大人になり、再読を検討中です。多数出版されていますが訳者が多く
どの方が適当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

松本恵子さんの翻訳が新潮文庫から出ています。
村岡花子さん翻訳も角川文庫にあるようですが…。
私が読んだのは新潮文庫だったので、松本恵子さんだったと
思います。村岡花子さんは「赤毛のアン」シリーズ翻訳などでも
有名ですよね。ご参考までに。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102082 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ございません。参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/23 21:55

福音館古典童話シリーズの”あしながおじさん”をお薦めします。

本は、買って読め、家は借りてすめ。という名言があるそうです。灰谷健次郎の小説で読んだ気がします。大好きな本は、手許に置いて、一緒に暮らしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ございません。参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/23 21:42

こんにちは^^


私も大人になってからあしながおじさんを再読してはまりました。
4種類の翻訳を所有していますが、
私の一番のオススメは福音館文庫の坪井郁美さんの訳です。
一見子ども向けの文庫ですが、きちんとした完訳です。
どの翻訳よりもジュディーが生き生きとしていると感じます。
敬意をこめつつも堅苦しすぎず、かといって馴れ馴れしすぎない、絶妙のバランスの日本語になっていて引き込まれますよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4834019 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ございません。参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/23 21:53

あしながおじさんは子供向けに書かれた本なので大人向けとかはないと思いますよ!



私もNo.1さんの書かれているように松本恵子さんが一番お勧めです。
丁寧に訳してあって、他の本でも彼女の訳したのは評価が高かったですし。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102082 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりまして、申し訳ございません。参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/23 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「あしながおじさん」のような少女小説を探しています

閲覧ありがとうございます。
最近「あしながおじさん」と「続・あしながおじさん」を夢中で読み終えました。数年前に「赤毛のアン」を読んで感じたドキドキを思い出しました。
そこで、こういった類の本が他にありましたら教えて頂けないでしょうか?
言葉で言い表し難いのですが、

・ワクワクするようなロマンスが含まれているもの
・時代物(ドレスや、お菓子など、古き良き時代の描写を読むのが好きなので)
・ハッピーエンド

であることが共通点であるような気がします。上に挙げたものが含まれていると尚良いですが、全て合致しないものでも、ピンと来たものがありましたらお勧めしてくださると嬉しいです。
こういう作品はもともとは昔書かれた少女小説なのかな?と感じたので、こういった雰囲気のものがまだ眠っているのではないかと考えまして…とはいえ、最近書かれた作品でも大歓迎ですし、世界観や主人公の年齢なども問いません。
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「小公子」、「小公女」も当てはまると思いますよ。
「足ながおじさん」と話の展開が似ていますし、挙げられた条件すべてにあてはまります。
名著という点、社会に多くの影響を与えている点、少年少女に夢を与え続けてきた点、世界中で読まれている点、どれをとってもその価値は満たすと思っています。
下の方お奨めの「秘密の花園」をお気に召したのなら、花園つながりで「トムは真夜中の庭」もよろしいのでは?現代のイギリスの男の子が時空間を行き来しますので、ここにお奨めされているのとの少し違いますね。著者のフィリッパ・ピアスはここ数年のなかで亡くなられたので、古きよき時代についてイメージし易いかもしれません。
ついでに一言。きっとイギリスの作家の作品がお好きなんだと思いますよ。

Q「あしながおじさん」の和訳について。。。

今、大好きな本「あしながおじさん」の原文を辞書をひきながら勉強しているのですが、どうしても分からない文があり、まわりに英語ができる人がいないためもしよかったら解説をお願いします☆

Mrs.Lippett allowed a moment of silence to fall.

日本語版の本には「リペット先生はしばらくだまってしまいました。」とあるのですが、直訳ではどうなるのでしょうか??allowは辞書によると「許す、させておく」??fallの意味はこの場合どの意味??という感じでいまいち日本語訳とつながりません。。。英語の得意な方、ご回答いただけるとうれしいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

このfall は「起る」とか「移る」とか言う意味で、一つの状態から他の状態へ変わることを言うんですね。

一番よく使われるのは、fall a sleep日本語には丁度言い言い方で「眠りに落ちる」と言うのでこのフィーリングを出していますね。

allowは許可すると言うよりここでは「起こさせてしまう」のフィーリングがあります。

よって、「黙って口をきかないと言う事は本当は起るような状態じゃなかったんだけど、起こさせてしまった」、つまり、「黙ってしまった。」と訳しているんですね。

Somehow, he became quiet for a moment.に近いフィーリングかな。

私はこれはかなり英語的(米語)な使い方で、日本語にはない言い方ですね。 フィーリングとして分かっても、日本語にあらわすと難しいと言う文章の例だと思います。

分からない点がありましたら、又、補足質問してください。

Q赤毛のアンの完訳を探してます

似たような質問があるので恐縮ですが、わたしのこだわりで質問したいのでどなたかお答えいただけると嬉しいです。(より多くのご意見をいただけると助かります)

わたしは村岡さんの「赤毛のアン」シリーズを持っています。
しかし、村岡さん訳の赤毛のアンはところどころ間違った解釈があるばかりか、すっぽりと抜け落ちたエピソードも多くあるみたいで、できれば完訳を読みたいと考えているのですが。

しかし、やはり最も美しい文体と言われる村岡訳に愛着があり、それも完訳と言ってもまだ完全なものはないそうで、一体どれを読めばいいのか迷っています。
(一番いいのは全部読み比べることという意見もあるみたいですが、村岡訳のイメージを大切にしたいのでいろいろ違うアンを読みたくないのです)

わがままな質問かもしれませんが、以下の条件に合うような完訳をご存知の方がおられたらよろしくお願いします。

・完訳である。
・文体が村岡訳とそこまでかけ離れていない。(村岡ワールドを壊さない)
・村岡訳と同じく、所有する価値がある。

どうぞ、よろしくお願い致します。

似たような質問があるので恐縮ですが、わたしのこだわりで質問したいのでどなたかお答えいただけると嬉しいです。(より多くのご意見をいただけると助かります)

わたしは村岡さんの「赤毛のアン」シリーズを持っています。
しかし、村岡さん訳の赤毛のアンはところどころ間違った解釈があるばかりか、すっぽりと抜け落ちたエピソードも多くあるみたいで、できれば完訳を読みたいと考えているのですが。

しかし、やはり最も美しい文体と言われる村岡訳に愛着があり、それも完訳と言ってもまだ完全なものは...続きを読む

Aベストアンサー

私も村岡訳『アン』で育ったクチなので、お気持ちわかります。

完訳版となると、
◎掛川恭子訳/講談社
 (1)『赤毛のアン』(完訳 赤毛のアンシリーズ)
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061898213.html
 (2)『赤毛のアン』完訳クラシック(ソフトカバー)
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062704013.html
 (3)『赤毛のアン』完訳クラシック(講談社文庫)
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062750619.html
  ※内容は同じです。特に(2)(3)は装丁の違いくらい。
  ※(1)はカバー・挿画が、画家・山本容子さんの手によるものです。これはすばらしい。

もしくは、

◎松本侑子訳/集英社
 (4)『赤毛のアン』(集英社文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E6%AF%9B%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%B3-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%AA/dp/4087472019/ref=sr_1_2/503-2407186-1736750?ie=UTF8&s=books&qid=1180338817&sr=1-2

くらいしかないんじゃないかなと思います。断言できませんけど。
どちらも、読みやすく素敵な訳だとは思います。私はどちらもOKでした。
が、やはり村岡版とは違いますね。

まず、どちらも、地の文が「ですます調」ではなく、「である調」です。
あえてどちらかといえば、
掛川版の方が、全体的にジュニアにも対応できる雰囲気で、村岡版に近い感じです。
松本版は、巻末に、訳者である松本さんのノート(資料)が付いていて、より深い(専門的な)レベルで『アン』の世界を楽しめるようになっていて、大人が読む『アン』という感じ、かな?
完訳版かつ村岡版に近いものを!とお求めなら、掛川版がよろしいかと。

ただ、村岡訳『赤毛のアン』は、例えば「『星の王子様』は内藤濯/訳」のように、赤毛のアンの世界や、アンという少女のイメージを作りあげた、他訳とは違うちょっと特別なものだという気がします(個人的にですが)。

なので、どうしても「本来の『アン』とはどんな作品か?」と思われるなら、いずれかの完訳版を読まれるのがよいと思いますが(「知るため」に読むんであって、印象違っても気にしないくらいの気持ちで)、「アンの世界がすき」という感じだったら、村岡訳の『赤毛のアン』でも十分だと思います。

長くなりましたが、参考になればと思います。

私も村岡訳『アン』で育ったクチなので、お気持ちわかります。

完訳版となると、
◎掛川恭子訳/講談社
 (1)『赤毛のアン』(完訳 赤毛のアンシリーズ)
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061898213.html
 (2)『赤毛のアン』完訳クラシック(ソフトカバー)
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062704013.html
 (3)『赤毛のアン』完訳クラシック(講談社文庫)
  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062750619.html
  ※内容は同じです。特に(2)(3)は装丁の違いくらい。
 ...続きを読む

Q「指輪物語」どれを読んだらいいのでしょう

小学校時代に挫折した指輪物語をもう一度読破したいと思います。「ホビットの冒険」も一緒に読もうと思いネットで検索したところ、出版社・訳者は同じでも、3冊・6冊・9冊セットやオリジナル版、カラー版など様々な形式で出版されているようです。多分挿絵や振り仮名などが多少異なるのだとは思うのですが、よくわかりません。それぞれの内容の違いや特徴、「買うならこれ!」というおすすめなど、ご存知でしたらぜひ教えてください。(ちなみにもうすっかり大人になってしまったので、あえて子供向けのものでなくても大丈夫です。)

Aベストアンサー

「ホビットの冒険」は岩波版の方が良いです。指輪物語と訳者が同じだからと言うのもありますが、読みやすいので。
岩波版は岩波少年文庫版とハードカバー版が出ている見たいですが、ハードカバー版は映画版の時期に作られたものの様です。しかし、瀬田貞二さんは既に故人なので訳が変わると言う事は有りえませんので、違うのは挿絵とハードカバー版である点だけでしょう。

指輪物語は翻訳に手を加えた新版の文庫版と新版の新装版のハードカバー版と挿絵がオリジナルの愛蔵版バージョン(3冊セット)がある様ですが、実際のところ新版指輪物語の文庫本は、字が大きくなって読みやすくなっているので、文庫本でもかまわないと思います。(旧版は字がぎっしり詰まっているので読むのが少しつらい。そのかわり6冊から9冊にされてしまいましたが。)追補編は文庫版でもでた様なので、特別ハードカバー版にこだわる必要はないでしょう。愛蔵版は完全にコレクターズアイテムです。

シルマリルの物語も新版に変わってる様です。旧版には、指輪物語の追補編が追加されてたのですが、削除されたのかな?(2冊組から1冊に変わってますし)

後、指輪物語とは直接関係無いのですが(実は、若干関係有ります)トールキン小品集はおすすめです。

実はまだ未翻訳の書籍がたくさんあるんです。指輪物語フリークの悲願の一つであるUnfinished Tales(終わらざりし物語)がやっと翻訳されました。まぁシルマリルの物語以降はフリークの読み物なので、特に読まなくても良いですが。

「ホビットの冒険」は岩波版の方が良いです。指輪物語と訳者が同じだからと言うのもありますが、読みやすいので。
岩波版は岩波少年文庫版とハードカバー版が出ている見たいですが、ハードカバー版は映画版の時期に作られたものの様です。しかし、瀬田貞二さんは既に故人なので訳が変わると言う事は有りえませんので、違うのは挿絵とハードカバー版である点だけでしょう。

指輪物語は翻訳に手を加えた新版の文庫版と新版の新装版のハードカバー版と挿絵がオリジナルの愛蔵版バージョン(3冊セット)がある様...続きを読む

Qあしながおじさんのあらすじ

 あの有名な小説、「あしながおじさん」のあらすじを知りたいのですが、
あらすじを公開しているサイトがありましたら是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

ウィキペディア(Wikipedia)で調べる事が出来ますよ。
以下、ウィキペディアの記載事項です。

ジョン・グリア孤児院のジェルーシャ・アボットは、孤児院の評議員の一人に作文の才能を見込まれて、毎月一回学業の様子を手紙で報告することを条件に、大学進学のための資金援助を匿名で与えられる。一瞬だけ見えたその評議員の後ろ姿から(非常な“長脛彦”だった)、彼女は評議員を「あしながおじさん」と呼び、手紙を書きつづることにする。

大学にて、彼女は孤児院で与えられた名前を嫌がって自らをジュディと呼び、同級生のサリー・マクブライトやジュリア・ペンデルトンとともに学生生活を送り、その詳細をあしながおじさんに手紙の形で送り続ける。初めて孤児院の外で生活をすることになったジュディは、自分自身でお金を出して買い物をしたことや読んだ本のこと、出席したパーティのことといった体験をその都度自らの感性で手紙に書き記していく。長期休暇時の農園滞在、ニューヨーク訪問、サリーの兄のジミー・マクブライトやジュリアの親戚のジャービス・ペンデルトンといった男性との交友、自らの小説の商業出版といった経験の後、ジュディは大学を卒業する。

ジュディはこれまでも長期休暇期間に訪れていたロック・ウィロー農園で卒業後の生活を始め、作家を目指して小説を書き進めながら、あしながおじさんへの手紙を止めることなく書き続ける。やがて、ジュディはジャービス・ペンデルトンからプロポーズを受けるが、孤児院出身であるという経歴を打ち明けることができず、彼を愛していながら拒絶してしまう。煩悶したジュディが自分の気持ちを手紙にしてあしながおじさんに送ると、会って話を聞くという返事が返ってくる。初めての対面に緊張しながらニューヨークに向かったジュディがあしながおじさんの部屋に通されると、そこにいたのはジャービス・ペンデルトンであった。ジャービスがあしながおじさんであったことを知らされたジュディはプロポーズの返事を「あしながおじさん」に向けて手紙で送る。それは、初めて「家族」を得たジュディが書いた、初めてのラブレターであった。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%81%8A%E3%81%98%E3%81%95%E3%82%93

こんばんは!

ウィキペディア(Wikipedia)で調べる事が出来ますよ。
以下、ウィキペディアの記載事項です。

ジョン・グリア孤児院のジェルーシャ・アボットは、孤児院の評議員の一人に作文の才能を見込まれて、毎月一回学業の様子を手紙で報告することを条件に、大学進学のための資金援助を匿名で与えられる。一瞬だけ見えたその評議員の後ろ姿から(非常な“長脛彦”だった)、彼女は評議員を「あしながおじさん」と呼び、手紙を書きつづることにする。

大学にて、彼女は孤児院で与えられた名前を嫌がっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報