家では野焼きをしています。たまにドクドクしい色の煙がたちこめている時もあります。
 野焼きの時に出てくる煙に有毒な物質が含まれているかいないかを調べたいです。あと土壌についてもしらべたいです。そこで何かいい方法か調べられる製品(実験キットみたいなもの)があったら教えてください。
  宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

残念ながら気中成分の簡単な検出キットと


言うものは無いはずです。
これが出ているかどうかと成分のターゲットを
絞って検出する事は土壌成分共に出来ますが
漠然と何が含まれているかと言う事になれば
相当の専門的な機材が必要となります。
一番良いのは市町村の保健所(本所)又は県の
環境維持に関する科にご相談して見ては如何で
しょうか。
ご自分で民間機関に依頼するととても高額になると
思います。
    • good
    • 0

存在しないです。


あったら、そういうことを調査する会社はつぶれちゃいます。
実験キットももちろんありません。
ダイオキシン一つだけを検出する実験キットすら、
もちろんありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土壌実験に使うカラムの購入

土壌実験をするためにカラムを購入しようと思っています。
ただ、圧力をかけたい(1atm程度)のでカラムの上下にふたをしなければいけません。
既製品でさがしていたらこのようなものがあったのですが、5万円近くするのでもう少し安く手に入ったらいいなと思っています。
土壌実験などでカラムを使っている人はどのような経路でカラムを購入しているのでしょうか?あるいは手作りしているのでしょうか?情報を下さりませんか?お願いします。

http://www.tech-jam.com/apparatus_for_science_experiment/pure_water_pot/SAN0205.phtml#product_spec

Aベストアンサー

研究員をしています。
土壌分野ではありませんが、アドバイスとして回答します。

とりあえず、ASONEという会社で以下の商品を取り扱っています。
「バイオカラム」
http://www.justis.as-1.co.jp/j2006/web/JProductDetail.aspx?sid=justis&catalog=GH&group=G058601&page=557&cmd=j2006

望みのサイズがない場合や計画している実験用途に向いたものが無い場合は、自分のところでは業者に頼んで製作してもらってます。
その場合は素材や設計、発注個数で価格が変わるため、価格については見積もりをとってみるしか方法はありません。

以上、ご参考まで。

Q有毒マスクをしないで良いガス濃度の目安

有機溶剤(メチルエチルケトン:MEK)を使っていますが、ちょっと臭うだけで、測定してもらうと、5~10ppmでした。
管理濃度は200ppmなのですが、どの位なら有毒マスクをしなくて良いのでしょうか?今の季節、マスクをしていると暑くて外したいのですが、でも臭うなら中毒なりたくないのでマスクがいるかなと思うし。
人から管理濃度の1/15が目安と有ったのですが、根拠が良く分からなかったです。
ご存知の方いらっしゃいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

たぶん、これの7ページにある、「適用除外認定」してもらえる条件の、「第1種有機溶剤等」で、「作業時間一時間に消費する有機溶剤等の量」の上限値を計算するときの係数が1/15、ということでしょう。

厚労省パンフ「有機溶剤を正しく使いましょう」 [PDF]
http://kan-an.jimu.kyushu-u.ac.jp/file/44-2-yuuki-kaisetu.pdf

でも、メチルエチルケトン(MEK)は、2ページにあるリストの通り「第2種有機溶剤等」なので、「作業時間一時間に消費する有機溶剤等の量」が、「許容消費量」W=2/5 × 「作業場の気積」A を超えなければ大丈夫、というわけです。

管理濃度の1/15でも2/5でもないので、作業場の体積がわかるような人も含めて確認してください。

Q耕地の土壌

ある地域の耕地の土壌データ(土壌の種類や物理性、化学性)は、どこが測定や管理しているのでしょうか?
また、このような耕地の土壌データ記載された出版物はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

国会図書館か、農水の書籍販売コーナーで探してみては。国会図書館は出版物の寄付制度がありますのでたいていの本、もしくは研究機関の出版物があります。農水は近年のデータならどこよりも確実に手に入ります。
ただ、土壌の性質は何十年単位で変わりませんので、そうしょっちゅうデータ更新しているとは思えません。どの程度のデータ化によりますが、このデータ収集自体ものすごく地味なジャンルなので新しいデータがあるかどうか分かりません。

Q土壌について

土壌の中に含まれている主な物質が知りたいです。

たとえば、東京などではダイオキシンが含まれていたりするのでしょうか?

物質が書かれているサイトなどがございましたら。紹介お願いいたします。

Aベストアンサー

その土を採取した場所、その土の種類により、かなり差がありますが、主な無機成分として、有機物とSiO2、Al2O3、Fe2O3、MgO、CaOなどがあります。通常測定では、土壌中空気、生物も含まれている場合が多いです。ダイオキシンは極微量に含まれては降りますが、(塩素系化合物が燃えると生じるため)人体への影響はほとんどありません。

Q草木と土壌のCO2蓄積について

すみません、教えていただけませんでしょうか。

草木が枯れると、逆にCO2の発生源となるって言われてますが、どういう原理なんでしょうか?

私の理解としては、よく聞くのが、

・植物体と土壌中に炭素が蓄積された分だけ、大気中の二酸化炭素が減少する。
・枯草は、長い年月をかけて微生物がCO2に変える。
・石炭・石油に変化しなければ、最終的に吸収・排出のバランスが均等。
・CO2吸収量は、木材等で保存利用する以外は、森林面積の増加に比例する

ってことなんでしょうが、

・枯草などを肥料とし土地が肥え、新たに植物が育つ
・「枯草を微生物がCO2に分解する」「地中に埋もれた炭素が石炭に変わる」を長い年月で考えれば、徐々に土壌にたまってくる

という考えもあると思うのですが。。。


極端な意見として、
きちんと管理された場所で「ケナフ等」を植える。
一年たったら刈り取って、一部は堆肥として再利用、残りは地中深く埋める。


これを繰り返したらCO2は削減されるのではないでしょうか??
(埋めるためのエネルギーはいったんおいといて・・・)

すみません、教えていただけませんでしょうか。

草木が枯れると、逆にCO2の発生源となるって言われてますが、どういう原理なんでしょうか?

私の理解としては、よく聞くのが、

・植物体と土壌中に炭素が蓄積された分だけ、大気中の二酸化炭素が減少する。
・枯草は、長い年月をかけて微生物がCO2に変える。
・石炭・石油に変化しなければ、最終的に吸収・排出のバランスが均等。
・CO2吸収量は、木材等で保存利用する以外は、森林面積の増加に比例する

ってことなんでしょうが、

・枯...続きを読む

Aベストアンサー

>一年たったら刈り取って、一部は堆肥として再利用、残りは地中深く埋める。

まず堆肥は、有機物を発酵させて作るものですが、この過程で分解しやすい成分がCO2に戻ります。残りの成分は堆肥になったあとゆっくりとですが最終的にCO2に戻ります。
柔らかい草よりも硬い木質の方が分解しにくいので、木材の堆肥化では細かく砕いてチップにして分解を早めるようにします。
要するに堆肥化利用には分解が前提なのでこれをもって炭素固定効果を期待するのは無理でしょう。
若干の遅延効果はあるでしょうが...

地中深く埋めるのは鉱山などの深さまで考えれば理論上効果ありですが、それならケナフなどのスカスカ(?)のものでなく、密度の高い木材を使ったほうがいいのではないでしょうか。なおこれが石炭に戻るのは人類滅亡後ですね。

いずれにせよ、枯れ草などの柔らかい素材は分解しやすいので、それ自体で炭素吸収効果をねらうよりは、これをバイオマス燃料や、いろいろな素材などに活用することで間接的に化石燃料や森林資源の節約を図るというのがいいのではないでしょうか。
(活用するためのエネルギーはいったんおいといて・・というわけにはいかないんですが)

>一年たったら刈り取って、一部は堆肥として再利用、残りは地中深く埋める。

まず堆肥は、有機物を発酵させて作るものですが、この過程で分解しやすい成分がCO2に戻ります。残りの成分は堆肥になったあとゆっくりとですが最終的にCO2に戻ります。
柔らかい草よりも硬い木質の方が分解しにくいので、木材の堆肥化では細かく砕いてチップにして分解を早めるようにします。
要するに堆肥化利用には分解が前提なのでこれをもって炭素固定効果を期待するのは無理でしょう。
若干の遅延効果はあるでしょうが...
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報