兼好法師について知っていることがあったら教えてください。
生まれてから死ぬまでとか、そういう詳しい情報があると嬉しいです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とりとめがありませんが・・・



1283年~1350年
本名卜部兼良
元寇の2年後に生まれた人です。
江戸時代の「園太暦」という書物の中に兼行伝記資料が流布していたそうです。
それによると

吉田社司卜部兼顕の四男である兼好は、盛者必衰の道理を感じ、東漂西泊すること15年を経た。ある時、伊賀権守橘成忠にまねかれ、伊賀国(三重県)に赴いた。そこにおること3年。兼好は成忠の娘のもとに通うようになり、
「しのぶ山またことかたの道もがなふるぬるあとは人もこそしれ」
という歌を贈った。
ところが、この情事が露見し、兼好は密かに伊賀国を出奔して旅に出た。その後、帰路して庵に住んでいたが、成忠は旧友の縁を慕って、前科を許して、再び兼好を招いた。そこに赴いた兼好は、やがて伊賀国国見山麓田井庄に庵を構え、そこで往生したという。
 これは、伝承的な逸話だそうです。

卜部氏は、中臣鎌足の叔父国子の子孫であり、平安時代に平麿が卜部を名乗り始め、祖孫兼延が一条天皇から「兼」の字を賜って、以後代々名前に「兼」の字を使うようになったそうです。

http://www.ffortune.net/social/people/nihon-kama …
 に吉田神社との関わりなども載っています。
http://ksugiura2.hak.hokkyodai.ac.jp/myweb/kenno …
 に杉浦教授という人の吉田兼好と本居宣長についての論文が載っております。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご説明、本当にありがとうございました。大変助かりました!!
これで宿題が終わりそうです。

お礼日時:2001/11/24 21:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ストレス」の語源・本当の意味あるいは逸話教えて下さい?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

よく頭痛などで「ストレスが原因」という表現がなされま

す。

この「ストレス」の語源・本当の意味あるいは

関連する言語学的・あるいはそれ以外でも

何でも結構です。訓えていただけませんでしょうか。

たとえばパニックが「パン的」という意味で

パンとはギリシャ神話の牧神で伝令神ヘルメスの息子で

パンの神がパンフルートを華麗にふきならし人心の喜怒驚

愕をつかさどったかあらパニックともあるいは

「怪物テユフォーン」に追いかけられて慌てて皮に飛び込

み頭が人間体がヤギの元来の姿から

頭は人間だが体は魚になってしまった慌てぶりを

パンニックというのだいうような例で。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

参考に 語源辞典です。
調べても ちょっと よくわかりませんが・・・。

参考URL:http://home.alc.co.jp/db/owa/etm_sch

Q兼好法師は仁和寺ナメてんのか?

「徒然草」に、仁和寺の人たちが出てくる話がありますよね。お参りに行っては肝心なところを見ずに帰ってくるし、ふざけて鉢のようなもの(鼎ですか?)をかぶっては抜けなくなる。書いた人は何かそのお寺に恨みでもあったんでしょうか。今だったら訴訟もんだと思うのですが・・・。

この質問にあたり、仁和寺を検索したらものすごく由緒正しいお寺だったので呆れ・・・いや、驚きました。

Aベストアンサー

 徒然草の研究者ではないので、私見になりますがご了承ください。
 仁和寺の僧のやらかしたような話や、それを上回る話は、古今東西、現在過去、そしてこれからもあると思います。しかし、元々面白い人がおかしいことをやったとて驚くようなことではないと思います。「あぁ、またあほなことやっとるな」くらいで流されてしまうでしょう。むしろプロの芸人さんがめっちゃつまらないほうが話題になるでしょう。
 仁和寺の僧も、権威あるお寺のお坊さんが、あほなことやっとったと言うので、話題になり、それを書き留めようと思ったのではないでしょうか。
 現在では、これらの史料が当時の風俗を知る手がかりになったりもしますし、研究されている方たちにとってはありがたいのでしょうね。
 徒然草ではありませんが、古典にはこんなおかしな話が結構あります。馬ごと谷に落ちてしまった貴族が、あわてふためいて救出しようとしている従者たちをよそに、谷族でキノコ狩りをしていた…とか。そういったものを楽しみながら読んでみてはいかがでしょうか?

Q逸話と裏話、真実と事実の意味の違いは?

広辞苑で調べたり、gooやヤフーの辞書で調べても、似たような印象。
明確に教えてください。

Aベストアンサー

#3です。お礼有難う御座います。

逸話と裏話
裏話というのは、辞書的には「内輪の話」です。つまり、ここだけの話です。
逸話というのは、一般に世に伝えられなかった隠れたエピソードで、言うのをはばかられるような話ではありません。
違いは、伝播の速度の早いほうが「裏話」です。「ここだけの話だよ。誰にも言っちゃあいけないよ」という前ふりがあった方が、パワーがありますね。

Q兼好法師が顔回を不幸だと決め付けている理由がわかりません。

兼好法師が「顔回もまた不幸なりき。」(徒然草第二百十一段)と決め付けているのですが、何故顔回のことを兼好法師は不幸だと考えているのでしょうか。
顔回は孔門十哲の中で最も優れているとされている人物であり、世俗の栄誉を求めないで質素な暮らしをし、学問に重きを置いていますよね。
そういうところは寧ろ、兼好法師の価値観の合致するのではないかと考えるのですが・・・。
若くして病死しているところが不幸なのでしょうか。
「徳ありとて、頼むべからず。」という部分がいまいち腑に落ちません。
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「よろずのことは頼むべからず」の章ですね。「頼むべからざる」さまざまな例が列挙され、その理由が示されています。
「徳ありとて、頼むべからず。顔回もまた不幸なりき。」
重点は「徳ありとて、頼むべからず。」であり、「顔回もまた不幸なりき。」はその理由に過ぎません。徳があるからといって、それに期待しすぎるのはよくないこと。徳があっても早死にしてしまった顔回のような例があるからね、というわけです。孔子は顔回に期待をかけていたため、彼が亡くなったときの失望はとりわけ大きかったのです。
「ああ天、我を滅ぼせり,我を滅ぼせり」(論語・先進編10)

Q意味を教えてください

『The newspaper has written untruths about the student demonstration. Think of a time when someone may have"lied" about you. Write an anecdote explaining what happened.』

という文なのですが、どういう意味なのでしょうか。anecdoteって逸話って意味ですよね?逸話を書くとはどういう意味かも教えてください。

Aベストアンサー

新聞がが学生デモに関して記事を捏造しました。
誰かがあなたのことについて「うそ」を言ったかもしれないことをちょっと思い出して、どういうエピソードだったかを書いてみてください。

という意味です

Q徒然草第八十五段で兼好法師は賢=正直と考えているのですか?

[徒然草 第八十五段 人の心すなほならねば、偽りなきにしもあらず。されども、おのづから、正直の人、などかなからん。己れすなほならねど、人の賢を見て羨むは、尋常なり。至りて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て、これを憎む。「大きなる利を得んがために、少しきの利を受けず、偽り飾りて名を立てんとす」と謗る。己れが心に違へるによりてこの嘲りをなすにて知りぬ、この人は、下愚の性移るべからず、偽りて小利をも辞すべからず、仮りにも賢を学ぶべからず。 狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば・・・(以下略)
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古文には(古文でなくても、なんですがA^^;)全然詳しくないので十全におこたえできませんが兼好法師は好きなので、ホンの露払いのつもりで参加してみます。

>賢=正直と考えている
のか?
これは、そう簡単に言い切れることではなさそうですね。。。
まず、他サイトを参考にしながら、ごく大雑把な現代文に訳してみましょう。それから考えてみましょう。

「人の心というもの素直じゃないから、必ずしも偽りがないわけではない。けれども、生まれながらに正直な人というのもいないというわけではなかろう。自分自身すなおでなくても(だからこそ)、人の賢さを見て羨ましく思うのは普通のことです。ところが極端に愚かな人は、たまたま賢い人を見ると、この人を憎みます。「エエカッコしやがって、もっと大きな利益を得るために、ちっぽけな利益は敢えて受けずに、本性を偽り自分を飾り立てて名をあげようとしてるんだろ」と悪口を言う。自分の思いと違うからといって、こんな嘲笑いをする。こんな人は、はなはだしい愚かさをどーすることもできない(「下愚の性移るべからず」:生まれつきの極めて愚かな性質は、いかに指導しても賢に移ることはできない。=バカは死ななきゃ治らない)、無理して、ちっぽけな利益を断ることさえできず、表面だけでも人の賢さに学ぶことすらできないということが、バ~レバレなのです!
「キ×××の真似~♪」と言って大通りを走れば(ストリーキング?)、即ちキ×××なのである。「悪人の真似~♪」と言って人を殺せば、即ち悪人、殺人者なのである。駿馬の真似をする人は駿馬のご同類、舜(中国古代の伝説上の聖天子)の真似をすれば舜の仲間になったも同然だ。
要するに
たとえ偽りにでも表面からであっても、ぬわんちゃって、であっても賢人に学び真似だけでもするような人をして、賢人というべきなのである。」


聡明な賢い人を見て内心に感じた嫉みを表にモロに出す人は、なるほど正直と言えば正直かもしれないですね。
しかし、こんな人は要するに愚の骨頂なのであって、人の賢明なところを見て羨ましい、自分も、あんなふうになりたいと感じて、表面だけでも真似しようとする人の正直さ、素直さのほうが救いがあるし、それだけ賢い。ということを法師は仰りたいようです。
正直とか素直ということ自体に価値を持たせられるかどうかは難しいところです。感じたこと思ったことを、そのまま言うのは人を傷つけることもありますし、時と場合によりけりですね。
つまりは、何に対して正直・素直であるか、その対象の選びかたに、賢愚の差が出るということではないでしょうか。

心理学カテゴリーからの参考Urlです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3630079.html

古文には(古文でなくても、なんですがA^^;)全然詳しくないので十全におこたえできませんが兼好法師は好きなので、ホンの露払いのつもりで参加してみます。

>賢=正直と考えている
のか?
これは、そう簡単に言い切れることではなさそうですね。。。
まず、他サイトを参考にしながら、ごく大雑把な現代文に訳してみましょう。それから考えてみましょう。

「人の心というもの素直じゃないから、必ずしも偽りがないわけではない。けれども、生まれながらに正直な人というのもいないというわけではな...続きを読む

Qanecdote(逸話)について

The product performs and obtains real value or it doesn't, and becomes an anecdote. を、以下のように訳しました。

製品は、その働きで本物の価値を得るか否か(→イマイチわかりません)
であり、そして逸話となる。

anecdoteは、この文脈で「逸話」と訳して良いのでしょうか?
というのも、「逸話」とは面白い話など、比較的良い意味が
ある気がするのですが、
直後の文がThe one thing that is known is that full-spectrum lighting is not an anecdote. (これで全文終了)で、この文章自体が
full-spectrum lightingについて書かれているため、
「full-spectrum lightingは逸話ではない」ということから、良い意味
ではないのかな?と。
とは言え「秘話」と訳すと、少々意味がわかりません。
(正直「逸話」でも意味不明なのですが・・)
どういったことを言わんとしているのでしょうか。宜しくお願いします。

The product performs and obtains real value or it doesn't, and becomes an anecdote. を、以下のように訳しました。

製品は、その働きで本物の価値を得るか否か(→イマイチわかりません)
であり、そして逸話となる。

anecdoteは、この文脈で「逸話」と訳して良いのでしょうか?
というのも、「逸話」とは面白い話など、比較的良い意味が
ある気がするのですが、
直後の文がThe one thing that is known is that full-spectrum lighting is not an anecdote. (これで全文終了)で、この文章自体が
fu...続きを読む

Aベストアンサー

自信ありませんが……

「製品というのはきちんと機能を発揮して真の評価を得るか、あるいはそうならずに、単なる開発秘話(回顧談・内輪話)に終わるかです。」

ご参考までに。

Q兼好法師に子供はいたか?

兼好法師に子供はいたのでしょうか?

徒然草第6段には「子供はいないほうが良い」と書いてありますが…

Aベストアンサー

社家の姓氏-吉田流卜部氏http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/kinki/s_yosida.html
で下の方にスクロールすると系図の下の方に「兼好」という名が見え、その子供は記していませんが、女子や私生児は書いてない可能性もありますから、正確な所はわかりません。

Q滝川一益の経歴と逸話について

こんにちは!
早速質問に入ります。

(1)滝川一益はいつ頃まで六角家臣だったのでしょうか?
私はあまり滝川一益に関しては詳しくないのですが、一応、六角氏に仕えていたということは知っています。ただ、それがいつ頃までだったのかは知りません。インターネットで検索してはみましたが、あまり明確なことは書かれていないので、ご存じの方がいましたら教えてください。

(2)滝川一益の鉄砲の逸話について
少し記憶が曖昧なのですが、数年ほど前に、図書館で滝川一益の逸話が書かれた本を読んだことがあります。その際に、「六角氏の家臣の中に浅井氏の刺客がいると判明した。その者を成敗するように命じられた一益は、城下の寺で待ち伏せをして、寺の柱に穴をあけてそこから鉄砲で狙撃した」
というような逸話が書かれてあったのを記憶しています。
読んだ時はそれほど興味を持たなかったのですが、最近になってそのことが気になり始めました。しかし、数年前に読んだ本のため、題名がまったく思い出せず、その逸話を知るすべもありません。この逸話に詳しい方がいましたら、是非、その逸話を詳しく教えてください。

こんにちは!
早速質問に入ります。

(1)滝川一益はいつ頃まで六角家臣だったのでしょうか?
私はあまり滝川一益に関しては詳しくないのですが、一応、六角氏に仕えていたということは知っています。ただ、それがいつ頃までだったのかは知りません。インターネットで検索してはみましたが、あまり明確なことは書かれていないので、ご存じの方がいましたら教えてください。

(2)滝川一益の鉄砲の逸話について
少し記憶が曖昧なのですが、数年ほど前に、図書館で滝川一益の逸話が書かれた本を読んだことがあります。...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。

滝川一益は経歴にも系譜にも諸説ある人物ですね。

信長に仕えるまでの半生は不明で、
六角氏に仕えていたというのも
父が近江甲賀出身という説に伴う憶測です。
この父についてもはっきりしたことは分かりません。
父親には滝川一勝・滝川資清の2人の名が挙げられており、
この2人が同一人物だという説もあります。
ですから(1)の「いつ頃まで六角家臣だったか」というご質問に
確実な回答を与えるのは難しいと思います。

ただ信長には鉄砲の腕を買われて仕官したという説が有力なので、
(2)で触れられている逸話もそこから生まれたのかもしれませんね。
或いは、六角氏に仕えていたのが事実で、
その頃から鉄砲使用の実績があったと考えられるかもしれません。
ただこの逸話の信憑性は怪しいのではないでしょうか。
私も調べてみましたが質問内で紹介されていること以上は分かりませんでした。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E5%B7%9D%E4%B8%80%E7%9B%8A

Q一寸法師は何故「法師」

法師ってお坊さんですよね。
「一寸小僧」でも「一寸侍」でも「一寸太郎」でも良いと思うけど、なんで「法師」なんですか?

Aベストアンサー

ほふし【法師】(「ほうし」、「ほっし」とも) (4)ある語に添えて「人」の意を表す。「影法師」「一寸法師」など。(小学館「古語大辞典」)
一寸(3cm)の「ちび」を強調するために擬人法として「小人」を言い換えた表現形式のようです。

この反対語は、富士山を一夜で作った大巨人の方も、「大太法師(だいだほうし/だいだらぼっち)」でしょうね。
起き上がり小法師(こぼし)、刈り法師(馬のたてがみを短く切った様)、つくつく法師(ぼーし)、痩せ法師、弱(よろ)法師など、皆どこかしら擬人法交じりでの言葉遊び心が感じられます。


人気Q&Aランキング