いますが・・・。
(この発言もルール違反ですね。お気に触れば削除依頼して下さい。)

参考URL有難うございます。がんばります。

この回答への補足

私がバカすぎてわかりません!
これは 私に対するご回答なのでしょうか?
難しすぎる・・・。ん~。

補足日時:2005/10/31 22:31
    • good
    • 0

 No,4とNo,7に投稿したKotarou-BBです。

No,7に補足質問が投稿されているので回答します。

>「連帯責任の小学校における教育効果を教えてください」と聞いています。

 OKWaveでは議論が禁じられています。ですから最初の質問にみんなが答え、自分の回答に対する「この回答への補足質問」や「この回答へのお礼」にのみ追加で回答や補足、提案を行うのがルールだと私は理解しています。

 当初の質問は「何故、連帯責任では 指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?」と「何故 坊主になることが 責任を取ることなんでしょうか?」の二点であり、私が回答したNo,4のコメントで質問(もしくは疑問)と思えるのは「強制的に連帯責任を負わせるのは こどもでも納得ができないようです。(大人なら納得できますか?)」という一文です。これを見る限り私は「連帯責任の小学校における教育効果を教えてください」という質問をされていないので、それ以外の質問には答えようがありません。

 ちなみに「連帯責任の小学校における教育効果」に該当する内容はNo,4に記載しています。

『教育現場における生徒の「連帯責任」はルールの強制力を増すことと、「自分がルールを破ったらみんなに迷惑をかける」という状況で仲間意識や集団生活を学ばせる意図があり』

 表現は「意図」となっていますが、「教育効果」というのは教育する側が意図した結果のことを指します。ですからそれ以外の結果は「教育効果」と呼びません。つまり上述した一文を「教育効果」と認識して問題ありませんし、実際にどれだけの効果が現れるかというのは教育現場で統計をとらない限りわかりません。

この回答への補足

再度ではありますが、
論理的な展開のご回答を戴いている(と私が思っている)方に対して、「答えられないだろなー」などとチャチャを入れていられません。

本当に説明不足で申し訳ございませんでした。

補足日時:2005/10/31 12:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。

説明が不足しておりました。


>「連帯責任の小学校における教育効果を教えてください」と聞いています。
は、こどもの通学している担任教諭への連絡帳へ書いたもので、Kotarou-BB様へ向けてのご質問ではございません。

また、その下の「答えられないだろうなー」もこどもの通学している小学校に対しての言葉であります。

まったくの説明不足で、Kotarou-BB様をご不快にしてしまったことをお詫び申し上げます。

また、「教育効果」については 私が素人なので わかっていないで用語を利用したものです。
教えていただきありがとうございました。
(担任教諭から 「教育効果がこんな風にあります」みたいな回答がきたら おかしいって事ですね。)

いろいろとご教授・ご指摘 ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/31 07:57

まずびっくりなのが「連帯責任で体育の授業が受けられない」と言うこと。

小学生ですよね?小学校の教師に子供の義務教育を邪魔する権限などありません。教育委員会に訴えたほうがよろしいかと。そもそも国民の税金で食わしてもらってる公僕のに難癖つけて職務を果たさないとは言語道断ですね。

個人的に連帯責任ほどくだらない物はないと思います。他人は他人、自分は自分。自分が間抜けでタバコすってるのがばれたら自分の責任、教師に怒鳴られるなりされればいいのです。関係ない人間を巻き込むなと思います。「何もしてないのに連帯責任取らされるなら俺らもやっちまおうぜ」と言うことにもなりかねませんし。ま、個人的に未成年がタバコすうのはある意味しょうがないと思いますがね(どうしても一部吸う奴は吸うし)大人への反発もあるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まぁ 体育の件は 冗談かもしれませんので・・。
担任教諭とはよく話しているので、時間を見つけて聞いてみます。

憲法では 内閣と国会が連帯責任なんですねぇ。
(議院内閣制だから当然?)

>俺らもやっちまおうぜ
これではまずいですよね。
いじめの原因にもなりかねませんよね。

タバコは個人的に嫌いなんですが・・・。

お礼日時:2005/10/27 17:28

 No,4に投稿したKotarou-BBです。

私の回答が質問者さまに誤解を与えているようなので、回答の補足として投稿します。

>強制的に連帯責任を負わせるのは こどもでも納得ができないようです。(大人なら納得できますか?)

 No.4にも書いたように連帯責任とは学校側が生徒に対して科す「罰」であり、いかなる「罰」も受ける側が納得するかどうかなど考慮しません。これは「罰」だけではなく「罰」を与える判断基準となるルールも同じで、お子さんが通う学校でもすべてのルールと処罰を生徒が納得した上で決定してはいないでしょう。

 つまり「ルール」や「罰」というのは、それを決定し実行する側と従う側に権力の偏りと強制力が生まれます。そして「ルール」や「罰」は集団全体の秩序を守るために作られるので、従う側の心情というのは考慮されません。質問内容が「何故、連帯責任では指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?」と「何故 坊主になることが 責任を取ることなんでしょうか?」の二点でしたので、私は連帯責任という「罰」の性質についてNo.4で説明したことをご理解ください。

 ただし『教育現場における「連帯責任」の弊害や「坊主」という罰の問題に関しては質問と関係ない』と書いたように、教育現場で用いる「罰」として連帯責任が正しいかどうかは疑問です。overtoneさんはお子さんが納得していないことを気にしていらっしゃいますが、問題は子供が連帯責任を「納得するかどうか」ではなく「理解できない」ことで、子供が理解できない「罰」を用いても教育効果は現れません。ですからovertoneさんが連帯責任という「罰」をなくしたいならば、「子供が納得できない」を理由にするのではなく「子供が理解できない」ことを申し出るべきだと思います。

>少年法は 詳しくないですが、まだまだ大人で無いんだから罰するよりも立ち直らせようと言うものとイメージしております。

 少年法に限らずどのような刑罰も「更正」を目的にしています。しかし少年法の場合は「成長過程であり判断力が未成熟な未成年者」が一人前の大人ではないという考えから一般の刑罰に比べて寛大になっているだけです。「罰するよりも立ち直らせよう」という点だけを過剰に考えるのは、「子供は悪いことをしても罰を受けない」という極論に結びつきやすいので、あくまでも一人前の人間ではないから処罰が緩くなっていると考えた方が良いですよ。

この回答への補足

>「子供が理解できない」ことを申し出るべきだと思います。

ではなくて、
「連帯責任の小学校における教育効果を教えてください」
と聞いています。

明確な答えはまたまた 出てこないだろうなー。
どっちにしても 文書では回答ないだろうなー。
嫌われオヤジだよなー。

補足日時:2005/10/27 17:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

coolで logicalな補足ありがとうございます。

>「子供が理解できない」ことを申し出るべきだと思います。

それ以前に 保護者で大人の私が 理解できていないので困ったものです。
(情け無いオヤジであります。)


>あくまでも一人前の人間ではないから処罰が緩くなっている
のですね!勉強になります。

============
「罰」ですが、確かに受ける側が納得するかどうなのかは考慮しないですよね。
(シロートなんで ほんと わかんないんですが)
法とかなら 多数決と言うか民主主義の原理で決まりますよね。学校側のこういうルールと言うか 罰って同なんでしょうね。どうやって 決めているんでしょうね?
連絡帳で担任と管理職に質問してみますね。
(緊急時の判断は、学校にいる時は 学校側に全面的に任せるしかないですけど・・。)

あと こどもの「体育」件ですが 結局は 宿題をやってこなかったこどものみが 休み時間に宿題をやるように指導されたとのことです。
===================================
この質問は、「こどもが罰を受けるのが嫌」だからではなくて、「こどもと 罰 今回は連帯責任によるものを 話していて 疑問に思った点が出てきた」ことによる保護者の質問と 捉えてください。

お礼日時:2005/10/26 08:16

他の方々がすでに回答されていますが、私は以下のように考えます。



「連帯責任」というのは、極めて不自然であると感じます。「宿題をやらない」、「未成年者がタバコをすった」というような具体的なことが判明しているならば、当事者だけにペナルティを課すべきかと思います。成人社会は、そのようなルールと思いますので、子供(未成年者)を対象に別のルールを適応することは不自然に感じます。

最近、高校の野球部員の不祥事が報道されていますが、高校生は未成年者です。高校の野球部・監督・部長だけが非難されているように思いますが、保護者である親に対する非難はほとんどありません。これも異常と感じています。ニュースからえる情報では、野球部員個人の不祥事の結果、連帯責任として野球部全体が非難されるという構図になっていますが、納得できるものではありません。

小学生・中学生・高校生については、家庭の責任と学校の両方の責任があります。主には、家庭(両親)の責任だろうと思います。しかし何か不祥事が起こると、当該の生徒(両親)の非難・糾弾はほとんどなく、学校(先生)だけが非難されていると思います。しかし、学校(先生)は、学外での生徒の言動を管理監督できないと思います。このような基本的な事情を無視したまま議論しているように思います(最初から攻撃相手を想定しているように感じます)。

マスコミから非難されると、学校サイドは、いつも責任回避の態度に終始しているように思います。その結果、一般人は、学校の対応はまずいと感じます。すなわち、管理職の職に適していない人が管理職に就いているように感じます。不祥事が起きたら、どのように対応すべきか「危機管理」についての対応が身についていないように思います。

「頭の丸刈り」については、他の方の意見のような「ペナルティ」に対する慣習的にものがあるように思います。表面的なことは、どうでもいいですと思います。心から「反省」するようなことなら、何でもいいと思います。

我慢できるような「連帯責任」であれば不満はでないかと思いますが、行き過ぎると我慢できない「連帯責任」になります。そのような場合、事態は全く別の方向に進み深刻になることもあります。この場合、先生の責任は追及されるのではないでしょうか。

基本的には、「連帯責任」は軍隊のような組織では問題ないかと思いますが、一般の教育現場では「先生の憂さ晴らし」という色彩が濃いと思います。現代では、教育の一環として受け入れることは難しいように思います。

家庭というか、生徒に対する責任は保護者にもあることを声を大にして主張すべきではないかと思います。現在の風潮なのか、生徒に対する責任は「学校」というのは如何かなと思います。

この回答への補足

No.6さんに向けてではありませんが、この補足欄をお借りいたします。
======================================
自分の質問を読んでいて気づいたのですが、
ひとことも「学校側が責任をとるべき」みたいなことは書いて無いですよ!
(意識して書いたわけでは無いんですが・・。学校が責任を取るとは考えてもいないので。)

「指導する大人が」と書いてありますよね。
これは 保護者が第一です。
(指導って 処罰とかでなくて 指して導くですよ。ご注意を)

補足日時:2005/10/25 19:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

申し訳ありませんが、他の方へのお礼欄もご参照下さい。

==まとまっておりませんが================
連帯責任ですが、やはり 自分から申し出るような 状況でなければ おかしいですよね。
罰を与えて 心から反省する でしょうか?親身で指導(指導は 指して導くで 罰したりすることではないですよね)する人に 感銘を受けたりして、反省するのではないでしょうか?

丸刈りで 反省では、「人は見かけで判断しなさい」と教えているようなもの。

元々 現憲法に 「連帯責任」の概念はあるのでしょうか?

そうです、こどものことで 学校に責任を押し付けることは まったくおかしな状況であります。

お礼日時:2005/10/25 13:44

>何故、連帯責任では 指導する立場の人が一緒に 責任をとらないのでしょうか?


例えば タバコを吸った生徒がいたら 「私の指導が悪かったので 私が責任をとります」でしょう。
何回言っても わからなかっくっても それでも 責任は大人側ではないのでしょうか?

この部分だけ、しかも専門的なことは全然わかりませんが・・・。
今学生ですが、ほとんどどのクラスにもタバコを吸っている人、一人はいるんですよね。
悪い学校じゃないですよ。進学校です。
それで教師に責任を取れと言ったらほとんどすべてやめてしまいそうです。
それに、親に責任はないんですか?
家のほうがすごす時間は多いですよね。
「責任を取れ」と教師に言うなら
親にも責任を取れといっていいんですかね?
もし、家で吸うことを覚えたらなら、
「親のせいでそういう風になってしまった。責任取れ!」と言われて親をやめる、もしくは絶対にきちんとやめさせることができるのでしょうか???

論点がずれていたらすみません。
ひとつの意見としてみていただけたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

もちろん 保護者に責任があると考えます。

質問では、「教師が生徒だけに責任を取らせるのは それも 連帯責任をとらせるのは ちょっと」と言う内容のつもりです。

うちでは こどもが何かやってしまったら、一緒に謝りに行ってますし・・。いくつになっても こどもですから そうなんだと思います。
「恥ずかしい」とか「お前が悪い」とは 言いません。
一緒に謝り 善処するだけですね。

元々 学校なんかは 保護者ができない(時間的に能力的にいろいろと)所をフォローするものと言う位置づけで考えてます。
学校側は「なんでも任せてください」的なところがあり、無理がありすぎます。(そうでない校長、はっきり 「これはできない」と言う校長などもおりますがそのほうが 真摯に生徒のことを考えていると感じます。)

お礼日時:2005/10/25 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連帯責任で居残り

小学3年生のクラスですが、宿題をしない子が1、2人いるそうです。
宿題を忘れるのではなく、遊びたいから宿題をしていないようです。
結局放課後に連帯責任(?)との事で、クラス全員居残りさせられ、
先生からの説教とその子の宿題が終わるまで帰らせてもらえません。
こういった事が先月くらいから何度かあり、
こどもの習い事にも支障がでています。
習い事の当日のキャンセルは日にちの変更も出来ませんし、
もちろん休んだ分の月謝も還ってきません。
それに薄暗くなってからの帰宅する事も心配です。

今まで色々指導してきたけどうまくいかず、
苦肉の策でこのような指導をされているのだとは思いますが、
毎日ちゃんとしている子にとっては、非常に迷惑です。

この連帯責任は子どもたちにとってプラスになるのでしょうか?
みなさんはどう思われますか?
今週懇談会があるので先生とこの事をお話したいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

連帯責任の意味を考えてみます。

本来の趣旨は、連帯責任をとらされたその他大勢が
そうならないようにやらない人間を指導するようにする
というものと思います。
例えば、みんなで一緒にやる掃除ならば、
連帯責任で叱られれば、やらない人がいたらやるように言うことは可能ですし、
実際にやっているかどうかの確認もその場で可能です。

今回はそれとは異なり家でやる宿題です。
連帯責任で叱られても、やらない本人に指導はできないし、
やっているかどうかの確認もできません。

となると何を期待しているのかということですが、
強いて考えれば、やらない生徒がみんなを巻き込んでいることを負担に思って
やるようになることを期待しているのではないか、ということになります。
ただ、これはそれを負担に思うほどの高尚な心がなければどうにもならず、
現に複数回居残りをさせられているところからすると、
そのような心はないと思われます。

次なる期待としては、本人が負担に思わないのであれば、
何らかのペナルティを生徒たちが
別途自主的に与える効果を期待しているのかということです。
具体的にはフラストレーションのたまった生徒たちが
「いいかげんにしろよ」と言ってみんなでいじめることによって
いじめられた本人たちに宿題を強制するということです。
だが、果たして先生はこれを考えているのかどうか。

以上のように、
どのようなプロセスで効果が上がることを狙って居残りをしているのか
全員でやる掃除ではなく家で一人でやる宿題に連帯責任は意味があるのか
数回居残りして全く効果が上がらないがどのような展望をもってやっているのか
といったことを冷静に問うことは意味のないことではないでしょう。

結論としては、その1、2人だけを居残りさせればいいと思いますが。

連帯責任の意味を考えてみます。

本来の趣旨は、連帯責任をとらされたその他大勢が
そうならないようにやらない人間を指導するようにする
というものと思います。
例えば、みんなで一緒にやる掃除ならば、
連帯責任で叱られれば、やらない人がいたらやるように言うことは可能ですし、
実際にやっているかどうかの確認もその場で可能です。

今回はそれとは異なり家でやる宿題です。
連帯責任で叱られても、やらない本人に指導はできないし、
やっているかどうかの確認もできません。

となると何を...続きを読む

Q中学の部活が停部ばかりになります。

事あるごとに部活停止にされてしまいます。

課外授業にガムを噛んでいるのを見つかった。
スキー教室の宿舎で、お菓子が見つかった。
学校のトイレに飴の包み紙を捨ててあったので、お菓子を食べたのを追及されて、見つかった。

これは他の部活の子も同じで、野球部、サッカー部、などいろいろです。

うちの子の部活は停止ばかりの措置で、試合も棄権にされました。
3学期のほとんど練習できませんでした。
こんな事ばかりで、やる気もそがれてしまいます。

他の部は、罰として走ったりして、反省とする処置でした。
今回も、3年生の引退試合が控えているのに、2年生の問題に、3年生も巻き添えのような感じで、反感を買っています。先生曰く3年は3年で、携帯を持って来ていたりしているからとのこと。

なぜこんなに、顧問の先生は、停部措置をすると思いますか?
担任だけじゃなくて、部活って関係あるんでしょうか?

連帯責任と言いますが、実際顧問は練習には来たい人だけ来れば良いという考えの人です。
自分が楽をしたいだけなのかと思ってしまいます。

この顧問は子供を教育する気があるのでしょうか?

教育関係の方の回答歓迎します。

事あるごとに部活停止にされてしまいます。

課外授業にガムを噛んでいるのを見つかった。
スキー教室の宿舎で、お菓子が見つかった。
学校のトイレに飴の包み紙を捨ててあったので、お菓子を食べたのを追及されて、見つかった。

これは他の部活の子も同じで、野球部、サッカー部、などいろいろです。

うちの子の部活は停止ばかりの措置で、試合も棄権にされました。
3学期のほとんど練習できませんでした。
こんな事ばかりで、やる気もそがれてしまいます。

他の部は、罰として走ったりして、反省とする処置で...続きを読む

Aベストアンサー

元校長です。
それは顧問の考え方でしょう。部活のとらえ方自体、顧問によって全く違います。自分が専門的に指導できる人、できない顧問などもおり、顧問によって部活の指導の仕方は千差万別です。部活は教育の一環という者もいるし、部活はサービスでやっているという者もいます。どちらも一理あるのですが。

ご指摘の顧問がどういう方かはわかりませんが、文章を読む限りでは停部が多いように思います。
ただ、顧問の側にたってみると、おそらく部員全員が部活に燃えてやってほしいと思っている感じもします。しかしだらだらとやる気のない一部の者がおり、反省を促すためにやっているのだと思いますが、停部を繰り返すだけでは、なかなか解決には結びつきません。時には、部会を開いて引き締めをはかることも必要かなと思います。

そういう顧問の色々な思いがあったにせよ、停部ばかりでは生徒の士気が下がってしまうのは事実です。
ここは、一度顧問の先生と話をされたらどうですか。少なくとも停部が繰り返されるということは顧問の思いが生徒に十分伝わっていないということですから。

一度顧問の先生としっかり話をされることをおすすめします。

元校長です。
それは顧問の考え方でしょう。部活のとらえ方自体、顧問によって全く違います。自分が専門的に指導できる人、できない顧問などもおり、顧問によって部活の指導の仕方は千差万別です。部活は教育の一環という者もいるし、部活はサービスでやっているという者もいます。どちらも一理あるのですが。

ご指摘の顧問がどういう方かはわかりませんが、文章を読む限りでは停部が多いように思います。
ただ、顧問の側にたってみると、おそらく部員全員が部活に燃えてやってほしいと思っている感じもします。...続きを読む

Q教育現場における「連帯責任」について

 学校などの教育現場では、一人の生徒が違反やミスを犯した場合に「連帯責任」として他の生徒にもペナルティを与えることがあります。学校や教師は「連帯責任」に効果があると判断、もしくは期待して取り入れるわけですが、生徒や父母からの強い反発があるのも事実です。

 そこでみなさんに以下の3点を質問します。ご回答をよろしくお願いします。

1・教育現場に限らず一般社会においても「連帯責任」という考えは存在します。「連帯責任」のメリットとデメリットはなんでしょうか?
2・学校や教師が生徒に「連帯責任」を負わせる目的はなんでしょうか?
3・教育現場において生徒の「連帯責任」は妥当でしょうか?理由もお聞かせください。

 なお、ルールに抵触するため議論はご遠慮ください。

Aベストアンサー

他の方と重複する部分があるかと思いますが…


まずメリットとしては、各々が、仲間に迷惑をかけないために自分のすべきことをやるようになる(だろう)、ということ。それから、主に学校などの場合がそうですが、学校からすれば、管理しやすい、というのがあると思います。
一方、デメリットとしてはよく言われるように一部の人間のために、全ての人間が迷惑を被るということでしょうね。


「互いに…」といいたいところですが、これは管理のしやすさが大きいでしょう。個々人の責任を問う、というのは確かに理想的なのですが、そのためには何か起きたときに、細かく調べなければなりません。
連帯責任というと、運動部などが思い浮かびますが、ここで不祥事が起きたとします。
個々人の責任を、という場合、その不祥事を起こした生徒に本当に責任があるのか、はたまた、例えば先輩の命令があったのではないか…など細かく調べないと本当に誰に責任があるのかはわかりません。一方、誰かが不祥事を起こしたら、全員が悪い、となればそんな調査をする必要はありません。管理が非常に楽です。


基本的には、よろしくない、と考えます。
連帯責任とされないために、力関係で弱いものが皺寄せを食らったりする場面も多々有りますから。また、部活動などの場合、組織ぐるみの隠蔽も考えられます。
ただ、連帯責任を廃止するためには、細かく調査できる体制を整える必要があるでしょう。それができなければ、これまた子ども達の中の力関係により、弱者ばかりに責任を取らされるような状況になってしまうと思いますので。

他の方と重複する部分があるかと思いますが…


まずメリットとしては、各々が、仲間に迷惑をかけないために自分のすべきことをやるようになる(だろう)、ということ。それから、主に学校などの場合がそうですが、学校からすれば、管理しやすい、というのがあると思います。
一方、デメリットとしてはよく言われるように一部の人間のために、全ての人間が迷惑を被るということでしょうね。


「互いに…」といいたいところですが、これは管理のしやすさが大きいでしょう。個々人の責任を問う、というの...続きを読む

Q教師の苦情はどこに言えばいいのでしょうか

カテゴリが違ってましたらすみません。
教師の苦情はどこに言えばいいのか分からず、困っております。

状況なのですが、妹が部活動顧問の教師に苛められ続けています。
事の発端は、部活動準備室に置いていた書類が何かなっていた事から始まりました。(何故かここを教師は詳しく教えてくれませんでした。書類の順番が変わってただけとも聞きましたが。)
その日に妹が準備室に部品を置くため出入りをしていたことから妹は犯人扱いされ、その日は泣きながら帰ってきました。
妹が言うには他に先輩が入るのを見たが先輩は何も言ってくれず先生に何を言っても聞いてくれなかったそうです。
その後暴言を言われ続けたそうで6時の帰宅がその日は8時過ぎでした。

親が学校に電話をし顧問の先生と話したのですが、学校に出向いて来いと言われたため校長先生を含め三人で話をし、校長先生が「(教師を)指導しておきます」と言って下さったのでそこで帰ってきたそうです。

あれから1ヶ月以上経ち、また妹が泣きながら帰ってきたので話を聞くと、部活中は正座させられ、妹と口を利いたらいけないと先生が命令しているためシカト状態だったそうです。部活外でも苛められ始めたそうです。

長くなりましたがこういう状況なので苦情を言いたいと思ったのですが、ドラマでよくあるように教育委員会に言えばいいのでしょうか。
また、苦情を伝える方法は手紙でしょうか。
ご存知の方どうか宜しくお願いします。
苦情の体験談もありましたら是非お願いします。

ちなみに、その先生には校長先生も何も言えなかったそうです。恐い方なので言いにくいとの事でした。
確かに性格はきつい方だという印象を持ちましたがこういう学校体制にも問題はありますよね。
それともこれはよくある話でしょうか。

カテゴリが違ってましたらすみません。
教師の苦情はどこに言えばいいのか分からず、困っております。

状況なのですが、妹が部活動顧問の教師に苛められ続けています。
事の発端は、部活動準備室に置いていた書類が何かなっていた事から始まりました。(何故かここを教師は詳しく教えてくれませんでした。書類の順番が変わってただけとも聞きましたが。)
その日に妹が準備室に部品を置くため出入りをしていたことから妹は犯人扱いされ、その日は泣きながら帰ってきました。
妹が言うには他に先輩が入るの...続きを読む

Aベストアンサー

うちの姉(小学校教諭・担任)の場合ですと、生徒の親が校長に文句を言うと、教頭に指示が出て、教頭・学年主任・担任が3者会談で善後策を話し合って、学年主任と担任がご父兄のお宅にお詫びに行きます。
ご父兄が納得し、問題解決すれば教頭に報告し、教頭が校長に伝えます。
教育委員会に持ち込まれた苦情も、大体この経路でいきます。
問題をはっきりさせるため、校長に再度強く改善を求め、前回の話し合いはどうしたか聞いてみたらいかがでしょうか。
先回は

>「(教師を)指導しておきます」

と明言した訳ですから、その後校長は顧問にどう伝え、顧問はそれに関してどういう改善を行ったか。
校長が問題があるのに顧問を指導しないのは、管理責任を負う者として失格ですから、ここで初めて教育委員会に実情を訴え、教育委員会から報告をしてもらうというのがよいでしょう。
クレームの為のクレームではないのですから、第三者がなるほどと思うような流れを示すことが肝心で、それでも改善がなければ、場合によっては、地域選出の地方議員に相談してもよいかも知れません。
地域に依っては日教組の力が強く、校長と現場教師が対立してる県もあるとは聞きますが、それとこれとは別問題ですから、校長も具体策を示すべきです。

うちの姉(小学校教諭・担任)の場合ですと、生徒の親が校長に文句を言うと、教頭に指示が出て、教頭・学年主任・担任が3者会談で善後策を話し合って、学年主任と担任がご父兄のお宅にお詫びに行きます。
ご父兄が納得し、問題解決すれば教頭に報告し、教頭が校長に伝えます。
教育委員会に持ち込まれた苦情も、大体この経路でいきます。
問題をはっきりさせるため、校長に再度強く改善を求め、前回の話し合いはどうしたか聞いてみたらいかがでしょうか。
先回は

>「(教師を)指導しておきます」

と明...続きを読む

Q体育の授業で連帯責任

体育で『連帯責任』って使われていると思いますが、その教育目的や効果について教えてください。
そして、皆さんはこの『連帯責任』を受けたことがある方は、どう感じましたか?役に立ったと思いますか?

この前、ある学校の体育の授業で忘れ物をした生徒がいたとか着替えに時間がかかって遅刻した生徒がいて、ほかの全員の生徒も連帯責任として真夏のテニスコートを走らせて何人も足をやけどしたというニュースを聞きました。そして、その問題の調査委員会で保護者アンケートをしたところ、連帯責任とかペナルティ肯定意見も多かったそうです。

また、振り返ってみても、小学校から高校まで、体育の授業で、よく「連帯責任」ということが言われていました。管理教育の流れがあって、ペナルティもかなりありました。でも、それが何に役立っていたかよく分かりません。本来はその責任ある個人の責任を追及すればよいのに、連帯責任ということでほかの関係のない生徒に苦痛を与え、その批判(プレッシャー)を問題の生徒に与える手法に何となく腑に落ちない点があります。
それが、体育の授業で多く見られ、他の教科でそう感じたことはありませんが、「スポーツマン精神」「フェアプレーの精神」という体育の精神と対局にあるような気がします。

確かに、昔はよくあったことだと思いますし、水泳の授業で10分間の休み時間に着替えられずに一部の生徒が遅刻したからといって、全員が水着のまま裸足でグランドを走らされたことがありますし、一部の生徒が水着を忘れたからといって全員が裸で泳がされたことがあります(男子だけでしたが)。水着を持ってきている生徒にしてみれば、なぜ裸にならないといけないか理不尽さがあり、その不満が忘れた生徒に向けられていました。これは、体罰ではないでしょうけれど、「見せしめ」というのも体育の授業のペナルティでよくあったものです。これもどのような教育目的かは不明です。

今は、世間の目が厳しいのか、(部活動ではなく)体育の授業がピリピリしている様子はないそうです。
先生も優しく楽しい授業というのも聞きますが、昔は体育の授業はかなりのプレッシャーでした。

体育で『連帯責任』って使われていると思いますが、その教育目的や効果について教えてください。
そして、皆さんはこの『連帯責任』を受けたことがある方は、どう感じましたか?役に立ったと思いますか?

この前、ある学校の体育の授業で忘れ物をした生徒がいたとか着替えに時間がかかって遅刻した生徒がいて、ほかの全員の生徒も連帯責任として真夏のテニスコートを走らせて何人も足をやけどしたというニュースを聞きました。そして、その問題の調査委員会で保護者アンケートをしたところ、連帯責任とかペナルテ...続きを読む

Aベストアンサー

私の個人的経験を書くと、とても長くなるので、短く書きます。

『連帯責任』とは、手を抜く人間が出ないように、手を抜かない人間に、手を抜きそうな人間を監視させる制度だと思います。そして、懲罰を与えることで、その監視システムを強化させることだと思います。
私の個人的意見では、「性悪説」に基づく制度だと思います。

『連帯責任』を過剰に課すことは、やがて「監視している人間と監視されている人間の対立」を生むことになり、人間関係を悪くするものだと思います。

上から下への上意下達するのではなくて、「チームの問題点は、チームの話し合いで解決すること」が、長期的視点に立った時には、「個々人の真剣さやチームワークの醸成につながる」と思います。

21世紀には、大人社会の責任の取り方に連帯責任はあっても、子供の教育現場、特に、スポーツ指導では、連帯責任は不要だと思います。

Q連帯責任という制度の利点ってなに?

「連帯責任」って何の利点があるの?

高校野球などで誰かが不祥事起こしたら、他の人も連帯責任で大会には出場停止だ! とかやっているけど、これって何か意味ある?

なぜ他人と責任を連帯しないといけないの?

同じ組織に所属しているから?利害が一致するから?

連帯責任を強いておけば、不祥事を防ぐ抑止力になるとでも思っているのかな。

本当に連帯責任が抑止力になるなら、何でも連帯責任にしておけばいいじゃん。

政治家が裏金受け取ってたら、その党は全員議員辞職。教師がわいせつなことして捕まったら、校長以下全員懲戒処分。 ベネッセみたいな顧客情報流出した会社は連帯責任として全てのグループ会社営業停止。

こうやればいいのに。

本当に連帯責任に不祥事の抑止力があるのならね。


連帯責任っていう制度ってどういう利点があって、何のためにあるの?

Aベストアンサー

日本の社会の特徴は「手続き主義」にあると思います。手続きとは、日本の社会が決めたルールに従うと言う手続きです。

何かしら、守らなければならないルールがあって、そのルールを守れる要件を満たしているか?と言うことを証明する「手続き」をあらゆる場面で求められます。この得体の知れないルールを「世間」と言ったりもしますね。

日本の社会では、この守らなければならないルール、世間や社会が個人に要請して来るルールが、一体何の為に必要なのかを個人が知ることに要点が置かれていません。それを知りたければ、それは個人の勝手。と言うことになります。

日本の社会は、「責任」と言う言葉の理解が個人によって様々で、共通の理解によって「責任」と言う言葉が理解されていない問題を抱えていると感じます。それは「個人」と言う概念が未だ未成熟である為でしょう。あるときは一人に責めを負わせて、あるときは連帯として組織に責めを負わせるという「あいまいさ」はそうして保たれるのだと思います。

あいまいさは、責めを逃れる逃げ口を生みだします。これは先人が編み出した生きる知恵でもあるんでしょうね。責めを負う所在が明確では無いことは、誰かにとっては都合が良いものなのでしょう。

全ての問題の根源は、やはり手続き主義にあって、手続きにさえ従っていればとりあえずは社会を構成する一員を成すことが出来ます。これは、個人としての成熟を社会から要請されていないとも言えることなのでしょうね。

日本の社会の特徴は「手続き主義」にあると思います。手続きとは、日本の社会が決めたルールに従うと言う手続きです。

何かしら、守らなければならないルールがあって、そのルールを守れる要件を満たしているか?と言うことを証明する「手続き」をあらゆる場面で求められます。この得体の知れないルールを「世間」と言ったりもしますね。

日本の社会では、この守らなければならないルール、世間や社会が個人に要請して来るルールが、一体何の為に必要なのかを個人が知ることに要点が置かれていません。それを知...続きを読む

Q生理中でも婦人科で診察してもらえますか

私は30歳で、17,8歳のときぐらいから毎回、ひどい生理痛に悩まされています。
倦怠感、ひどい腹痛にはじまり、ここ2,3年は腰に激痛、足のだるさ、ひどい偏頭痛も出てき出して経年とともにひどくなっているカンジです。
薬を飲むと気分が悪くなるし、逆に眠さで仕事が出来なくなるので家にいるときはなるべく飲まないようにし、会社ではぎりぎりまで我慢してもう駄目だと思ったら飲んでいます。
昨日から生理が始まり、昨日は家で必死に耐えていたのですが、今日仕事中に薬をのんでも効かず、今日はとうとう午後から休んでしまいました。家に帰ってから一時は回復したのですが、今またいたるところに激痛の波がやってきています。
このまま痛みが引かなければ明日思い切って婦人科へ行こうかなと思うのですが、生理中でも診察なんかはしてもらえるのでしょうか。回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、
他の方がおっしゃっているように、診察にかんしては生理中でも問題ないです。先生も慣れたもんです。

ちなみに、わたしは生理中ひどい腹痛(あとで腹膜炎と判明)になってうむをいわせず病院に。。。
このときやった検査はエコー、レントゲン、それで内膜症のうたがいもあって婦人科にまわされました。実際、生理が重くなったと感じてきたところだったんですけど、やはり内膜症も発見されました。
このときの経膣エコーもやりました。

ただ、血液検査だけは、生理中だと正確な数値が出にくいそうで後日もう一度あらためてやりました。

だいたい体の調子が悪くなるときなんて日を選んじゃくれませんからね。お医者さんも十分了解しています。とりあえず、お医者様にいけば投薬とかなんらかの痛みに対する対処してもらえるとおもいますよ。

婦人科の病気は治療にしてもすぐに治るということが難しい場合も多く、頻繁でないしても定期的に長期、通うことになることが多いです。
また、病院やお医者様によっても治療方法、対応が違うことも少なくないです。満足いく対応が期待できなかった場合もあるかもしれないので、そのときは複数の病院にいくくらいに思っておいたほうがいいかもしれません。

くれぐれも、ムリをなさらぬようおだいじに。。。

こんにちは、
他の方がおっしゃっているように、診察にかんしては生理中でも問題ないです。先生も慣れたもんです。

ちなみに、わたしは生理中ひどい腹痛(あとで腹膜炎と判明)になってうむをいわせず病院に。。。
このときやった検査はエコー、レントゲン、それで内膜症のうたがいもあって婦人科にまわされました。実際、生理が重くなったと感じてきたところだったんですけど、やはり内膜症も発見されました。
このときの経膣エコーもやりました。

ただ、血液検査だけは、生理中だと正確な数値が出にく...続きを読む

Q部活動の保護者会

子供がサッカー部に入部したのですが
「サッカー部の保護者会を開きます。」というお便りがきました。
会長、副会長など一人必ず一役お願いしますと
あったのですが、仕事の関係であまり協力できないし
困っています。
昔、私達の頃は部活動に保護者会なんてなかったし
親が部活に関わったことなどほとんどなかったのに
なぜ今は保護者会が必要になってしまっているのでしょうか。

Aベストアンサー

中学校で野球部の監督をしている教員です。

わたしが担当している野球部では、保護者会はありません。しかし、それは私自身が「下手でも一生懸命やればいい」という考えで、特に遠方のチームとの練習試合などに対して積極的ではないからです。
同じ学校の大会上位の実績のある部は、保護者会があり、大変熱心です。遠征や合宿などが頻繁で、保護者の出費も多いと聞いています。

中学校の部活動」と一口に言っても、千差万別です。「負けても一生懸命やればいい」というチームと「大会上位」が要求される部では、性格が全く異なります。保護者の熱意があればあるほど、「中学校の部活動」としては行き過ぎではないかと違和感を感じることも出てくると思います。しかしながら、自分の子どもの技量が高い保護者にとっては、スポーツで進路が決まることもあるくらいですから、「中学校の部活動」に求めるものも違ってくるのです。

現代の日本では「中学校の部活動は保護者に負担をかけない範囲で」というような社会的コンセンサスが出来上がっているわけではありません。「とにかく上手にさせたい。勝たせたい」という気持ちで、中学校の部活動に参加させている保護者もたくさんいるのです。もちろん、行き過ぎの部分もあると思います。しかし、学校というものは本来、保護者の願いによって成立しているものですから、それに応えようという方針をとらざるを得ないのです。

わたし個人としては、親に負担をかけない方向が望ましいと思います。ただ、保護者会は要らないという共通理解を図るのは困難ではないかと思います。

中学校で野球部の監督をしている教員です。

わたしが担当している野球部では、保護者会はありません。しかし、それは私自身が「下手でも一生懸命やればいい」という考えで、特に遠方のチームとの練習試合などに対して積極的ではないからです。
同じ学校の大会上位の実績のある部は、保護者会があり、大変熱心です。遠征や合宿などが頻繁で、保護者の出費も多いと聞いています。

中学校の部活動」と一口に言っても、千差万別です。「負けても一生懸命やればいい」というチームと「大会上位」が要求される部...続きを読む

Q小6の娘が手に負えず、私も妻もノイローゼ気味

小学6年生の一人娘について質問させて下さい。
小さい頃からわがままがひどく、その都度厳しく叱っていたのですが、
中学受験を目前にし、さらに手に負えなくなってきました。

○ 時間にルーズで学校を遅刻してもへっちゃら
○ 「明日から頑張る」「明日はこれをやる」と何百回約束しても守ったことがない。
○ 何でも親にやらせようとし、すぐ回りのせいにする。
○ 注意すると癇癪を起こし、私と妻や学校の先生にも反論する。

現在習いごとを止め(といってもまともに練習していませんでしたが)
進学塾に通っていますが、勉強が好きでないようで「やめてもいいよ」と諭しても、「絶対辞めない」と猛反論してきます。
「それなら時間通りに行きなさい」「最低限のことだけはやりなさい」と諭しても、極端に気分のむらがあり長続きしません。学校、塾は決して休みませんが・・・・
もともと温厚で子供好きだった妻はもうノイローゼ気味で「こんな子いらない。この子はおかしい」という始末です。
ありとあらゆる対処策を講じてきましたが、妻と娘の関係は最悪でもうお手上げの状態です。

唯一の長所(欠点)は、前日怒られても、後に引かないケロッとした性格で(それ故同じことを繰り返すのでしょうが・・・・)、自分の好きなことをやっている時、欲しいものを買ってもらう時は上機嫌です。

自分たちの教育が悪かったのか、持って生まれた性格なのか、真面目な妻との相性が悪いのか、
発達障害等で受診した方がいいのか、本当に毎日頭を悩めています。

何かお知恵や経験談をお聞かせいただければ幸いです。

小学6年生の一人娘について質問させて下さい。
小さい頃からわがままがひどく、その都度厳しく叱っていたのですが、
中学受験を目前にし、さらに手に負えなくなってきました。

○ 時間にルーズで学校を遅刻してもへっちゃら
○ 「明日から頑張る」「明日はこれをやる」と何百回約束しても守ったことがない。
○ 何でも親にやらせようとし、すぐ回りのせいにする。
○ 注意すると癇癪を起こし、私と妻や学校の先生にも反論する。

現在習いごとを止め(といってもまともに練習していませんでしたが)
進学塾に通っ...続きを読む

Aベストアンサー

母親といっしょの見方で父親が悩んでいるようではダメですよ。
よけいに娘さんを追い詰めてしまいます。
娘さんと奥様の距離が近すぎることはわかっているのですから、父親の質問者様は
どちらにも距離を置いて、奥様の欠点と、娘さんの問題点と、
平等に見るようにすることが大切だと思います。
それができるのは父親しかいません。
文面を読むと、奥様といっしょにおろおろしているように思えてしまいます。
それが、娘さんの行き場をなくしているようなところはありませんか?

奥様は手のかからない子供だったと自分でおっしゃるくらいですから、
おそらく、反抗的な娘さんのことを「ありえない」と思っているのでしょう。
遅刻したり、やるべきことをやらなかったり、親や先生に刃向かったり、
どれも奥様からすると「ありえない」態度なのでしょうが、
これまでの回答にもあるように、「ごくふつうの」小6生の態度だともいえますよ。

そのうえで、きちんとした生活が送れるよう親が黙ってバックアップするのも絶対必要です。
遅刻するのはどうしてか、きちんと理解していますか。
おそらく、朝があまり得意ではないのでは? または時間の計画が立てられない?
起きるのが遅い? 
準備が遅い?
準備ができてもなかなかダラダラして行こうとしない?
どれも、6年だからできてあたりまえかといえば、そうではないです。
子供の行動以上に、親がさっさと行動して朝の娘さんの用意も含め、
無言の圧力でペースを作ってしまうのも手です。
ここで大事なのは、朝は「無言で」あるいは「優しく」一日のペースに乗せることです。
絶対休まないお子さんなら、朝ぐらい多少甘やかしても、送り出していいと思います。

奥様の理想の型にはめてみるのではなく、
娘さんを、まずこういう子なんだと個性を理解することが大事だと思います。
文面を見る限り、娘さんは独立心は旺盛だけど、まだまだ自分のことが自分でできないところもあると思うので、
冷静にやり方を示しつつ、結果を求めず距離を置いて接することが必要だと思います。

うちの娘も小6で一人っ子です。
だらしないです。朝の用意は全部私がします。
母親の私が言わないとおそらく忘れ物だらけです。
帰ってきても靴下脱ぎっぱなし、ランドセルはひっくり返ってます。
字は汚いし、名前すらも読めないと注意されます。
もちろん注意したらふてくされます。
えらそうなことを言いましたが、私も毎日きれそうになります。
でも、質問者様の娘さんと同じように学校は休みません。
やっていない宿題は、朝、早起きしてやってます。
そのあと、朝からゲームやりますが、ラジオの基礎英語は自主的にきいてます。

いろんな、マイナスとプラスを相殺して、子供と妥協して、育てていくんだと思います。
きっと、まだ成長途上ですよ。小6なんて。
こういってはなんですが、あまり、カリカリしている奥様に影響されず、
質問者さまは質問者さまで、娘さんの成長を楽しみましょう。

母親といっしょの見方で父親が悩んでいるようではダメですよ。
よけいに娘さんを追い詰めてしまいます。
娘さんと奥様の距離が近すぎることはわかっているのですから、父親の質問者様は
どちらにも距離を置いて、奥様の欠点と、娘さんの問題点と、
平等に見るようにすることが大切だと思います。
それができるのは父親しかいません。
文面を読むと、奥様といっしょにおろおろしているように思えてしまいます。
それが、娘さんの行き場をなくしているようなところはありませんか?

奥様は手のかからない子供だった...続きを読む


人気Q&Aランキング