バラストレス、水銀灯(BHF100-110V160W)を
使っているのですが、20Aスケールの電流計で
測定したところ、水銀灯の放電が始まっても、
電流の変化が見受けられませんでした。
(スケールが多きすぎたため?)
別質問で、安定器タイプの水銀灯については教えて頂きました。

そこで、おしえて頂きたいのですが、
バラストレスの水銀灯はどのようになっているのですか?
直列で、フィラメントと、放電管が繋がっているのか?
バイメタルらしきものが付いている理由など、
おしえて頂きたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

安定器の働きをするバラストフィラメントが放電電極に直列になっています。


安定器が不要ですので感単に設置できますが発光効率が悪く明るさは、同じワット数の安定器必要品の半分くらいでしょう。
光の性質が水銀灯の光とフィラメントの白熱光との合成ですので柔らかで、少しは人にやさしい感じです。とはいえ、紫外線はでていますから、近くで直視しないようにしてください。
バラストの働きですが、一般にフィラメントは、抵抗ですが、その温度に依存して抵抗値が変化します。
温度が高いほど抵抗値が高くなり、温度が低いときから高くなるまでには100倍以上も変化します。
自身に流れる電流で温度が上昇しますから、電流が流れるほど温度が上がり電流が流れにくくなる、定電流的な性質と言えるでしょう。
つまり電流安定器として働きます。
この性質と放電電流の負特性の性質をうまく組み合わせて外部バラストを不要にしています。安定するまで多少時間は、掛かります。
バイメタルらしき物ですが、あるとしますと、これは、推定ですが、点灯後一旦消灯しますと再点灯するには、温度がある程度冷えないと再放電は不安定になりますので、その間の点灯を制限しているのではないかと思います。
または、なんらかの安全上の配慮か分りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

前回に続き今回もありがとうございました。
電流計の数値の謎も、バイメタルの意味も
ご回答のお陰で、解決しました。
温度が下がらないと、再放電が安定しないと、
かなり的をついたご解答もありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 13:04

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「バラストレス水銀灯蛍光型」
http://dmedia.mew.co.jp/Ebox/akarihakase/lamps/h …
(HID光源)

この「バラストフィラメント」の構造が分かれば良いのですが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www2.lighting-daiko.co.jp/daiko/manual/k_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放電された電池の容量(電圧/電流)について

工作で充電器を作製しております。
空の電池を充電したいので、電池を放電するのにモーターや豆電球につないで、放電しようとしていますが、この方法ではやり方が悪いのかモーターが止まり、豆電球の電気が消えても電圧は(1.2Vから)0.9Vぐらいまでしか落ちません。こんなもんなのでしょうか?
また、放電には放電器等を使用することもあるかと思いますが、放電すると電池は通常は何V、何Aぐらいになるのでしょうか?
現在使用している電池は、ニッケル水素の単3で、最大1.2V、1300mAhの容量のものです。

Aベストアンサー

そんなもんです と言うか 過放電です
規定電圧の90(~85)%程度が放電終了電圧です、それ以上放電させると電池寿命を著しく縮めます
0.9Vでは75%です 
メモリ効果にこだわりすぎてあやまった使用法で電池寿命を縮めている方をかなり見受けます

それよりも、その充電器で、充電完了をどのように検出し制御していますか、過充電も電池寿命を著しく縮めます

Q自作常夜灯の消費電流

余っている携帯の充電器にLEDを付けて常夜灯を作製しました。LEDは1つで抵抗を付けて20mA流れるようにしました(電流計を挟んで計測)。

なので消費電流は概ね20mA(誤差はあるとして)と考えていたのですが、コンセントに差し込む平たい(AC/DCコンバータ?)が暖かいのに気がつきました。つまり熱になっている部分有。
これはどのように考えれば(普通のテスターで計れれば計ります)良いでしょうか?
消費電流の考え方(計算の仕方)を教えてください。
なお、コンバータに記載されているのは「AC100V 50-60HZ 12VA  DC5V 0.55A」です

Aベストアンサー

使っても使わなくても内部で消費されますので熱を出します 使えば更に内部消費も増えます

沢山取り出せるものは使わずとも内部消費が大きいのです ですから余裕あるものを使いますと無駄も多いのです
つまり下駄をはいていると思って下さい 余裕あるものは下駄も高いという事です

DC5V 550mAまで出せる という意味に間違いありません 
ですから余裕の小さい程 内部消費も小さいので小さいトランスを使いましょう となる訳です

Q大きな電流と小さな電流を同時に計測するにはどうしたら良いですか?

50uAのバックグラウンド電流の中で1nAほどの微少な電流の変化を計測したいとします。
これにはどうすれば良いでしょうか?
OPアンプを使ったI/Vコンバータではレンジを広くすると、小さな電流はノイズに消されてしまい、レンジを小さくとると、出力は飽和してしまいます。
シャント抵抗を使った方法でも同様のことが言えると思います。
上記のような計測は一体どうやって行えば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

「50uAのバックグラウンド電流」と「1nAほどの微少な電流の変化」がきちんと分離できるんですよね.
だったら,I/Vコンバータの入力に「50uAのバックグラウンド電流」と逆極性の電流を注入して打ち消し,「1nAほどの微少な電流の変化」だけをI/Vコンバータの出力から取り出せばOKでしょう.
I/Vコンバータの組み立てはこれが写真付きで参考になります.
http://ednjapan.rbi-j.com/issue/2007/08/4/3549/1
これはfAのI/Vコンバータですから,nAなんか屁のカッパでしょう.

Q半波電流と全波電流について

半波電流と全波電流について、その動作原理を教えてください。特にその中でのダイオードの役割について教えてください。

Aベストアンサー

半波整流の場合は、ダイオードひとつで回路を作って、そこに電流を流します。

順方向に電圧がかかっている間(ダイオードの記号で三角の底辺の側が電位が高い)は、もとの波形のまま電気が流れ、逆電圧の場合は流れません。

と言うことで、正弦波を与えると、ゼロラインより上だけを切り取ったような形になります。

全波整流の場合はダイオードブリッジを造ります。

正方形を45度傾けた絵を考えて下さい。そのそれぞれの辺にダイオードを配置します。

「く」の字と「逆く」の字を左右に向かい合わせた形になりますね。そのそれぞれの辺にダイオードをすべて上向き(三角形の底辺が斜め下側にくるように)配置します。

そして、「く」と「逆く」の字の曲がっているところかから電流を流します。

仮に左が高電位の場合、電気は左から斜め上に上がって上側へ流れて行き、斜め下には流れません。右側は低電位になるので、下から電気が入って右に流れて行くことになります。

左右の電位が逆転すると右から入った電気が上に流れて行き、左へ出て行く電気は下からはいることになります。

ここで上と下だけを注目すれば、常に電気は下から上に流れているように見えますね。それが全波整流です。

ただ、例えば正弦波を入れた場合、波の形自体はゼロラインを中心に、マイナス側をプラス側に折り返した、ぽこぽこした形になります。

これを平坦にするにはコンデンサを使って平滑してやる必要があります。

絵が書けなくて文字だけなので、ちょっと判りにくいと思いますが・・・

半波整流の場合は、ダイオードひとつで回路を作って、そこに電流を流します。

順方向に電圧がかかっている間(ダイオードの記号で三角の底辺の側が電位が高い)は、もとの波形のまま電気が流れ、逆電圧の場合は流れません。

と言うことで、正弦波を与えると、ゼロラインより上だけを切り取ったような形になります。

全波整流の場合はダイオードブリッジを造ります。

正方形を45度傾けた絵を考えて下さい。そのそれぞれの辺にダイオードを配置します。

「く」の字と「逆く」の字を左右に向かい合...続きを読む

Q電流プローブの許容電流について

電流プローブ(ケーブルに挟むタイプ)を用いて、ケーブルのノイズ電流を測定する予定なのですが、
許容電流値はどのくらいになるのでしょうか?

メーカ公表値では50/60Hzでは300A程度と載っていたのですが、ノイズ電流だと許容値は変わるのでしょうか?周波数と電流の関係がよくわからず。。。周波数が高くなると電流値が変わる?

お願いします。

Aベストアンサー

>最大電流はなぜ高周波で低下するのでしょうか?

周波数が高いと、インダクタンス抵抗成分が大きくなりキャパシタンス抵抗成分が小さくなります。コイル型の検出だと、表皮効果により有効断面積が小さくなってしまうために、許容電流値が小さくなっているものと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報