よくマズい周波数だとか、周波数が合うとか... 耳にするのですが、あまりピンときません。些細なことでけっこうですので周波数についての情報を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

音楽関係者と最近話してないので.言葉使いが違っている(方言)の可能性があります。



調律については.御存知でしょう。「調律が合う」とか「まずい調律」とか.使うかと思います。最近の電子楽器では.調律を行わず直接音の振動数(周波数)で指定します。
ですから.調律のよしあし.を調律が行わない(おこなえない)電子楽器に関して指定する場合と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>調律を行わず直接音の振動数(周波数)で指定します。
なるほど、そうだったんですか。
最近は周波数音楽などもでてきて、驚かされます。

お礼日時:2001/11/25 07:09

 周波数を A=440 のような音程の意味にとらえられてこのカテゴリーでご質問かと思いますが、社会>言語のカテゴリーでご質問されたほうがよいのではないかと思います。



 私の考えではこの周波数は電波(特にラジオ放送)の周波数で、周波数が合うというのはラジオで特定の(自分の受信したい)電波に同調できる、ということから来ていると思うのですが。

 「マズイ周波数」という言い方は私自身は使わないし、使っている場面を見たこともないのでよくわかりません。

 cereさんの質問の意図をはずしていたらごめんなさい。
    • good
    • 0

 音の正体はご存知のように、空気の振動です。

低い音ほどゆっくり振動し、高い音ほど速く振動します。したがって、音の高さは振動の速さであらわすことができます。「1秒間に何回振動するか」を周波数と呼び、Hz(ヘルツ)という単位であらわします。

 たとえばNHKの時報は「ピ・ピ・ピ・ポーン」と鳴りますが、この「ピ」は440Hzです。つまり1秒間に440回振動する音です。

 人間の耳に聞える音の範囲は、個人差もありますが一般に20Hzから20,000Hzの間だと言われています。それ以上の周波数は超音波になります。

 音楽との関係で言えば、「ある音を1オクターブ高くすると、周波数は2倍になる」という原則があります。

参考URL:http://www.hamoriclub.net/genten.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフラメンコギターについて云々........

フラメンコギターの音色に感動し、フラメンコギターを始めようと考えているものですが、いくつかご存知の方に教えていただきたい事がございます。
■私は手と指がそれほど大きいわけではない(中の下)ですが、フラメンコギターをするのにかなり差し支えが生じますでしょうか?フォークギターよりネックが太い気がするのですが.......
■フラメンコギターをすると爪がけずれるのでしょうか?
■一曲まぁできたと言えるまでに、ギターもやったことがないし譜面も読めない私がどれくらいで出来るでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは

フラメンコギターといっても特別なギターではなくて、ガットギターの一種です。
ボディを叩いたり爪が当たったりしますので、フォークギターのピックガードがある場所にゴルペ板という透明な板を貼付けてギターの表面を保護しています。
音も若干華やかに作ってあるように思います。
ナイロン弦ですから押さえるのも弾くのも楽です。爪もあまり削れません。
フォークギターに比べればネックは太くしっかりしてますが、指の長さと演奏は関係がないと思います。
指の長さが6cmあれば苦労せずに弾けると思います。

こちらのサイトを参考にして練習をしてみるといいかもしれません。
多少の楽譜の知識は必要ですが、中学までの音楽で習った知識で十分だと思います。
http://park2.wakwak.com/~sachikon/tiofla/gt_lsn/gtr_lsn0.htm
FLVファイルを再生できる環境でしたら、こちらもいいかもしれません。
http://g-o.jp/FLAMENCO_GUITAR.html

Qヤマハ防音室とアップライトピアノをそろえたいのですが......。

引越しの予定でピアノの防音を考えています。
カタログを検索しただけでは「防音室」、良く
わかりません。
「防音室」を買われた方、体験談をお聞かせ
ください!
大きさ、お値段、使い心地などを。

デジタルピアノでは実感に乏しく、やはり本物
のアップライトピアノを買います。
ピアノはわかりますが防音カプセル?はわかり
ません。
ピアノの先生には現在めったに習っていない
こともあって、まだ相談していません。

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あんまり広くなく、
落ち着く狭さという感じです。
お値段はかなりしたとおもいます…

防音室が置いてあるYAMAHAさんは
最近増えてきましたので
実際に行ってみると、中に入れさせて
もらえたり、どのくらい防音になるのか
など、体験させてもらえますよ。

それと、防音室以外の方法でしたら、

ピアノの裏側に入れる防音板のような
ものです。

YAMAHAで取り扱っているところと
無いところがありますが、

防音板をピアノの裏側に置くと
響きは若干わるくなりますが、
音が押さえられます。

それと、これはあまりオススメ
出来ないのですが、
ピアノの中に機械が入っているやつです。

本物のピアノの中に機械が入っているので
お値段がちょっと上がるのですが、

ヘッドフォンをつないで練習することが
出来ます。

あとは、機械で音を調整することも
可能です。
フロッピーディスクを入れて
自動演奏を聴くことも出来ます。

ですが、やはり機械が入っているので
普通のピアノとは、
ちょっっっと…感覚が違います。

思いっきり練習したい場合は
やはり防音室ですね。
大きいYAMAHAセンターだと
防音室が実際に置いてあるところが
あるので、行ってみると良いですよ。

あんまり広くなく、
落ち着く狭さという感じです。
お値段はかなりしたとおもいます…

防音室が置いてあるYAMAHAさんは
最近増えてきましたので
実際に行ってみると、中に入れさせて
もらえたり、どのくらい防音になるのか
など、体験させてもらえますよ。

それと、防音室以外の方法でしたら、

ピアノの裏側に入れる防音板のような
ものです。

YAMAHAで取り扱っているところと
無いところがありますが、

防音板をピアノの裏側に置くと
響きは若干わるくなりますが、
音が押さえられます。...続きを読む

Q音楽の種類(ポップとかジャズとか・・・)

音楽には非常に疎い者ですが、この際聞いて確認してしまいたいと思います。

音楽のジャンルとしてよくpopとかjazzとかClassicとか聞きますが、他にどんなものがあるのでしょうか?それぞれの特徴も共に教えてください。

実際にmidやmp3等で聞けるサイトも紹介していただけるとありがたいです

Aベストアンサー

またまた、ただいま。(笑)


私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、
この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・


私の主観を大いに交えて!!!

解説することにします。



「ロック」
9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。
さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。
感情表現がディープになるにつれて、ハード・ロック→メタル(ヘビーメタル)→デス・メタル といったジャンル名になる。これらのバンドは、髪型は概して長髪で、パーマがかかっている。(長髪だと、リズムに合わせて体や頭を動かしたときの視覚効果もある)

一方、穏やかな大人の男の雰囲気を醸し出すロックは、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ぶが、最近あまり使われていない言葉のような気がする。

また、パンクロック(若しくはパンク)と呼ばれるものがあり、これは、能天気でハチャメチャなロックで、ファッションや髪型・色も奇抜である場合が多い。



「ポップ、J-POP」
ポピュラーミュージック。
一言で言ってしまえば「流行歌」。
日本では「歌謡曲」という名称であったが、時代とともにメロディラインやコード進行・アレンジに進化が認められるため、現在の呼称は「J-POP」となっている。
しかし、大昔の曲をカバーするケースが最近特に目立ってきていることからも分かるとおり、決して昔の歌謡曲が現在に比べて劣っているわけではない。
「時代(流行)は繰り返す」
という格言を実証しているとも言える。
個人的には、例えば、石田あゆみの「ブルーライト横浜」や、由紀さおりの「夜明けのスキャット」などは、不朽の名作だと思っている。

なお、CDショップやレンタルCD屋に行くと、日本のアーティストは全部「J-POP」というジャンルの棚に置いてある場合がある。
たぶん、あいうえお順で探すのに便利だからだと思われる。



「ジャズ」
玄人好みの音楽。
拍子に捉われないリズム、時折変態的な和音を交えたコード進行、アドリブをふんだんに加えたメロディーライン・・・・・天馬空を駆るがごとく、自由に展開される音楽形式。



「イージーリスニング」
これは、昔からある音楽であるが、ジャズやクラシックを、老若男女誰でも受け入れられるような聴き易い(=イージーリスニングという名前の由来)音楽として演奏するもの。
ポール・モーリアやリチャード・クレイダーマンが昔から有名。



「フュージョン」
ポピュラー音楽・ロック・イージーリスニングなどとジャズとを足して2で割ったような音楽。(「フュージョン」とは融合を表す英語。)
インストルメンタル(ボーカルなしで、楽器のみの演奏)の形態が多い。
(最近は、「フュージョン」と言わず、単に「インストルメンタルバンド」、若しくは略して「インスト」という場合が多い。)
フジテレビのF1レース中継のテーマ曲で有名な「Tスクエア」が、それ。



「クラブ・ミュージック」、「ユーロビート」等
一言で言えば、ダンスミュージック。
昔、「ディスコミュージック」と呼ばれたものと同じ、とまでは言えないものの、同じリズムを延々と繰り返す点は非常に似ている。



「ヒップホップ」、「ラップ」
メロディ無しで、リズムに乗せて言葉を喋るもの。
(たまに、メロディありの部分がある曲もある。)
日本の古くからの民謡でも「秋田音頭」(♪秋田名物八森ハタハタ男鹿で男鹿ぶりこ、あーそれそれ・・・という歌詞)があるが、それと同じこと。
最近は、キック・ザ・カンクルーなどが有名だが、私としては、古谷一行の息子がボーカルを務めるドラゴンアッシュを推したいところ。

なお、蛇足であるが、
最近人気のお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」は、リズムに合わせて喋ることで有名。ちなみに、エンタの神様(日テレ)でのキャッチフレーズは「HipHopな武勇伝」。



「スカ」
文字通り、「すっか、すっか、すっか、すっか」というリズムを延々と続ける音楽。
他のジャンルの音楽では、通常、「す」の方にアクセントを置くものだが、スカの場合はむしろ「か」の方にアクセントがあり、このリズムを刻み続けるのには、聴いている側にとっては意外なほど、高度な演奏技術を要する。
トランペット、トロンボーン、サックスなどと言った、ビッグバンドで使われるような楽器を各1~2本程度という最小限のバンド構成で演奏。
スカで唯一有名なバンドが「東京スカパラダイスオーケストラ」(通称スカパラ)であり、CM、テレビ番組でも多用されている。



「ブラックミュージック」(黒人系音楽)
  ・・・ソウル、ゴスペル、リズム&ブルース等
黒人は、優れた身体能力と、独特の文化・歴史的背景を持つことは勿論であるが、
音楽においても、演奏能力、動きを伴うパフォーマンス能力、力強くて表現豊か声・音域という優れた性質を持っている。
これらを生かした音楽がブラック・ミュージックである。
代表すべきアーティストを挙げるとすれば、やはり、アース・ウィンド&ファイアー。
プリンスやマイケルジャクソンも、ある意味ブラックミュージックに分類されるが、彼らの場合は、手がけている音楽の種類が多岐にわたるので、ここだけに当てはめるのは適当でない。

黒人でなくても、彼らに憧れてブラックミュージックの道へ進んでいるアーティストも多い。
日本では、上田正樹、宇多田ヒカル、鈴木雅之と姉の聖美などがそうである。



「レゲエ」
南国調の2拍子の音楽で、やはり黒人のアーティストが多いが、往年のスターであるUB40のように白人のレゲエバンドもある。
近頃、日本国内でレゲエ人気が高まっているようである。



「ブルース」
渋い感じの曲調。
例えば、ハ長調でありながら、ミに♭を付けた音を多用したりする。
ジャンルの一つではあるが、他の様々なジャンルのアーティストでも、曲目の中にブルース調の曲をいくつか持っている人は多数。



「バラード」
これは、1つのジャンルの項目というよりは、あらゆるジャンルの音楽において、リズムをスローにしたりして、泣かせる曲調に仕上げているもの、という解釈でよいと思われる。
「泣かせる」とは言っても、短調とは限らず、むしろ、長調のバラードの方が多いような気がする。



以上です。
ほな、しゃいなら!(笑)

またまた、ただいま。(笑)


私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、
この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・


私の主観を大いに交えて!!!

解説することにします。



「ロック」
9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。
さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。
感情表現...続きを読む

Q音楽の勉強をすれば、曲の調とかテンポとか拍子とかって楽譜を見なくてもわかるようになりますか?

慣れれば曲を聴いただけでわかるようになるのでしょうか?
それとも、慣れた方でも楽譜が必須なのでしょうか?
何故このような質問をするかと言えば、昔のマイナーなゲーム音楽に興味があるのですが、楽譜が入手できない可能性が高いのです。
そういう場合、どうやって曲の調とかテンポとか拍子とかについて調べれば良いのか疑問に思い、質問させて頂く次第です。
音楽の知識については初心者です。

Aベストアンサー

うちの子は、ピアノを小中のとき習っていました。 楽譜はあまり読めるようには
なりませんでしたが、ドビュッシーのアラベスクをミミコピしていました。 
楽譜はあまり読めないので、弾ける曲を楽譜に書くことはできません。
絶対音感もできたため、聞いた音がピアノのどのキーであるかは即座にわかりますが、
楽譜上のどの音かといわれると、一生懸命ドレミって数えていました。

まあ、音楽を譜に起こせるかという知識と、音感やリズム感というような能力は
別物だと思います。 双方とも、ある程度学習することはできると思いますが、
音感やリズム感は、人や年齢によっては限界があるかもしれません。 
そのような場合、聞いた音楽を譜に起こせるとは思いません。 
音感やリズム感がしっかりしていれば、譜に起こすのはトレーニングで
できるようになるとは思います。

Qピアノを聞いて優しい音だとか悲しい音だとかどうやったら分かるようになるんですか?

タイトルの通りです。

自分はピアノでも他の楽器でもなんでも優しい音だとか悲しい音だとかが全くわかりません。
ただ好きな曲だったらああ~いい曲だなあ~とは思いますが。

たぶん芸術音痴なんでしょうが。

絵画を見ても何を訴えているのかなんてわかりません。見てもよくわかりません。

でも他の方があるピアノを聞いてこれは悲しいピアノだ。なんて言ってるのを耳にして、自分もそういうのが分かるようになりたいと思いました。

どうすれば分かるようになりますか?

沢山のピアノの音を聞いてれば分かるようになりますか?

Aベストアンサー

初めまして、さふらんです。ピアノ経験者としてコメントさせていただきます。
一口にクラシックといっても色んな曲がありますよね。
作曲者も曲の数だけたくさんいらっしゃいます。
一つ一つの曲を吟味して作曲者の伝えたい想いを正確に感じ取るとても手っ取り早い方法は、
可能であれば自分もその曲を弾いてみることですよ。
曲にはそれぞれ場面に合わせた符号で表現できます。
その部分の符号はどうなっているか、ピアノやフォルテ、クレッシェンドなど、
その符号一つ一つによって曲は様々な色を出します。同じ部分でも強く引けば力強さを引き出し、小さく引けば滑らかさ、優雅さ等を表現できます。
長い文章になってしまいましたが、まずは題名からあなたが何を想像するのか、そして実際聞いてみてどんな印象を受けたか。
そこから考えていくのもいいですよ。そこから色んな発見があると思います。
あなたが音痴だとしても、曲をイメージし、たくさん触れていくことできっと改善されますよ。
まずは耳を慣らしてみてください。他の人の感想も聞いてみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報