人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。
お店で電球を見ていたのですが、電球って白いものと透明なものがありますよね。
この色の違いがあると何か変わるのですか??
素朴な質問ですが、お願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

簡単にいうと光の広がり方ですね。


白い電球の方が、光は拡散して、柔らかく広がるようになります。わかりやすいのが影の出方ですね。透明の電球は影がはっきり出るのに対し、白い電球は影がぼやける感じになると思います。

使う照明機器や好みもありますが、メリハリをきかしたいときはクリア、眩しさを抑えたソフトな光が欲しいときは白い電球を選ぶと良いでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます!
とても解り易かったです^^

お礼日時:2005/10/31 14:16

明るさだけを求める場合・・・眩しさよりも(フィラメントが直接見えるから)・・・例:室内工事現場・・・などは透明を使います。



家でもBBQを室外で行い、高光度の照明は発熱がするので危ない場合には透明電球が使っていますし、

光源が直接目に入らない場所で、明るさを求める器具に使う場合は透明なのを使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます^^
私の場合は白電球の方がいいみたいですね。
参考になりました!

お礼日時:2005/10/31 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html

Q40Wの電球を60Wに変えたらまずいでしょうか

今まで40W電球を使っていたのですが、やや暗いので60Wに変えても問題ないでしょうか?また、逆に60W電球を使っていたソケットに40Wをさして使っても問題ないのでしょうか?初歩的な質問で申し訳ないです。

Aベストアンサー

こんにちは。

60Wにすると明るくなりますが、熱も多くなります。
その器具(傘とかソケットとか)が60Wの使用が可能かどうかによります。
もしもデザインに凝っていて40Wまでですと60Wの電球ですと熱で燃えることもありますので御注意ください。
逆に小さくする分には問題はありません。

Q白い光の電球が欲しい

今日、スタンドを買いまして電球を買いにいきました。

白い光の蛍光灯のような電球がほしかったのですが
店員さんに相談をしてもみんな同じといわれたので
パナソニックのシリカ電球40をかいました。

つけてみるとオレンジのような光でした・・・

安くて200円くらいで白い光の電球はどれを選べばいいですか?

Aベストアンサー

おじゃまいたします。
小生某HCの家電コーナーに勤めている者です。
>白い光の電球?
を探しておられるのですね。
一般的に言って、電球型蛍光灯であれば
電球色・昼白色・昼光色
の3種類のモノがあります(商品によっては、昼白色が無いタイプもあります)
電球色→シリカ電球とほぼ同じ波長(同じ色)の光
昼白色→晴れの日の昼間の光
昼光色→真夏の(快晴の日の)正午ごろの光
概念的には、この様になります。
また、上記の物とは違いますが
パナソニックから出ている、[まなび~む]電球
も、シリカ電球に比べると
若干(ある程度)黄色みが、少なくなっています。

因みに
電球型蛍光灯のラインナップは
暗い方から、40型・60型・100型の3種類
対して、[まなび~む]電球のラインナップは
暗い方から、60W型・100W型の2種類です。
ここで疑問に思われると思いますが
何故電球型蛍光灯には、Wの文字が付いていないのか?
これは単に書き忘れたのでは無く
明るさと、消費電力に違いがある為にWの文字を入れないのです。
つまり、電球型蛍光灯の型の前にある数字は
シリカ電球の何Wと同等の明るさを持っているのか
これを表す為の数字であって
消費電力は通常、シリカ電球の4分の1~6分の1
と、省エネになっています。

また、電球型蛍光灯の寿命は
シリカ電球と比べると6倍前後(それぞれの商品によって異なる)です。

但しその為では無いのですが、価格は安いモノでも
1個¥400位~となっておりますので
条件には当てはまらない様ですね。

さらに[まなび~む]電球ですが
こちらも¥300位~で電球型蛍光灯に比べると
幾分安いのですが、如何せん40W型の生産は
行われていないので、これまた対象外となってしまいます。

ここで質問ですが、電気スタンドの定格は
何Wとなっていますか?
もし60W以上であれば、[まなび~む]電球の60W型が使用出来ます。
また電気スタンドは、調光機能が付いているのでしょうか?
もし調光機能が付いている場合は調光器対応のモノを使うのですが
この場合、電球色で60型の物しか生産されていません
ですので論外となります。

これらを考えると、採るべき方法は
1.多少高価でも電球型蛍光灯の、昼白色若しくは昼光色の物を購入して使用する。
2.価格が高いので、電球型蛍光灯の使用を諦める。
3.器具の定格が許せば、[まなび~む]電球の60W型を使用する。
の3つのうちどれかでしょうね。

上記の条件によって、答えは異なります。
では、また後ほど
お目にかかれる かと思います。
おじゃまさまでした。

おじゃまいたします。
小生某HCの家電コーナーに勤めている者です。
>白い光の電球?
を探しておられるのですね。
一般的に言って、電球型蛍光灯であれば
電球色・昼白色・昼光色
の3種類のモノがあります(商品によっては、昼白色が無いタイプもあります)
電球色→シリカ電球とほぼ同じ波長(同じ色)の光
昼白色→晴れの日の昼間の光
昼光色→真夏の(快晴の日の)正午ごろの光
概念的には、この様になります。
また、上記の物とは違いますが
パナソニックから出ている、[まなび~む]電球
も、シリカ電...続きを読む

Q電球のワット数の違うものをセットにできますか?

電球のワット数の違うものをセットにできますか?
たとえば廊下の天井に3か所小型電球があったとします。
玄関に近いところのワット数を60w相当、それ以外の2か所を40w相当に。
これ行うことで余計に電気代がかかる、故障の原因になる等ありますでしょうか?

Aベストアンサー

白熱電球(ミニクリプトン電球も含む)の場合は、器具ごとに使用W数の上限が決まっています。(たとえば、40wまでとか、60wまでとか表示があるはずです)
したがって、その範囲内の使用であれば、特に問題は無いです。
電気代に関しては、単純にw数で決まりますので、今まで40wを3ヶ所に使っていたのならば、1ヶ所を60wにすれば、その分電気代は上がります。
今まで、60wを3ヶ所に使っていて、2ヶ所を40wにするのならば、電気代は下がります。

Q60W白熱電球と60Wミニクリプトン電球の明るさの違い

リフォームを行っています。
白熱電球とミニクリプトン電球はワット数が同じならば明るさは同じですか?
玄関に60Wミニクリプトン電球を購入したいと思っていますが、白熱電球60Wと明るさは同じですか?

Aベストアンサー

実際に見比べると、見た感じミニクリプトンの方が明るく感じるかもしれません。というのは、電球のサイズが違うからです。大きさが半分程度で消費電力が同じということですから、直接見た感じは明るく感じます。

それと、カタログをお持ちでしたら判ると思うのですが、電球がコンパクトな分、照明器具本体の大きさも違いますよね。ダウンライトの場合は顕著で、浅型は随分とコンパクトに仕上がっています。

ところで、最近は省エネを謳った電球タイプの蛍光灯も増えていますが、白熱電球タイプの方が安く手に入りますね。電球を捻じ込む口金のサイズの小さいミニクリプトン用もありますが、まだまだ高価で器具によっては収まるかどうかですし…。

蛇足です。点けたり消したりが頻繁であるならば、電球がオススメですが、玄関でしたから丸型蛍光灯の30Wでも良いかと思います。インバーターの器具を選べば、チラつきは気になりませんし明るさ感はかなりあります。前述の電球タイプの蛍光灯もオススメです。色味を揃えたいのならば、電球色を選べば問題ないかと思います。

Q電球の「60W形、100V54W」というのはどういう意味ですか?

浴室の電球に「60W形 100V54W」とありました。前々から思っていたのですが、この60W形の「形」というのはどんな意味なのですか?また、この電球は家庭用100Vの電源で5.4Aの電流が流れ、消費電力が54Wということだと思いますが、これよりも小さいワット数の電球も使用できるのでしょうか?さらに、電球の説明書に「54Wで60Wの明るさ」と記載されていたのもどういうことか分かりません。

Aベストアンサー

電球であれば公称の規格で40W,60W,100Wとなっていました(いろんなワット数の電球を生産するのは無駄なので)。

昨今の情勢から省電力がはやりとなり、従来の60Wの電球と同じ光量でかつ電力が少ない電球が作られたと言うことでしょう。
蛍光灯でも同様になっています。

したがって、「100Vの電源で5.4Aの電流が流れ、消費電力が54W」ということだと思います。

勘ぐると、従来の電球は60Wで公称の光量以上あったのでワット数を下げたのかも(品質の向上でばらつきが押さえられたとか。真空技術の向上で封入ガス圧を下げたとか)。

Qダンボール箱ってどこで購入?

荷物をある相手先に送りたいと思っています。
その際用いる段ボール箱というのはどこで売られているのでしょうか。
大型ショッピングセンターの裏においてある段ボールを勝手に取ってくるとかでしょうか?
すいません全く分かりませんのでよろしくお願いします<(_ _)>
非常に困っております( >Д<;)

Aベストアンサー

お店の人にお願いすれば、大概ただでもらえます。
私は引越しのとき、いつもそうしています。
商店街の八百屋だったり、西友だったり、スーパーだったり、色々です。
店としてはただのゴミなので、遠慮する必要はありません。
気軽に頼んでみてください。

Q電球の110V用と100V用の違いは?

E17口径タイプのミニクリプトン球を買いに電気屋さんに行ったら
110V用のものと100V用のもの2種類売ってました。
切れた玉を持っていって同じものを買えばよかったのですが、
普通に100V用のミニクリプトン球を買って家に帰ってみたら、
切れた玉(最初からついてた電球)には110V用の刻印がありました。
しまった!と思ったけど買ってきた100V用の電球を差し込んでも今のところ何の問題もないようです。
しかし規格の違う電球を使ってるので火事とかが心配です。
そこで110V用の器具に100V用の電球を使っても大丈夫なんでしょうか?
そもそも一般家庭用は100Vだと思うのですがなんで2種類もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

110Vの電球が付いていたとしても、器具じたいは100V用です。
110V用電球というのは、100Vで使うと切れるまでの寿命が長くなって便利なため、交換しにくい場所の器具によく使われています(天井の高いところの吊り下げ器具とか、玄関とか。風呂の防水器具とか)
簡単に交換できる場所なら100V用電球で良いと思います
100Vより高い電圧に耐える設計なので100Vで使えば寿命が長い・・というだけですので通常はどちらでも問題ないです。

Qミニレフ球とクリプトン球

我が家のトイレの電球が切れました。
交換しようとカバーを外してみましたら、ミニレフ球の110V30wと言うものが使われておりました。
昨日は洗面所の電球が切れて、外して見ますとそこにはクリプトン球の100V60Wが使われておりました。
洗面所はトイレより約、倍くらいの広さなのですが、ミニレフ球とクリプトン球に使い分けられているのがなぜなのか解りません。
どちらも密閉式のカバーです。ミニレフは熱を持つので密閉式のカバー付には向かないと聞いています。
これから買いに行かなければならないのですがトイレのミニレフをクリプトンに変えたほうがいいのか迷っています。

それと洗面所のクリプトン球ですが、手持ちでミニレフの50wというのがありますが、これを洗面所に付けてはいけないのでしょうか。

アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レフ球というのは、ソケット側半分くらいに反射コーティングを施し、光を前面に集中させるものです

それの小さいタイプが、ミニレフ球

クリプトン球とは、クリプトンという物質を電球内に封入して、より明るくなるようにしたもの

ミニレフ球のほとんどにも、クリプトンが封入されているので、ミニレフ球もクリプトン球です

ミニレフ球は、狭い範囲を照らすので、狭い所なら小さなw数でも十分に明るいですが、広い所だと全体を明るくすることが出来ません

レフ球ではないクリプトン球は、光が広範囲に広がるので広い所向きです

照明器具に何wまでという表示があるはずですが、その範囲であれば他の電球を流用できます

QLED電球(屋内用)を外灯に使っても大丈夫なのか?

エントランスの外灯(カバー付)は、白熱電球を使っています。カバーがついているので、雨は大丈夫だと思います。外なので湿度がまずいんでしょうか? LED電球の説明書きを読むと、屋内用と書いてあります。外灯として使うのは、壊れやすいんでしょうか? 白熱電球だと1000時間しか持たないので、3か月以内で交換していてめんどくさいです。おしえてください。

Aベストアンサー

私の家では外灯(門柱灯)にLED電球を使っていますが、
半年程経っても特に問題ありませんよ。

使用している外灯は下記URLのようなものです。
http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=141165540&p=y%23body

使用したLED電球はホームセンターのオリジナル
商品で特価になっていたものです。
白熱灯と同じ形状/サイズです。

説明書きは読まずに使用していました。

外灯にカバーがあって、内部に雨水が入らない
形状であれば特に問題は無いでしょう。
高温多湿なら回路に錆びが発生する可能性も
あるでしょうが、外灯カバーにパッキンなどで
防水がされているなら心配は無いと思いますよ。

LED電球の説明に記載されている屋内用と言うのは
多分ですが屋外で裸電球のように使用すれば
破損すると言うことだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング