牛の骨を原料としたしたゼラチンに、狂牛病の危険性は無いのでしょうか?
あちらこちらに様々な意見があり、何を信じて良いのか分からず困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

万一原料に病原体が混入したとしても、ゼラチンの製造工程のアルカリ処理するにより、感染性は数千分の一になろようです。

その他の製造工程の処理により、総計で10億分の1の程度になるとのことです。

「絶対」は無いと思いますが、確率はきわめて低いのではないでしょうか。

http://www.primate.gr.jp/yamanouchi/49.html

参考URL:http://www.primate.gr.jp/yamanouchi/49.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
やはり安全なものと見なすべきなのかもしれませんね。

お礼日時:2001/11/24 03:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違

TLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違うので、それぞれ違う溶媒で展開しなければいけないのですか?
自分がやった時には、スポットがだいたいTLCの真ん中にくる溶媒を選んで、原料と生成物を別々の溶媒で展開しました。
この方法で合っているでしょうか?

Aベストアンサー

TLCで分析する目的は何なのでしょうか? もし、原料が反応して生成物ができていることを確認したいのなら、原料が移動しないで、生成物のみが移動する展開剤で生成物の存在を確認するだけで十分だと思います。 また、丁寧に確認したいのなら、2次展開(例えば、最初に極性展開剤で展開させ、次にTLCを乾燥した後に90度向きを変えて無極性展開剤で展開する)により確認する方法もあります、この方法の場合、原料と生成物の両方の存在の有無が確認できます。 どちらの方法でも良いと思います。 実験方法は目的により変わります。

Q【化学・危険物】危険物保安員の話。 4種危険物はガソリンですよね? なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上

【化学・危険物】危険物保安員の話。

4種危険物はガソリンですよね?

なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上の温度で保管されるガソリンについては保安員は不要なのですか?

40度以下だと保安員がいるそうです。

普通、温度が低い方が保安員は要らない気がするのになんででしょう?

Aベストアンサー

>4種危険物はガソリンですよね?
違います。
消防法や危険物の規制に関する政令等では「4種」などと言う区分は存在しません。
ガソリンは第四種危険物ですが第四種危険物はガソリンではありません。

>なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上の温度で保管されるガソリンについては保安員は不要なのですか?
そのような規定はありません。

>40度以下だと保安員がいるそうです
保管温度ではなく引火点です。
保安員ではなく危険物保安監督者です。

Qゼラチン溶液中でのAgClやAgBrの結晶成長

ゼラチン水溶液中で,AgClやAgBrを結晶成長させるとき,
結晶成長をゼラチンは阻害しないのでしょうか.

ゼラチンが結晶の表面に吸着し,結晶成長が起こらなくなると思うのですが・・.
よくゼラチン溶液中で結晶の成長を行っている論文を見かけるのですが,
成長に関し理解できなくて質問しました.

Aベストアンサー

阻害します.ただし,適度な阻害があるからこそ,粒子の成長をコントロールでき,単分散な粒子が作れるのです.
そして,ハロゲン化銀結晶については,現実的にはゼラチンしかこの目的に適合するような保護コロイドはみつかっていないのです.
なので,ゼラチン溶液中の論文しか見つからないのは,ある意味当たり前です.
もちろん,他の保護コロイドを試みた論文もありますが,結局のところそれらはゼラチンに及ばなかったという結論になっているはずです.書き方はいろいろあるかもしれませんが.
ゼラチンがどのように結晶成長を阻害するかについては膨大な研究があり,以前はゼラチン中の不純物,具体的には核酸,核酸塩基類が一番の要素でした.
その後,ゼラチンの高純度化が進み,不純物由来の成長阻害は非常に抑えられるようになりましたが,それでもゼラチン自身のもつ吸着性などのため,一定程度の阻害がおこっていることがわかっています.ただ,その本態については必ずしも明確とは言えない部分もあるようです.
そして,この阻害効果と,強力な保護コロイド効果とは表裏一体でもあるので,ゼラチン溶液中で作るというのがスタンダードであり続けているのでしょう.

阻害します.ただし,適度な阻害があるからこそ,粒子の成長をコントロールでき,単分散な粒子が作れるのです.
そして,ハロゲン化銀結晶については,現実的にはゼラチンしかこの目的に適合するような保護コロイドはみつかっていないのです.
なので,ゼラチン溶液中の論文しか見つからないのは,ある意味当たり前です.
もちろん,他の保護コロイドを試みた論文もありますが,結局のところそれらはゼラチンに及ばなかったという結論になっているはずです.書き方はいろいろあるかもしれませんが.
ゼラチンがど...続きを読む

Qプラスチック原料について

PS(ポリスチレン)にはHIPSとGPPSの2種類ありますが、HIPSの方が価格高いらしいのですが理由分かる方教えていただけませんでしょうか。
構造状の違いとかでしょうか。

Aベストアンサー

HIPSは、GPPSよりも耐衝撃性を向上させるために、スチレンモノマーの重合時にポリブタジエン等の添加しています。
よって、添加物あるし製法に1工程多くかかるため、一般のGPPSよりも価格がUPするのです。
ですが、実勢価格としてはキロ当たり数十円の差ですよ。

Qゼラチンのタンパク質の構成アミノ酸

タンパク質の定性反応のレポートを書いています。卵白とゼラチンについて、キサントプロテイン反応と坂口反応と硫化鉛反応の実験をしたところ、卵白はすべての反応で陽性、ゼラチンはすべての反応で陰性でした。この結果から、卵白のタンパク質には芳香族アミノ酸、アルギニン、含硫アミノ酸が含まれていて、ゼラチンにはこれらが含まれていないことがわかりました。そこで、このことを裏付けるために、卵白とゼラチンのタンパク質の構成アミノ酸を本かネットで調べたいと考えました。卵白の方はわかったのですが、ゼラチンの方がわかりません。ゼラチンのタンパク質の構成アミノ酸は何ですか?また、ゼラチンはコラーゲンを加水分解した誘導タンパク質であることもわかったのですが、この処理の過程で、もしかして構成アミノ酸に変化があったりするのですか?
長くなってすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゼラチンの基本的なアミノ酸組成はもとのI型コラーゲンと同じです.ただ,不溶性のコラーゲンを水溶性にする過程が2種類あり,アルカリ処理といわれる工程を経たものはグルタミンやアスパラギンのアミドがほとんど加水分解されてグルタミン酸やアスパラギン酸になっているのに対し,酸処理といわれる方法だとこれらがかなり残っているという違いがあります.

参考
http://www.nitta-gelatin.co.jp/gel-jiten/gairon/gairon512.html

上記に載っているAタイプというのが酸処理,Bタイプというのがアルカリ処理です.アミノ酸組成は完全加水分解後に高速液クロで調べる,いわゆるアミノ酸アナライザを使って求めていると思われるので,たとえばグルタミンとグルタミン酸は区別されずに,すべてグルタミン酸として分析されているはずです.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報