とある場所の風力発電を見に行ったのですが、
近くに高圧線が通っているので、そこへ繋げるため、、立地条件としては
最高で・・・・。と設備案内がありました。

原子力等で発電された高圧送電線に、電気を繋いでる訳だと思うのですが、
どうして、扇風機にならないのか・・・。
そして、
原子力からの交流の波形と、風力発電の波形の相位を一致させる
必要はないのでしょうか?また、風力発電のように回転数が、
不規則に思えるもので、どうやって60HZを出力しているか、
疑問になりました。

少々専門的な用語をお使いいただいても、自分なりに調べて
理解出来るように努力しますので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>Mw級ののインバーターとなると、


存在するのかなぁ~と思った次第でした。

ありますよ。新幹線にも積まれています。受電は交流ですが、そのままでは制御しにくいので、一旦直流に変換したあと、大容量のインバータで任意周波数、位相の交流電力を発生させてモーターを駆動しています。

交直流変換所で使われているインバータ(たぶんインバータで変換していると思いますが)はもっと大規模です。電源開発のWebページによると、紀北、阿南の変換所は140万kVAだそうです(力率は不明ですが、ざっと1GW前後のオーダーということになります)。

>水力の場合の発電装置は交流励磁同期誘導発電機という方式ですか?

そういう方式があるのか、わたしには分かりません。ただ、推測すると、
交流,,,一般には交流を直接発電したほうが楽(直流から変換するのは面倒、かつ効率が落ちる)なので、そうでしょう。
励磁,,,固定子か回転子のどちらか磁極として使用する方は、永久磁石にするよりもコイルに電流を流した、電磁石を使うほうが一般的のようです。ですから「励磁」ということですね。
同期誘導発電機,,,これがどうも不明なのですが...。交流発電機には、大きく分類して「同期発電機」「誘導電動機」の2種があり、それぞれ異なった動作原理です。この2種の発電機をまとめて示す用語なのでしょうか?
これに関してはどうも不明ですので、専門家の方々のコメントをお待ちしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
だいぶ、見えてきたような気がします。
直流発電機は、個人レベルの小さいものはすぐ発見できますが、
商用の物となると、ほとんど交流のものばかり、目に付きます。

とりあえず、風力発電の・・・。としては、
良回答いただけましたしたので、
同期発電機」「誘導電動機」に付いては、
もう少し、WEB検索してみて、あらためて別スレッドとして、
質問させて頂こうとおもいます。

ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/11/25 21:17

>どうして、扇風機にならないのか・・・。



系統と直結しているわけではなく、風力で直流の電力を取り出して、それを交流に変換して系統に流しているためではないでしょうか。

風力発電は、未利用の自然エネルギーを使えるのはいいんですが、こちらの都合(電力需要)を考えずに勝手気まま(風の向くまま(?))に動作するので、なかなか有効活用するのが難しいようです。

発電したエネルギーを交流にして系統に流すときに、位相なども合わせているのでしょう。交流への変換は、半導体インバータを使用しているので、スイッチングの制御で対応しているのだと思います。

講義で聞いた話(余談)ですが、水力発電所などで、位相がずれたまま系統につなぐと、sakura-zacaさんが危惧されたように、系統と発電機が綱引きをしている状態になり、建物が震動するぐらいすごいらしいです。最終的には系統が勝って、系統にあわせた位相になるらしいですが。だから「発電機を系統につなぐときは位相をあわせましょう」ということです。(こういう「余談」ばかり記憶に残ってるんですねぇ。)

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
やはり、位相をあわす必用が有るのですね。
本当に性格にあわさないと、何れ微妙の誤差で
まったくの逆相になる可能性があるわけですよね。
プリウスでさえ、インバーターには、水冷を取り入れている
と聞きますので、Mw級ののインバーターとなると、
存在するのかなぁ~と思った次第でした。

水力の場合の発電装置は交流励磁同期誘導発電機という方式ですか?
重ねて、よろしくお願いします。

補足日時:2001/11/25 15:27
    • good
    • 0

高圧線といってもたくさん通っているので、そのうちの1本を


その場所の風力発電のための送電に使っていると思いますので
風力発電以外の電流はながれていないと思います。

また、60Hzは直流から交流に変換するときに60Hzにしている
のだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧線の健康被害って?

 近くに高圧線があるのですが、そこがいい物件がありました。出来たら買いたいのですが、気になっているので健康被害について教えてください。
 がんになり易いといいますが、本当でしょうか?たまたま、遺伝でなり易い方が、近くに住んだからとか食生活や生活習慣が原因であって、高圧線は関係ないということはありませんか?

Aベストアンサー

高圧線とがんの因果関係について疑われていること確かですが、現時点では結論が出ていません。下記のサイトには「高圧送電線の周波数(50Hzないし60Hz)をふくむ低周波の磁界について、「ヒトに発がん性があるかも知れない(possibly carcinogenic to humans)」という判定を、国際保健機構(WHO)の内部組織である国際がん研究機関が下しています。とはいえ、「高圧送電線・変電所から50~60メートル程度離れていれば安全!」といいたいところです。それでも厳密な数字ではありませんし、現時点での確証はありません。今後の低周波電磁波の研究に注目しましょう」と記されています。
http://www.denjiha-navi.com/watch/backnumber200602.html

かつてもっと断定的に因果関係を肯定する記事が載っていましたが、現在ではネット掲載を中止してるサイトもありました。それは結論が出ていないことを示す根拠にもなるでしょう(不確定な事実を載せて不安や風評を呼ぶことに慎重なサイト管理者の態度と思われるからです)。
それ以外には、肯定・否定の両方のサイトもありました。それから下記のURL(教えてgooの質問と回答)もご参考に。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1650986

これは私見ですが、皆様方はやらに高圧線とがんの関係にばかり注目していますが、昔から「高圧線付近の住民は長生きだ」とか「高圧線付近では作物がよく実る・生育が早い」と言われていることをご存知ありませんか。それはその周辺の空気や土地が高圧線の作用によってアルカリ性になるからです。昔から雷が多い年は豊作だと言われますが、それと同じ理屈なのです(だから稲を産み出す妻という意味で「稲妻」という呼び名がついた)。また、高電圧でがんを治療する医療器具さえもあります。だからむしろ高圧線の付近は健康にいいのではないかと思っています。

あまり無責任な回答もしたくないため、念のために、がんの危険性を説いている下記のサイトもご紹介いたします。
http://www21.ocn.ne.jp/~furumoto/home.html

高圧線とがんの因果関係について疑われていること確かですが、現時点では結論が出ていません。下記のサイトには「高圧送電線の周波数(50Hzないし60Hz)をふくむ低周波の磁界について、「ヒトに発がん性があるかも知れない(possibly carcinogenic to humans)」という判定を、国際保健機構(WHO)の内部組織である国際がん研究機関が下しています。とはいえ、「高圧送電線・変電所から50~60メートル程度離れていれば安全!」といいたいところです。それでも厳密な数字ではありませんし、現時点での確証はありませ...続きを読む

Q原子爆弾と原子力発電

福島第一原子力発電所の事故により漏れでた放射能汚染で何百年も人間が住めまいという報道がされています。太平洋戦争で広島と長崎に落とされた原子爆弾で放射能汚染が発生したと思いますが、戦後100年も経っていない広島と長崎にはすでに人間が住み日常生活が営まれています。放射能汚染の影響は無くなったということになります。この違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

よく勘違いされてる事でありますが「原発」と「原爆」では、その膨大なエネルギーの元となる放射性物質の量が圧倒的に違います。

原子力の元となるウランと言う物質をご存知かと思われます。

簡単に説明すれば、これに「強いウラン(人工的なもの)」と「弱いウラン(自然界に存在するもの)」があり、強いウランはごく少量でも、原爆に使用出来る程の爆発力を持っております。
逆に、弱いウランは安定性の面で、持続的なエネルギー供給を求められる原発で多く使用されています。
(正確には、原発にも強いウランは使用されますが、本当に着火剤程度のごく少量です)

よく今回の福島原発での放射能汚染率は、広島原発の何百発分との報道もありますが、元々、使用されている放射性物質の量が、原爆の場合は「使用料は少ないけれども威力は大きい」、原発の場合は「使用料は多いけれども威力は小さい」と言えますので、比較になるようなならないような、と言う部分も強いです。

仮に、今回問題の起きた福島原発で、「弱いウラン」と同量程度の「強いウラン」を使用していたとしたら、日本はまるごと吹っ飛んでいただろうと思います。(むしろ日本だけで済めば幸運ですね)

要するに、「威力(爆発力)と放射性物質の量(濃度)は比例しない」という事になります。

以上、参考程度まで。

よく勘違いされてる事でありますが「原発」と「原爆」では、その膨大なエネルギーの元となる放射性物質の量が圧倒的に違います。

原子力の元となるウランと言う物質をご存知かと思われます。

簡単に説明すれば、これに「強いウラン(人工的なもの)」と「弱いウラン(自然界に存在するもの)」があり、強いウランはごく少量でも、原爆に使用出来る程の爆発力を持っております。
逆に、弱いウランは安定性の面で、持続的なエネルギー供給を求められる原発で多く使用されています。
(正確には、原発にも強いウラ...続きを読む

Q高圧線でFMラジオが入り難い

高圧線のために、FM放送が雑音だらけで聞きにくいです。
昨年計画停電で停電していた時は、ちゃんと受診できたことから、高圧線のせいだということが分かりました。

近くに高圧線がある場合に、FMラジオをうまく聞くにはどうしたら良いでしょうか。

Aベストアンサー

ネットラジオでいいんでは。
高圧線関係ないし。FM聞けるし。

Q東北の原子力発電所について

冷却水が全くないらしく、水も入れにくくほとんど入らなく、温度が上昇しているので、このままいけば炉内融解は時間の問題で大量に放射能が漏れると思うのですが、この場合放射能による汚染領域はどのくらいの範囲になるのでしょうか??関西や九州地方まで影響するのでしょうか??停電の話より原子力発電の方が重要では!?

Aベストアンサー

放射線物質は、風向きによっても影響します。もし、関東地方などにも影響するのであれば、政府が避難指示を出すはずですし、原子力発電所から20キロメートル範囲内にはいってはいけないようなことですので、20キロメートルといっても、福島県内にとどまってしまいます。
日ごろ、私たちは放射線を浴びていますが、量はごくわずか。
少し増えたのではととらえますね。私ならば。
そんなに心配なのであれば、雨にはあたらない。皮膚は外にできるだけださないなどの対策を!
風向きが反対方向であれば、大体は大丈夫です。
それに、水素爆発ですので、容器が破損しなければ、それほど放射線は出ないでしょう。
しかし、内部の圧力が高くなってきていることはたしかなので、融けてきて、有害物質が放射されるかもしれないということは、ないとはいえません。
あとは、じっくりとニュースを見てください。一応これは、私が考えるほどですので、ご理解をお願いします。

Q高圧線の電磁波と、ラジオに入る雑音の関係

以前、科学のカテゴリーで、高圧線の電磁波のことを質問しました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1267330

皆さんのお答えをまとめると、
1.高圧線の電磁波は、ラジオに反応しない。
2.高圧線の電磁波は気にする程のものではない。
とのことでした。

ところが今日、仕事で田舎のほうに車で行った際、
突然、聞いていたラジオに、ものすごい雑音が入ってきました。
何かなと思って、あたりを見渡すと、高圧線のちょうど真下でした。
田舎だからか、かなり低いところを高圧電線がはしっていました。
周りは一面畑と山で、建物や据付機械などもなく、
どう考えても、高圧線の影響だと思うのです。
電線から離れると、もとどおりラジオが聞けました。
本当に高圧線の電磁波はラジオに反応しないのでしょうか?
体に影響がでないのでしょうか?
少し疑問に感じてきましたので、
今回、こちらのカテゴリーで質問させていただきたいと思います。
詳しい方、教えていただけますようお願い致します。

Aベストアンサー

人体への影響について触れておきます。

電磁界は電界と磁界の組み合わせたものですが、このうち電界については建物などで容易に遮蔽されてしまうので、もっぱら磁界が人体に影響を与えるのではないかと、スウェーデンのカロリンスカ研究所が発表して以来、議論されるようになってきました。

結論から言えば、日本の公式発表ではなんら影響は認められないということですが、それよりもいろんな誤解を生んでいることが気になります。

その一つは、磁界ということですから、電圧の高い低いは関係なく、磁界の強さは流れる電流に比例するのであって、高圧線に限ったことではなく、低圧線も同じことなのです。

中には、「鉄塔の下で蛍光灯が点灯したので危険」とかの新聞報道も出てきては、さすがに専門家も閉口してしまったことがあります。鉄塔の下で蛍光灯が点灯するのは電界によるもので、当たり前のことなのです。

いたずらに不安をあおるような報道は謹んでいただきたいものだと思いました。

参考URL:http://www.kepco.co.jp/emf-k/kenkyu/rei.htm

人体への影響について触れておきます。

電磁界は電界と磁界の組み合わせたものですが、このうち電界については建物などで容易に遮蔽されてしまうので、もっぱら磁界が人体に影響を与えるのではないかと、スウェーデンのカロリンスカ研究所が発表して以来、議論されるようになってきました。

結論から言えば、日本の公式発表ではなんら影響は認められないということですが、それよりもいろんな誤解を生んでいることが気になります。

その一つは、磁界ということですから、電圧の高い低いは関係なく、磁界...続きを読む

Q原子力発電所って

福島で被災した原子力発電所について
教えて頂きたいのですが。
使用済み燃料棒でも
冷却していないと加熱していくのは
なぜなんですか?
そもそも、こういう表現というか
受け取り方が正しいのかも
はっきり解らないのですが。

原発って一旦始動すると
例えば、燃料の特性上とかで
止める事が困難なんですか?
それとも、停電させられないから
無理に動かしているのでしょうか?
はたまた、機械的なトラブルで
止めるに止められないのでしょうか?
被爆や、更なる現場での人的被害を
避ける為に止められないのか?

小学高学年くらいに教えるつもりで
教えて貰えないでしょうか?

Aベストアンサー

 使用済み燃料棒は長い時間を掛けて水槽で冷却します。 使用済み燃料棒内部では弱いけれども核分裂が継続しています。 つまり熱を発生しています。 使用済み燃料棒を入れた水槽の水が暖められて蒸発して 又は地震で水槽がひび割れて 水が無くなり冷却出来なくなって 使用済み燃料棒が剥き出し状態になって温度上昇が止まらなかったので 今回の事故が発生したと言われています。 まして運転中の原子炉なら緊急停止しても直ぐには温度は下がらないのです。

 地震だけなら緊急停止装置が働いて 非常用発電も動いてポンプが動いて冷却が維持されますが 想定外の大津波で非常用電源が海水に浸かり 燃料タンクも破壊されて 水を循環、注入し 冷却する全ての電気装置が止まってしまって ニュースで見る様に 人力でポンプ車やヘリコプターでの放水で温度を下げるしか方法がなくなったのです。

 事故が起こる度に聞く 想定外の出来事で 全世界が日本の対応を見守っています。

Q高圧線下や電線近くで測った電磁波の数値について

購入予定の住宅から30~40mほどの距離に高圧線、鉄塔があります。

電磁波が気になったので、電力会社に測定に来てもらい、磁界測定器の商用(60Hz)を使用しました。

平日の11時頃に測定をしたのですが(地面から2m地点)

●高圧線下  1.3ミリガウス
●変電所の周囲  1.3ミリガウス
●家庭への引き込み電線下 1.3ミリガウス
●154000V鉄塔下  0.9ミリガウス
●6600Vトランス付電柱の電線下  0.6ミリガウス
●100V電柱の電線下  0.2ミリガウス
●住宅前  0.3ミリガウス
●公園  0ミリガウス
●家電メーター 至近距離で30ミリガウス 1m話すと0.8ミリガウス
●携帯通話中 50ミリガウス 切っても8ミリガウス (広域用使用)

以上のような結果でした。
意外に低い、という印象ですが、時間帯によるものかもしれません。
真夏の昼間であれば、2倍程の数値になる、と言われました。

しかし、こちらで他の方の測定結果を拝見する限り、高圧線下など10ミリガウス以上出たとのご意見もありますし、測定結果に疑問を感じます。

電力会社の方は、高圧線直下の住居の2階で測定した事も多いそうですが、外で測るのと変わらない数値(1.3ミリガウスほど)
、とおっしゃっていました。

高圧線や鉄塔、電線の電磁波より、家庭内の電化製品の方が数値は高いので気になさることはないですよ、との事でしたが、それならなぜ、こんなにも鉄塔や高圧線近くは避けた方がよい、と言われるのでしょうか?

電磁波による健康被害の科学的根拠はない、とのパンフレットも頂き、電力会社の人も、なぜこんなに高圧線近くの住宅を心配される方が多いのか疑問です、と言われ、ますます影響があるのかないのかわからなくなってきました。

高圧線から30mも離れれば、高圧線の影響は心配ありません、との結論でしたが、数値にお詳しい方、ご助言をお願い致します。

購入予定の住宅から30~40mほどの距離に高圧線、鉄塔があります。

電磁波が気になったので、電力会社に測定に来てもらい、磁界測定器の商用(60Hz)を使用しました。

平日の11時頃に測定をしたのですが(地面から2m地点)

●高圧線下  1.3ミリガウス
●変電所の周囲  1.3ミリガウス
●家庭への引き込み電線下 1.3ミリガウス
●154000V鉄塔下  0.9ミリガウス
●6600Vトランス付電柱の電線下  0.6ミリガウス
●100V電柱の電線下  0.2ミリガウス
●住宅前  0.3ミリガウス
●公園  0ミリガウス
...続きを読む

Aベストアンサー

>こんなにも鉄塔や高圧線近くは避けた方がよい、と言われるのでしょうか?
その昔、高圧線近くに居住する人たちに白血病の発生率が高いという報告がアメリカでされたことがあります。
結局、沢山の専門家が調査したのですけど、上記の話は高圧線が原因とはいえないという結論に落ち着きました。

ただ専門家に否定されているこの報告書だけが一人歩きして、この話を持ち出して高圧線は危ないという話をしている人たちは結構いるんですね。

そんなわけで、そういう科学的な根拠はないけど、噂話だけが世間でささやかれたりしているという現状があるわけです。

Q原子力発電所について

なぜ日本はロボットを使わないで放水してるんですか?
技術がないんですか管がごみなだけですか?

Aベストアンサー

原発の最下層で仕事してる人ってどんなんか知ってます?

いわゆる暴力団の人が多いんですよ?
たった5分の作業で一日分が終わるくらいリスキーでも
ロボットによる作業は限られます

ましてイレギュラーな事態にはロボットは使えません

もちろん今の時代はまだ…ですけど

Q高圧線と健康/どのくらい離れていれば安全ですか?

 こんばんは。お世話になります。

 「高圧線の近くに住むのは健康に良くない」とのことですが、具体的に高圧線から何メートル以上離れていれば安全なのでしょうか?

 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

外国では高圧線の近くに住む人に白血病やがんになりやすい、といわれますが、日本では危険が立証されていないから平気?と言われていますので何メートルという数値はでていません。

高圧線にも何種類かありそれぞれ電圧が違いますので・・・

以前、高圧線下のすぐ横で建売工事をしたとき、東電の工事業者がガウスメーター(電磁波計)を見て「すげー出てるな!こんな所に住みたかねぇな」と言うのを聞いて、「え!電磁波そんなに凄いのですか?」と聞いたら(やべ!)と言う顔をして言葉を濁されました。

私の場合100m離れていても、ちょっと・・・・

Q原子力発電所 は必要ですか?

原子力発電所は本当に必要でしょうか?
都心の無駄遣いをまず減らすべきではないでしょうか。

Aベストアンサー

国の政策です。電力会社は原発を造る際、経費の8パーセント(過去の記憶ですので間違っていたらすみません)しか負担することなく、約20年間(これは、原発建屋の限界値かと思われます)、利益の取り放題です。分かりやすく例えれば、原発を造るとして100億円掛かったとしても、国が92億円補助しているわけですから、電力会社は8億円の出費で済む訳です。
これには、家電の、東〇や日〇という大手メーカーが絡んでいます。
また、電力会社が20年と言う期限をつけていたにも係わらず、未知の分野である「プルサーマル」を、建屋限界の中で実践しようとしている為、地元では危機感を持っているわけです。事故隠し有り、今後何を信用してよいのやら。
ひとつだけ、知っておいて欲しい事があります。石油が無くなれば、原発は機能しません。絶対に! 報道に情報を操作されない人にとっては
常識です。ウランを運ぶタンカーの燃料はなんですか? 建設する為に使うトラックの燃料はなんですか? 配管の材料はなんですか? 
全ての作業に化石燃料は使われます。
マスコミの情報操作に騙されないで!
質問者様の、真摯な考え方にとても心打たれました。
回答者様を非難するつもりはありませんが、(一部のまっとうなご意見を除き)現実に原発が存在しない地域の意見でしかないようです。(必要であるべきところに、必要なものが存在していない)自分の生命を根源的に脅かされる危機感は無いが、絶対必要である。
そんなところでしょう。くだらない我儘な意見に感じてなりません。「対岸の火事」のように自分の危機感はありませんねもの。
国策として、原発に変わる「次世代エネルギー」開発に対しての国家予算は、おいくらだと思いますか? 
私の知るところ「億」の単位ではありません。
(20年位前の資料では、2000万円位でした)
これで、次世代エネルギーを考えるだけのキャパなどありえません。
放射性物質を低レベルだろうが高レベルだろうが、埋め立てることに変わりはありません。限界は眼に見えています。
ですから、家電メーカーが「省エネ」を前面に打ち出していることに、不信感を持たざるを得ません。
家電メーカーがもし本気を出せば、今の電力は必要ないと思います。
分かっていてもやらない!何故? 儲からないから。
「東京原発」という映画があります。
是非、観て見てください。寓話ですが、石原都知事ならやりかねないと思わせる演出は、感心しました。

国の政策です。電力会社は原発を造る際、経費の8パーセント(過去の記憶ですので間違っていたらすみません)しか負担することなく、約20年間(これは、原発建屋の限界値かと思われます)、利益の取り放題です。分かりやすく例えれば、原発を造るとして100億円掛かったとしても、国が92億円補助しているわけですから、電力会社は8億円の出費で済む訳です。
これには、家電の、東〇や日〇という大手メーカーが絡んでいます。
また、電力会社が20年と言う期限をつけていたにも係わらず、未知の分野であ...続きを読む


人気Q&Aランキング