私の持っている石の名前を教えて欲しいのですが…。

 私の祖先が残してきた物らしく(その辺ホントか怪しいのですが(笑))数年前、大掃除をしたら出てきたのですが、2種類あって、特に加工されたような形跡も無く、原石のようでした。

 一つは、黒くてとても先が鋭く、ガラスみたいな石です。光沢もありキレイです。そこそこの重みがあります。
 ハンマーでたたいたらすぐ割れるし、ナイフでも傷つけることが出来ます。
  大きさは3センチから、10センチくらいで合計10個ありました。

 2つ目は、8面体の透き通った石で、ガラス細工のようですが、とても硬く、ナイフで削ってみようとしたのですが、逆にナイフが削れてしまいました。
 ムカついたので(笑)ハンマーでたたいたら、キレイにまた8面体に割れる石でした。でもすごく硬かったです。
 色は、無色透明から薄い黄色、透き通ったピンク、などがありました。
 大きさは全て8面体で、直径1センチから、15センチ、20センチと大変重い物など大小100個くらいありました。ま、ガラス細工だと思うんですが…。(^^;)

 石に興味が無い私にでも、気に入った一番キレイな直径1センチの8面体の石以外は全て道ゆく人にもらってもらいましたが、名前がなんだったのか今頃気になっています。(笑)

 稚拙な説明ですが、これらの石の名前がわかる方がいらしゃいましたら是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「正8面体 鉱物」を起点に、さらに探してみました。



スピネル(尖晶石)硬度は8だそうですので、ナイフじゃ歯が立たないかも。色も色々あるそうです。下をご覧下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/spin2.htm
http://www.plumfield.ne.jp/~jewelry/jewelryguide …

蛍石(フローライト)カメラのレンズの原料として、とても良い性質を持っています。これを使うと「色収差」が大変少なくなります。canonのレンズ等に使われています。欠点は柔らかいこと。簡単に傷が付きます。
http://member.nifty.ne.jp/sasajan/stone/fluorite …
http://www.canon.co.jp/technology/production/flo …
http://www.yk.rim.or.jp/~ofukumot/gem_encycloped …
http://www.miningtown.net/list/f03.htm

方安鉱。これもそう堅くはないですね。色は本来は無色透明だそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/senarm.htm
http://member.nifty.ne.jp/ts-mineral/minerals/wo …
http://www5d.biglobe.ne.jp/~ekbo/moon/mineral/mi …

赤銅鉱(キュープライト)モース硬度4.5。比重5.85-6.15だそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/sdo.htm
http://www.zms.or.jp/~bi-doro/jewelbox/rusu/RuCy …

ジルコン。硬度も高いので、こちらかも知れませんね。これもいろんな色があります。屈折率が高いので、透明の物は「ダイヤの代わり」として使われたようですね。
http://isiya.cool.ne.jp/zaiko/zircon.htm
http://www.phoenix-c.or.jp/~sakony/gemus-zrc.htm
http://member.nifty.ne.jp/sasajan/stone/zircon.h …
http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/zirc4.htm

灰重石。すぐ下の写真は「砂の薔薇」に抱かれています。
http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/kzyu.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ug7s-ktu/schee2.htm

URL貼りまくりですが、参考になれば…。(^^ゞ
他にもあるようですが、追いかけきれませんでした。

ちょっと訂正。先の回答内の「高度が高い」は「硬度が高い」の間違いです。また、「補足要求」も間違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 2回もお答え頂きありがとうございます。
 私のインターネットの接続状況が定額制の常時接続では無いので助かりました。
 このようなきれいな石のサイトを見て今頃、石に興味を持つようになりました。(^^)

 どうやら、たくさんあった1~2センチの石は蛍石のようです。(全部叩いたりした訳ではないのですが。)
 
 でもなんでこんなにウチにあったんだろう?

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 10:21

1つ目は、割れ口がガラスそっくりならば、おそらく黒曜石


でしょう。

2つ目に関してですが、8面体というとピラミッド2つを
底面で張り合わせた形でしょうか。それならば、螢石では
ないかと思います。

透明、色が多彩、8面体に割れる、などは螢石の特徴です。
大きさが最大20センチで、8面体、割っても8面体
というのは、まず螢石以外に考えられません。ジルコンや
スピネルは結晶は8面体でも、割ったときに8面体になる
わけではありませんから。

気になるのはナイフが削れてしまう点ですが、蛍石も銅貨
を上回る程度の硬さはあるので、刃こぼれを起こすぐらい
はできると思います。

石でガラスを引っかいてみて、ガラスに傷がつかないなら、
蛍石と見ていいと思います。ただし、これをやると
石かガラスのどちらかが傷ついてしまいますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 1つ目は黒曜石みたいです。

 2つ目はほとんどが蛍石みたいだったです。

 ただ、今持っている石はもうこれ以上傷つけたくないので、(今のところ何をしても無傷ですが…。(^^;))せっかくきれいな状態なので、このままおいておこうと思います。

 ありがとうございました。


 今、思うのですがこの石の名前は○〇というより謎かあったほうがいいな~。とも思ってきました。
 最初に質問したことと矛盾していますが…。皆さんゴメンナサイ。<m(__)m>
 この場をお借りして皆様ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 10:21

1は私も黒曜石だと思います。

と言っても、書かれている内容で思い出すのがこれしかないと言う事で。

で、2ですが、もしかしたらダイヤモンド?と思ってしまいますね。starfloraさんが

> ダイヤモンドだとハンマーで殴ったぐらいで壊れませんから、

と書いていますが、ダイヤモンドは劈開性があり、しかも高度は高くとも靭性はさほど高くないと言う事ですので、ハンマーで叩くと割れる可能性があります。8面体と言う事ですが、正3角形の面を8つ持つ正8面体であればなおのことダイヤモンドっぽいですね。ダイヤモンドは親油性があるため、油性マジックで字を書くことが出来ます。一度テストしてみてはいかがでしょう。また、ガラス細工でしたら、特殊な物を除いてハンマーで叩き割って綺麗に8面体に割れることはありません。

ほかに透明な8面体と言えば蛍石(フローライト)を思い出しますが、これはかなり柔らかい鉱物です。また、ジルコンも8面体で産出することがあるようです。

ダイヤモンドの性質については参考URLに詳しく書いてありますので、一度見て下さい。

参考URL:http://www.nihongo.com/diamond/kihon/diamseis.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 1は黒曜石なんですね~。まだ数個残っているのですが売れないでしょうか?(笑)

 ハンマーですが小さい物しかチャレンジしていないです。初めは角砂糖か塩の塊だとも思っていたので。(恥)水に漬けてみたのですが溶けませんでした。

 油性マジックで書いてみましたよ。書けました!!
ただ…、5分してゴシゴシ拭いてみたら字が消えたので、ダイヤじゃないようでした。(やっぱし…。)

 ま、ダイアは日本じゃ採れないみたいだし、ダイアじゃ無いと思っていましたが、ダイアの原石が8面体ということを知った時はさすがに驚きました。皆様ありがとうございます。
 う~ん。ご先祖様も金塊とかもうちょっとイイモノを残してくれたらよかったのになぁ~。

 蛍石とかジルコンとか良かったらまた教えて下さい。

 URLまで打って下さりありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 11:33

 


  実は、まったく分からないのですが、2の石あるいは結晶は何だろうかと興味津々です。八面体というのは、正確にはどういう形状なのでしょうか? 正八面体だと、ダイヤモンドですが、ダイヤモンドで、そんな15cmもあるものはありませんし、ダイヤモンドだとハンマーで殴ったぐらいで壊れませんから、無論、違うのですが、しかし、水晶にしては大き過ぎますし、水晶をハンマーで割ると、綺麗な形には壊れないはずなのです。
 
  ガラス細工というのは、ハンマーで割って、また八面体である以上、そうではありません。すると、ナイフの刃(鋼)より硬く、八面体の結晶で、割ると同じ形になり、しかも15cmから20cmもあり、透明なピンク色というのは謎です。宝石か貴石の類だと大変な価値あるものですし、水晶だったとしても、透明度が高く、結晶が綺麗な形だと、15cmもある、ピンク色を帯びた水晶というのは、相当の値段が付きます。
 
  黒曜石だろう方はそれほど珍しくないのですが、2の方のこれだけの硬度を持ち、整った結晶で大きいものとなると、一体何だろうかと思います。
  別に普通の石であっても、硬くて、綺麗な結晶で、大きければ、それだけで、宝飾品の一種になりえるのです。直径が1cmぐらいなら、色々な可能性があるかも知れませんが、15cmというのは、何だろうかと思います。
  もう少し詳細な説明はないでしょうか。
  わたしには分からなくても、分かる人がいる可能性があります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 8面体なんですが、本当に安定している形でした。今残っている1センチの物でもきれいな8面体です。少々のことでは転がったりしないのです。
 全ての面も凸凹なくキレイなので安定しているようです。
 だから20cmのものはしばらく漬物石として使っていました。(実話です。)

 補足ですが、ほとんどが直径1~2センチでそれのみ美しい物が多く色がついているのがありました。変わり者が、15センチ20センチと各一つづつで美しいとはいえないものでした。

 えっ?ダイアモンドは8面体なのですか?
うちにあるのはどう見ても「ダイアモンド~」っていうキレイな形じゃなかったのですが…。

 ええっ!?水晶って売れるんですか!!6角の結晶で無色透明と中に紫のまじったも他にもあったのですが…。水晶かどうか私にはわかりませんが…。(笑)
 売ればよかった…。(T_T)

 でも何処で売ればいいのですか?

お礼日時:2001/11/23 11:06

文章だけで判断するのはとても大変です~。

そんなに詳しいわけではないので。

2つ目はわかりませんが、水晶ぽいですが。
1つ目は黒曜石ではなかろうかと思います。

http://www.h2.dion.ne.jp/~isi/

http://w1.alpha-web.ne.jp/~stone/syurui.htm

あとは、
http://www.toyohaku.gr.jp/sizensi/event/010721is …
ところに、写真を送って教えてもらうとか。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いろんな石に関するサイトもあるのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 11:39

1つめだけ。


>一つは、黒くてとても先が鋭く、ガラスみたいな石です。光沢もありキレイです。そこそこの重みがあります。
> ハンマーでたたいたらすぐ割れるし、ナイフでも傷つけることが出来ます。
>  大きさは3センチから、10センチくらいで合計10個ありました。

おそらく黒曜石ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 黒曜石ですか。そういえば歴史の時間に習いましたね。
早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玄武岩

韓国のチェジュドはトルハルバンという石像が有名ですが、これは玄武岩で作られているそうです。
石像の実物を見ると小さな穴だらけのもろそうな石です。玄武岩は六角形の結晶の固い石だと思っていたのですが、玄武岩にも二種類あるのですか。

Aベストアンサー

玄武岩は「ケイ酸(SiO2)の量が重さにして45%から52%含まれる火山岩」です。基本的にこの定義に当てはまっていれば玄武岩です。
玄武岩質マグマが地表近くで比較的急速に冷やされると、鉱物の大きめの結晶(斑晶)と石基と呼ばれる微細な鉱物や火山ガラスの集合体からなります。急に冷やされて固まるので、玄武岩質マグマに含まれていた火山ガスの気泡もそのまま残っていることがよくあります。済州島は玄武岩質の火山島ですが、そうやってできた気泡の多い玄武岩を使って石像が彫られているのでしょう。玄武岩は気泡が含まれていても脆くはなく、どちらかというと硬い岩石が多いです。
玄武岩などが溶岩湖などで比較的ゆっくり冷えると、六角柱状の柱状節理を作ることがあります。兵庫県や岩手県の玄武洞などが有名ですね。特に兵庫県の玄武洞は「玄武岩」の名前の元になったところです。
玄武岩だけでなく他の岩石種でも、同じ岩石名であっても、化学組成が微妙に違ったり、含まれる鉱物の種類や量の比、気泡の有無、冷却速度の違いなどで見かけはかなり異なります。

Q輝石とはどういう石をいうのでしょうか?

宝石などで“キセキ”と言う言葉を耳にしますが、どのような石を言うのでしょか?質、光度、硬度などにも基準はあるのでしょうか?また“ハンキセキ”とは?
また“輝石”でなく、“貴石”と書くとも聞いたのですが、どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「貴石と輝石どちらが正しいか」について
「貴石と輝石とはまったく関係がない、」と言うのは正解です。ご存知、「輝石」は石英、長石、雲母、かんらん石~~etcと言った火成岩を構成している鉱物の一種の事ですね。
しかし、今回の問題は、ちょっと一味違って、もう少し奥の深いものになります。それは異物同名、すなわち、同じ発音の和名が二つあることで混乱を招いているのですね。
生物界でも蝶類の「ヤマトシジミ」貝類の「ヤマトシジミ」や鳥類の「ヤマホトトギス」貝類の「ヤマホトトギス」などがあります。他にも沢山ありますが、これらはカタカナ表記では全く区別がつきません。
このような異種同名のことを正式には「ホノニム」と呼びます。どうしても避けられないホノニムの場合、教科書などでは「鳥類の」とか「貝類の」等の枕詞が必要となります。今回の場合も「宝石の」や「火成岩の」等の頭が入っていると混乱は全く無かったものと思われます。
教科書や入試問題を作成する段階ではこのような「ホノニム」や「シノニム」に対する配慮が充分に必要であり、かつ、混乱を避ける為にも慎重に対処しなければいけません。
また、回答に「輝石」は、正式な鉱物の[学名!!] とありましたが、これは誤りで、「輝石」の場合、正式には「標準和名」と言う扱い方がされます。「学名」とはラテン語により構成される世界共通の標準名の事を指します。そして当然、学名は全てアルファベットで表示され、命名規約学会「リンネ創設」により決定されます。
今回の「貴石」や「半貴石」の場合は正式に標準和名として認定されているか否かは判りません。
「ズワイガニ」「エチゼンガニ」「マツバガニ」・・・違いますか・・・「うんしゅうみかん」「えひめみかん」「ありたみかん」「みっかびみかん」・・・違いますか・・・さあ、どれが正しい標準和名でしょうか・・・・・・
教科書が「普通書かない!!」や「一般的ではない!!」和名・・・と言うのでは困ります。
業者が営利目的で扱う和名「いわゆる俗称」、国によって正しく定められた和名、商品によっては「登録商標取扱事項」としてもめることもあります。和名の問題は皆さんが思っているより深く、難しいものなのです。

「貴石と輝石どちらが正しいか」について
「貴石と輝石とはまったく関係がない、」と言うのは正解です。ご存知、「輝石」は石英、長石、雲母、かんらん石~~etcと言った火成岩を構成している鉱物の一種の事ですね。
しかし、今回の問題は、ちょっと一味違って、もう少し奥の深いものになります。それは異物同名、すなわち、同じ発音の和名が二つあることで混乱を招いているのですね。
生物界でも蝶類の「ヤマトシジミ」貝類の「ヤマトシジミ」や鳥類の「ヤマホトトギス」貝類の「ヤマホトトギス」などがありま...続きを読む

Q玄武岩質マグマ

最初に出来たマグマ(本源マグマ)は玄武岩質なのに、地表に近づくにつれて玄武岩質ではなくなる場合があるそうです。
これはなぜですか?

Aベストアンサー

橄欖岩や玄武岩などは、複数の鉱物から構成されています。
そのため、ある組成の部分では融解を起こしやすく、またある組成の部分では
融解しにくい(結晶化しやすい)、という性質があります。

たとえば、マグマは元々マントルからその一部が融解して生じるわけですが、
この時点でも「橄欖岩質→玄武岩質」という組成変化を起こしています。
これは、二酸化珪素の比率が高い方が、融解しやすいためだったと思います。
(玄武岩は塩基性岩、橄欖岩は超塩基性岩で、玄武岩の方が二酸化珪素の
 比率が高い=融解しやすい、と。で、融解しなかった部分(塩基性鉱物の
 比率が高い部分)はマントルに残されるため、両者は組成が異なる)

マグマが地表に近づいた場合はこの逆で、温度低下とともに、結晶化しやすい
二酸化珪素分の比率が低いところ(=塩基性鉱物の部分)が先に結晶化し、
結果として、液体状態で残ったマグマの塩基成分は減少するので、
安山岩質などの、より塩基性成分の少ないマグマに変化することになります。

参考;
http://georoom.hp.infoseek.co.jp/7old/3litho/21magma.htm
(ページ上段~中段の「図2」と「写真1」の間の本文を特に参照)

橄欖岩や玄武岩などは、複数の鉱物から構成されています。
そのため、ある組成の部分では融解を起こしやすく、またある組成の部分では
融解しにくい(結晶化しやすい)、という性質があります。

たとえば、マグマは元々マントルからその一部が融解して生じるわけですが、
この時点でも「橄欖岩質→玄武岩質」という組成変化を起こしています。
これは、二酸化珪素の比率が高い方が、融解しやすいためだったと思います。
(玄武岩は塩基性岩、橄欖岩は超塩基性岩で、玄武岩の方が二酸化珪素の
 比率が高い=...続きを読む

Q石敢當って?石なんですが

我が家の玄関先に「石敢當』と言う文字が刻んである40センチ位の円柱形の石が昔からあるのですが家族の誰もどんな石なのか知りません。おそらく、他界した祖父は知っていたのだろうと思うのですが、周りの方は、沖縄の石ではないか、そして、魔除けではないかと言うのですが沖縄と言えばシーサーだと思うのでちょっと疑問です。この石は何かの価値がある物なのでしょうか?何方か石に詳しい方が、いましたら教えていただけませんか?どかしたり、移動して良いのか困っています。

Aベストアンサー

中国由来の,沖縄に多く見られる魔よけです.
沖縄では,魔物や幽霊はまっすぐしか進めないと考えられており,道の突き当たりの塀や門に「石敢當」と書いた石を置いたり,塗りこめてあったり,直接書いたりしています.
沖縄だけでなく,日本各地に残っているものもあります.
一番北のほうでは,青森県黒石市にあります.

Q花崗岩質?玄武岩質?橄欖岩質?

 花崗岩質岩石・玄武岩質岩石・かんらん岩質岩石とありますが、いったい具体的に何ガンなのでしょうか。「~質」って妙に奥歯に物が挟まったような言い方で、非常に腑に落ちません。
 それぞれ単に、花崗岩・玄武岩・かんらん岩だけではだめなのでしょうか。直接捕獲されたわけではないので、「花崗岩および近似の性質を持つ岩石」ということなのでしょうか。
 実際に地殻やマントルにあるかどうかももちろん、具体的にこういう「~質」岩石とは、どういった岩石が該当するのでしょうか。

Aベストアンサー

岩石名は,化学組成,岩石を構成する鉱物種類と量比,組織などで定義されています.カコウ岩質等の言い方は実際には細かく別れている岩石名を,一定の性質で岩石をまとめて言う時に使う言い方と思ってください.カコウ岩質,玄武岩質,カンラン岩質は,特にケイ素,鉄・マグネシウム,アルミニウムの量だけで岩石を大きく分類した時の呼び方になります.

たとえば地殻上部,地殻下部,マントルを構成する岩石の化学組成にはそれぞれある傾向があります.地殻上部の岩石は一般にケイ素が多く,アルミニウムやナトリウムなどに富む傾向があります.こういう傾向の岩石からなることを表現する時に,カコウ岩を代表的な岩石として扱い,「カコウ岩質」の岩石と呼びます.実際には安山岩やカコウ閃緑岩,石英閃緑岩などや,石英や長石が多い砂岩や泥岩も含みます.
同じようにケイ素が少なく鉄・マグネシウムが多い傾向があるマントルの岩石をカンラン岩で代表させて「カンラン岩質」 ,地殻下部の岩石は玄武岩に近い化学組成の岩石からなるので「玄武岩質」と呼びます.マントルを構成する岩石は実際にはダナイト,ハルツバージャイト,ウェールライト,レルゾライトなどが,地殻下部の岩石には玄武岩に近い組成のハンレイ岩,玄武岩,場合によっては変成岩の時もあるでしょう.

岩石名は,化学組成,岩石を構成する鉱物種類と量比,組織などで定義されています.カコウ岩質等の言い方は実際には細かく別れている岩石名を,一定の性質で岩石をまとめて言う時に使う言い方と思ってください.カコウ岩質,玄武岩質,カンラン岩質は,特にケイ素,鉄・マグネシウム,アルミニウムの量だけで岩石を大きく分類した時の呼び方になります.

たとえば地殻上部,地殻下部,マントルを構成する岩石の化学組成にはそれぞれある傾向があります.地殻上部の岩石は一般にケイ素が多く,アルミニウムやナト...続きを読む

Q水晶(透明感や表面に艶のある石)に、528Hzの音叉で音を浴びせると、 石がさらに透明感や艶を増しま

水晶(透明感や表面に艶のある石)に、528Hzの音叉で音を浴びせると、
石がさらに透明感や艶を増します。
これは、なぜでしょう?

自分の考えとしては、

石や人間など。。。
物質は全て振動を発しています。
しかし、
日常の中で様々な影響を受けて、もともとの正常な振動が乱れてきます。

528Hzというのは、あらゆる物質に対してほぼ万人受けする特効薬ような周波数で、
その周波数を浴びることで、乱れた周波数を整えてくれて本来の輝きを取り戻す。。。

のではないか?と思いました。

528Hzのコトを色々と調べましたが、
スピリチュアル、精神的な意見がほとんどでした。

そういう事を信じないわけではないですが、
精神面以外に、科学面?でもなにか理由があると思うのです。

それが知りたくて質問させて頂きました。

鉱物学を学ばれている方や、
このような事に詳しい方がいたら、
是非教えていただけると幸いです。

もしかしたら、
ジャンルが相応しくないかもしれません。
申し訳ないです。

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい質問。
528Hzという「自然数」である理由はなぜですか?528.0017438Hzとか527.9992597Hzではなぜダメなの?半音である259Hzや倍音の1,056Hzはなぜダメなの?
それって鉱物に共鳴しているのでは無く、人間の眼球が共鳴しているのでは無いの?
写真ぐらいアップして欲しいです。
現在水晶振動子やレーザーを用い非常に精密な振動数の音波や、電磁波を発生させられます、実験結果が出たらまたどうぞ。

Q粘り気小さい人 → 玄武岩多い?

以下の二つの知識は、つなげてしまってもよいのでしょうか?

*****************************
■玄武 安山 流紋 ・・・という岩石の種類があります。
それらは、左から、有色鉱物の度合いが多いです。
たとえば、玄武岩は、黒っぽい。
*****************************
■火山には、いくつかのタイプがあります。
それはマグマの性質によります。
白っぽいマグマはどろどろしています。
くろぽいマグマは、粘り気が少ないのです。
*****************************

以上二つを組み合わせて、

たとえば、マグマの粘りけが小さい火山(黒ぽい)には、
玄武岩が多く含まれている・・・という風になるのでしょうか?

宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

ほぼ正しいと思いますよ。

玄武、安山、流紋、は岩石の名前で、火山はこれらの岩石で作られています。

なんで、火山のタイプは
流紋岩溶岩を噴出するタイプ→白くて、粘性高くどろどろ
玄武岩溶岩を噴出するタイプ→黒くて、粘性低くサラサラ
となります。

最後の文については、
マグマの粘りけが小さい火山(黒ぽい)には、玄武岩が多く含まれている
→マグマの粘りけが小さい火山(黒ぽい)は、玄武岩でできている。
が正しいでしょう。
マグマが発生する場が同じなら、同じ組成のマグマが発生するので
このような表現が良いと思います。
(例えば富士山は何度も噴火しているが、噴出した溶岩は殆ど安山岩)

Q童謡 手をたたきましょう の振り付け

こんにちは。

童謡の手をたたきましょうの振り付けで

「笑いましょう アッハッハ」 のところと

「怒りましょう うんうんうん」の部分の振り付けを
教えてください!!!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

適当だけど・・・

>笑いましょう
両手をパーにして顔の横に

>アッハッハ
そのまま上体を左右に倒す

>怒りましょう
両手グーにして腰に当てる
>うんうんうん
腕組みをしてうなずく

指導する人によって微妙に違っていたりするから面白い。

Qビーズ・チェーンの問屋もしくは格安のお店(スワロ・天然石)

ビーズを使用したアクセサリーの販売を開始することになり、
天然石・スワロフスキー・チェコ・メタル等のビーズを格安で販売、
もしくは卸売りをしているお店を都内で探しています。
現在、okadaya等の小売店で購入していますが、
欲しいビーズのが種類やミリ数無かったり、数が揃わなかったりです。
ネットで激安販売をしているショップはありますが安いだけあって形が悪いです・・・。
希望としては4mm~10mmの天然石の種類・在庫数が豊富で、
出来るだけ質が良く激安のお店をお願いします。
激安であれば50個・100個等まとめ売りでの販売でも結構です。

それとアクセサリー向けのチェーンの種類が豊富なお店もご存知であればお願いします。
幅が5mm~20mmの種類が豊富だとなお良いです

Aベストアンサー

スワロフスキーのビーズを買うときには、ここに行きます。
安いし、種類も豊富ですよ!

KIWA スワロ館 貴和製作所
東京都台東区浅草橋1-9-12
http://www.kiwa-inc.co.jp/

このサイトも参考になりますよ。
http://www.beadsfan.net/

参考URL:http://www.kiwa-inc.co.jp/

Q円周から直径を求めるには

円周から直径を求めるには

Aベストアンサー

違いませんよ。
円周から直径を求めるには、
円周/円周率=直径
で求まります。


人気Q&Aランキング