【お知らせ】カテゴリの見直しについて

私の通っている学校では1日学校を外出してそれぞれ自分で決めたテーマにそった博物館、科学館などに行く行事がありまして、そこで私は台風を課題としたのですが、まったくと言っていいほど台風に関する物が展示してある場所などが見つかりません。自分では何回も検索などをして、探したのですがまったく見つかりません。私は埼玉の南の方に住んでいる者なので、もし、よろしければそこから近くにある、台風に関する場所をおしえて頂けないでしょうか?少しなら県外に出ても大丈夫です。28日に学校の担任へ外出届けと、言うものを提出しなければなりません。なるべく率直なご回答を願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

気象からみた台風


★湘南台文化センター こども館
http://www.kodomokan.fujisawa.kanagawa.jp/
「天気と雲」ということで、二階の展示ホールに、気象衛星「ひまわり」の画像から、観測できるらしいです。
http://www.kodomokan.fujisawa.kanagawa.jp/moyosi …
★気象庁の「気象科学館」
http://www.kishou.go.jp/intro/kagakukan.html
台風にかんする展示物はありませんが、毎週土曜に、気象予報士の人が常駐して、説明をしてもらえるので、運がよければ、展示物以外のはなしもしてくれるかも。

もう少し,がんばるつもりならば、
気象庁の気象研究所に台風研究部(http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ty/ty-sjis.html)というのがあります。
ここに、電話やメールをして情報を自分の知りたい情報が得られる場所などを紹介してもらういましょう。
ちゃんとした研究者ならば、特に忙しくなければ、中学生のお話もちゃんと聞いてくれます。じゃけんにされたら、そんな人だということで、気にしないでおきましょう。ただ、ちゃんと、目的を話て、礼儀正しくすることをお忘れなく。さらに運がよければ、研究室にいけるかも。

目先を変えて、防災ということで、
★本所防災館
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/hj/honjo.htm
暴風雨体験コーナーで、風水害をもたらすほどの強風、大雨を体験できます。また、強風、大雨に関する知識を紹介します。(注:台風というわけではありません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまで貼っていただき本当にありがとうございます。しかしながら私は気象庁の資料室みたいなところへ行くことになりました(一般人出入り自由)いろいろと本当に情報ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2005/10/27 18:45

台風を扱う博物館、科学博物館になります。

ですが、もともと少ない科学博物館の中で気象、中でも台風を展示するところは非常に少ないです。あっても狭いです。
関東で気象の展示のありそうなところを見てみましたが、少しありそうなのがここでした。
多摩六都科学館(東京都西東京市)
http://www.tamarokuto.or.jp/
ここ、何回か行ったことはあるのですが、気象の展示はほとんど記憶がないです。
科学系の博物館、主なところは見てみましたが、見落としもあるかもしれませんので、科学博物館のWebを探してみてください。
国立科学博物館、何かあるかもしれないのですが、新館になってからまだ行っていなく、Webでははっきりしません。ここは電話等で問い合わせてみるといいかもしれませんね。他に台風の展示がある博物館があれば教えてくれるかもしれませんし。
国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp/

さて、#1で書かれている災害関連ですが、これも関東では少ないような気がします。
遠地なら、たとえば
輪中の郷(三重県桑名郡長島町)
http://www.waju.jp/1.html
がありますし、防災施設として、
名古屋市港防災センター
http://www.shobo.city.nagoya.jp/bousaicenter/MCE …
にも伊勢湾台風関連の映像などがあります。

これも、類似の展示が関東にもあるかもしれません。
    • good
    • 0

防災の観点で台風の被害などの資料を展示してあるようなのは郷土資料館のようなところでたまに見かけますが、台風そのものに関する展示を探す、というのは関東近郊では難しいと思います。



テーマを変えることが出来るようでしたら、再検討してみてはいかがでしょうか。

この回答への補足

申し訳ありませんが具体的には出せませんでしょうか?資料館、郷土資料館とも探しましたがまったく見当たりません。私の探し方が悪いのかもしれませんが、お時間に余裕がございましたら、具体的にお願い致します。

補足日時:2005/10/26 01:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台風の自由研究

台風の自由研究をしようと思っているのですが、何をしたらいいのかよくわかりません。
一応、新聞の気象図の切り取り(この前の台風のやつ)はあります。
台風の気象図のみを用いて短期間でできる自由研究はないのでしょうか?
アドバイスをお待ちしております。

Aベストアンサー

結論から先に言いますと、気象関係をテーマにした自由研究は
長期間の観察と、膨大なデータ採りに追われることになります。

台風の自由研究をしようということですが、どんなことが出来るかといえば、

(1)台風が出来るメカニズムをしらべる。
(2)台風がなぜ日本列島付近で進路を変えるのか調べる。
(3)台風が大きな被害をもたらすパターンを調べる。
(4)台風が上陸するとなぜ勢力が急激に弱まるのか調べる。
(5)梅雨時の台風が梅雨前線を活発化させるのはなぜか調べる。

などなど、掘り下げればもっとあると思います。

しかしどれも、複数個の台風のデータ(最低でも2つはなければいけませんね。)
が必要になってきますし、周囲の高気圧、低気圧の配置や、
当時の全国の天気、気温情報(より細かくしたければ2時間おきなど細かいデータ。)
も必要になってきます。

また、気流の動きやエルニーニョ現象などの考察も必要になりますし、
(エルニーニョ現象は大きな被害をもたらす台風を調べるのには不可欠。)
掘り下げようと思えば、偏西風や大陸からの影響など
地球規模で調べ尽くさなければ出来ないことになります。

もちろん、そんなに本格的なコトをするわけではないでしょうから
天気図集めて「どこどこの高気圧がどう作用しているから、台風がこんな動きをする」
程度のコトを想像しているのでしょうが、
気象関係のことを中途半端にやると、想像以上にショボイものになります。
夏休み全ての日程の天気図を新聞から切り抜いてスクラップノートを作って
一日一日を考察するぐらいの気合いがなければ本当にショボイものになります。

そして、そういう気合いを持ち続けられるのは、天気や気象に本当に興味を持っている人だけだと思います。

台風が東シナ海付近で産まれて、なぜ日本を縦断するように動くのか、
と言うのにもかなりのデータが必要なので、一朝一夕に出来ることはまず無いと思います。

結論から先に言いますと、気象関係をテーマにした自由研究は
長期間の観察と、膨大なデータ採りに追われることになります。

台風の自由研究をしようということですが、どんなことが出来るかといえば、

(1)台風が出来るメカニズムをしらべる。
(2)台風がなぜ日本列島付近で進路を変えるのか調べる。
(3)台風が大きな被害をもたらすパターンを調べる。
(4)台風が上陸するとなぜ勢力が急激に弱まるのか調べる。
(5)梅雨時の台風が梅雨前線を活発化させるのはなぜか調べる。

などなど、掘り下げればもっ...続きを読む

Q台風の実験方法について

現在、台風を実験するための装置を製作しています。直径40cmぐらいのタライのようなもので真中に熱源を置いて周りにドライアイスを置いてゆっくり回転させていますが、思うように台風の雲ができません。詳しくご存じの方がおられましたら、教えてください。ネットでいろいろ調べてみましたが、あまり詳しく説明されたページがありません。よろしくお願いいします。

Aベストアンサー

参考に。

台風発生装置
この装置の台風発生にはある秘密があった
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20060728/117892/?P=1

NHK高校講座
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2008/tv/chigaku/archive/resume036.html


人気Q&Aランキング