家庭で契約している新聞代の支払い方法は一般的に各契約世帯への訪問集金しか
経験していませんが、銀行等口座振替制度はそもそもあるのでしょうか?あるならば、
口座振替を利用することで料金割引等のサービスなどがあるか、また、ないとする
ならばなぜに無いのかを教えていただけますか?そういえば、本日、丁度集金があった
ばかりで、集金員に尋ねれば良かったのですが・・・。

A 回答 (3件)

ウチは引き落としですが、普通に申し込めるハズですよ。



例えば読売新聞なら
http://www.yomiuri.co.jp/subscribe/form.htm
こちらに「自動振替も」とあります。

余談:
http://www.nttif.com/KAKEI/SETSUYAKU/HOBBY/09.html
こんなお得な事もあるらしいですね。(ウチではこんな経験無いですが。。(-"-;))
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、サービスについては確認できました。
付加して有益な(その可能性のある!?)情報提供、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/25 17:47

新聞の販売店によるのではないでしょうか。


私は、銀行口座振替にしています。

販売店側からすると、銀行口座振替にすると、その手数料を払わなければなりません。(未確認ですが、そのはずです)その手数料を、契約者に払わすわけにはいかないので、それは販売店側の負担になります。
しかし、居るかどうか分からない家に徴収に行く手間を考えると、口座振替の方が楽でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。No.2の方への返信にも述べたのですが、本件について口座振替制度の勧奨が強く行なわれない要因を想像しているのですが、ご指摘のような販売委託店を絡めた構造的な仕組みによるところが強いのでしょうか?但し、一般的に口座振替手数料といっても、新聞代の決済額からして一件あたり数円~十数円程度の負担だと推察しますが、だとするならば、販売店から見ても訪問集金による人的コストの方がよほど高く、かつ非効率で比較にならないと考える次第なのですが、この問題の真なるところは、何なのでしょうか?

お礼日時:2001/11/25 18:05

わたしの住む地域は銀行口座振替がありますよ。

むしろ、いつ家にいるか分からない人からお金をもらう(家にいても持ち合わせがないかも知れない!)よりは、口座から引き落とした方が楽なので、向こうからすすめられるくらいです。
割引制度はないですけど、JCBなどのカードからの引落をお願いするとカードのポイントサービスの対象になるので、年に一度のお楽しみの時に少しいい思いができるかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。契約している某A新聞のWebサイトでもサービスを確認できました。当方も長年、現金での集金方法を当たり前のように捉えて今日まで疑問にも思わなかったのですが、ちなみに何十年来、集金員から口座振替制度を勧奨された経験がありません。訪問時の契約者不在やご指摘のように現金の持ち合わせが無いという場面もあるはずで、新聞社側としても非常に非効率な集金方法を改善しようとする取組みが弱い気がするのですが・・・。口座振替への勧奨等の施策で、集金に掛かるコストを低減して本誌のサービス向上にもっと転換すべきなどと、ふと強く考えても見た一日でした。

お礼日時:2001/11/25 17:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞の読み方

就職活動のための新聞の読み方を教えてください

Aベストアンサー

 就職活動に限らず新聞を読む事は社会にでてとても、重要なことですね。
 面接官の立場になったと思ってください。広く浅く新聞読んできました!みたい
な人材をほしがるでしょうか? ほんの1つ2つでも自分の興味のある情勢や事件
を他の人に負けないくらい答える事が出来たなら・・・面接官はあなたへの関心を
ぐっと高めるでしょう。

 新聞は情報の宝庫です。読みながら自分の価値観を照らし合わせたり人とある出
来事について語り合ったり、そう思いながら読んでいけば結構、朝がたのしかったりしますよ。

Q先日NHK受信料の集金の人が来ました。母が対応し、口座振り替えの手続き

先日NHK受信料の集金の人が来ました。母が対応し、口座振り替えの手続きの書類をかくように言われ途中まで書いたそうです(住所と印鑑)、書きかけてで考え直し今口座番号とか分からないからかけないとその用紙を返したそうです。そして集金人が現金での支払いを要求すしてきたので、今は手持ちがないと言ったそうです。集金人は給料日に集金にくると言って帰ったようです。これはNHKと受信契約したことになりますか?

Aベストアンサー

「手続きの要旨を途中まで書いた」
「その書類は集金人に返した」
「現金の持ち合わせがないので契約に至らなかった」

これだと「契約の意思あり」と見なされても文句は言えません。
用紙を廃棄してしまったら証拠になりませんが、集金人に返したということは、証拠はNHK側にある訳ですよね。契約というのは口約束でも成立するものですから、この状況で「やっぱり契約するのをやめる」というのは正当な理由が必要です。

Q新聞の読み方 教えてください

実は新聞の読み方がわかりません。社会に関する興味に欠けてます。
これはまずいと思いまして、社会に出る前に新聞を読んで自分の言葉で自分の意見を言えるように新聞を読もうと思います。
どんな読み方が効果的でしょうか?
今私がやっているのは、朝のモリタクさんのラジオをノートにとりながら聞いて、新聞を読むという方法です。
経済が好きなので経済雑誌も読んだほうがいいでしょうか?
辞書を引いたり、図にしたり、マーカを引いたり、スクラップにしたりしますかみなさま。著書が書いてあったらその本まで読みますか?

Aベストアンサー

人それぞれ、何のために新聞を読んでいるか、によって違うのではないでしょうか?

私は、新聞と言うのは「読み物」だと思っています。
雑誌や小説と同じような捉え方です。
なので、質問者さんの仰るような、肩に力の入った読み方はしません。

毎朝、コーヒーを手に、ざっと一面から見て、大きなニュースをチェックして、後は、各面を斜め読みして、気になった記事を見つけたら細かく読み、面白い記事や残しておきたい記事があったら、たまにメモをとったり、そのことについてネットで調べてみたり、本を読んだりすることもあります。

でもこれは、しなくてはいけない!と義務感で読んでいるのではなく、TVやネットのニュースでは読めない「余りの部分」が読めることと、朝の忙しい時間、新聞を読むというゆとりが好きなのでやっているだけです。

>経済が好きなので経済雑誌も読んだほうがいいでしょうか?

お好きでしたら、お読みになってはいかがですか?
他人が決めることではありませんので、ご自身の好きなようにされてはどうでしょうか?

QNHKの契約について。 最近長らく空き家だった家に引越しました。 するとNHKの集金係がやってきて

NHKの契約について。
最近長らく空き家だった家に引越しました。
するとNHKの集金係がやってきて
『ここに人が住み始めたと聞きました。NHKの契約をお願いします』とのことでした。

一体誰からそういう情報を聞いてるのでしょうか。
引越し早々気持ち悪いです。
尋ねたところ守秘義務がありますので、の一言。
どういう仕組みなんでしょう。

Aベストアンサー

基本は毎日その辺をうろついていますから解りますね。
非公式には大家や引っ越し屋、電気屋、不動産屋、新聞拡販員などから情報入手、交換しているもののと思われます。

Q新聞の読み方

新聞は何紙も出てますが、一通りいくつかのもに目を通した方がいいのでしょうか?
でも一日に起る事件なんて限られているんで、主な記事はどの紙面も大差は無いと思うのですが。
今現在僕は、図書館で読まれてないものを手に取り、一面→朝日なら天声人語みたいの→社説→順番にめくっていって気になるもの→スポーツ、と読んでいます。
新聞の読み方のコツ、と言うと幼稚な気もしますが、自分なりの読み方があれば教えてください。

Aベストアンサー

よく「新聞を読め」と大威張りで言う人がいますが、私の意見はまったく逆です。

新聞なんて見出しだけ見れば十分。下手に編集者の意見を読んでしまうと「洗脳」されてしまいます。世の中で起こった「事実」のみ知れば良いわけで、記事まで読まなくてもいいと思います。

※このような批判的意識をもって読む場合は害にはならないと思いますが、時間がもったいない。

QNHKの契約についての質問です。 先月、現在の住所へ引っ越して来て、本日NHKの人が料金徴収に来まし

NHKの契約についての質問です。
先月、現在の住所へ引っ越して来て、本日NHKの人が料金徴収に来ました。親がいないのでわからないと伝えると、住所変更の手続きするといわれ、名前と以前の住所、現在の住所、サインを書かされました。以前の住所では契約をしていなかったのですが、この場合契約したことになるのでしょうか。契約はしたくないので、うっかり書くんじゃなかったと後悔しています。もしこれで契約になっているのであれば、解約する術はないのでしょうか。

Aベストアンサー

契約者はあなたなのですか?書類の名前は?なにに記載したのか書かないと回答しようがないのですが
契約であれば双方合意契約のためあなたの方に契約書類がなければはっきりいって無効なのでは?
また親の契約であなたの名前で記載したとしても本人同意がないため無効となるのではないでしょうか?
契約内容を確認の上、もし不安なら消費者センターにうかがってみればいいかと・・・
ただし、自宅にテレビがあるもしくはアンテナがありテレビをみているのであれば、どんなに契約無効だと訴えても不利になると思いますよ

Q新聞の読み方

毎日、新聞を読みますが、忙しくて全部目を通すことはできません。ポイントだけ(といっても難しいでしょうが)を押さえて読みたいのですが、「まず何面を読んで、その後社会面」とか上手な読み方、お勧めの読み方がありましたら教えてください。

ちなみに私は日経新聞を読んでいます。

Aベストアンサー

まず、1面から順に、見出しだけ読んでいけば良いのではないでしょうか。その後、自分に関係しそうな記事、自分の興味のある記事を読む。あと、日経であれば、解説記事や連載ものなども、結構情報として有用ですので、興味があればそこに時間を割いても良いかもしれません。

QNHKの集金

NHKについては受信料の話題が多いですが、そもそも引越した直後にあれだけ素早く訪問できるのは何故なんでしょうか?
あれって普通に考えてものすごく怖い事だと思うんですが…
全国の賃貸の管理人さんと繋がりがあるということでしょうか。
また一戸建てを建てた方も同様に即集金に来るんでしょうか。

Aベストアンサー

ウチも引っ越ししてきたとき、引っ越し業者が帰ったらすぐに来たので、聞いてみたことがあります。

空き室をチェックしてまわり入居があれば訪問。
引っ越しトラックを見かけたら素早くチェック。
とにかく足で稼ぐと言ってましたね。
転居の場合たいていは前の家から継続らしいですけど。
新聞屋も早いけど、やっぱり足で稼いでるそうです。

ただ、マンション屋上にBSのパラボラがあると言うだけでBS契約を迫ってくるのは、迷惑な話ですが…
スカパーのパラボラをBSのアンテナと勘違いしてくる場合もありますし…

Q新聞の読み方

新聞を読めるようになりたいのですがおすすめの読み方はありませんか?
どういう順番で読むと読みやすいかご教授お願いします。

もしよろしければ新聞を読んだ事によるメリットや
あればデメリットもお願いします。

Aベストアンサー

No.1のアドバイスが適切だと思います。

記事の内容がわかってもわからなくても
1面から順に目を通していくと、「記事の解説」や「ちょっとしたコラム」のような
門外漢にもわかりやすく説明してくれる囲み記事で勉強できることも多いです。
私は記事自体読み飛ばしてココだけ読むこともあります。
また一覧性という点ではデジタル版より紙媒体のほうが優れていると思います。

できれば全国紙と地方紙。経済紙など2紙以上を読み比べてみると面白いです。
毎日や毎週定期連載記事も多いのである程度の期間読み続けていくと
おもしろさや良さがわかってくるのではないでしょうか。

購読しているメリットは
連載小説、連載コラム、特集記事などが本になる前に読めること。
関心が無い分野のことも目に止まる可能性がある。
デメリットは購読料と読むために費やす時間でしょうか・・・
あとテレビ欄や紙面広告もけっこうな情報量だと思います。

QNHKの受信料で集金にきました

この手の質問は過去にあったようですが、何年も前のものでしたので、改めて質問させていただきます。

新居に引越し、アンテナ(地デジ)を取り付けたのですが、本日、「法律で決まっているから、受信料を払ってください」と、首から身分証をぶら下げた人がやってきました。

話を聞くと、BSのアンテナも取り付けているからと、2ヶ月で4,680円という、結構な金額でした。

「見れるようにはしてますが、BS自体全く見てないんですけど」と言ったところ、「とりあえず、地デジの分だけでも払ってください」とのことでした。「なぜ、地デジだけ?」と、首をかしげてしまいました。

私は、NHKを全く見ないんです。いっそのこと、電波を受信できないようにしてもらいたいです。見ていないのに、お金を払わなくてはいけないのは、どうも納得がいきません!

本日は、帰ってもらいましたが、再度来たときに、どう対応していいかで困っています。

Aベストアンサー

受信料の支払いは、法律で定められているわけではありません。
放送法で規定されているのはあくまで「受信契約を結ぶこと」です。
そして放送法第32条では「ただし、放送の受信を目的としない受信設備(略)を
設置した者については、この限りでない」とあります。

放送法第2章は日本放送協会についての規定であり、また放送法ができたのは
NHK一社しか放送局が無かった時代ですから、この「放送」とはNHKの放送を指すと
考えるのが妥当でしょう。
つまり、「NHKを見る事を目的としていなければ契約を結ばなくても良い」ことになります。
下記のやりとりのような例もあります。
http://friendly.blog30.fc2.com/blog-entry-3.html


とはいえ、上記は「まぁこういう解釈もできますよ」という一例でしかありません。
そもそも放送法自体が昭和25年制定という古臭いもので現状に即していないのですから、
さまざまな解釈が可能になってしまっているわけです。

ただし一つ確かなことは、NHKの受信料支払いは法律で決まっているわけでも、
国民の義務でもないということです。
あくまで契約の結果により支払い義務が発生するのです。
この点をしっかり考えて、今後どうするかを決めるといいでしょう。

参考URL:http://friendly.blog30.fc2.com/blog-entry-3.html

受信料の支払いは、法律で定められているわけではありません。
放送法で規定されているのはあくまで「受信契約を結ぶこと」です。
そして放送法第32条では「ただし、放送の受信を目的としない受信設備(略)を
設置した者については、この限りでない」とあります。

放送法第2章は日本放送協会についての規定であり、また放送法ができたのは
NHK一社しか放送局が無かった時代ですから、この「放送」とはNHKの放送を指すと
考えるのが妥当でしょう。
つまり、「NHKを見る事を目的としていなければ契約を結...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報