最新閲覧日:

 むかしから疑いなく、この言葉を信じてきましたが、インターネット上の某所で真っ向から否定する文章を見つけました。曰く、発生の途中でエラと見えるものは別の機能の器官であるし、シッポと見えるものは脊椎の飛び出したものでそうみえるだけだというのです。
 世界的には、宗教的な立場で進化論を否定する人も多く、現在の学問的レベルではどのような説が合理的だと受け入れられているのでしょうか。
 まるっきり、そういうことはないのか、発生の過程で現れる特徴的現象を象徴的に進化論と結びつけているだけなのか、はじめから私の勘違いだったのか、ご存じの方いらっしゃいましたらよろしくご教授下さい。

A 回答 (1件)

個体発生が系統発生を…ですよね?この概念は発生学者のなかでは,「多分」古いものだと思います。

この概念の地位は「個体発生過程の変更が系統発生的形態変化に反映する」に取って代わられていると思います。
ヘッケルの提唱した「ガストレア説」なんかがキーワードだと思います。

この回答への補足

いただいたキーワードで調べてみたらいろいろ出てきました。ありがとうございました。やっぱり私の勘違いというのが一番近かったようです。また、なんかの時はよろしくおねがいします。

補足日時:2001/11/23 03:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんな時間にありがとうございます。またまたポカをやってしまいました。この週末、早速いただいたキーワードを元に図書館で本を探してみます。

お礼日時:2001/11/23 03:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報