dポイントを20倍にするたった2つの方法

外国為替証拠金取引取り扱い会社の比較サイトなどで「取引手数料0円」とうたっているところがありますが、これはTTSとTTBの値が同じという事でしょうか?それとも、それ以外に一取引あたりにかかる手数料が無料という事で、やはりTTSとTTBの値には開きがあるのでしょうか。当方外貨預金の経験はありますが、外国為替証拠金取引は研究中です。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

TTSとTTBは、やはり外貨預金で使うもので、為替取引では、アスク(ask)とビッド(bid)と言います。

この売値と買値の差がスプレッドと言い、業者の儲けになります。

手数料無料というのは、取引手数料無料のことです。
無料の業者でも、必ずスプレッドは有ります。米ドルは5銭から8銭くらいと、外貨預金の20分の1くらいにはなります。

テレビで、本日の外国為替市場は、115円45銭-50銭でした。と言っていますが、低いほうが投資家から見て売りの値段(bid)、高いほうが買いの値段(ask)になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/25 17:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング