消費者余剰とは何ですか?
友達に聞かれたのですが自信がないため、答えれません。
需要と供給曲線のところで出てきたみたいなのですが。
需要が多いのに、それに対する供給量が少なくて、消費者が余ってしまって
いる状態のことではないのですか?
詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



企業にとって、市場に参加することはなぜいいのでしょうか。
経済学的観点から、考えたもっともシンプルな答えは利潤を得られるからだと思います。
さて、消費者にとっても、同じような概念があります。
消費者にとって、市場に参加すること(買い手になること)
によってえらえる『利益』のことを経済では効用と呼びます。
消費者余剰とは、ある消費財を消費することによって得られる効用から、
その消費財を消費するのにかかったコストを引いたものです。

具体的にいいますと、
たとえば、ある指輪にあなたは100万円払って買ってもいいと思うとしましょう。
つまり、あなたはこの指輪に100万円の効用があると思っているわけです。
しかし、実際にはその指輪の値段は70万だったとしましょう。
すると100万ー70万=30万の消費者余剰があるわけです。
つまり、平たくいえば、100万円払ってもいいと思っていたのに、70万で買えたわけですから、30万『得した』気分になるでしょう?ということです。その『得した気分』はどれくらいだったかというと30万で、それを消費者余剰と呼ぶわけです。

さて、需要と供給モデルででてきたということなので、
モデルを使って話してみましょう。

たいてい需要曲線は右下がりです。
なぜ右下がりかというと、はじめの一個しか買わないときは高い値段を払っても欲しいが、消費する数が増えるごとに、消費財1つあたりからえられる効用は
すくなるなるでしょうという考えが基盤にあります。(限界効用の逓減)
つまり、この需要曲線は消費者の効用を表しているわけでして、
その曲線の下の面積は消費財から得られる効用の合計だということです。

そして、市場の価格は供給と需要が一致するところで決まります。
これが、実際に消費財を消費するのにかかるコストになります。
ですから、
均衡点からY軸にたいして、x軸に平行に直線を引きますと、
Y軸のメモリとぶつかったところが価格なわけです。この直線をAとよびます。

需要曲線と、このAとの差が消費者余剰だということです。
そして、X軸の原点から、均衡点までの距離間にある、
需要曲線とAの面積の差の合計がこの消費財の市場での総消費者余剰ということになります。

ちなみに、需要にたいして、供給が少ない状態を 過剰需要といいます。
また逆は過剰供給といいます。

そして、過剰供給や過剰需要がある場合は、
価格が動くことで、均衡が得られます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても参考になりました。
私が思ってたのとはぜんぜん違いましたね(T_T)
間違ったこと教えなくてよかったです!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 22:26

消費者余剰というのは、専門用語なので、具体的な定義は、教科書か事典などで知ることができます。


需要が多いというのは、ものがたくさん売れる状態であって、消費者がたくさんいるかどうかだけの問題ではありません。また、供給が少ないというのは、ミカンならミカンが不作でスーパーなどに出まわっていない状態を示しています。価格決定論というのは、まず、一人の消費者と一人の商人のように、単純化して考えるところに特徴があります。

たとえば、おいしそうなケーキが売ってあるのだけれど、価格が示されていないとき、いくらなら買おうかなと思う、その思ったときの価格が、消費者側の価格です。それをひとつ500円で買いたいと思ったら、それが消費者が考える価格です。しかし、ケーキ屋さんが、400円で売りたいと思っていたら、生産者側の価格というのが、400円になります。この場合、その消費者が、500円だろうと思って、500円玉一枚もって、一つケーキを買ったとしたら、100円余ります。この余る金額に示されるものを余剰と呼びます。いくらおいしそうなケーキでも、三つ食べなさいと言われると、三つもいらないと思うかもしれません。ここで、問題が生じるのです。友だちと二人で食べるつもりなら、2個目まで買うのについては、あわせて、1000円だしてもいいと思うかもしれませんが、必要のない3個目には、500円も出したくなくなるかもしれません。ここで、450円なら、もう一つ買おうと思うのであれば、ケーキ屋さんは、400円で売りたいので、
50円に余剰が減ります。

このように書くと、何やら複雑で議論もしにくいので、こういうのを理論化するわけですが、具体的な例でもって覚えておけば、とんちんかんなことを考えなくて済みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単な例をあげて説明してくださり、ありがとうございました。
わからないときは身近なものに置き換えるとわかりやすいですね。
参考になりました。

お礼日時:2001/11/23 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーシャルの需要曲線とヒックスの需要曲線について

「縦軸に第1財の価格、横軸に第1財の数量を計り、第1財のマーシャルの需要曲線とヒックスの需要曲線を描く。マーシャルの需要曲線の傾きの絶対値がヒックスの需要曲線の傾きの絶対値より大きくなるのはどのような場合か説明しなさい。」

マーシャルの需要曲線とヒックスの需要曲線の違いは理解しているのですが、このような議論はしたことがなく解けなくて困っています。

どなたか宜しくお願い至します。

Aベストアンサー

マーシャルの需要曲線は代替効果と所得効果両方とも、ヒックスの需要曲線は代替効果のみを考慮に入れているので、その違いは所得効果の違いにあります。傾きを変えているのは、所得効果の方向にある(すなわち上級財か下級財か)が鍵だと思います。

Q需要曲線,供給曲線はなぜ曲線?

需要曲線は右下がりの曲線というようになっていますが,どうして曲線になるのか分かりません。
1次関数のような直線にはならず,どうしてあのようなグラフになるのか検討がつかないので,素人でもわかるように教えてください。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

需要曲線は別に直線になってもいいのです。
しかし、必ず直線になるわけではく、曲線にもなりますね。
この様なとき、数学などでは言葉の使い方としてより一般的な「曲線」という言い方をするのです。
要するに直線にも曲線にもなるとき、両方を含むより一般的な記述方法として「曲線」を使います。
というわけなので、難しく考えなくても大丈夫です。

Qフィリップス曲線とインフレ需要曲線・インフレ供給曲線

公務員試験で、フィリップス曲線とインフレ需要曲線、インフレ供給曲線の問題があります。

私は、これが何を意味するのかすら理解できません。
縦軸に物価上昇率、横軸に失業率をとったら、なぜトレードオフの関係になるのか、
これとインフレ需要曲線、インフレ供給曲線の関係はあるのでしょうか。
また、インフレ需要曲線、インフレ供給曲線とは何なのでしょうか?
超初学者にも分かるように教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フィリップス曲線がなぜトレードオフになるかは、実はよく分かっていません。経験則的なものです。国によっても異なっていますし、時代によっても安定的ではありません。
したがって、そういう名前が付いている、との認識で良いと思います。


それから
> インフレ需要曲線、インフレ供給曲線
とは、物価上昇率と需要・供給の関係を表す曲線のことです。通常、縦軸に物価上昇率、横軸に需要・供給をとったグラフ上に、インフレ需要曲線は右下がり、インフレ供給曲線は右上がりの曲線として書かれます。

インフレ需要曲線は、利子率との関係で導かれます。名目利子率からインフレ率を引いたものが実質利子率です。インフレが進むと実質利子率が下がります。利子率が下がると貯蓄量が下がります。これは今期の消費量が増えることを意味しますので、右下がりの曲線として表されます。

一方のインフレ供給曲線は、フィリップス曲線とオーカンの法則から導かれます。オーカンの法則とは、失業率が上がると供給量が減る、という法則です。したがって(横軸が逆転するので)右上がりの曲線として表されます。

フィリップス曲線がなぜトレードオフになるかは、実はよく分かっていません。経験則的なものです。国によっても異なっていますし、時代によっても安定的ではありません。
したがって、そういう名前が付いている、との認識で良いと思います。


それから
> インフレ需要曲線、インフレ供給曲線
とは、物価上昇率と需要・供給の関係を表す曲線のことです。通常、縦軸に物価上昇率、横軸に需要・供給をとったグラフ上に、インフレ需要曲線は右下がり、インフレ供給曲線は右上がりの曲線として書かれます。

...続きを読む

QX財に対する国内の総需要曲線はD=120-P、国内の総供給曲線はS=2Pである。

個人で調べてみたものの理解できないので投稿させて頂きます。
経済学経済原論(ミクロ経済)の問題ですが、
下記の問の答えと考え方をできたら詳しく教えていただけたら嬉しいです。

X財に対する国内の総需要曲線はD=120-P、国内の総供給曲線はS=2Pである。この財の海外市場における価格が20のとき、国内の生産量と輸入量はいくつになるか。
また、この財に1単位あたり10の関税が課せられた時の政府の関税収入、
右関税が課せられた場合の生産者余剰の変動額、右完全によって生じる社会的損失額もそれぞれ求めよ。

Aベストアンサー

生産者余剰の増加は合っています(私の計算と同じということ)が、死荷重は合っていませんね!三角形が2箇所あるので、二つの面積の和(合計)となるはず。あなたのは何を計算したんでしょうか?
DWL=左側の三角形の面積+右側の三角形の面積=[(60-40)×10÷2 ] + [(100-90)×10÷2 ]= 100 + 50 = 150
となりませんか?ただし、DWL=死荷重を指し、三角形の面積=底辺×高さ÷2で求められる。

Q完全競争においての個々の企業が直面する水平な需要曲線について

完全競争においては、プライステイカーとして考えるため限界収入はPXをXで微分してPとなり限界収入曲線が水平となることまでは理解できるんですが、
この水平な限界収入曲線が個々の企業にとっての需要曲線になるのがなぜかわかりません。現在クルーグマンミクロを読んでおり(P252)本書には「限界収入曲線は市場価格と同じ高さの水平線になる。つまり市場価格でその企業はすきなだけ生産物を販売できるのだ。たくさん売ろうが、ちょっととだけ売ろうが、市場価格は変わらない。個々の企業は水平な需要曲線に直面していることとなる。」
 限界収入曲線が、個々の企業の直面する需要曲線になることについてお詳しい方是非とも御教授下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>1です。
私としては、単にTR=AR・x
という自明の式があって、このARを図示したとき、それを「一企業が直面する需要曲線」とよぶ、と解釈しています。

>需要曲線はAR(生産者側の想定)と考えてもいいんでしょうか。

 ここを深く掘り下げるとき、消費者側の意思(市場全体の需要曲線)を「完全情報の仮定」によって生産者側は知り得る状況にあるというのが正しいと思います。たとえば供給独占市場においては、市場全体の需要曲線を掌握する1企業が、その需要動向に応じて利潤を最大化できる生産量を決定し、それに応じた価格を設定することが可能です。このときの価格は、あくまでも消費者側の意志で示される需要曲線上の一点となります。企業は、消費者側の行動を完全に知り得ているため、企業の想定する需要曲線(生産者側の想定)というのが、消費者の意志による需要曲線と別個にあるわけではないと考えます。また、市場価格というのは単価のことであって、これを企業の立場で見れば単位当たりの収入すなわち平均収入なんですね。
 よって、供給独占企業における一企業の直面する需要曲線とは、市場全体の需要曲線を指しています。
 完全競争企業においては、一企業は市場全体の需要曲線を知り得ていますが、一企業の生産量など市場全体の何万分の1ぐらいの小さなものだという設定ですので、一企業が何をやったとしても、市場価格(=単価=平均収入)は変わらない、ということでしょう。
 私はこの程度の理解で満足してます。すいません、力不足かも。

>1です。
私としては、単にTR=AR・x
という自明の式があって、このARを図示したとき、それを「一企業が直面する需要曲線」とよぶ、と解釈しています。

>需要曲線はAR(生産者側の想定)と考えてもいいんでしょうか。

 ここを深く掘り下げるとき、消費者側の意思(市場全体の需要曲線)を「完全情報の仮定」によって生産者側は知り得る状況にあるというのが正しいと思います。たとえば供給独占市場においては、市場全体の需要曲線を掌握する1企業が、その需要動向に応じて利潤を最大化できる...続きを読む

Q需要曲線と供給曲線

「ある財に対して、1単位当たりt円の税が生産者に課せられたとする。このとき需要曲線と供給曲線を用いて消費者の負担と生産者の負担について説明せよ」
このような課題が出ました。どなたかワカル方いましたら、回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 グラフを使うと一目瞭然です(ここに描けないのが残念ですが)。
(1)縦軸に価格(P)、横軸に数量(Q)をとったグラフで考えますと、
(2)右上がりの供給曲線、右下がりの需要曲線を想定します(いろんな需給のパターンがありますが、ここはあえてオーソドックスな例で)。
(3)で、従量税ですが、これは供給曲線と平行になるかたちで上にt円だけずらして描けばいいと思います。
(4)そうするとどうでしょうか。需給均衡点が左上にずれますよね。
(5)課税によって価格が上がった分、売れる量は減ったわけです。
 そうすると、その上昇した価格分(税額分)は誰が支払う(負担する)のかというと…、できたグラフをよく見てみてください。
 あとは余剰分析をすれば、おのずと見えてくると思います。

Q家計の理論から需要曲線を導き出すには……?

初めまして、こんにちは。

需要曲線を予算線やパレート、家計の理論などを使って導き出そうとしているのですが、うまく繋がりません。

そもそも需要曲線というものを図だけで覚えていたので、これを説明しようと思っても出来ませんでした……。

うまく説明できる方、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

図だけで説明すれば、概ね次のようになります。

二財モデルで考えれば、縦軸に2財、横軸に1財をとれば無差別曲線を書くことが出来ます。ここで、予算制約線との接点が最適点になります。

予算制約線の傾きは価格比になりますが、2財の価格を一定にすれば1財の価格と1対1で対応します。

ここで、無差別曲線の接線の傾きと、そのとき選ばれる1財の量を、縦軸に価格、横軸を量としてプロットしていけば需要曲線を書くことが出来ます。

Q需要曲線・供給曲線

需要曲線と供給曲線が左右にシフトする要因は何ですか?調べているのですが、なかなかしっくりいく答えが出ません(; ;)
教えてください!

Aベストアンサー

需要曲線の右シフトは、同じ価格でより多くの需要が生まれるようになったということです。つまり国民の消費性向や企業の投資性向が高まったことを意味します。

一方、供給曲線の右シフトは、同じ量をより低価格で供給できるようになったということです。つまり企業の生産性が上がったことを意味します。

ちなみに、需要曲線と供給曲線が同時に同じだけ右にシフトした場合、価格は変化せず、国民所得は拡大します。

Q補償需要曲線

補償需要は無差別曲線上の点ですよね?なら、補償需要曲線は無差別曲線とぴったり重なりますか?わたしは重なるのでは・・と思うのですが、もしそうでないなら、なぜなのか教えてください!!

Aベストアンサー

無差別曲線は、2つの財の数量を縦軸と横軸にとった空間に描くものです。補償需要曲線は、縦軸にどちらかの財の価格、横軸に同じ財の数量をとって、価格と数量の関係をあらわしたものです。ですから、ぴったり重なりません。

Q需要曲線と供給曲線などの問題

以下の(1)の問題は分かったのですが、(2)と(3)を教えて下さい。
貨幣需要関数LD=2y-5000rと表わされるとする(ただし、rの係数の単位は兆)。ここでyはGDP、rは債券利子率を表すとする。
(1)いま貨幣残高(貨幣供給量)Mが600兆円あり、GDPは400兆円とするとき、均衡債券利子率は何パーセントになるか。
600兆円=2×400兆円-5000r
r=200/5000=0.04
答え.4%

(2)上の数値を用いて貨幣市場の需要曲線と供給曲線を描きなさい。
(3)上の図のなかに、貨幣市場の均衡点と均衡債券利子率を図示しなさい。

すみませんが、(2)(3)が分からなくて困っています。
お分かりになる方、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お礼率24%か?こういう類の人はせっかく回答しても、感謝の気持ちを示さないし、そのまま放置されることが多く、回答する気になれない類の人ですね。(言っておきますが、あなたのそういった態度をあらためないと、誰もあなたのことをまともに相手をしてくれなくなりますよ!)

貨幣市場の需要、供給曲線も財の市場と同じように、価格を縦軸に、数量(需要量、供給量)を横軸にとる。(なぜそうなるかということは、QNo.7209890に対する回答で詳しく説明したので、そこにある私の回答を見てください。)この場合、価格とは利子率rであり、需要量とはLD、供給量はMです。したがって、貨幣の需要曲線(正確には逆需要曲線)は、与えられた式をrについて解いて
   
   r = ( 2×400/5000) - (1/5000)LD

と変形する。貨幣の供給曲線は

   M = 6000

で与えられている。したがって、貨幣の需要曲線は縦軸の切片が4/25、傾きが-1/5000の右下がりの直線であり、貨幣の供給曲線は横軸を6000のところを通る垂直の直線となる。均衡は、この2つの直線が交わるところ(すなわち、LD=Mが成り立つところ)で与えられる。したがって貨幣市場の均衡を数値的に求めるためには、均衡ではLD=Mが成立するので、あなたが計算したように、M=6000をLDのところに代入してやればよい。

ANo1さんの回答で貨幣の供給曲線が水平というのは正しくなく、上に書いたように垂直な直線であるということになる。
 

お礼率24%か?こういう類の人はせっかく回答しても、感謝の気持ちを示さないし、そのまま放置されることが多く、回答する気になれない類の人ですね。(言っておきますが、あなたのそういった態度をあらためないと、誰もあなたのことをまともに相手をしてくれなくなりますよ!)

貨幣市場の需要、供給曲線も財の市場と同じように、価格を縦軸に、数量(需要量、供給量)を横軸にとる。(なぜそうなるかということは、QNo.7209890に対する回答で詳しく説明したので、そこにある私の回答を見てください。)この場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング