今朝NYダウが急騰しました。自分は前からダウは暴落すると信じているので意外なほどの強さに何が起きているのか不安になります。自分の理論は明快でアメリカのITバブルはまだはじけきっておらず、ついで起きた住宅バブルが破裂寸前なので90年代の日本と同じ現象が必ず起こると確信しているのですが、ここまで崩れないと自分のよみのどこが甘いのか不安になります。私の理論に賛成な人,反対な人、理由をつけて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

超長期トレンドの中で考えてみると明確でごわす。



NY市場超長期トレンド(NYダウ)

1.世界恐慌
  1929/9:386.10 → 1932/7:40.56
   騰落率=▲89.5%
   期間=2年10カ月

2.超長期上昇期
  1932/7:40.56 → 1966/2:1,001.11
   騰落率=2,358.2%
   期間=33年7カ月

3.超長期調整期(ボックス)
  1966/2:1,001.11 → 1982/11:1,078.46
   離脱に要した期間=16年9カ月
   何度も下げたり上げたり、中間の74/12:570.01がボトムとなる
   前半は、”ベトナム戦争&オイルショック”、74年のボトム時は、
   インフレ・高金利・マイナス成長
   後半は一旦収束したインフレが再燃、”超インフレ(ピークは1980年)”、
   FF金利は約20%まで上昇しました。

4.超長期上昇期
  1982/8:769.98 → 2000/1/14:11908.50
   騰落率=1446.6%
   期間=17年5カ月
   (95年より上昇ピッチを早め、ITバブルの時代へと突入します)


6.超長期調整期(ボックス) 現在進行中
  2000/1/14:11908.50 → ????
   現在、この調整期から抜け出していない、調整を離脱するのに、
   あとどれくらいかかるかわかりませんが、歴史は繰り返す、
   前半は、同時多発テロ・アフガン戦争・イラク戦争、石油価格高騰となり、
   『3.』と同じ現象が、起きています、おそらくこの後”インフレ”が起こり、
   株価はボトムを向かえる年がくると思います。
   既に『金価格(ドルベース)』が史上最高値に到達、嗅覚の敏感な”お金”は
   既に感じとっているものと判断しています。

   ※長期・超長期でみると、株価は、非常に”非常に”長期間上昇し続けます、
    そして、上昇した期間の1/3~半分程度の期間調整を要します。
    しかし、暴落は数カ月から1.2年です。『インフレ・高金利』が発生
    しなければ、”暴落”と言うトリガーも引かれません。
    まだ、まだ、米国の企業業績は好調期、インフレ・高金利も顕現化
    しておりません。インフレなき高成長期もそろそろ終盤を
    向かえている”かも”しれない、ぐらいの理解で良いのではないでしょうか?
    いづれにしても、NYの株価は、2000年から始まった調整期の中にあり、
    この調整期中、”インフレ・高金利”の発生時に”暴落”という副産物が
    登場すると理解しております。
    
    
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EDJI&t=my&l=on …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

  ありがとうございます。 このチャートは私も前からチェックしてました。どう見ても暴落確実って感じしますよね。 LINEARをクリックしてみてください。いかにバブルかがはっきりわかります。

お礼日時:2005/10/30 20:26

将来あの株が(企業が)価値を持つから今買っておこうという仕組みであり、元々株式市場自体ある種のバブルの用に幻想の上に成り立っているものでもあるためでしょう。


仮に来月暴落すると分かっていたとしても、今月中は売買を行わなくてはならないのが、トレーダーでもあります。職業として売買を行っている以上、必ず利益を出す事が求められ、むしろお金を動かさない事がいけない事という状況に置かれており、マネーが駆けめぐるこの状況が続いていれば、とりあえずは成立しますし、成立していなくては困るのが市場経済でもあり、国家がそれを支えるなくてはいけない&支えてくれるからなど、暴落に対し心理的に障壁が存在している間は問題ないという状況でしょう。
バブルは突然はじけるのか、徐々に実体経済を繁栄するかたちになるのか、どちらにしても今日の売買を行わなくてはいけない という心理、これらが市場を支え、とりあえず問題ないからそれでいいのだという状況でしょう。

元々、投資先の企業が利益を出し続ける保証などはないものであり、数字からの判断、時に噂が判断材料、噂が企業業績を左右してみたり、そういう上に成り立っているものであるのでバブルがはじけるというのは、目先の利益を優先しなければいけない状況にある大半を支えるトレーダーの間ではあくまでその一端にしかならないということでしょう。
    • good
    • 0

日本の場合も80年台は、暴落するぞと叫ばれながらなかなか暴落しなかった経緯があります。

    • good
    • 0

多くの人が「米国は危ない」と感じている時は、暴落はありません。

    • good
    • 0

推測ですがダウが上昇したのはグリーンスパン氏の


後任が決まった上 インテルの決算が出たためでしょう。

何れにしましてもアメリカの財政は破綻状態ですので
そう考えられるのは妥当でしょう。しかし日本の二の舞を踏まないようにしている様に見えます。

恐らく当分の間1万ドル前後で推移すると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダウ理論 ギャン理論 フィナボッチについて

ダウ理論 ギャン理論 フィナボッチって だいたい どういったものなのでしょうか?
概要は理解していますが、相関関係を 教えてください。
ダウ理論は 実践で使えそうですが ギャン理論 フィナボッチなどが よく理解できていません。

Aベストアンサー

>概要は理解していますが、相関関係を 教えてください。

ヒカルの碁を見たことありますか。
株が碁。
ダウ理論はサイ。
エリオットがヒカル。
ギャン理論はミスミ。
フィナボッチはせいぜいワヤ。

この様な関係でしょう。

アキラがいませんから何か考えて下さい。

>ダウ理論は 実践で使えそうですが。
何を言っておいでですか、あなたの場合もう十分にお使いじゃないですか。 

QアメリカNYダウの暴落原因は?

 昨夜知ったのですが、NYダウが 大幅に下落しています。
サブプライムの問題からは日にちがたっていますし、
なぜ大幅に下落したのでしょうか?
日本の株式市場にも影響ありそうでしょうか?
事情をご存知の方、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

住宅問題を引き金にしてアメリカに打撃が与えることが明白に成ったことです

・キャタピラーの決算で来期の利益見込みが減益を予定している
 これが一番の原因です
 米国以外が6割に達するキャタピラーですが・・新興国の伸びでで補い位の打撃があると予測したことに発端がある

ここに
・G7の声明が世界経済に打撃を与えること出てきた

また著名な投資家 バフェト氏が・・
 中国株式を全部売却したことが判明した

さらに
 中国人民大会において
 経済成長よりインフレに力をいれる政策転換を発表した

これが全ての要因ですね

日本の株式市場にも影響ありそうでしょうか?
完全に17500円で強力にしこってます
中国市場の成長も鈍化するので・・・人口減による国内減少分を補い切れない可能性があるので

かなり影響ありますね
 

Q中国のオリンピックバブルは破裂しないんですか?

東京オリンピックの後、日本が不景気になったように中国もオリンピックが終わったらバブルが崩壊すると思ってましたが、景気が加速しているというニュースを見ました。
中国のオリンピックバブルはまだ崩壊していないんですか?
それとも、一度崩壊してすぐに回復したのでしょうか。
経済についてよくわからないので、詳しい方わかりやすくお願いします。
ニュースを見てふと思いついたことを質問させていただきました。

Aベストアンサー

オリンピックバブルは崩壊して、政府が景気対策として鉄道網の整備に投資しているので今は又騰がり中ですよ。
http://dw.diamond.ne.jp/contents/2009/0613/index.html

Q日本はなぜバブルになったのですか?なぜバブルは終わったのですか?

日本はなぜバブルになったのですか?
なぜバブルは終わったのですか?

-------------

(土地の収益性ではなく)
転売価格のみを頼りに値上がりした地価を反映して、株価が暴騰した、
という解釈は正しいでしょうか?
(株価は、土地の価格推移に従った、ということでしょうか)

バブルの崩壊は、株価の下落をいうのですよね?
(株価の暴落に続き、地価も下落に転じました。)
株価が原因で、地価が下がった、という解釈は正しいでしょうか?

株価暴落の原因は、そもそもありえない地価を基盤にしていることを、
皆が気づいて、下落の連鎖が続いた、という解釈でよいのでしょうか?

(株価と地価の、原因と結果について、
 鶏と卵のような、パラドクスを感じてしまいます。)

Aベストアンサー

こんにちわ

バブルの発生
>転売価格のみを頼りに値上がりした地価を反映して、株価が暴騰した、
>という解釈は正しいでしょうか?
>(株価は、土地の価格推移に従った、ということでしょうか)
大体、正しいですが補足として
バブル発生期は、各企業がコンピュータ化などへの切り替え等により全体的に景気上昇し、企業の都心移動がはじまりOfficeの不足を懸念した各企業がOfficeビルの建築を行うようになり地上げなどによる土地高騰から始まりました。当時、土地神話があり(土地の価格は銀行金利より上昇する)これにより、土地へ投資する企業が増え、また銀行も土地を担保に土地の適正価格の何倍ものお金を貸して支援した事により始まりです。(株は景気を反映して上昇しました)儲けた企業は、余ったお金を株やその他に投資を行いマネーゲームの始まりです。

バブルの崩壊
バブルの崩壊は、土地の価格が政府の想定以上に上がり個人のマイホームの夢がなくなるのを(表向き)危惧した政府は、土地に対する税制改革を行い土地の価格上昇を抑えました。これにより土地の上昇が無くなります。
これにより、土地の上昇を計算に入れて銀行から融資を受けていた企業が土地を売っても借金が残るようになり倒産する企業が増えました。これで銀行も担保にした土地が担保割れをおこすようになり、貸し渋りをするようになります。これにより打撃を受けたのが中小企業です。銀行がお金を貸してくれなくなった中小企業の倒産が増え、銀行がさらにお金を回収できなくなると言う悪循環が生まれバブルが崩壊して行きます。バブルの崩壊により株価が下がり始め、海外の投資家などが日本から撤退するようになり株価が1/3にまで下落しマネーゲームを行って来た投資家も崩壊していきます。

バブルによる株価の上昇下落は、土地の価格ではなく景気です。
日本の株価を決めているのは、ほとんどが海外の投資家です。日本の投資家だけなら株価もここまで上がらないし下がる事も無かったでしょう。
日本の株価の影響など気にしない海外の投資家などが一気に日本から撤退したのが原因ではないでしょうか?

こんにちわ

バブルの発生
>転売価格のみを頼りに値上がりした地価を反映して、株価が暴騰した、
>という解釈は正しいでしょうか?
>(株価は、土地の価格推移に従った、ということでしょうか)
大体、正しいですが補足として
バブル発生期は、各企業がコンピュータ化などへの切り替え等により全体的に景気上昇し、企業の都心移動がはじまりOfficeの不足を懸念した各企業がOfficeビルの建築を行うようになり地上げなどによる土地高騰から始まりました。当時、土地神話があり(土地の価格は銀行金利より上昇...続きを読む

Q【日経平均とITバブル越えニュース】日経平均がITバブルのときより高くなったというニュースを見たんで

【日経平均とITバブル越えニュース】日経平均がITバブルのときより高くなったというニュースを見たんですが、時価総額がITバブル時より高くなったということですか?

ITバブル時より上場が緩和されて、しょぼい会社でもバンバン上場しているからITバブル時より上場企業数が多くなったので当たり前に日経平均がITバブル越えしたのではないのでしょうか?

ITバブル時の上場数と現在の上場数の数の違いと今日のITバブル越えニュースに関連性はないのか教えてください。

Aベストアンサー

>ITバブル時より上場企業数が多くなったので当たり前に日経平均がITバブル越えしたのではないのでしょうか?
日経平均は255社の株価を基準に算定されますから、上場企業数の総数とは関係ありません。
上場会社数が多くなって増える可能性があるのは時価総額です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報