甲状腺機能低下症でチラージンSを飲んでいます。このため、ヨードを含んでいる食品を控えるようにとの指示が出ました。日々の食事を摂取するのあたって、ヨードの含有率が記載されている食品成分表が欲しいと思っています。どこの出版社からでている何というタイトルの書籍を購入すればよいか、ご存知の方ご一報ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「含有率」の表示はないようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「甲状腺疾患でのヨード制限」
このページで「制限食品一覧」「ヨード含有薬品一覧」を参考にして下さい。
さらに参考文献には記載があるかもしれません・・・?
(特に2の文献)

http://www.ito-h.min.gr.jp/
(伊藤病院)
このサイトで「ヨードと甲状腺について」に一部含有率の表示があります。

ご参考まで。

参考URL:http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med23/iodo.html
    • good
    • 0

「日本人の栄養所要量 摂取基準 第6次改訂」


健康・栄養情報研究会 編
第一出版
平成 11 年9月

に一部の食品についてのヨウ素量が載っているはずですが、幅記載は大きいものです。
他にヨーロッパの岩塩などもヨウ素添加がされていますので、注意してくださいネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大量に摂取しなければいいんですってね。安心しました

お礼日時:2001/11/30 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 甲状腺機能低下症の基礎知識〜原因・症状・治療法|簡単チェックリスト付き

    甲状腺機能低下症とはどんな病気か  甲状腺ホルモンは代謝を亢進(こうしん)させ、運動および精神機能を活発にさせるホルモンです。甲状腺機能低下症はこのホルモンの不足により甲状腺機能が低下する状態で、全身の臓器の機能低下が起こる病気です。 原因は何か  甲状腺そのものの障害で起こる場合と、甲状腺を刺激するホルモンを分泌する脳のなかの下垂体(かすいたい)が損なわれ、二次的に甲状腺機能が低下する場合とがありま...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨード含有食品を教えてください

ヨード摂取の制限を受けているのですが
あれこれ調べていくうちにところによって
含まれる食品に入っていたり入っていなかったり…
訳がわからなくなってしまいました。

ヨードが含まれる全ての食品が一覧になっているような
わかりやすいサイトなどご存じの方
いらっしゃいませんでしょうか?

またヨード制限を受けている人が
安心して食べられる食品類等もありましたら
教えてください。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

ヨード制限食をしているものです。
サイトは、存じ上げないのですが、私が病院側からもらった資料にあるものをあげますね。

@化学調味料、インスタント食品
めんつゆ、コンソメ、昆布茶、スナックなどお菓子類

@海藻類、ところてん、寒天

@牛乳、ヨーグルト、キャベツ、にんじん、かぶ、ほうれん草、イチゴ、ピーナッツ、もも、なし

@かつおや昆布で取った「だし」を使った味噌汁

とあります。海藻類は、佃煮も乾燥もダメです。

食べるもの、無くなってしまいますよね。
わたしは、とりあえず、念頭におきつつも、摂取してしまっているものも多々あるのが現状です。

ヨードとしては、良くないけれど、例えばにんじんなど、ビタミンやカロチンなど、他の栄養素も含んでいるものもありますので、必ずしも避けて通るわけにもいかないと思います。
お体の具合にもよりますが、臨機応変に食生活なさってください。お大事に。

Q甲状腺機能低下症の主な原因はストレスですか?

甲状腺機能低下症(橋本病)が進行している人がいてます。親も同じ病気なので、遺伝ですが。
30代で病気になる人は多いのでしょうか?
ストレスが原因で、発病するのでしょうか?
詳しい方、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

◎甲状腺という臓器からは、「甲状腺ホルモン」というホルモンが出ます。このホルモンの作用は、分かりやすく例えれば、「車のアクセルを踏み込むようなもの」と言えます。従って、甲状腺ホルモンが出ると、細胞ひとつひとつのエンジン(代謝経路)がフル回転して、酸素消費量、カロリーの消費量などがアップします。

◎ですから、甲状腺機能低下症というのは、アクセルが踏み込めないという状態になりますので、エネルギー消費が減速してしまい、熱が上がらない(低体温で寒がりになる)、頭が働かない(無気力になったり、記憶力が落ちる)、心臓ものんびり(脈が遅くなったり、代謝が滞って本来使われるべきガソリン(ムコ多糖類)が溜まってしまう)、消化管が動かない(便秘、お腹がはる)、エネルギーが使われないので体重が増加、などの症状が出てくることになります。

◎橋本病というのは、こういった甲状腺機能低下の起こっている原因が、慢性的に甲状腺に炎症がおこっている状態を言います。この病気は、20~50歳代に発症することが多く、男女比は1:20と圧倒的に女性に偏っています。yasai-saradaさんのご友人の方のように、家族性に起こることが知られており、何らかの遺伝的要因があると考えられています。

◎なぜ慢性的に甲状腺の炎症が起きてしまうのか、というと、甲状腺を敵と勘違いしたリンパ球が甲状腺に総攻撃をかけて暴れ回っている、と考えてください。これを医学的には「自己免疫性疾患」と言います。

◎自分を守るためにある免疫系統が故障して起こるのがこの病気の本体です。ですから、攻撃で壊されてしまった甲状腺ホルモンを補ってやることが治療の主体となります。

◎ストレスが原因となるか、ということですが、原因とはならない、とは言い切れませんが、原因になる、とも言えません。なぜ免疫系統が故障してしまうのか、よく分かっていない、ということです。ただ、先にも申しましたように、甲状腺機能低下症ではアクセルが踏み込めない=身体の馬力が落ちているということになりますので、周りの人がそのことを理解してあげないと、それが患者さんにとってのストレスになり、なかなかよくならない、ということはあり得るかと思います。


以上の説明で理解できますでしょうか?

◎甲状腺という臓器からは、「甲状腺ホルモン」というホルモンが出ます。このホルモンの作用は、分かりやすく例えれば、「車のアクセルを踏み込むようなもの」と言えます。従って、甲状腺ホルモンが出ると、細胞ひとつひとつのエンジン(代謝経路)がフル回転して、酸素消費量、カロリーの消費量などがアップします。

◎ですから、甲状腺機能低下症というのは、アクセルが踏み込めないという状態になりますので、エネルギー消費が減速してしまい、熱が上がらない(低体温で寒がりになる)、頭が働かない(無気力...続きを読む

Q甲状腺が腫れているが血液検査は異常なしとのことですが

以前に疲れやすい、ということで内分泌系の内科にかかり、検査をしました。まず触診を受け、喉を触り「つばを飲んでみて」と言われたのでごくっと飲むと、「ああ、腫れていますね」と言われました。その後血液検査とエコー(首の周りを含む)をしましたが、血液検査では問題はなく、正常範囲でした。結果、エコーと触診において「甲状腺の腫れが診える」ということでした。私は血液検査上では問題がなかったので「よかったー」と声を漏らしたのですが「でも、腫れていますからね・・」と言われました。その後、内分泌専門外の先生にかかってしまい、詳しい話が聞けず、数値的に問題がないから大丈夫と言われましたが、「血液検査で異常はないが、腫れている」ということが何を示すのか、知りたくなってきました。
また、最近耳鼻科にかかったのですが、喉の触診をする際に、ただ喉を触るだけのお医者さんと「ごくっとつばを飲んで」とおっしゃるお医者さんがいます。「ごくっと飲んで」というのは、触診で若干の腫れを感じるからでしょうか?「ごくっと飲んで」とおっしゃった先生は、触診後にちょっと腫れているなぁという雰囲気で言われたような気がしました。あいまいな質問ですが、よろしくお願いいたします。

以前に疲れやすい、ということで内分泌系の内科にかかり、検査をしました。まず触診を受け、喉を触り「つばを飲んでみて」と言われたのでごくっと飲むと、「ああ、腫れていますね」と言われました。その後血液検査とエコー(首の周りを含む)をしましたが、血液検査では問題はなく、正常範囲でした。結果、エコーと触診において「甲状腺の腫れが診える」ということでした。私は血液検査上では問題がなかったので「よかったー」と声を漏らしたのですが「でも、腫れていますからね・・」と言われました。その後、内...続きを読む

Aベストアンサー

 血液検査では恐らく甲状腺機能を評価されたものと推察します。

 甲状腺の大きさには、もともとかなり個人差があります。ただ大きいだけということもあります。
 また、超音波検査で良く見つかるものに、結節性甲状腺腫があります。これは甲状腺の一部が結節状に固くなったもので、特に悪いものではありません。大小の差はあれ、10人に1人くらいにはあります。

 かかった先の病院での診断がどのようなものか分かりませんが、超音波検査と採血のみでも良性・悪性の判断はかなり正確にできます。
 診断名は聞かれましたか? 問題ないとして判断されたのであれば、また定期的にチェックされるのであれば特に問題ないのではと思います。

 「ごくっとつばを飲んで」と言う医師、言わない医師がいたとのことですが…。
 一口に医師と言っても、診察のやり方は必ずしも同じではありません。つばを飲み込ませないから充分な触診ができていないということもありませんよ。

Q甲状腺機能低下だと、カフェインは良くないのですか。

先日、血液検査をした結果、甲状腺の機能が低下していると言われました。

薬をもらい、寝る前に飲んでいます。

ヨードが良くないので、海草類は控えようと思っています。
カフェインも良くないとどこかに書いてあったのですが、コーヒー、紅茶、日本茶などは飲まないほうがいいのでしょうか。

なにか情報をお願いします。

Aベストアンサー

医師です。
甲状腺の外来をしばらくやっていましたが、低下症の方にカフェインは特に問題ないと説明していました。
カフェインは亢進症(低下症の逆)の患者さんには、あまりよくない(亢進症の症状がマスクされてしまう)と、理解しております。
コーヒー、日本茶、紅茶も気にせずに飲んでもらってよいと思います。

Qホルモン値が正常値の橋本病について

ホルモン値が正常値の橋本病について

以前から体調が悪く、甲状腺機能低下症の症状といわれる症状がたくさん出ていたので
病院で検査をして、橋本病ということがわかりました。
T3、T4、TSHは正常値でサイログロブリン抗体のみが高かったのですが
ホルモン値が正常のため治療の必要はないと言われました。
症状も伝えましたが、経過観察のみで投薬はしないとのことです。

現在出ている症状は
肩こり(背中を含み全体的に強い筋肉痛のような症状)
寒がりになりました
運動してもなかなか汗が出てこない
髪がすごく抜けるようになりました
眉も薄くなってきました
耳鳴り(夜寝ようとすると特にひどくずっと音がしている)
めまい(たまにメニエールのような症状、最近は歩くとフラフラします)
体温が低い
筋力が低下
筋肉がつる(足や足の裏、首のすじが頻繁につります)
月経不順
極度の疲労(少し遠出をした翌日は疲れて動けず、1日中横になっています)
思考速度が落ちる、物忘れ(簡単な計算がすぐできなくなった、また覚えることができない)
いつも眠い(睡眠時間は十分にとっていますが、急に意識を失うような眠気が出る)
また、体重の増加もあります(1週間で5kgほど増えました)

特に辛いのは、肩こりと体重の増加です。
肩こりについては以前から普通の肩こりと思って治療や指導を受けて色々しましたが
(整形外科での投薬、週2、3日スポーツクラブで有酸素運動1時間、筋トレ1時間弱)
まったく改善されていません。
体重の増加については、体調が悪くなる前から8kgほど増えています。
また体脂肪の増加がひどく、28%→39%になりました。
1日の総摂取カロリーは1200cal以下(外食した時でも1500は超えないようにしています)

このように症状が出ていても、ホルモン値が正常ですと治療はしてもらえないのでしょうか。
同じ病気の方やご存知の方がおられましたら、お教え下さい。
大阪在住なのですが、治療や相談に乗って下さる病院をご存知でしたら
お教えいただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

ホルモン値が正常値の橋本病について

以前から体調が悪く、甲状腺機能低下症の症状といわれる症状がたくさん出ていたので
病院で検査をして、橋本病ということがわかりました。
T3、T4、TSHは正常値でサイログロブリン抗体のみが高かったのですが
ホルモン値が正常のため治療の必要はないと言われました。
症状も伝えましたが、経過観察のみで投薬はしないとのことです。

現在出ている症状は
肩こり(背中を含み全体的に強い筋肉痛のような症状)
寒がりになりました
運動してもなかなか汗が出てこない
髪がすご...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

そこまで専門的に診断されているのなら
広角的に診てもらえる病院(医師)に変えるのも1つの方法かも知れませんね。
私は幸いにも掛り付けで取りあえず治る事が出来ましたが、
亢進症も時間はかかる方もいるようですから幸運だったんですね。

私も亢進症が酷くなり通勤も出来なくなり仕事を辞めました。
辞めた時は病名が分からず人との接触にイライラし、
精神的に参ってしまい根負けした感じです。
(御堂筋線で通っていたので人の多さイライラさには限界でした。笑)

私が亢進症が出る前の蕁麻疹からの付き合いのクリニックです。http://health.yahoo.co.jp/hospital/detail/599442/
メニエールなど他の病気で色んな医師を見て来ましたが、
医師らしくない先生で(自分でも言っている)人間らしい先生です。
殆どの医師は病気だけを見て人間を見ようとは余りしませんから。(←私の独断ですが)
私の顔見れば(最近行く事は少なくなったので)「クッキー作って来たか~?」と催促するお気楽な面白い先生です。(笑)
漢方もやってますし広角的に(多分ですよ…)診察してくれると思います。

橋本病が1番の原因かも知れませんが、
他の原因も絡んで今の症状なのかも知れません。
病気って5年前10年前の不摂生(体を労わらない)が今出て来てるんですよね、
のんびり体を休ませるのが1番な時かも知れませんね。
私もメニエールの時はもがきましたよ、どうにかして治せないものか!って。
死ぬ1歩手前まで追い詰められるほど辛かったですから。
でも結局は病気と仲良くするしかないんですよね、(辛い今こんな事言ってはいけないかも知れませんが)
自分の体ですから。
そう考えなおすと精神的に楽になり休んだせいもあってかメニエールもひとまず治まってる感じです。
余計な事を書きましたが要はのんびりする事も大事って事なんですよ、
がむしゃらに動いたってダメかも知れないし「日にち薬」って言葉もありますからね。
私は橋本病ではないですし今の症状の辛さは実感は湧きません、
でもどんな病気でも辛いのは痛いくらい分かります。
良い治療法良い病院が見つかる事良くなる事祈ってます。

お礼ありがとうございます。

そこまで専門的に診断されているのなら
広角的に診てもらえる病院(医師)に変えるのも1つの方法かも知れませんね。
私は幸いにも掛り付けで取りあえず治る事が出来ましたが、
亢進症も時間はかかる方もいるようですから幸運だったんですね。

私も亢進症が酷くなり通勤も出来なくなり仕事を辞めました。
辞めた時は病名が分からず人との接触にイライラし、
精神的に参ってしまい根負けした感じです。
(御堂筋線で通っていたので人の多さイライラさには限界でした。笑)

私が亢進症が...続きを読む


人気Q&Aランキング