日商と全日本情報はどう違うのか教えてください。また、どちらが資格が上なのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

パソコン検定についてはよく知りませんが、パソコン関係で資格をとるのであれば、もう少しメジャーな資格を取ることをお奨めします。

就職とかいろいろな場面で、パソコン検定よりも効果があると思いますが。
比較的初心者向けで、相応のネームバリューを持つのが、
(1)初級システムアドミニストレータ
(2)MOUS
です。
(1)は情報処理技術者(国家資格)のひとつですし、(2)はかのマイクロソフトが認定する資格ということで、人気があります。
「こんなのじゃ嫌だ。もう少しレベルの高いのを」というのであれば、
(3)基本情報技術者
(4)MCP
あたりはいかがでしょうか。
(3)は情報処理技術者(国家資格)のひとつですし、(4)はかのマイクロソフトが認定する資格ということで、人気があります。
いずれにしても、国家資格かベンダー資格(コンピュータ企業が主催している資格のこと)が時流です。
    • good
    • 0

日商と全日本情報の違いですね。


主催している場所が違うといえばそれまでです。(ちなみに私は両方の検定の資格を持っていますが…)
まず、日商ですが、ビジネスなどに必要になる検定が多いみたいです。私の思ったことですが、エクセル重視のような感じがします。ドリームス検定というものがあるのですが、それが一番謙虚に現れていると思います。エクセルを集中的に使う場合は、こちらを取っておいた方が強いでしょう。
全日本情報ですが、パソコン全体のことを検定に出してくる事が多いです。パソコン検定は、パソコン関係全体が検定範囲となっていますし(もちろんインターネットも)。全日本情報のほうは、文章重視という感じがします。ちなみに、文部科学省が後援しています。

どちらの資格が上かという質問ですが、一長一短です。自分の今の状況に合わせて、どちらがいいのか判断すればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここでまとめてお礼します。パソコン検定があまり価値がないのが、よくわかりました。大変ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/09 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング