最新閲覧日:

劇団四季でロングランされているCATS。
劇場に足を運ぶと、CATSの時だけ 
何とも言えない甘い香りが漂っているのはナゼ?

やっぱり通路やお客さんに接する場面が多いので
汗臭スプレーみたいなものをつけているんでしょうか?
それとも服やカツラの素材の匂いなのでしょうか・・・?

どなたか教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おそらく「ロスコー」の匂いじゃないかと思います。


芝居用の「発煙装置」です。
CATSって、確か炊いてたような記憶があるのですが、
劇場に入った時に全体的に煙って見えませんか?
霞がかってると言うか。
あれって、独特の匂いなんですよね。
ちなみに、「オペラ座の怪人」の地下の泉のシーンなんかのスモークは
ドライアイスです。
ロスコーとドライアイスの決定的な違いは、
ロスコーの煙は上昇する、ドライアイスは停滞する、
ってところでしょうか。
なので、会場全体に霞をかけたり、照明のラインをはっきり見せたい時は
ロスコーを炊きます。
逆に、足元を隠したかったり、効果として例えば水が湧き出しているように見せたい時なんかはドライアイスです。
CATSだと、最後に猫が天上に昇る時に山ほど炊いてますよね。

ちなみに私はロスコーの匂いは苦手です(^^;
しかも、あれって油性の液から煙を発生させるから、機械のまわりが
べとべとになるんですよね~・・・。
まあ、それは「裏話」として・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ロスコーという装置の匂いだったのですね~!!
私はあの匂いが大好きでして(^^;)
ずーっと気になっていたのです。
良い解答をどうもありがとうございました。
これで胸のつかえがとれましたです。

器械のまわりがベトベトになるのは・・・考えもんですね(^^;)

お礼日時:2001/12/08 16:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ