つたない質問ですいません。世の中、磁石にくっつく金属(鉄など)、くっつかない金属(アルミニウムなど)がありますよね。何をもってくっついたりくっつかなかったりするんでしょうか?一度聞いたことがあるような気はするんですが記憶のかなたに飛んでいってしまいました。(*_*)
ご回答よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

話をわかりやすくするために、化合物ではなく元素のみにして説明します。


いきなり結論から言いますと、鉄やニッケル、コバルトといった原子は、その原子自体に磁石と同じ性質を持っているからです。

一般に、原子核の周りにある電子一つ一つが磁石なのですが(電子はマイナスの電気を帯びておりそれがスピンすることによって磁界が発生します)、多くの場合電子が偶数個組となって磁石としての性質を相殺してしまいます。
ところが、鉄、ニッケル、コバルトでは電子が相殺されずに、原子全体で磁気を帯びています。
また、一般的に磁石は固体であり、固体とは原子が規則正しく並んでいる状態のことを言います。そして鉄、ニッケル、コバルトでは原子の方向がそろっているため、磁石としての性質を持つことになります。

そして、これらの物質の磁石の方向をそろえて固定化したものが(強力な磁界を一方向からかけるなどして)、永久磁石です。

なぜ普通の鉄は永久磁石ではないのかは、磁気を持ったそれぞれの区分では磁石でも、その区分が非常に小さく分かれているため、鉄全体では磁石としての性質を持たなからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんともまあ!お礼の言い様がありません。話を簡単に、しかもとてもわかりやすく説明していただきありがとうございました。私のつたない知識でもよく理解できました。
Astroia様、心からお礼申し上げます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ちょっと前(11/29)に、この「教えて!goo」の「科学」のところで同じような質問があり、その回答はとても分かりやすかったです。

そちらを見られては。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=15107
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。もそっと勉強してみようかななんて考えています。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCケースに磁石は?

会社の机の上にコンパクトサイズのPCを縦型においているのですが、横面が空いているのでそこに磁石のフックをペタっとつけて色んな物をぶら下げようと思うのですが、パソコンの箱に磁石など近づけて大丈夫でしょうか?最近は磁石も強力ですが。マニュアルを眺めた限りではいけないとは書いていません。

Aベストアンサー

回答者#8です。

すいません、参考URLに間違えて変な文字を入れてしまいました。

参考URL:http://www.26magnet.co.jp/qa/qa_19_conts.html

Q磁石にくっつく金属

磁石にくっつく金属といえば「鉄」というのは常識中の常識ですが、鉄以外ではニッケルがありましたよね。他には なかったでしたでしょうか?

Aベストアンサー

通常の気温で金属の強磁性体ということなら、鉄・コバルト・ニッケルです。
これらを主成分とする物質も強磁性体となる場合が多いです。ネオジム磁石や
サマリウムコバルト磁石がその例で強力です。逆にステンレスは磁石につかな
いのが多いですね。一般にクロムの多いステンレスは磁石にくっつきません。
昔、磁気テープによく使われたクロムテープは実は二酸化クロムです。また、
マンガンアルミ磁石という単独では磁石にならない物同士の合金もあります。
このほか、他の金属酸化物やプラスチックなどの磁石も研究されてます。

参考URL:http://www.magtec.co.jp/magnetnews/q&a_backno.html

Q乾電池と磁石について

運動後の用具の乾燥のために小型のファンを充電式乾電池で動かそうと工作しています。
その仕組み自体は問題なく出来上がったのですが、乾電池を電池BOXに収納するとそれなりの重さになってしまうため、設置位置に四苦八苦しています。
設置個所は鉄部なので、電池ボックスを小物ネット等に入れて磁石付フックで吊り下げようかと思ったところ、磁石に電池自体がガッチリ貼りついてしまいました。

そこで質問させていただきたいのですが、
磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む等の悪影響はあるのでしょうか?

磁石に貼りついた電池の保持力はかなり強いので、問題がないようであれば色々細工せずにそれで十分じゃないかと思ったのですが、
もし悪影響があるのであれば、当初の予定(小物ネットに入れて磁石付きフックで吊り下げ)も避けて別の方法を考えた方が良いかな、とも思っております。

電池の仕組みが電子の移動によるものだ、という事自体は理解しているのですが
何分文系なもので、それに対する磁石の影響が分からず質問させていただきました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

運動後の用具の乾燥のために小型のファンを充電式乾電池で動かそうと工作しています。
その仕組み自体は問題なく出来上がったのですが、乾電池を電池BOXに収納するとそれなりの重さになってしまうため、設置位置に四苦八苦しています。
設置個所は鉄部なので、電池ボックスを小物ネット等に入れて磁石付フックで吊り下げようかと思ったところ、磁石に電池自体がガッチリ貼りついてしまいました。

そこで質問させていただきたいのですが、
磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む...続きを読む

Aベストアンサー

> 磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む等の悪影響はあるのでしょうか?
・問題ナシ。
電池は電解液に溶け込んだイオンの移動による化学反応です。
従って、サイクロトロンのような超強力な磁力ならば影響を受けるでしょうが、通常のマグネット程度ではほとんど影響はありません。

因みに、ウチでも乾電池を磁石で鉄板に貼り付けて使用しています。

Q磁石にくっつく金属

磁石にくっつく金属と言えば、誰でも鉄が真っ先にピンと浮かびますが、鉄以外で磁石にくっつく金属ってありますか?

Aベストアンサー

No.2の方の回答より突っ込んで知りたい場合に読んでください。

遷移金属(3~12族元素)が磁性を担う元素になります。

3dに限らず、最外核s軌道より主量子数の小さいd軌道が、最外核s軌道より外側に存在できるから磁性を示します。(f軌道も然り)
また、電磁気学だけではなく量子力学(こっちが主)により説明されます。

元素単体で磁石にくっつくのは、ニッケル、コバルト、鉄の3種です(wikiには条件付きでガドリニウムがかかれていますが希土類であるのでここには入れません)。これらは強磁性体で、最外殻d軌道電子同士が2次の相転移を起こすことで結合し、電子のもつスピンによる磁化を1方向に揃える働きがあります。(電子同士の結合は量子力学で交換相互作用と呼ばれ、その大きさはJで表されます。Jの正負で強磁性、反強磁性を示します。)
これが外部磁界と相互作用することで「磁石がくっつく」という現象を起こします。(外部磁場の方向に磁化を揃える方がエネルギーが低くなり、安定になるため。磁石にくっついている状態は、磁石とくっついている金属を一体の磁石と考えられるから。電子同士の距離が近いほど強固に結合する。)

遷移金属を含む化合物で強磁性を示すものもあり、これらも磁石にくっつきます。

余談:強磁性体には硬磁性体、軟磁性体があり、磁石には保持力の大きい硬磁性体が使われます。(保持力が小さい軟磁性体だと他の磁石の影響や強力な磁界がかかったときに、磁力が弱まり易い。反転もしてしまう。軟磁性体は外部磁場の方向に磁化が揃いやすく、ハードディスクの磁性膜や変圧器の磁心などに主に用いられます)

強力な磁石にはネオジム磁石(鉄にある分量で他の元素を混ぜたもの)などがあります。(軟磁性体ならば鉄コバルト)

No.2の方の回答より突っ込んで知りたい場合に読んでください。

遷移金属(3~12族元素)が磁性を担う元素になります。

3dに限らず、最外核s軌道より主量子数の小さいd軌道が、最外核s軌道より外側に存在できるから磁性を示します。(f軌道も然り)
また、電磁気学だけではなく量子力学(こっちが主)により説明されます。

元素単体で磁石にくっつくのは、ニッケル、コバルト、鉄の3種です(wikiには条件付きでガドリニウムがかかれていますが希土類であるのでここには入れません)。これらは強磁性体で、最外殻d...続きを読む

Q電子レンジに磁石をくっつけても大丈夫?

タイトルどおりなんですが、電子レンジの外側に磁石をくっつけても
悪影響はないでしょうか? 磁石式のフックや物入れをくっつけたい
と思ってるんですけど、このせいで電子レンジが壊れたり、上手く
機能しなかったりするのも困るので・・・。(電気製品と磁石って
相性悪いイメージがあって。。。)
新しい機種で、壁にピタっとくっつけて置けるタイプなので、排気口
などはありません。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジは、それ自体が電磁波をシールドするようにできています。
内部は、電磁波の嵐が吹き荒れていますので、完全に外部へ漏れていないわけではありません。
ようするにこのように、電子レンジの電磁波は強力です。
この電磁波のエネルギーに比べて、家庭で使われる「磁石」の磁界(磁力の働く範囲)は無視できるレベルです。

ということで、電子レンジに磁石をくっつけても、何の問題も生じません。

ご安心ください。

Q鉄に導線を巻き、電流を流すと鉄は磁石と同じ性質をもちますよね!?

鉄に導線を巻き、電流を流すと鉄は磁石と同じ性質をもちますよね!?
これは電流と磁石の間に何か関係があるのではないのですか?
物理に詳しくない私にわかりやすく説明お願いします!

Aベストアンサー

>鉄に導線を巻き、電流を流すと鉄は磁石と同じ性質をもちますよね

厳密にはこれは間違いです。

銅線に電流を流すだけで銅線の周りには磁場(磁気の分布)が発生します。この磁場は棒磁石のような直線的な磁場と違って銅線の周りをくるくる回っている磁場です。これは次のような実験をすると解ります。
電池(1.5ボルト)と銅線(長さ30cmぐらい)と磁気コンパス(針が北を指す方位磁石です)を用意します。銅線を電池の+と-のつなぎます。これはショート状態ですが、銅線には電流が流れます。銅線の周りにコンパスを持って来てあちこち動かすと明らかに磁気が発生しているのが解ります。銅線がすぐに熱くなるのでやけどに気をつけてください。この実験に用いた電池は大変消耗しています。
銅線を輪にすると銅線の周りをくるくる回っている磁場が合成されて棒磁石のような直線的な磁場になります。鉄に巻く必要はありません。鉄に巻くことによって磁気が強くなりますが、本質的ではありません。

電流の周りには磁場があるというのが電磁気の根本なのです。

QPCの磁石による影響について質問します。

PCの磁石による影響について質問します。
デスクトップPCの筐体の金属部分に、
小物を吊るすために、磁石タイプのフックをつけたいと思いますが、
PCが不具合を起こすとか、なにか影響はないでしょうか。
ディスプレイは液晶でブラウン管式ではないので、大丈夫です。

Aベストアンサー

私も付けています。
位置は左側面(マザーボードの反対側)です。理由はもしもの場合マザーから離しておいた方が良いのかなあ、程度の事ですが。

Q磁石にくっつく身の周りのもの

以前の質問を見返したんですが、知りたい情報がなく今回質問します。
磁石にくっつくものとして鉄、ニッケル、コバルトがあるのは知っているんですが、身近にあるものでニッケルやコバルトを含む磁石にくっつくものを探しています。
中学生に教えなければなりません。
どうか力を貸して下さい!!

Aベストアンサー

まだ、身近かなということで 「ニクロム線」

http://ja.wikipedia.org/wiki/ニクロム線

>身近
でなくなっちゃいましたが
 現在の100円、50円硬貨の旧世代のものだったら、簡単に磁石にくっつくんですが・・・
コイン商で購入しますか?(昭和35年の50円は、高いので他の年号のものを)
海外のニッケルコインも有るが、・・・こっちも身近でない。
海外旅行(訂正)海外研修に赴いた同僚に(小銭を持ち帰った方に)
ニッケル貨 有るかどうか聞いて回る。(もちろん磁石で検証)

Qマグネットの不思議、磁石の不思議

ホームセンターや100円ショップなどでもよく見る、
マグネットタイプのフック等がありますが、
最初、スチール面にマグネットを付けて物を掛ける時、
仮に500gの物を掛けると大丈夫ですが、
800gの物を掛けるとスルスルっと落ちてしまう事があります。
しかし、再度まったく同じマグネットフックを全く同じスチール面に取り付けてから
3時間程置いたのち、800gの物を掛けてもビクともしなくなります。

これは磁石の
磁力がスチール面に馴染んでいるという事でしょうか?
なぜそのようなことになるのかも知りたいです。

化学の方面に明るい方、
どなたでも構いませんのでご教授の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

素晴らしい考察ですね。 化学的変化を予想したのですね。

接触面がスチールの場合
錆で面が荒れた、としか考えられませんね。
ネオシムなんかは錆易いです。 局所電池できまくりかも。

余談
接触面に塗装が有る場合
樹脂は、力を受け続けると変形するので、
食い込んでギャーみたいな効果が期待できます。

Q磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石

磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石より早めに到達する。それは何故ですか?
物理的に説明してください

Aベストアンサー

アクリルのほうは、何も起らず、まっすぐ磁石が落ちる。
銅のほうは、断面の部分に渦電流が生じる。
これがどう働くか?

(1)渦電流により、磁石の磁界と逆向きの磁界を発生させ、磁石にブレーキがかかる。
(2)アラゴの円盤では、円盤が回転するが、銅の棒は重くて回転できないため、磁石が移動しようとするので、まっすぐ落ちずに曲線を描くため遅れる。

このどちらかではないかと思いますが、如何でしょうか。


人気Q&Aランキング