社債の償還期限、期間とは、最短でどのくらいで、最長でどのくらいなのでしょうか?
さらに、延長ということはあり得るのですか?

A 回答 (3件)

参考まで、Web上の記事を掲載します(参考URLの4章の最終項より)。


また、「全ての社債引受人の同意を得られれば可能です。」とは誤解を招く表現でした。

----------------------
会社が社債の利息の支払いを怠ったり、また約束の償還日に返済を怠るなど、社債の償還が困難になったときは、一定期間内に社債権者集会が決議して、全額を直ちにしかも一度で償還する請求を通知することができます。

この一定の期間とは、2ヶ月以上でなければなりません。

社債権者集会において、会社の申し出に応じて借り換えを認めた場合には、会社は社債権者に借り換えまたは一部買い取りの手続きを行うことになります。これがスムーズに進められることができるのは、会社の事情を熟知している縁故者が債権者であるからです。

また会社と債権者の間で取り決めたこれらの事項は、社債権者集会の議事録として、社債を発行した会社に10年間保存しておくことが法律で決められています。

参考URL:http://www.0011.co.jp/service/s_04.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 期間は商法上の制限はありません。

受託会社がある場合には、その会社との間で、期間を制限することは考えられます。短い場合でも、手続きはほとんど変わらないので、発行費用の面から、制限されます。また、社債は、社債申込書にかかれた事項を厳守することが、要求され、また、社債自体は転々流通することが予定されています。社債の善意取得者が社債に10年後元利金を支払うことが記入されているのに、実は、5年前、社債所持者の集会で延長したとの通知が許されるはずはないと思います。もし、期限に元利金が払えないときには、新たに、新規発行などする必要があると思います。担保があると複雑な問題が生じます。明文がない以上、認めるべきではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

私の知っている限りでの社債の償還期限は、最短3年、最長10年です。



社債の条件は、発行会社と社債の引受人間での契約で決まるため、償還期限、利率などは当事者間で自由に決まられます。基本的には借金と同じですので。ただ、借用書や金銭消費貸借契約書を交わすような、通常の借金と異なるのは、社債券を発行することによって幅広い投資家からお金を借りることができるという点です。

ですから、償還期限の延長に関しては、全ての社債引受人の同意を得られれば可能です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社債発行費の償却(決算日)

 精算表を完成させるにあたって、一部分がどうしても解からないので教えてください。

 会計期間1年
 修正前T/B残高:社債発行費6,000

 「社債発行費は、前期首に社債を発行した際のものであり、商法規定の最長期間にわたって、毎期均等額の償却をしている。」

 この場合の仕訳の解答が、社債発行費償却 3,000 / 社債発行費 3,000 となっているのですが、なぜでしょうか。
 社債発行費の償還期限は3年ですので、6,000÷3=2,000 ではないのでしょうか。
 よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

>「社債発行費は、前期首に社債を発行した際のものであり、商法規定の最長期間にわたって、毎期均等額の償却をしている。」

この説明で、当会計期間が社債を発行してから2期目の決算であることが読みとれます。当然、社債を発行した前期にも社債発行費償却を行っています。

まずは、社債発行時の社債発行費を求めるのが先決です。

社債発行時の社債発行費=修正前T/B残高÷(残年数÷償却期間)
           =6,000÷(2÷3)
           =9,000

よって、1年当りの社債発行費償却は3,000となります。

仮に、この条件と全く同じ場合だった場合、次のような問題文を作ることもできます。

修正前T/B残高:社債発行費3,000
社債発行費は、前々期首に社債を発行した際のものであり、商法規定の最長期間にわたって、毎期均等額の償却をしている。

Q非上場の株式会社の社債の償還期限が過ぎても、償還金が支払われていません

非上場の株式会社の社債の償還期限が過ぎても、償還金が支払われていません。
会社の責任者に問い合わせたところ、経理上の都合で遅れているとのことで、x日には、延滞利息をつけてお支払いする予定ですとの回答を得ました。ところがx日を過ぎても、未だに支払いがありません。
債権者として、どのような対策をとることができるでしょうか。

Aベストアンサー

とっとと支払えと内容証明を送りつける。
それでも払われないなら、民事訴訟を起こす。

Q社債発行費償却期間について

簿記2級を独学で学習している者です。
『社債発行費償却期間について』についてどうしても不明な点があり、どなたか教えて頂きたくお願い致します。


■質問
社債発行費償却を『3年以内で償却するもの』と『社債の償還期間』で償却をしている問題集が見られるのですが、試験ではどちらを基準に解答すればいいのでしょうか。


<<例1>>(社債償却費を3年以内で償却している問題集)

決算(年1回)にあたり、当期首に発行した社債額面 8,000,000円の評価替(償却原価法(定額法))と社債発行費等の償却をする。

社債の発行額は100円につき97.5円 社債発行のために直接要した費用は150,000円 社債償却期間は5年である。会社法が認める最長期間で均等償却する。


回答
社債利息  40,000         社債  40,000
社債発行費償却等  50,000   社債発行費等  50,000


<<例2>>(社債償却費を社債の償還期間で償却している問題集)

A会社における、前年度期首に額面100円につき95円、償却期間5年で発行した社債に関する決算整理仕訳をしなさい。(会計期間1年)

なお、社債発行費について、会社法が定める最低額の償却を行う。
ただし、社債は額面総額10,000,000円、発行価格・額面100円につき95円、償還期間は5年、社債発行に要した費用は(各自推定)であった。

決算整理前残高試算表
社債発行費 1,600,000
社債 9,600,000


解答
社債利息  100,000      社債  100,000
社債発行費償却 400,000  社債発行費  400,000


社債発行費償却についてインターネットで多少調べて見ましたが、社債償却費は繰越試算に計上し、償却期間は3年以内ではなく、社債の償還までとし、償却方法は利息法とする。と記載されていましたが、独学で勉強しているため、質問できる方がいなく困っております。
どうか宜しくお願い致します。

簿記2級を独学で学習している者です。
『社債発行費償却期間について』についてどうしても不明な点があり、どなたか教えて頂きたくお願い致します。


■質問
社債発行費償却を『3年以内で償却するもの』と『社債の償還期間』で償却をしている問題集が見られるのですが、試験ではどちらを基準に解答すればいいのでしょうか。


<<例1>>(社債償却費を3年以内で償却している問題集)

決算(年1回)にあたり、当期首に発行した社債額面 8,000,000円の評価替(償却原価法(定額法))と社債発行...続きを読む

Aベストアンサー

結論からいいますと、2年以前に作成された問題集と
それ以後に作成された問題集では処理が違います。

社債発行費は繰延資産の一つとして計上できます。
繰延資産は、商法施行規則に従って処理されてましたが、
2年ほど前に会社法が適用され、それに伴い
商法施行規則が廃止、会社計算規則が後継されました。

この時、繰延資産の処理も新しい処理になり
社債発行費も、繰延資産として計上した場合
償還期間にわたり償却する事になりました。

Qソフトバンクグループ公募ハイブリッド社債の期限前償還について

掲題タイトルの社債が個人投資家向けに現在募集中です。
利息が3%と高く魅力的ですが、償還期限が25年と非常に長く不安があります。
しかし将来の金利状況等によっては5年後以降発行会社の権限で期限前償還可能となっています。
私としては5年なら買い、25年なら見送りの感じですが、期限前償還の可能性についてどう考えれば良いか分からないでいます。
今の世界的なマイナス金利は5年後も続くような感じもして5年で償還の可能性高いとも思いますが。

本件について皆様のご意見いただければ有り難いです。よろしくお願いいたします。

ちなみに販売証券会社は以前の事例からも期限前償還の可能性が非常に高いと言っています。

Aベストアンサー

客観的な情報としてお読みください。

・本債券をなぜソフトバンクは発行するの?

>このまえ、ARMの買収で3兆3千億円も使っちゃったので、財務基盤を強化したいから。
で、格付け会社からもきちんとした評価を受けたいから。

・債券発行で資金調達したら、負債扱いとなるので、ちっとも財務基盤強化にならないのでは?

>確かに。債券というのは、満期が決まっているから、「満期が来たら投資家に返さなくてはならないお金」 つまり負債。
 いっぽう、株式と言うのは、満期は決まっておらず、「出資した株主には返済する必要のないお金」 したがって、これは資本。
 ソフトバンクは負債を増やしたいのではなく、資本を強化したい(資本をたくさんあるように見てもらいたい)。

 じゃあ今回の、財務基盤強化とか、格付け会社から資本評価を高くしてもらいたいんなら、株式を発行すればいいじゃん。
 となりそうなところですが、さすがにこれだけの大きな金額の株式を新たに発行すれば、一株あたり利益が薄まってしまう
 ので、株価が落ちてしまいます。
 うーん、債券を発行すれば負債が増える。株式発行なら株価が落ちる。困ったなあ。なんかいい策は無い物か。

 そこで!
 債券は債券でも、「満期が永久に来ない永久債」だとか、「年限がかなり長期の超長期債」とか、「破たん時の弁済順位が後回しになる劣後債」
 などのような”ハイブリッド債券”ならば、一定の条件のもとに、「負債」ではなく、一部を「資本」として格付け会社が見てくれる、というルールがあります。
 ここがミソ。

 今回のソフトバンク債については、JCR、S&P 2つの格付け会社は50%を資本をみなす、としています。
 つまりソフトバンクは今回の調達額の半分は資本の評価として見てもらえるのです。
 すなわち、リテール調達額の3,500億円のうちの半分 1,750億円は資本強化とみなされる。

・今回のソフトバンク債の資本性評価はどうなっているの?

>上記の理由で、JCRとS&Pは、発行当初、ソフトバンクが今回この債券で集めたお金の半分を資本として見てくれます。
 でも、債券は債券であり、満期が来たら返さねばならないお金ですから、格付け会社も未来永劫50%の評価で見てくれるわけではありません。
 具体的には、今回は、両社とも5年経ったらその評価を落としてしまいます。
 JCR は、5年経過時に 25%評価に、10年経過後にゼロ
 S&Pは、5年経過時に一気にゼロの評価としてしまいます。

あれ? 資本として評価をしてもらおうと思って発行した今回の債券、5年経ったら、資本の評価が受けられない(または、大きく評価を下げられる)。
それじゃあ当初の発行目的の意味ないじゃん。
となりますが、ソフトバンクはそれ以降、市中金利よりも高い金利を債券保有者に払い続けてまで、この債券を償還させずに続ける蓋然性があるだろうか、ということです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
上記はあくまで一般論であり、ソフトバンクの将来の財務状況や世間の経済情勢によっても変わる可能性があります。
確実に5年で期限前償還することを保証・示唆するものではありません。
あくまで最終判断は自己でお願いいたします。

うちもかなりの数を準備していましたが、われわれも驚く速度・単位でのお申込みにより初日完売でした。現在はキャンセル待ちの列に
かなりの方がお並びいただいております。

客観的な情報としてお読みください。

・本債券をなぜソフトバンクは発行するの?

>このまえ、ARMの買収で3兆3千億円も使っちゃったので、財務基盤を強化したいから。
で、格付け会社からもきちんとした評価を受けたいから。

・債券発行で資金調達したら、負債扱いとなるので、ちっとも財務基盤強化にならないのでは?

>確かに。債券というのは、満期が決まっているから、「満期が来たら投資家に返さなくてはならないお金」 つまり負債。
 いっぽう、株式と言うのは、満期は決まっておらず、「出資した株主...続きを読む

Q社債発行費は誰に支払うのか?

有価証券の購入時は取引手数料を証券会社に払う場合がありますが
社債を発行した時の費用は、証券会社に払うのでしょうか?
それとも社債を発行したときは、
社債を買った人に社債発行費を支払うのでしょうか?

Aベストアンサー

> 社債を買った人に社債発行費を支払うのでしょうか?
こちらの記載が簡潔で判りやすいと思いますが、「社債発行費」とは何かが判っていれば斯様な疑問文にはならないと思いますよ。
http://www.k3.dion.ne.jp/%7Eafujico/siwake/swk1305.htm
つまり、社債と言う名の印刷物を債券市場に流通させる為の経費が該当。

Q第29回ソフトバンク社債の償還利金

2009年9月に
第29回ソフトバンク無担保社債を購入しました。
(100万円、利率4.52%)
来月償還となるため、証券会社から通知書が来たのですが
利金22,600円と低いです。
4.52%なら45,200円×3=135,600円が付いて良さそうなものですが
何か勘違いをしているでしょうか?
配偶者が購入したので私は良く理解できていません。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

この債券は、年に2回、毎年3月18日と9月18日に利金が支払われます。償還時にまとめて支払われるわけではありません。
(多くの債券が年2回の利払いです)

これまでに受け取っている利金がどうなったかは証券会社との契約次第ですが、証券総合口座を開設しているならば、MRFに積み上がっている可能性が高いです。
証券会社によっては、ご自身の銀行口座に振り込む契約もできます。
MMFなど他の累積投資商品に振り替えとなっている可能性もあります。

いずれにしても、証券会社から通知書がおかしいわけではありません。

Q社債発行費償却を利息法で行うと・・・

社債発行費償却を利息法で行う場合の計算方法について教えてください。

当社は(決算日年1回、3月末日)は×8年7月1日に、額面総額1,000,000円の
社債を額面@100円につき@95円、期間5年、利率年8%(利払日は6月末と12月末)の条件により発行し、
払込金は当座預金とした。また、社債発行のための費用60,000円は
小切手穂振り出して支払った。このときの仕訳を行いなさい。
なお、償却原価法(定額法)を採用しており、社債発行日は利息法により
月割償却する。

私が使っているテキストは社債発行費の償却を定額法で行っていたので、
利息法に改題いたしました。答えと計算方法をどなたか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新会計基準適用ですと償却原価(950000円)を額面金額まで
ふやしていきますので満期保有目的債権と同様の考え方です。
そのため、実効利子率がないと計算できません。

Q普通社債・転換社債

 普通社債・転換社債について、証券会社で買おうとすると額面に何倍とくるので、なお更手が出ません。民営化会社の発行体では額面の何倍という事なしでの、発行を取り扱っているか、お願いします。

Aベストアンサー

SB、CBは1本100万円とか50万?ですか
証券会社以外で販売してるのは
メガ銀行で外債でしょうか
郵政公社で売っているか、ということですが
国債は売ってますが、多分事業会社のストレートボンドと
転換社債は今のところは、販売していないと思いますが
一口1万円とかだと売り方が売りにくい、そういうことでは
ないかと思いますが

Q社債発行にともなう繰延資産(社債発行費等)の2年目以降の償却の計算方法

社債発行にともなう繰延資産(社債発行費等)の2年目以降の償却の計算方法について。

・社債発行時・
 社債発行費等 300,000

上記の繰延資産金額で期首に社債発行、償還期間が5年(満期償還)の場合

・1年目
 300,000×12/12×5

・2年目
 300,000×12/12×5-12
   
・3年目
 300,000×12/12×5-24

・4年目
 300,000×12/12×5-36

・5年目
 300,000×12/12×5-48

というように
償却済みの期間をマイナスして毎期の決算時には償却していけばよいのでしょうか。

お分かりの方いらっしゃいましたらお答えいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

・1年目
 300,000*12/60=60,000

・2年目
 300,000*12/60=60,000
または
 240,000*12/48=60,000
   
・3年目
 300,000*12/60=60,000
または
 180,000*12/36=60,000

・4年目
 300,000*12/60=60,000
または
 120,000*12/24=60,000

・5年目
 300,000*12/60=60,000
または
  60,000*12/12=60,000

300,000が5年(60ヶ月)分の金額なのだから、単純に300,000を60ヶ月で割ればよい。
期間をマイナスするのなら金額もマイナスする。
2年目ならば、48ヶ月分の金額240,000を48ヶ月で割る。

Q外貨建て債権を償還前に

こんにちわ。
数年前に外貨建て債権を購入しました。
来週償還になるのですが、償還前に売ったほうが
日本の税金が安くなる?とか言われて
償還前に売って、他の外貨建て債権を買いましょうと
勧められたのですが、償還前に売ったほうが
本当にお得なのでしょうか?
ちなみにユーロ建ての債権です。新しく買うほうは
オーストラリアドル建てですが、この場合、
ユーロ建てのほかの債権を購入したほうが
交換手数料がなくてお得ですよね。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>償還前に売ったほうが本当にお得なのでしょうか
得なケースと変わらないケースがあります。
ちょっとややこしい話になりますが、外貨建て債券の場合は得られる利益の種類は4つです。利息、売却益、償還差益、為替差益です。
利息は他の金融商品同様20%の源泉分離課税です。
償還差益と為替差益は雑所得として総合課税です。
売却益に限り非課税となっています。
なので売却益がある場合(95万円でかった債券が償還間際で99万円になっている等)は償還前売却の方がちょっと得です。
と、見せかけて実は雑所得(簡単に言うと通常の所得と違うその他諸々の稼ぎですね)と言うのは年間20万円まで課税が控除されます。
95万円で買った債券は償還時に当然100万円になるので償還差益は5万円。20万円以下なので非課税です。
つまり償還差益が20万円以下であるなら償還前売却だろうと償還だろうと損得はありません。

ユーロからユーロの方が為替の手数料分はお得ですね。
あれ結構高いですし。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング