行政書士の勉強をはじめました。ちょっとお聞きしたい
ことがあります。

行政書士の資格を取ったら必ず日本行政書士会に20万前後
を払って登録しなければないのでしょうか。
また、必ず開業して事務所を設ける必要はないんですよね?

というのも、資格を取って、開業はせずに企業などで
この資格を役立てながら、更に他の資格にもチャレンジ
したいんです。

ちょっと試験に合格してからのことが分からないので質問
させていただきました。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

行政書士は、試験に合格してから、行政書士会に加入して、事務所を開設しなければ、行政書士としての業務は出来ません。



ただ、企業内で、その知識を生かして仕事をするには、会への加盟も、事務所の開設も必要なく、一向にかまいません。   
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。
事務所を開設しなければ、業務ができないのですね。

頑張ります。

お礼日時:2001/11/24 16:59

言い忘れ



 有資格者として企業内で仕事をする場合、企業内に事務所を開くという方法もあるのかな?

 でも、事務所に表札を掲げること(行政書士法施行規則第1条第1項)と、事務所内に報酬の額を掲示する(行政書士法第10条の2第1項)必要があります。

 この回答については、ちょっと自信がありません。「条文から考えると、こういうように解釈することもできるのではないか?」という憶測です。参考程度にとどめてくださるようお願いいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もすみません。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 16:59

 「行政書士の資格を取ったら必ず日本行政書士会に20万前後を払って登録しなければないのでしょうか」という点ですが、


試験に合格しただけでは、「行政書士となる資格を有する者」であって、「行政書士」ではありません。行政書士と名乗るためには、行政書士法第6条で定められてあるとおり、「行政書士名簿に、住所、氏名、生年月日、事務所の所在地その他日本行政書士会連合会の会則で定める事項の登録を受けなければ」なりません。必然的に、最寄りの行政書士会の会員にならなければなりません。

 また、行政書士と名乗って仕事するためには、事務所を設けなければなりません(行政書士法第8条第1項)。事務所は、自宅でも構わないのですが、行政書士法施行規則第3条により、行政書士は、事務所以外の場所では業務に従事できないことになっています。

 したがいまして、法律上は、開業せずに企業内で行政書士を名乗ることはできません。
 逆に言えば、企業内で仕事をするのであれば、登録しなければOKです。登録は必須ではありません。ただ、この場合、「試験合格者である」とは言えますが、「行政書士である」と言うことはできないことにご留意下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q独立開業向きと言われる資格(行政書士、弁理士、社会保険労務士など)

行政書士、弁理士、社会保険労務士などの資格について調べていると、たいていの本には、これらの資格を取ることは、独立開業が最終的な目標であると当然のように書かれています。
おそらく、独立開業することは、うまくいけば大幅な収入アップにつながるからだと思うのですが、実際に独立開業するとなると、資金も実力も営業力も必要になるし、そんなに簡単なことではないですよね。
それでもなお、実際やはり、独立開業を目指している方がほとんどなのでしょうか。特に独立開業ということは考えず、事務所や企業などで働いている方もいらっしゃるのでしょうか。
私は、これらの資格に興味を持っていて、働きながら挑戦してみようかなと思っているのですが、特に独立開業にこだわっているわけではありません。収入アップは魅力ですが、リスクも大きくあると思うので。事務所などで長期的に実務経験を積んで、結果的にそういうことを考えるのならあるかもしれませんが、独立開業しないと意味がない、って感じなら、自分には向いていないように思うのです。
実際に資格(どの資格でもかまいません)を取得した片のその後(就職以降の状況)がどのような感じなのかを教えていただければ、と思っています。また、年齢的なリミットのようなものもありますか?

行政書士、弁理士、社会保険労務士などの資格について調べていると、たいていの本には、これらの資格を取ることは、独立開業が最終的な目標であると当然のように書かれています。
おそらく、独立開業することは、うまくいけば大幅な収入アップにつながるからだと思うのですが、実際に独立開業するとなると、資金も実力も営業力も必要になるし、そんなに簡単なことではないですよね。
それでもなお、実際やはり、独立開業を目指している方がほとんどなのでしょうか。特に独立開業ということは考えず、事務所や企...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは、一応、資格を持って開業しています。(^^;)

 まず、独立開業という面から見ると資格も2つに分けられます。1つ目は、資格を取っただけで、ほぼ生活には困らないような強力な資格です。例えば、、弁護士・公認会計士・不動産鑑定士の三大国家試験や理系の弁理士、さらには司法書士、税理士などがあります。これらは、難関で並大抵の努力では合格しません。但し、合格すると、就職は問題なく、また、独立開業も容易です。(独立開業直後は苦労するでしょうが・・・)。開業後は周りからは先生と呼ばれ、社会的にも経済的にも地位を築けます。
 
 2つ目が合格しても独立開業後、非常に苦労するであろう資格です。例えば、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士などです。なぜ、これらが苦労するのかと言えば、端的には試験が上記の強力な資格と比べて易しいからです。試験が易しいと合格者も多いでしょうし、開業者も多いでしょう。さらには既存の開業者の寡占状態にあり、顧客を得るのが難しいからです。でも、成功している方はいっぱいいらっしゃいます。2つ目の資格は資格そのものよりも「経営者としての資質」が成功の鍵を握っていると感じています。

資格の有無による就職の有利不利については、会社経営者の考え方によっても違ってきます。有利な点としては、1.すでに専門知識を持っている。2.難しい仕事をこなしてくれる。3.責任持って仕事をしてくれる。などがあり、経営者としては安心して雇うことができます。

 一方不利な点として、1.給料が高い。2.資格取得者がいても新たに仕事が増えるわけではない。3.独立した時に顧客が奪われる。などがあり、かえって資格取得者を雇わない経営者もいます。

 年齢ですが、30台前半まででないと、苦しいでしょう。
 
 あなたの質問に対する答えになっていないかもしれませんが、参考になれば幸いです。
 いろいろな知識を身に付けるのは、人間の幅を広げることになりますから、がんばってください。

 こんにちは、一応、資格を持って開業しています。(^^;)

 まず、独立開業という面から見ると資格も2つに分けられます。1つ目は、資格を取っただけで、ほぼ生活には困らないような強力な資格です。例えば、、弁護士・公認会計士・不動産鑑定士の三大国家試験や理系の弁理士、さらには司法書士、税理士などがあります。これらは、難関で並大抵の努力では合格しません。但し、合格すると、就職は問題なく、また、独立開業も容易です。(独立開業直後は苦労するでしょうが・・・)。開業後は周りからは先生と呼...続きを読む

Q行政書士で開業したい!開業された方のみに聞きます。

行政書士を取得して開業したいと思っています。専門分野は不動産・法人関係に力を入れてやりたいと思います。書き込みを見る限り食べていけないと言うご意見がほとんどですね・・。でも開業されて成功した人は必ずいるはずだと思うんです!取得さて開業された方のみでお願いします。廃業に至った方今でも開業された方どうか成功失敗限らずそれにいたった経緯、専門分野も一緒に教えて頂けると

Aベストアンサー

そうでしょうか?
不動産関係はおそらく宅建業免許のことでしょうから
司法書士業務ではないです。

法人関係も定款認証は行政書士の専業です。
司法書士は定款認証業務はできないはずです。

確かに商業登記そのものは行政書士はできません。
私も法人設立に関して、設立のアドバイスなどをして
設立までの手続きのフロー等説明はします。
定款認証等までは行政書士の専業ですからそこまでやります。その後登記事務は提携の司法書士にお願いしています。
問題は、司法書士が定款認証業務まで「業として」行っている方が大多数であるということ。
もちろん行政書士も本人申請で登記を出してしまう人も非常に多いのは事実です。

まあ、ここで議論しても始まりませんが、一概に司法書士の専業部分ばかりではないので補足しておきます。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~lawyer/ronbun4.html

Q行政書士の資格を取りたい

行政書士の資格を取りたいのですが、どのように勉強をしたらいいのか分かりません。
通信講座を使うのか、参考書を買って独学するのか、どのような方法が一番効率がいいのでしょうか?

また具体的にどのくらいの難易度なのでしょうか?
受験者の何%が合格とかという数字を見てもよく分からないので…

Aベストアンサー

こんにちは。

> どのように勉強をしたらいいのか分かりません。

行政書士試験の勉強方法を知りたいのですね?

勉強方法を知ってから
勉強を始める方が効率よく合格できますから
あなたの考えは理にかなっていると思います。


> どのような方法が一番効率がいいのでしょうか?

文面から、あなたは法学部卒ではないのではないでしょうか。
それを前提に書きますね。


試験自体は、ほとんどが選択式です。

一部に論述がありますが、司法試験のように長文を
書かせるものではありません。短文です。

ですので、まずは独学で挑戦してみてはいかがでしょうか。


1月も勉強すれば、独学で行けるかどうか判断ができます。


ただし、やみくもに勉強しても効率が悪いので、具体的な
勉強方法だけは行政書士試験合格者に尋ねた方が良いです。
試験の合格者は「受かり方」を知っている人ですから。


> 具体的にどのくらいの難易度なのでしょうか?
> 受験者の何%が合格とかという数字を見てもよく分からないので…

合格率は、10%を切っています。ただし、
受験生の中には、肝試しで受けている人が結構います。

法学部の在学生などがそうです。


私の推測ですが、
ある程度合格する自信を持って
受験している人は、2~3割程度だと思います。


いずれにしても、「時は命なり」ですから、
合格者に勉強のコツを訪ねた上で、すぐに始めて見ることです。

こんにちは。

> どのように勉強をしたらいいのか分かりません。

行政書士試験の勉強方法を知りたいのですね?

勉強方法を知ってから
勉強を始める方が効率よく合格できますから
あなたの考えは理にかなっていると思います。


> どのような方法が一番効率がいいのでしょうか?

文面から、あなたは法学部卒ではないのではないでしょうか。
それを前提に書きますね。


試験自体は、ほとんどが選択式です。

一部に論述がありますが、司法試験のように長文を
書かせるものではありません。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報