現在、「行政研修の充実と教員の負担」をテーマに卒業論文を作成しています。
行政研修はマンネリ化などが指摘され、教員の参加意欲を喚起しづらいものとされてきた。研修参加に対して義務感を感じ負担に感じている教員や、研修に参加するために子どもと接する時間等が十分とれないといった時間的拘束感などから研修を負担に思っている教員も存在するという記述を文献のなかにみつけました。
しかし、他にそういったことを書いた資料がみつからず、困っています。
参加意欲が喚起されない内容であることや時間的拘束感等により、研修参加を負担に感じている教員の声は、実際に存在するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 行政研修には2種類あります。

「強制研修と」「自主研修」です。「自主研修」は自ら申し込んで参加する研修ですから負担感などありませんが、問題は「強制研修」です。5年目・10年目といった勤続年数の区切りごとに行われるものはその最たるものです。大勢の参加者に共通する課題などあるはずもなく、どうしても一般教養的なものになりがちです。
 それから、校務分掌(学校内の仕事分担)ごとの研修もお決まりの内容がほとんどで、授業を自習にしてまで行く価値があるのか疑問です。
 特に小規模校では教員も少ないですから1人でも抜けると大きな影響があります。会議が成立しなかったり、学校行事が運営できなかったりします。にもかかわらず、小さい学校ほど1人の教員がいくつもの仕事を兼任しているので、研修に出かける回数が増えるという悪循環が存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
探しやすい資料がどうしても行政サイドのものに偏ってしまい、先生方の側の声に接することが難しく、考え方まで行政側に偏ってしまいそうでした…。

お礼日時:2001/11/23 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

教員」に関するQ&A: 教員は安月給?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教員の研修、留学などについて

友人からの質問ですが、国公立の小、中、高校の教員が、
留学や大学などに通うために長期研修という名目で
休職することはできるのでしょうか?
(休職期間の給与はなし)
何か制限があったり休職は難しいのでしょうか?
また、何かいいシステムがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

国内の大学院に留学する際に、内地留学という制度があります。
この場合は、教育委員会からの命令で行く形になるので、
勤務と同様、つまり給料はでます。
(休職ではなく、勤務となる。所属も勤務校扱い。)

ただ、予算の関係もあり、誰もが希望すればいけるわけではなく、
タイミングや校長推薦などは必要なようです。

Q教員の勤務時間と通勤時間と研修

私は定時制の公立高校教員です。勤務時間は12時30分から21時15分です。休憩時間は15時15分から16時までです。さて私は、いわゆる職務専念義務を免除される研修を毎日、12時30分から14時まで自宅で取得してその後14時00分に自宅を出て1時間かけて15時に出勤しています。ところが他の教員から通勤時間は他の教員は勤務時間に入っていないのに君は毎日通勤時間が勤務時間内になっている。実質は、7時間労働で同じ給料をもらっていいな。といやみを言われました。管理職に聞いたのですが明確な答えが返ってきません。たしかに私は勤務時間の中の1時間を車での通勤として使っています。どう考えればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
解決策を3つ考えてみました。

(1)その研修に必要な物品、機器などを学校に持ってきて、学校で研修する。多少お金がかかってもしかたがない。(これがおすすめです)
(2)その研修が自宅でしかできないのならば14時から15時の移動も必要な時間なんだから、自宅研修の時間を12時30分から15時まで認めてもらう。
(3)校長が認めているんだから同僚の言うことなんて気にしない。再度嫌みをいわれたら「校長が認めてくれている。文句があるなら校長にいってくれ」という。

しかしまあ、第三者から見ると毎日1時間半の定期的な自宅研修って想像出来ないんですけど、よかったら参考までにどんな内容か教えてください。

Q教員の初任者研修が免除される場合

本務教諭を4年経験しました者です。この度,名古屋市で教員採用試験を受験しますが,初任者研修は免除になるのでしょうか?初任者研修が免除される条件について教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

本務教諭を4年経験した、ということは以前の勤務地で初任研を受けているはずです。従って、その場合には、法律で定められている初任研自体は免除(というか、一度やっているのだから再度やる必要はない)です。ただし、該当の自治体が独自に実施している研修がある場合には、それだけは受ける必要があります。
あとは、年次研です。こちらをどのように受けているかによって、もしかしたら3年次研等が当たる可能性はあります。

Q青年海外協力隊・現職教員特別参加制度について

現在、公立小学校(神奈川県)の教員をしています。
青年海外協力隊の『現職教員特別参加制度』に応募しようかな・・・と
考えています。
今、一番心配なのは、派遣されている間の給与のことです。
若干、家の借金を背負ったりしているので・・・。
派遣されている間も、県から給与が出るのでしょうか?
派遣先での生活費はどうしているのでしょうか?

この春に応募しようと考えていますので、
その他の情報でも教えていただけるとありがたいです。
ご存知の方、実際に隊員として行かれた方、
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

「JICAから都道府県等に対し給与の8割を補填する」とありますから、最低でも給与の8割は保障されると考えられます。現地での生活費はJICAから出るはずです(最初の説明会で説明があると思います)。まずは学校長に相談してみてはいかがですか。

ちなみに「日本人学校・補習授業校への教員派遣」もありますけど。こちらなら家族も帯同できます。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/genshoku/main6_a9.htm

Q正規教員採用率と教員就職率

大学の教育学部のHPなどに正規教員採用率と教員就職率が示されているところがありますが、それぞれの上位校の顔ぶれが違うのがどうしてか不思議に思います。
http://www.bunkyo.ac.jp/faculty/kyoiku/contents/shinro-sanko.html​
普通に考えると、教員就職率が正規以外の教員を含む就職率であるとすれば、正規教員採用率とは一定の相関関係がありそうに思うのですが、そうはなっていません。
それぞれが何に対する何の割合なのかと、同じ年度の上位校の顔ぶれがこれほど違う要因について教えてください。

Aベストアンサー

教員採用試験で合格しても、蹴ってほかの仕事に就職しているとか。とくに卒業者数が大学によって大分違いますよね。それに対して、%で順位を決めていますから。

また、土地柄もあります。千葉県なんて、全国で最も教委採用試験の倍率の低い都道府県です。統計のトリックですね。こういう裏技?をたくみに利用するノウハウを著した本も、昔見たことがあります(笑)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報