種子散布以外で、植物と動物の利用しあう関係にはどのようなものがあるのか?その関係について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

花 奈良」に関するQ&A: 奈良県で温泉と萩の花

A 回答 (4件)

種子散布とは小鳥や猿等が果物を食べてその種をあちこちにばら撒くことでしょうか。



木の名前は思い出しませんが幹から一種の蜜を出して蟻を呼び寄せ、害虫を退治させる木があります。もっとも発達した相互依存関係は昆虫や小鳥による受粉でしょう。
ある花はある特定の鳥だけによって受粉が可能というのがあります。また動物に食べられない限り一人では発芽できない実があったと思います(山火事に遭わなければ発芽できない種もあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆

お礼日時:2001/11/24 13:44

奈良公園にいくと鹿がたくさんいます。


鹿が草を食べるので、公園の草抜きはしないでいいそうです。

では、公園の草を抜かないとどうなるか?
自然界の競争によって、草原はススキなどの背の高い草が広がり、そのうち低木・・・最後には極相林にすすんでいきます。

草食動物が地上数cmのところで葉っぱをたべてくれるから、背の低い植物はいつまでもその土地の支配者でいられるわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆

お礼日時:2001/11/24 13:46

動物と植物の利用しあう関係 (シリーズ地球共生系 5) 鷲谷 いづみ 編 (1993) 平凡社



この本が参考になると思います。ご存じかもしれませんが。

このシリーズは、なぜ生物多様性が大切かに関する答えも与えてくれるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆

お礼日時:2001/11/24 13:45

「受粉」はあたりまえすぎますかね?



あと、ちょっと違うかもしれませんが、「人間にとっておいしい果実を作ることで、人間に栽培させて仲間を増やす」という話しをテレビでだったか、聞いたことがあります。面白い考え方だと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました★★

お礼日時:2001/11/23 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有胚乳種子と無胚乳種子、単子葉植物と双子葉植物

 子どもの自由研究で困っています。
 植物の分類で、単子葉植物と双子葉植物という分類がありますが、この分類と、有胚乳種子と無胚乳種子という種子の分類との関係を教えてください。
 これらの分類は全く関係のない分類なのでしょうか。例えば、単子葉植物には有胚乳種子のものもあれが、無胚乳植物もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

「有胚乳種子か無胚乳種子か」と「単子葉植物か双子葉植物か」との間には何の関係もありません。「単子葉植物か双子葉植物か」は単純に芽生えのときの子葉の数が関係します。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/2-1.html

ちなみに、有胚乳のものは
http://www.h4.dion.ne.jp/~kyouiku/t1-syokubutu-oboekata.htm
を見ても、カキ(双子葉植物)もあればイネ(単子葉植物)もあり、さらにはマツ(裸子植物)もあります。

ちなみに、過去の質問で「有胚乳種子、無胚乳種子」を扱った質問を見つけたので参考にしてみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2744816.html

Q地面に直流電流を流すと地中の動物や植物にどのような影響が出ますか?

タイトル通りの質問ですが,よい影響と悪い影響の両方があると思うのですが,もちろんそれほど大きな電流ではないものを考えているのですが・・・

Aベストアンサー

確かに、自動車のバッテリー程度の電流でも、川の中の魚は気絶して浮いてくるようです。バッテリーを使っている人間自身は、直接端子を握ったりしない限り大丈夫なようですけど。
また、雨の降った直後に電極を土中に差し込むと、ミミズが驚いて飛び出してくるという話を聞いたことがあります。ただし、やったことないので真偽のほどは不明です。
微生物などでは、特定の刺激に対する感受性が非常に強い場合があるので、微弱な電流でも長期間に亘って流し続けると、例えばある種の微生物の増加や減少に何らかの影響が出ることは十分考えられますね。ただ、土壌というものはけっこう抵抗が大きい(電気を通しにくい)ので、12V程度の直流を流したくらいでは、そんなに目に見えた影響は出ないのではないでしょうか。というか、微生物だと影響が出てても気が付かないか(笑)。

Qクローンを作る事で、絶滅動物の復活、保護以外に、動物にメリットはありますか?

クローンを作る事で、絶滅動物の復活、保護以外に、動物にメリットはありますか?

Aベストアンサー

クローンは無意味です。生物の多様性は遺伝子の種類が多い事が最大の課題で、全く血縁の無い100頭以下になると近親相姦になり、絶滅から逃れられません。トキは半島や中国にたくさんいるので、日本で絶えてもどうでも良いのです。

Q花粉の送粉と種子の散布目的の違い

この二つの目的の違いを教えていただきたいです

Aベストアンサー

合目的的に考えるならば、

種子散布は、広い範囲に子孫をばら撒いて、好適な環境で生き延びる子孫を得るチャンスを増やす。

花粉散布は、遺伝的に多様な同胞と交雑した子孫を作ることで、好適な遺伝子を得て子孫が生き延びるチャンスを増やす。

Q植物と人間や動物の味覚の関係について

なぜ植物は人間や動物の味覚がわかるのですか
例えばバナナの木なんかバナナをつけますよね
それは普通に食べられると思います
でも例えば人間がケーキとか作っても
甘すぎてだべられないとかあると思うのです
でもバナナにしてもりんごにしても果物は
絶対たべられないというのがほとんどない
と思うのです(腐ってるなど別の理由で食べられないは
あるでしょうけど)
なぜ植物は糖質にしろ水分にしろ
人間や動物が食べられる状態のものを作れるのですか
なぜ甘すぎて食べられないリンゴとかがないのですか

Aベストアンサー

自然選択(自然淘汰)説で説明できます。

おいしい実をつける植物とまずい実をつける植物があったとします。
おいしい実の植物は動物に食べられて離れたところに種を運ばれるので繁殖します
まずい実の植物は動物に食べられないので近くにしか種を運べず衰退します。
これにより、おいしい実の植物はまずい実の植物より多く繁殖しますので、世代が進むに連れて世の中はおいしい実の植物だけになります。
これを自然選択といいます。

参考:Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E9%81%B8%E6%8A%9E%E8%AA%AC


人気Q&Aランキング

おすすめ情報