名作の誉れ高い映画「ひまわり」を観ました。
戦争で離れ離れになってしまう夫婦の悲劇を描いたものですが、
題名になっているひまわりの象徴しているものが何かわかりませんでした。
映画の中では、ひまわり畑のあるところが無名戦士の墓場であると説明されていました。
しかしジョバンニ(ローレン)は、夫は死んではおらず生きていると否定しますし、実際に生存していました。
ということで、ひまわりの場面は終わってしまったのですが、エンディングの場面でまたひまわり畑がでてきました。
ひまわりが戦死者の象徴でないなら何の象徴なのでしょうか?
たくましく生きる人間でしょうか?
それとも愚かな戦争をする人間に対して、美しい自然を対比させようとしているのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そんなに難しく考える必要はないと思いますけど。



ひまわり=Girasoli=Sunflower

ってことで。
    • good
    • 1

直接的な回答ではないのですが、


参考URLに「ひまわり」の映画鑑賞記があります。
読んでみてください。
ひまわりの意味が、うっすらと分かるような気がしますよ。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~k-kara/ht/movie/sunfl …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離れ離れになった犬と飼い主が再開する映画なんですけど・・・

25年以上も前、私がまだ物心がついて間もないころに、テレビで見た映画なのですが、タイトルが分かりません。
半分くらい途中から観たのですが、アメリカの遊園地みたいところで、日本人の女の子(中学生くらい)とその飼い犬が別れを告げ、女の子は日本に帰ってしまいます。

そして、車に閉じ込めていたはずの犬が飛び出して、ひたすら走りつづけて、ついには日本に到着して、飼い主の女の子が再開する、というストーリーで、涙を流してみたのを覚えています。

年代的には70年代くらいのもので、外国の俳優が吹き替えで喋っていたので外国物だと思います。

あと、犬と女の子が再開するシーンの前の富士山のアップが映し出されたのを記憶しています。

これでもし分かる方がいらしたら、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

いや~これは難しい質問ですね~(笑)アメリカで別れた犬が日本へやってくるんですか?犬の旅映画はけっこうありますが太平洋をわたるっていうのがねぇ・・

>外国の俳優が吹き替えでしゃべっていた

ということは英語字幕かなんかですか?

これは僕も知りたいのでもう少し詳しく思い出していただけないでしょうか?

Q戦争を”正しい戦争”と描いたアメリカ映画

アメリカ映画は、ベトナム戦争は反戦的な内容が多いが、
WW2は「正しい戦争」として描いた映画が多いと聞きました。
どのようなものがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

>パールハーバーは真珠湾の悲劇だと思ってたんですが、賛美している面もあるんですね。

#1ですがお礼を拝見しました。真珠湾攻撃は、当時の日本軍にとっては賛美すべき功績、アメリカ軍にとっては大打撃であり悲劇、人類にとっては悲しむべきことです。映画『パール・ハーバー』は「真珠湾攻撃という、(日本軍の)卑劣な行為にも負けずに戦う連合国側の人々を賛美した物語」といっていいでしょう。しかし、日本人ならびに日系視聴者に対する配慮を込めてか、日本軍の爆撃兵が、爆撃を前に、民間人に逃げるよう促すシーンが含まれています。

そもそもWW2は、アメリカにとっては、「ナチや皇軍というファシストたちに立ち向かうという大義名分のもと繰り広げられた戦争」で、日本にとっては「西欧諸国の脅威からアジアを守るためという大義名分のもと繰り広げられた戦争」です。どちらも、もともとは“正しい戦争”だと思って、みんな、戦っていたのですが。もちろん、どちらも真意は、そんなきれいなものではありませんでした。ベトナム戦争では、メディアが発達していたおかげで、そうした醜い真意があばかれましたが、WW2では、そういうことは隠されていたのです。正しい戦争だと思い込んでいたほうが、士気が高まるし、自分たちの非と向き合わずに済みますから。

『戦場にかける橋』(厳密にはアメリカとイギリスの合作)も、もちろん反戦映画なのですが、「悲惨な戦争を繰り返すまい。あんなに悲惨な戦争で戦ってくれた人たちは偉い。よくやった」という物語りなわけです。反面、ベトナム戦争を描いたアメリカ映画の大半は「悲惨な戦争だった。戦った者は犬死だし、何も残らない」という主題のものが多いのです。

余談ですが、どちらの描き方が正しいかといったことは一概には言えません。戦争はベトナム戦争のように虚しく、本当はなんにもならないものです。しかし、多くを犠牲にし、苦しい思いをして戦わされた人々が他人から「あんたたちは酷いことをした。なんにもならなかったね」と言われるのも、つらいだろうと思います。どのみち、娯楽である限り、はっきりと「皆さん、戦争はやめましょうね」と、視聴者に向かって明言しているようなクサイ映画など滅多にありません。反戦は感じ取るものです。戦争をすべきか否か、判断するのは観客です。

なお、近年ではWW2もののハリウッド映画の中にも、かの戦争の正義を根本から否定しているものも結構あります。『シン・レッド・ライン』や『太陽の帝国』などは、その一例です。

>パールハーバーは真珠湾の悲劇だと思ってたんですが、賛美している面もあるんですね。

#1ですがお礼を拝見しました。真珠湾攻撃は、当時の日本軍にとっては賛美すべき功績、アメリカ軍にとっては大打撃であり悲劇、人類にとっては悲しむべきことです。映画『パール・ハーバー』は「真珠湾攻撃という、(日本軍の)卑劣な行為にも負けずに戦う連合国側の人々を賛美した物語」といっていいでしょう。しかし、日本人ならびに日系視聴者に対する配慮を込めてか、日本軍の爆撃兵が、爆撃を前に、民間人に逃げる...続きを読む

Qコンバットやバンドオブブラザーズのような戦争もののビデオでベトナム戦争

コンバットやバンドオブブラザーズのような戦争もののビデオでベトナム戦争のドラマのタイトルを忘れてしまいました。何話か続くもので映画ではなかったと思います。わかる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

ひょっとして「グッドラック サイゴン」かな?これは確かTVドラマだったような気がするのですが。

Q「ひまわり」を見ていつも思うこと

デ・シーカ監督の「ひまわり」が大好きでずい分繰り返し見ました。
で、良く考えることなのですが・・・
もしアナタがマルチェロ・マストロヤンニだったとすれば・・・幸せな結婚生活の真っ最中に、かつて愛した妻を見て突然記憶が戻り、全てを理解してしまったとしたら・・・
アナタだったらどう考え、どう行動するでしょうか?

出来れば男性の声が聞きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「ひまわり」は自分も大好きな作品です。機会がある度についつい見てしまいます。質問の内容ですが、まず一番問題になるところは、「かつて愛した妻を見て突然記憶が戻り、全てを理解してしまったとしたら・・」なんです。自分の認識では、マストロヤンニは、記憶喪失ではなくて、すべてを覚えていて、承知した上でロシアで生活をしていたのではないかと理解していました。戦地に行き、生死をさまよい、一度は死んだも同然の状態で、その命を助けてくれたロシアの女性マーシャの献身的な愛を感じた彼は、イタリアに妻を残していることを承知しながら、イタリア人である事を隠しながら、ロシアで暮らしていたのではないでしょうか?普通に考えれば、自国に最愛の妻がいるにもかかわらず、戦争が終わって生きているにもかかわらず、帰って来もせずに、外国で他の女性と結婚生活を送っているなどということは、不謹慎というか女性にとっては許せないことと思うかもしれません。しかし、彼は別に観光でロシアに行ったわけではないのです。彼は戦争に行って、生死の狭間を経験してしまったために、その精神状態はひどく傷つけられたのだと思います。気持ちの上では、イタリアに帰り、妻とまた幸せな生活をしたいとどんなに思ったでしょうか。でも出来ないのです。それほど、戦争というものは人の心身を傷つけるものなのだと思います。たとえ肉体は帰っても、2度と戦争に行く前と同じ精神状態で生活することは困難なのです。(この辺りの感覚は、フランス映画で「かくも長き不在」という作品に良く描かれています。)
戦争を題材にした作品、あるいは戦時中の話が良く小説や映画になるというのは、いわゆる極限状態に置かれた人間というものは,その本質、つまり人間の持つ強さとか弱さとかが、明確に現れるからだと思います。
「ひまわり」の話に戻りますが、妻に再会してから悩んでいるマストロヤンニを黙ってイタリアに見送るロシアの妻も、イタリアの駅のホームで涙して見送るローレンも、お互いに嫉妬とかいう感情をもう超えて、戦争によって狂わされた運命を恨みながらも、それを受け止めなければならない切なさに耐えているわけで。ましてやその間に挟まれている男はもっとつらいわけで。つまり、この場合は単純な男女間の男気の話ではなく、選択の余地は無いのだとおもいます。いかに戦争というものが様々な副産物を生み出し、おそろしいかということです。現在、日本が外国と抱えている問題が多くの根源が、かつて行われた戦争である事が、それを証明しています。

「ひまわり」は自分も大好きな作品です。機会がある度についつい見てしまいます。質問の内容ですが、まず一番問題になるところは、「かつて愛した妻を見て突然記憶が戻り、全てを理解してしまったとしたら・・」なんです。自分の認識では、マストロヤンニは、記憶喪失ではなくて、すべてを覚えていて、承知した上でロシアで生活をしていたのではないかと理解していました。戦地に行き、生死をさまよい、一度は死んだも同然の状態で、その命を助けてくれたロシアの女性マーシャの献身的な愛を感じた彼は、イタリア...続きを読む

Qアメリカの自国至上主義を象徴する作品は?

戦争映画を除いて、アメリカの自国至上主義を描いているハリウッド作品にはどんなものがありますか?
戦争映画を除けば社会問題や政治などジャンルは何でもいいです。

Aベストアンサー

私も「インディペンデンス・デイ」が真っ先に浮かびましたが、「ディープ・インパクト」や「アルマゲドン」などなどいわゆる世紀末パニック系はみんなそうかなと思います。地球規模の危機にアメリカがまっさきに気づいて、対策を講じ、他国も含めみんなを導いて問題解決!みたいな。

アメリカの大統領ってリーダーシップあるなぁって、映画見てたら思いますよね(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報