こんばんわ。とある一学生です。
是非御意見をお聞かせ下さい。

来週からTHFを溶媒とした合成実験を予定しています。

生成した物質をNaCl Soln.およびNa2SO4で洗浄・乾燥した後、
カラムクロマトでの精製を行う予定なのですが、その前段階として
エバポレーターでの濃縮を行う必要があります。この濃縮について
THFが溶媒ということもあり、粗結晶が析出するまで、つまり
溶媒が乾固してしまうまで濃縮してしまっても良いものかどうか
迷っています。洗浄操作でTHFが抜けてしまえば、完全に溶媒を
飛ばしてしまっても問題はないと思うのですが・・・。
是非この点について御意見をお聞かせ下さい。

また、この合成に関する論文中に、(洗浄操作の前に)塩化アンモニウム
NH4Clで「quenching」する、という旨の記述が見られたのですが、
このquenchという意味についても知見を伺いたいと思います。

この合成でモノを作り、来月には物性測定に行きたいと思っております。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お書きの一連の操作は次の様になると思います。



 ・NaH でアニオンを作り,求核反応を行なう。
 ・NH4Cl でクエンチして,反応をストップする。
(・THF をエバポレ-タ-でとばす=濃縮する)
 ・5%塩酸を加え,塩化メチレンで抽出する。
 ・塩化メチレン層を飽和食塩水で洗浄する。
 ・塩化メチレン層を無水硫酸ナトリウムで乾燥する。
 ・濾過した後,溶媒を留去し,粗生成物を得る。
 ・カラムクロマトで精製する。

 で,ご質問は上記の()で括った濃縮操作で完全に溶媒をとばしても良いかどうかでしょうか。これは,目的化合物の性質にも依ると思います。安定なものであれば,完全にとばしても構わないでしょうが,不安定な化合物であれば,この段階で分解してしまいます。

 お書きの様子では,この様な操作には経験がないようですので,完全には濃縮しない方が無難です。場合によっては,濃縮しないまま(THF 溶液のまま),5%塩酸を加えて塩化メチレン抽出を行なっても大丈夫です。


> NH4Cl で「quenching」する、という旨の記述が見られたの
> ですが、この quench という意味についても知見を伺いたい
> と思います。
 クエンチの意味については loveobo さんの回答がありますので,「水でなくて NH4Cl」と言う点に絞って補足致します。

 この反応溶液は,塩基である NaH を含んでいます。ですので,そのまま水を加えると強アルカリの NaOH が生成します。これはあまり好ましい事ではありませんので,それを避けるために弱酸性の塩化アンモニウム(NH4Cl)を使うわけです。

 なお,単に NH4Cl でクエンチすると書かれていますが,この段階で,水素の発生,反応による発熱,水素やアンモニアの発生による発泡,などが起こります。そのため,クエンチの方法にも様々な方法があります。例えば,・・・

1)氷冷下に飽和 NH4Cl 水溶液を適当量加える。
2)固体の NH4Cl を適当量加える。
3)低温下(-40℃など)で反応している場合,飽和 NH4Cl 水溶液を加えて固まらせた後,徐々に室温に戻しながらクエンチを行なう。




 ところで,お書きの反応は合成経験のある方であれば簡単だと思いますが,質問文の様子ではそうは思えません(経験がおありであればお許し下さい)。お近くに有機化学の(あるいは,合成経験を持った)研究室はありませんか。そこの経験ある教官などに教わった方が安全だと思います。NaH は比較的安全ではありますが,水素ガスが発生しますので,爆発の危険がないとは言えません。そこまでいかなくとも,発泡して容器から噴き溢すという失敗は良くあります(って,よく失敗してちゃいかんだろうが)。

 必要なら補足下さい。
    • good
    • 0

合成系の研究室でしたら、d_aokiさんの実験背景を知らないWeb上の


アドバイスよりも研究室の先輩や先生にお尋ねになるほうが良いかと
存じますが・・・

下層に来るジクロロメタンで抽出したいなら、水より軽いTHFが抽出時に
共存するのは不利ですから、quenchの後に(浴温を上げ過ぎずに)
エバポして、THFを飛ばしたほうが良いかもしれません。quenchの際に
余剰のNaHが発泡(水素)するでしょうから、水は少しずつ加えましょう。
無水THFを使うのもNaHが水を嫌うからでしょうが、禁水試薬の中では
NaHはおとなしい方ですから、モレキュラーシーブで充分と思います。
試薬のNaHは60%程度(残り40%は空気との接触を絶つための鉱油)です。
当量計算に注意するのは勿論のこと、抽出後の有機層にNaH由来の鉱油
(エバポで飛ばない非極性成分)が来ていることも忘れずに。

「操作に関しては未知の部分が多く」とのことですが、操作の意味を考える
ことは大切と思います。実験を成功させるためにも、事故を防ぐためにも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変参考になり、助かります。

>合成系の研究室でしたら・・・

ということなんですが・・・実は物理化学系の研究室でして
合成は専門ではないんですよ。しかし時期も時期ですし、
そのような事も許されない状態でして・・・

では、貴重なアドバイスありがとうございました。
実験操作をしっかりと勉強して実験を成功させたいと
思っております。今後何かありましたら、よろしく
お願い致します。

お礼日時:2001/11/26 10:48

質問欄にお書きの範囲では「モノ」や抽出溶媒がわかりませんので、


何とも言えないところもありますが・・・
THFは水にも油にも馴染みますね。THFの水に対する溶解度は∞ですが、
水層の塩濃度が高ければ分層しますし、他の溶媒を加えて抽出しても
有機層と水層に分配されましょう。(なかなか水洗で除去しきれない)
quenchした後のmixtureを濃縮してTHFを飛ばしてから、改めて別の
溶媒で抽出することもあります。いずれにせよ、極性溶媒であるTHFを
中途半端に残すと、カラム精製をコントロールしにくいかもしれません。

「quench」は、何らかの操作によって反応を止めることを指しますが、
有機合成では「非水系で反応させた後に水を加えること」を示すことが
多いです。quenchによってpHが急上昇するのを嫌い、緩衝作用を期待
して NH4Cl をよく使うようですが、反応系によっては無意味な習慣に
すぎない場合もあると思います。

この回答への補足

こんばんは。早速の回答ありがとうございます。

私が合成を予定するモノについてですが、
アントラキノン系の物質です。反応溶媒をTHFとして
NaHの存在下により合成し、それを精製してモノを得ます。

また、論文によるとTHFは無水を用いるとあるので、特級試薬を
モレキュラーシーブスで乾燥したものを使用する予定です。

それから御指摘の抽出溶媒ですが、書くのを忘れていました(^^;)
5%塩酸とジクロロメタン(塩化メチレン)を用いて抽出します。

私自身、これらの抽出溶媒を扱うのは初めての経験なのでこの
操作に関しては未知の部分が多く、困っております。是非、
アドバイスをお願い致します。

補足日時:2001/11/25 22:09
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合成直後に結晶が析出してきた場合の対処

合成直後に結晶が析出してきた場合の対処
有機合成をしている学生ですが、合成直後に結晶が析出してくることがあります。その場合は吸引濾過して結晶を取り出すことにしているのですが、吸引濾過したそばからろ液の中にも結晶が析出してくることがあり、なかなか次の操作に移れないことがあります。このようなときどのように対処すればよいでしょうか。また、析出した結晶には目的物の他に、無機物が含まれる可能性が高いと思いますが、この場合の無機物の除去はどうすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>吸引濾過したそばからろ液の中にも結晶が析出してくる
良く起こることです。二つの考え方があります。
1.溶媒を多く使用して結晶の析出を遅らせる。
2.結晶が全部落ちるまで放っておく。結晶中に取り込まれる無機物は再結晶で除くことにする。

Q硫酸第一鉄と硫酸アンモニウムからモル塩を合成する時の質問です。

硫酸第一鉄と硫酸アンモニウムからモル塩を合成する時の質問です。

 モル塩(硫酸鉄IIアンモニア六水和物)を再結晶させるとき、モル塩を硫酸を少し加えた蒸留水に溶かすのは塩を加水分解させないためと聴きましたがどうして加水分解しなくなるのですか?
イオン積の関係で硫酸イオンの濃度を増して、鉄やアンモニアをイオン化させないためですか?
 もしそうならモル塩を再結晶するとき塩に閉じ込められた不純物(鉄、アンモニアイオン)が析出してしまい、純度を上げることにはならないと思うのですが、教えてください。

Aベストアンサー

> どうして加水分解しなくなるのですか?

硫酸の添加によってpHが低くなる(水素イオン濃度が高くなる)からです。


■モール塩の溶解

Fe(NH4)2(SO4)2・6H2O + 大量のH2O → Fe^2+ + 2NH4^+ + 2SO4^2- + 大量のH2O

モール塩は、「塩」という名前がついていることから分かるように、イオン結晶です。イオン結晶は、結晶をつくっていたイオンがばらばらに ばらけることで水に溶けます。ここで起こっていることは、塩化ナトリウムが水に溶解するときに起こっていることと同じです。

NaCl + 大量のH2O → Na+ + Cl- + 大量のH2O

この時点では、まだ加水分解は起こっていません。

■モール塩の加水分解

塩の加水分解とは、溶解したイオンと水分子との間のプロトンのやり取りのことです。

鉄(II)イオンの加水分解[注1]
Fe^2+ + H2O → [Fe(OH)]^+ + H^+

アンモニウムイオンの加水分解
NH4^+ H2O → NH3 + H3O^+

硫酸イオンの加水分解
H2O + SO4^2- → OH^- + HSO4^-

反応式をみると、塩の加水分解とは、溶解したイオンとH2Oの間の酸塩基反応であることが分かります。たとえば鉄(II)イオンの加水分解の反応式では、鉄(II)イオンがブレンステッド酸、水分子がブレンステッド塩基です。

[注1]鉄(II)イオンの加水分解の反応式は
[Fe(H2O)6]^2+ + H2O → [Fe(OH)(H2O)5]^+ + H3O^+
のように錯イオンで考えたほうが分かりやすいかも。

■再結晶させるときに加水分解させないようにするのはなぜか

鉄(II)イオンの加水分解で生じる[Fe(OH)]^+が、不可逆的に反応して不純物になるからです。たとえば水に溶解した酸素に酸化されて鉄(III)イオンになったりします。詳しくは#1さんの回答を読んでください。

■硫酸の添加で加水分解が抑えられるのはなぜか

鉄(II)イオンとH2Oの間の酸塩基反応は可逆反応なので、ルシャトリエの原理を使って化学平衡の位置をずらすことができます。反応式の右辺(生成物側)にH^+があるので、溶液に硫酸を加えてpHを低くすれば(水素イオン濃度を高めれば)、[Fe(OH)]^+の生成(とNH3の生成)が抑えられます。

一方、硫酸イオンの加水分解は、逆に促進されます[注2]。ですので、あまりにも濃い硫酸を使うと、もしかしたら硫酸水素イオンが不純物として再結晶した塩に取り込まれてしまうことがあるかもしれません。しかし、希硫酸からの再結晶ではそんなことは起こらないことが、実験の結果から分かっています。あるいは逆に、そのようなことが起こらないくらい薄い濃度の希硫酸を再結晶に使うのだ、と考えてもいいです。

[注2]水のイオン積が一定だとすれば、[H^+]が大きくなれば[OH^-]は小さくなる。反応式の右辺にOH^-イオンがあるので、[OH^-]が小さくなれば平衡は右側(生成物側)に移動する。

> どうして加水分解しなくなるのですか?

硫酸の添加によってpHが低くなる(水素イオン濃度が高くなる)からです。


■モール塩の溶解

Fe(NH4)2(SO4)2・6H2O + 大量のH2O → Fe^2+ + 2NH4^+ + 2SO4^2- + 大量のH2O

モール塩は、「塩」という名前がついていることから分かるように、イオン結晶です。イオン結晶は、結晶をつくっていたイオンがばらばらに ばらけることで水に溶けます。ここで起こっていることは、塩化ナトリウムが水に溶解するときに起こっていることと同じです。

NaCl + 大量のH2O → Na+ + Cl- ...続きを読む

Q食品の塩分表示がナトリウム表記の場合 NaClとの比較で塩分量を計算するようですが 食品にNaCl以

食品の塩分表示がナトリウム表記の場合
NaClとの比較で塩分量を計算するようですが
食品にNaCl以外のナトリウムが入っている可能性はないのでしょうか。

Aベストアンサー

十分あり得ます。
しかし、過剰摂取による健康被害が懸念されるのは「ナトリウムイオン」そのものです。NaCl以外でも摂取すればトータルとしては同じなのです。
ですから一番なじみのあるNaCl換算するのでしょう。
「ナトリウム量を塩分換算する」
http://gen-en.net/sio-kansan.html

逆に、カリウムに置き換えることによってナトリウムを減らした
「減塩しお」なんて物もありますね。
https://allabout.co.jp/gm/gc/457628/

Q有機溶媒を使った器具の洗浄方法

初歩的な質問をします。どうぞよろしくお願いします。

有機溶媒を実験で使用した後の器具の洗浄方法がわかりません。
ドラフト内で揮発させた後、アルカリ洗剤を少し濃い目に使って
洗ったりしていますが、
一度、きちんとした洗浄方法を知っておきたいと思いました。

溶媒の種類はベンゼン、ジエチルエーテル、石油エーテル、アセトン、
メタノールなどです。
容器はほとんどガラス容器ばかりですが、薬品耐性処理してある内蓋
のついたフタです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

確認させて下さい。
>薬品耐性処理してある内蓋のついたフタです。
蓋を洗いたいのか、全体を洗いたいのかどちらですか?

私は合成樹脂の蓋は「毎回捨てます」。通常「換え蓋」を売っていますのでそれを使います。
ガラス瓶(バイアル)の方はアルカリ洗浄液に一週間漬け洗いし、手とブラシで良く洗い、超純水で数回すすぎ洗いします。
くもりが出たら、熱濃硫酸で洗い、それでもダメなら捨てます。
バイアルなど消耗品ですから、それによりデータの信頼性が落ちたら「本末転倒」でしょう。

Q非プロトン性溶媒とプロトン性溶媒

非プロトン性溶媒(DMF,HMPAなど)はいずれもイオン性化合物を溶かし、カチオンによく溶媒和する。ちょうど、プロトン性溶媒がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する。
しかし、非プロトン性溶媒は水素結合ができないことと、溶媒の正の中心原子も立体効果によってアニオンへの接近を妨げられているために、非プロトン性溶媒はアニオンに全く溶媒和できない。

とソロモンの新有機化学に書いてあるのですが、

なぜ、「非プロトン性溶媒は、カチオンによく溶媒和する。」のでしょうか。
また、「がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する」とはどういう意味でしょうか。
また、なぜ水素結合ができないことは、非プロトン性溶媒がアニオンに全く溶媒和できないことにつんがるのでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

>なぜ、「非プロトン性溶媒は、カチオンによく溶媒和する。」のでしょうか。
「ちょうど、プロトン性溶媒がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する。」と説明されているんじゃないですか?

>また、「がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する」
???教科書の記述を確認して下さい。DMFやDMSOの酸素原子の孤立電子対が、カチオンの空軌道に配位する旨のことが書いてあるはずですけど。

>なぜ水素結合ができないことは、非プロトン性溶媒がアニオンに全く溶媒和できないことにつんがるのでしょうか。
溶媒和が起こりにくければ溶けにくいというのは一般的に言えることだと思いますけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報