出産前後の痔にはご注意!

教えてください。
飛行機が離陸する前や着陸した後に滑走路から外れて移動するときがありますが、時速何キロくらいで移動しているものなのでしょうか?
いつも機内アナウンスで「危険ですからシートベルトははずさないで」といわれますが、時速40キロくらいなら、確かに急ブレーキ踏んだら危険だな、と思いました。
ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 機材や空港によってケース・バイ・ケースではありますが、おおむね


No.2 さんがご指摘された 10~20 ノットが多いです。ボーイング737の
マニュアルには、15ノット前後がもっとも安定すると書かれています。

 ほかには直線では30ノットまで、カーブでは10~15ノットといった
制限を設けていることもあります。滑走路から脱出するときは20ノット
くらいまで速度を下げますが、滑走路から斜めに出られる高速脱出路を
設けている空港では、30ノット以上での脱出も認めているようです。

 なお、成田空港ではよく、かなりの距離をトーイングカーで引いていく
シーンを目にしますが、最大速度は時速30km≒17ノット程度だそうです。
これは速度制限というよりは、クルマとしての限界性能値でしょうね。

 余談ですが、旅客機だと30ノット(時速55kmくらい)は大したこと
ない速度で、ラダー( 昇降舵 )の効果も発生しません。ところが単発
プロペラ機にとってはかなりの速さになります。なにしろ失速速度が
50ノット(時速90km)くらいの機材はザラですからね。

 そのため、米国のように旅客機とジェネアビが同居するような空港では、
プロペラ機は着陸後にまったくブレーキをかけないでタキシングすることが
あります。おそらく70~80km出しているかもしれません。私の知り合いが
ホノルルで操縦したときは、なんとジャンボ機をホールドさせて着陸した
そうです( もちろん管制官の指示 )。そのため着陸後、まったく速度を
落とすことなく滑走路を脱出したらしいのですが、こういうときは滑走路が
ものすごく長く感じるのだそうです(^o^; 。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
機種によってもちがうのですね。面白く思いました。

それと、飛行機の速度はノットなのですね。船みたいですね。パイロットが操縦するから同じなのでしょうか。

疑問に答えていただきありがとうございました。
ここで締め切らせていただきます。

お礼日時:2005/10/28 23:28

#2です。

大変失礼しました。

航空機が自走で地上を走ることを「タキシング」といいますが、その速度は10~20ノットで、時速18~36キロです。

サイトは見つかりませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
タキシングっていうのですか?タクシーと同じ語源でしょうね。
時速20キロから40キロならそこそこの速さですね。でもやはり急に止まったら危険な速度ですね。

すっきりしました!

お礼日時:2005/10/28 17:11

大型機で約300km/hのようです。



参考URL:http://www3.famille.ne.jp/~yokota/sky/report27.htm

この回答への補足

せっかく回答いただいたのですが、滑走路で離陸の時ではなく、たとえば、乗客を乗せてから滑走路まで移動するときの速度です。
もし、そちらの速度をご存知なら教えてください。

補足日時:2005/10/28 16:49
    • good
    • 1

私も疑問に思ったことがあり、聞いたことがあります。

専門家に聞いたわけではないので自身はありませんが、ゆっくりそうだけど、車よりは速いと言っててました。100キロくらいはよゆうで出ていると聞きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
時速100キロですか??思ったより速いです。急に止まったら危険この上ないですね。もっと遅いと思ってました。

お礼日時:2005/10/28 16:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

家 成田空港」に関するQ&A: 連合赤軍の目的は

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛行機のタキシングの際、ガタガタ振動するのはなぜ?

飛行機が飛行場内をタキシングする時、意外とガタガタ振動しますよね。トラックの方がまだまし、みたいな感じで。
飛行場の誘導路は、一般のアスファルト道路と較べたら、段違いの精密な平面度を保持するよう建設されていると思うのですが、それほどのフラットであれば、もっと滑るように走ってくれてもいいように思います。どんなに精密に建設してもやはり凹凸は避けられないってことなのでしょうか?
また、プロジェクトXで観ましたが、羽田空港では沈下による平面度の低下を回避するために空港全体をジャッキアップして、隙間に固化剤を注入するというメンテナンスを定期的に行っているということですが、それをしてもなお、ガタガタいうような凹凸は避けられないということなのでしょうか?

Aベストアンサー

車と違い、ショックアブソーバーが固いことが挙げられると思います。
例えば、車のようなやわらかいサスペンションは、確かに乗り心地が良いのですが、車を軽くジャンプさせて着地させただけでも、簡単に底着きしてしまいます。
 また、飛行機の主脚は主翼の付け根付近に取り付けられていることが多く、主翼のたわみにより振動が増幅されることも考えられるでしょう。

 一般道路では重量のある大型車両には軸重制限があり、沢山のタイヤ
で重量を分散させて車体を支えています。これは、弱いアスファルト舗
装の道路を痛めないための規制です。ところが飛行機の場合、例えばB
767だと、3つの脚で150t以上もの重量を支えないといけません。
しかもそのほとんどの荷重は2つの主脚にかかります。
車のような人が乗っただけでふわりとするようなサスペンションでは、
着陸の衝撃で簡単に破壊されてしまいます。

空港の誘導路やエプロンでは、このような1点ごとにかかる荷重が大きい
飛行機を支えるため、強度のあるコンクリートの舗装板を多数使用して
おり、その変形が他の舗装版に影響しないように、隙間を空けて敷き詰
められた構造になっています。このため、継ぎ目部分を通過する時に、
振動が発生します。

車と違い、ショックアブソーバーが固いことが挙げられると思います。
例えば、車のようなやわらかいサスペンションは、確かに乗り心地が良いのですが、車を軽くジャンプさせて着地させただけでも、簡単に底着きしてしまいます。
 また、飛行機の主脚は主翼の付け根付近に取り付けられていることが多く、主翼のたわみにより振動が増幅されることも考えられるでしょう。

 一般道路では重量のある大型車両には軸重制限があり、沢山のタイヤ
で重量を分散させて車体を支えています。これは、弱いアスファルト...続きを読む

Q飛行機って、離陸までなぜあんなに時間がかかるの?

素朴な質問ですみません。ネットで調べればわかるのかもしれませんが、いつも不思議に思っていることです。
飛行機って、搭乗完了し、動き出してから、離陸するまで随分(30分位?)かかりますよね。最初は滑走路を車のスピード位(30~40km)
程度で進み、滑走路の突端まで着いた所で折り返し、全速力で走り、離陸しますが、なぜあんなに時間と準備がかかるのでしょうか?
管制塔のgo-signを待っているだけではないと思いますが・・・。

Aベストアンサー

ご質問の追加がありますのでそれに回答を・・・。

>)「滑走路」とか「誘導路」とか色々あるようですが、最後に全力滑走し離陸するのは、「滑走路」ですよね。
>それでは、タクシングで走行するのは「誘導路」ですか? 
その通りです。

>タクシングとは、この何れかの滑走路のどちらかの端まで行くということですか? 
その通りです。

>又、滑走路は勿論一方通行ですよね。
これは。正しいとも違いともいえます。
まず、滑走路は両方向に使います。これは、飛行機は原則、風に向かって離着陸するからです。
ですが、風向きが変わらないと同じ方向にのみ使います。同じ方向に向かって次々と離着陸しますから、そういう意味では一方通行的ですね。

>揚力アップという話がありましたが、タクシングの間に気圧が飛行に
>ふさわしい位まで下がる(or上がる)のですか? 
タクシングはただ移動するだけ、と考えればよいと思います。

>長いtaxiingは揚力アップに無関係、単に滑走路の端にたどりつくため、
>と考えていいですか?
その通りです。

ついでですが、小松空港(自衛隊兼用)で滑走路の端にたどり着いたと思ったら、自衛隊機が次々に着陸してきました。その数約40機。コイツモはすぐ離陸するのに結構待たされました・・・。

ご質問の追加がありますのでそれに回答を・・・。

>)「滑走路」とか「誘導路」とか色々あるようですが、最後に全力滑走し離陸するのは、「滑走路」ですよね。
>それでは、タクシングで走行するのは「誘導路」ですか? 
その通りです。

>タクシングとは、この何れかの滑走路のどちらかの端まで行くということですか? 
その通りです。

>又、滑走路は勿論一方通行ですよね。
これは。正しいとも違いともいえます。
まず、滑走路は両方向に使います。これは、飛行機は原則、風に向かって離着陸する...続きを読む

Q電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

 そのまんまです。よくそういう話は聞きますけど、噂以上にわかりません。家族だからと言って連帯保証人でもないと思いますし、仮にそうでも額がでかいと即自己破産なきもしますし、死者の財産を放棄すれば債務放棄ということにもなるような気がしますが、良く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前聞いた話しでは実際に請求、支払までいくことはないと言ってましたが・・・

自殺→電車に飛び込む→通常の精神状態では出来ない

のような理由だそうです。一億円以上等、高額の賠償金や
慰謝料の話しは鉄道関係者がある程度意図的に流しているようで(そう簡単に電車に飛び込まれては困る)。
それよりも飛び込まれた電車の運転手さんの精神的ショックのほうが大きくて事故後強制的に1ヶ月の休暇をとらされるようです。

いずれにしろ、電車で飛び込み自殺なんて絶対にいけません!!

QB777にウィングレットが装着されていない理由

B747-400、MD11、A330、A340など、現在の国際線旅客機のほとんどにウイングレットが装着されています。ウィングレットは翼端に発生する渦を無くして抵抗を少なくし、航空機の燃費向上に効果があると聞いております。しかしながら、B777にはウイングレットは装着されていません。何故なのでしょうか?

以前、同様な質問があり、長距離タイプのB777-200LR、B777-300ERにはレイクドウイングチップが装着されていることは分かりました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3563743.html
でも、LRやERでないB777-200(←よく乗ります)やB777-300に装着されて無い理由が分かりません。ウイングレットは短距離飛行の場合はあまり効果がないと聞いていますが、B777-200、-300は航続距離が10000Kmぐらいあり、ウイングレット装着の効果があるのではないかと思います。

航空機に詳しい方、もしご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

「なぜそういう設計をしたのか」、これは設計した本人にしかわかりません。
ですから、この回答は想像の産物です。それをふまえたうえで。

純粋に空力的に考えれば、同一幅の主翼でウィングレットのあるものとないものを比較すれば前者が有利です。なので、777 がなぜウィングレットを採用していないか、と想像すると、1) 必要ないと思った、2) つけなくても十分性能が確保できると思った、3) つけられない理由があった、といったところではないかと思います。

ところで、先ほど思い出したのですが、777 は当初の設計段階から F/A-18 戦闘攻撃機のような主翼の折りたたみ機構が標準装備されることになっていました。機体の大型化に伴い横幅が広がってしまうのを防いで地上ハンドリングを向上させるために左右それぞれの主翼の中央付近から上方に折れ曲がって 767 並みのスペースに駐機可能である、としていたのです。しかし、構想段階で全日空などから反対が出て、この装備はオプションとなりました。(主翼が重くなり効率が悪くなる、故障の可能性がある、地上ハンドリングに目をつぶっても余計な装備をつけたくない、などの理由による) 結局、このオプションはどこの航空会社も発注しなかったため、数年前にオプションからもなくなりましたが、それまでの期間ボーイングは「発注があればいつでも製作にとりかかる」としていたのです。
もしかすると、この折りたたみ機構とウィングレットの併用に潜在的な問題を見つけて、当初はシンプルな主翼として設計されたのかもしれません。

その後、派生形を作るときに超長距離と大型長距離という、-200LR や -300ER で主翼の大幅な再設計を行なったのでしょう。結果、ウィングレットのような効果があるレイクドウィングチップが採用になったのではないでしょうか。このウィングチップはウィングレットよりも翼端延長の効果が高いため、おそらく効率がよいはずです。(そのかわり、横幅が増大することになるわけですが)

ウィングレットやウィングチップですが、受領後も改造して付けたり外したりできないわけではありません。747-400 ←→ 747-400D 間の改造はボーイングが正式にサポートしていて、指定の工場で一晩程度の作業を行なうことで改造することができます。ただし、改造回数は二回までに制限されています。全日空の 747-400 の中にはこの改造を受けた機体が複数あり、一部には二度の改造を受けた機体もあります。改造を手がけた工場は全日空の羽田整備工場だったはずです。
ところで、全日空では 767-300ER にウィングレットを装着する計画を先日発表したばかりで、設計はボーイングの関連会社が手がけたようですね。
http://www.ana.co.jp/pr/08-0709/08-089.html
もしかすると、この改造は 787 の受領遅れの埋め合わせなのかもしれません・・・。

「なぜそういう設計をしたのか」、これは設計した本人にしかわかりません。
ですから、この回答は想像の産物です。それをふまえたうえで。

純粋に空力的に考えれば、同一幅の主翼でウィングレットのあるものとないものを比較すれば前者が有利です。なので、777 がなぜウィングレットを採用していないか、と想像すると、1) 必要ないと思った、2) つけなくても十分性能が確保できると思った、3) つけられない理由があった、といったところではないかと思います。

ところで、先ほど思い出したのですが、777 は...続きを読む

Q飛行機の揺れと墜落について

仕事で月に4往復ほど国内線を利用しなければいけないのですが、その度、飛行機の揺れで身が縮む思いです。飛行機事故で死ぬ可能性は宝くじ3億円より低い…といわれており、頭では納得しているつもりなのですが、毎回揺れるたび「こんなに激しく揺れたら、落ちるのではないか?」という恐怖が頭をよぎります。紙飛行機のように、風に飛行機がグルグル巻き込まれ、自制が聞かなくなり落下してしまうような感じに…。でも、今後も乗らなければいけないわけですし(実は明後日も)この恐怖感を払拭したいのです。

どうか私に分かりやすくイメージさせてください。
ジェットコースターのように胃がふぅっとなったり、ドリンクサービスが行われなくなる程度の揺れでは
墜落に結びつく危険性はないと考えて大丈夫なのでしょうか? 多少揺れても、例えば車ででこぼこ道を走ったときに「ガタンゴトン」と揺れるのと同じと考えていいでしょうか?

どなたか、私に心の安定を~。 

Aベストアンサー

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪くなったりするほどの揺れを感じているということもあります。

 つまり、機体の強度は大丈夫なのに、大丈夫でないのが乗客という人間の方というわけです。

 このほかにも、主翼が作った乱気流が胴体の後部を叩くバフェッティングという細かく連続する揺れがありますし、もともと飛行機は主翼を中心としてスリコギ運動をする性質がありますから、これらもまた飛行機恐怖症の方には不安のタネになっているようです。このような現象を少しでも避けたいなら、なるべく主翼に近い席をお勧めします。

 また、揺れるととかくキャビンの天井パネルがギシギシ軋んだり、主翼がバタバタしたり、エンジンがブラブラ揺れていたりと、こうしたことも恐怖心を煽りますが、機体というものは基本的に柔構造なのだ、変形しながら応力をいなしているのだとお考えになれば気分も多少は良くなることでしょう。

 ただ、こうした揺れによって機体に繰り返して応力がかかったり、あるいは飛行の度に繰り返される気圧や温度の変化によって、長い間には機体のどこかに亀裂が入ったり、外板の強度が下がるといったトラブルが出るのは事実です。過去にはこうしたことが原因で、当時としては原因不明とされた突然の空中分解と墜落に至ったこともありました。
 しかし今日では、「繰り返し応力による金属疲労」については解析が進み、設計に取り入れられるとともに、これらは定期的に検査されていますし、出発の直前にも整備マンやコクピットクリューの目で確かめられてもいます。

 あとはエンジン、最近では4基のエンジンを搭載したB747(ジャンボ)のような機種は減り、長距離便でさえ2基のものが増えてきました。これはひとえにエンジンの信頼性が上がったということに他なりません。ただ、信頼性とは飛行時間とその間に発生するトラブルの統計的な確率をもとに算出されたもので、これによって整備のサイクルを決めていますので、その間絶対に大丈夫とも言えないかもしれません。

 しかし驚かないでください。2基のうち1基が停止したとしても飛行も着陸も十分に出来ますし、2基とも停止するという確率はそれこそ宝くじの一等当選の確率の数百倍にも達するでしょう。
 もちろん過去にはそうした例がないこともなく、極端で珍しい例としては、火山の近くを飛んだB747のエンジンが火山灰を吸い込んだ結果一度に4基全部のエンジンが停止してしまったといった事故例はありましたが、これとて回復操作によって再始動出来て、無事飛行を続けています。

 とにかく、大気はとても不安定でけっして均一なものではありません。しかも、高速で飛ぶ現代の旅客機にとっては、空気もまた大変硬い物質になってしまいます。 プールにお腹から飛び込んで水の硬さを体験されたことがあればそのことがお分かりになると思います。

 まあ、ルームアテンダントが聖書を片手にコクピットに向って走って行かない限り、現代の旅客機は大丈夫な乗り物です。これでいかがでしょうか、umari様ご自身の安定感のほうは。

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪く...続きを読む

QGmailアドレス変更方法

Gmailのアドレスを変更したいと考えているのですが、どのようにして変更すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gmailアドレスの変更はできません。

今使っているものと違うGmailアドレスを使いたいのならば、新規にGmailアドレスを取得してください。

そして従来のアドレスが必要ないならばそのまま放置しておけばOK。確か半年アクセスしなければそのアカウントは削除されるはずです。

なお、もし古いアドレスに配信されるメールもチェックする必要があるならば、新しいアドレスに転送設定しておきましょう。

QPS3でもPS2ソフトってできるの??

最近、PS2のソフト『アマガミ』というギャルゲーがやりたくなりまして……
PS3でもできるのかなぁと思いまして質問しました。

PSPバージョンは持っているのですがどうしてもPS2ソフトバージョンがやりたいのです。
それで、友達に聞いたところによるとPS3の初代ではPS2ソフトもできたらしいのですが、今のPS3だとできないらしくて…
でも、どうしてもPS3やりたいんです。
僕は今、PS2もPS3も持っていないので……できれば新しい型でプレイしたいのです
どうしたらよいでしょうか??

PS3を買ってプレイステイションストアからダウンロードするとPS2のソフトでもPS3でできますかね??

下手くそな質問内容ですいません。
回答をお願いします。

Aベストアンサー

今販売されているPS3でPS2のソフトを使うことは出来ませんよ

初期型のPS3はPS2のチップを搭載していたので使用できましたが、今のPS3はコストカットの為そのチップを搭載するのを辞めたのです

なので、絶対に使うことが出来ません

ですが、最近になってようやくPS2ソフトのダウンロード版が発売されてきました

欲しいソフトがあればPS3本体にダウンロードすることでプレイできます

なので、欲しいソフトのダウンロード版があればPS3を買えばいいし、なければPS2本体を中古で買うなりすればいいのです

質問を読む限り、PS2で特別遊びたいソフトがアマガミ以外ないように思えます

それならPS3を買えばいいです

一度PS3で遊んでしまうと画面がキレイすぎてPS2のゲームはプレイしたくなくなりますよ

自分も3買ってから一度もPS2のゲームは起動すらしたことないですので

Qボーイング767は古い機体ですか?

成田ーホーチミン間をJALで往復します。JALのホームページでは機体がボーイング767と記載されていました。これは古い機体なのでしょうか?個人用テレビはついているようです。安全面や乗り心地はどうでしょうか?古い機体だから安全面で疑問などあるのでしょうか?見識者の方教えてくださいませ。

Aベストアンサー

成田-ホーチミンの767にはビジネスで2年前に乗ったことがあります。
ビジネス席の「スカイラックス」は別名「不快ラックス」と悪口を言われるように快適な席ではありません。逆にエコノミー席だったら他の新しい機種と余り変わらないと言えると思います。どちらにしても食事も良くないし快適とは遠いです。私は767は仕方ないから乗っている感じです。

質問文が、専門的な回答を求めるような質問なので、他の回答者さんの回答も専門的になっておりますが、質問者さんが本来意図する素朴な疑問”767の安全性・乗り心地”という意味では、ご心配は無用と思います。

私は頻繁に海外旅行をしており、多くはJALを使っています。「767」ということではなく、同じ767でも製造が古い767の機体に乗ったりする時もありますが、私はそれで安全性に不安を感じたことは一度もありません。

乗り心地については、機種というより、少しでも前の席の方がいいかと思います。

機内サービスについては、JALに乗ればJALの欠点が目につき、他者を選べばJALの良さを思い出すという感じです。つまりは、どこもどっちもどっちという感じがします。

成田-ホーチミンの767にはビジネスで2年前に乗ったことがあります。
ビジネス席の「スカイラックス」は別名「不快ラックス」と悪口を言われるように快適な席ではありません。逆にエコノミー席だったら他の新しい機種と余り変わらないと言えると思います。どちらにしても食事も良くないし快適とは遠いです。私は767は仕方ないから乗っている感じです。

質問文が、専門的な回答を求めるような質問なので、他の回答者さんの回答も専門的になっておりますが、質問者さんが本来意図する素朴な疑問”767の安全性...続きを読む

Qプロペラ機はエンジンが全部止まっても飛べる?

 エンジンが止まった場合、ジェット機は水平飛行はできなくなるが、プロペラ機はある程度の水平飛行ができると何かで昔読んだことがあるのですが、実際のところどうなんでしょう。もしそうならなるべくプロペラ機に乗ろうと思います。(無理か^^;)テレビを見てて、ふと疑問におもったもので。お暇なときで結構です、ご存じの方いらっしゃいましたらよろしく。

Aベストアンサー

高度を維持した水平飛行というのはおそらくプロペラ機でも無理でしょう。
翼の滑空比にもよりますが、余程強力な向かい風でも吹いてなければ
機体を同高度に維持する水平飛行はできません。

蛇足ですが、

プロペラ機でエンジンが停止すると、
今度は回転しない(或いは風力で回転する)プロペラが有害な抗力となり、
それだけでも滑空の大きな障害となります。

今現在のプロペラ機は、
エンジンが停止した場合や着陸時にプロペラの抗力または推進力を
軽減するためにフルフェザー状態(プロペラ面を風に対して自由にする)
ことができます。

私はヘリコプターのライセンスを持っているのですが・・・
一番怖かったのはエンジンをアイドリング状態にして滑空して降りる
「オートローテーション」と呼ばれる訓練でした。
つまりエンジン停止状態をシミュレートするのですが・・

エンジンを最小出力にすると、ぶうん、
という音とともに機体が急速に沈み、降下速度は1500~2000フィート(500~700メートル前後)になります。
滑空速度は機体によって違いましたが、速すぎても遅すぎてもよろしくなく、またローターの回転計が常に通常範囲内にとどめておかなければいけませんでした。

しかも地上ギリギリでパワーを入れて機種上げにして速度を落とし
揚力を確保し、エンジンを元に戻すのですが、
概ねこのときの高度は地上から1メートルくらい。
そうしないと、実際にエンジンが切れたときに滑走できないからです。

オートローテーション訓練はエンジンは動いているとはいえ、
一歩間違えればメインローターは断裂して吹っ飛び、降下速度、降下率を
ミスすれば訓練といえども即死に直結するので、
それはもう真剣そのもので、やるときはいつも脂汗ダラダラでしたね。

前に訓練してて、パワー入れようとしたら教官がレバーを抑えたまま離さない!
「やめてえ!ギャー!」とかなんとか思いつつもざざざざーっと滑走着陸したのですが、
「なんで・・?」って聞いたら
「いやあんまりうまく滑空してたもんだから本当に滑走着陸してみたくなっちゃった。てへ。」
なんていわれて。てへ じゃねえよオイ!
そんなら最初からそうしろって言って下さいよ~!と心でツッコミを入れてました(^^;)

しかし私もまがりなりにもパイロットの端くれ、これだけは言えます。
「飛行機を安全に運行するのはハイテク技術ではなく人の知恵と技である」
どんなハイテク機だろうと、ローテク機だろうと、
それを操縦するのは人であって、危急存亡の事態を打開するのはやはり人の力です。

私はヘリですが、ハイテク機はあまり好きではありません。
コンピュータ制御の計器は好きじゃないんです。壊れると見えなくなるから。
やっぱり昔ながらの空気力や機械式の計器のほうが安心できます(^^)

そうそう、No.3の方のおっしゃってる離陸できない状態というのは実際ありますよ。
私も真夏の暑い日に教官と一緒に訓練に行こうとしたら、ヘリが30センチくらいしか浮かないときありましたから。
そういうときは教官が地面を見ながら私がそろりそろりと滑走路に行って、
滑走しながら離陸してました。帰りは燃料が少ないから余裕で浮いてられます。

長々と失礼いたしました。

高度を維持した水平飛行というのはおそらくプロペラ機でも無理でしょう。
翼の滑空比にもよりますが、余程強力な向かい風でも吹いてなければ
機体を同高度に維持する水平飛行はできません。

蛇足ですが、

プロペラ機でエンジンが停止すると、
今度は回転しない(或いは風力で回転する)プロペラが有害な抗力となり、
それだけでも滑空の大きな障害となります。

今現在のプロペラ機は、
エンジンが停止した場合や着陸時にプロペラの抗力または推進力を
軽減するためにフルフェザー状態(プロペラ面を風...続きを読む

Q家電エアコンを、ガス補充する費用はいくらくらいですか?

約20年前に購入した大手家電メーカーのエアコンですが、冷却能力が落ちたような気がしますのでガスを補充したいと思います。

本当は買いかえたいのですが、事情があり簡単にそう出来ないないため、ガスの補充にどれくらい費用がかかるのかが知りたいのですが・・・。

経験がある方、専門家の方どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

参考までに、追加コメントです。

エアコンの「掃除」はされていますか。

1週間に1回はフィルターについたほこりをきれいに掃除することです。
中もエアコン洗浄スプレーで掃除するのもいいです。
これだけでも「効き」が変わります。(電気代も)

大々的にクリーニングするのなら「ダスキン」などに依頼するのもいいでしょう。
実家で実施したところ20年来使用しているエアコンがよく効くようになったとのことでした。

参考URL:http://www.100100.co.jp/goods/h1living.html


人気Q&Aランキング