私はwashburnのN-4というnunoモデルのギターを使用しています。nuno本人のものは無塗装なのですが、市販のものはオイルフィニッシュ仕様になっており、私はそのオイルフィニッシュの不自然(?)なテカリが嫌いで、以前は普通の紙ヤスリで無理やり剥ぐという行動を起こしておりました。。。当たり前ですが、それでは綺麗にすべて剥がすことはできませんでした。塗装に関して全くの無知なので、お恥ずかしい質問かもしれませんが、オイルフィニッシュの剥がし方をお教えください。ご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは


残念ながら、紙やすりで剥がすしか方法はないと思います。
というのも、オイルフニッシュは生地に直接オイルを染込ませるため、
木の中にオイルが浸透してしまいます。というかそういう塗装方法なのですが。
また、ボディの木目の向きによってオイルが深く浸透してしまう部所(エルボーカットやウエストカット部など)があるので、きれいに剥がすのは大変です。
ボディが一回り小さくなるのを覚悟で根気よくヤスリがけするしかないでしょう。
まず、目の粗い80番程度のヤスリで表面を削りおとし、徐々に目の細かいヤスリで
表面を仕上げるといったかんじでしょうか。
(80番→150番→320番→600番までやるといいでしょう。)

ラッカーやポリ系の塗装は生地の表面に塗料をのせる塗装方法なので、
剥離剤やヘアドライヤーで塗装面を熱するといった方法で剥がすことが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。やはり紙やすりで剥がすしか無いのですか。私自身、一通り剥がし終えるのに半日を要したのですが、それを3度ほど繰り返すも、未だカッタウェイ部など綺麗に落ちきって無い次第であります。。。
根気良く続け、仕上げたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオイルフィニッシュを剥ぎたい。。。

私はwashburnのN-4というnunoモデルのギターを使用しています。nuno本人のものは無塗装なのですが、市販のものはオイルフィニッシュ仕様になっており、私はそのオイルフィニッシュの不自然(?)なテカリが嫌いで、以前は普通の紙ヤスリで無理やり剥ぐという行動を起こしておりました。。。当たり前ですが、それでは綺麗にすべて剥がすことはできませんでした。塗装に関して全くの無知なので、お恥ずかしい質問かもしれませんが、オイルフィニッシュの剥がし方をお教えください。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
残念ながら、紙やすりで剥がすしか方法はないと思います。
というのも、オイルフニッシュは生地に直接オイルを染込ませるため、
木の中にオイルが浸透してしまいます。というかそういう塗装方法なのですが。
また、ボディの木目の向きによってオイルが深く浸透してしまう部所(エルボーカットやウエストカット部など)があるので、きれいに剥がすのは大変です。
ボディが一回り小さくなるのを覚悟で根気よくヤスリがけするしかないでしょう。
まず、目の粗い80番程度のヤスリで表面を削りおとし、徐々に目の細かいヤスリで
表面を仕上げるといったかんじでしょうか。
(80番→150番→320番→600番までやるといいでしょう。)

ラッカーやポリ系の塗装は生地の表面に塗料をのせる塗装方法なので、
剥離剤やヘアドライヤーで塗装面を熱するといった方法で剥がすことが出来ます。

Qレモンオイルでオイルフィニッシュは可能?

今日レモンオイルを初めてギターに使用しました
指板に使用したところベージュまで色あせていたものがブラウンに復活しました
そこで思ったのですがレモンオイルでオイルフィニッシュは可能なのでしょうか?
色もいい感じになりそうなので出来るのであればしてみたいのですが・・・
知識のある方是非回答お願いします

Aベストアンサー

レモンオイルもいろいろな種類があるので、もしかしたら「使える」ものもあるかもしれませんが、楽器屋でごく普通にポリッシュと一緒に並んでいる製品の多くは、オイルフィニッシュにはならないと思います。

オイルフィニッシュは、ただ単に油を染みこませてあるだけというわけではなくて、オイルと木質とがある意味一体となった「保護層」を作るという理屈になり、そのために使われるオイルは「乾性油」と呼ばれる亜麻仁油やボイル油に染料や顔料等々を調合した物になります。
その種のオイルは、木質塗って「乾く」(単に乾燥するいうのとは、ちょいとちがいますが)と、木質と一緒にある程度堅く水を通さない層になります。

単なるポリッシュとしてのレモンオイルには、そういう性質は無いはずなんで、オイルフィニッシュ用には使えないと思います。

個人的には、昔、友人と一緒にギターの塗装を剥がして「自家製オイルフィニッシュ」にしたことがあるのですが、その時は家具用のオイルを使いました。例えばこんなの
http://www.netwave.or.jp/~kinokagu/country/sensepaint.htm

でも、仕上がりを問われれば、所詮は日曜大工用と言われてしまえばそれまでで(^^ゞ
やっぱり、ギターメーカーは、特に保護層が頑丈になるような、特別に調合した木質用オイルを使ってるような気がしますね。

レモンオイルもいろいろな種類があるので、もしかしたら「使える」ものもあるかもしれませんが、楽器屋でごく普通にポリッシュと一緒に並んでいる製品の多くは、オイルフィニッシュにはならないと思います。

オイルフィニッシュは、ただ単に油を染みこませてあるだけというわけではなくて、オイルと木質とがある意味一体となった「保護層」を作るという理屈になり、そのために使われるオイルは「乾性油」と呼ばれる亜麻仁油やボイル油に染料や顔料等々を調合した物になります。
その種のオイルは、木質塗って...続きを読む

Qオイルフィニッシュのムラ(?)を直すには。

オイルフィニッシュのギターを手に入れました。しかしオイルフィニッシュのムラというかハゲというか…なんとなく白い部分があります。

このムラ・ハゲ状の表面を全体的に同じようにするのにはどうしたらよいのでしょうか?

ホームセンターで売っている「ワトコ」などを使って塗りなおすのが良いのか、それとも何か専用のクリーナー(?)のようなものがあるのでしょうか?
「白木」からや、ポリを剥がしてオイルフィニッシュをしている方のH.P.は検索すると見つかりますが…。

よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

全くの一般人(単なる日曜大工の木工趣味人)の感覚論なんですが…

「ワトコ」等も含めた「オイル」の場合、少なくとも素人向きには「クリーナーのようなもので剥がす」というのは無理だと思います。
「オイル」が木質にそこそこ深く染みこんで、そのまま木質と一体に乾燥硬化して木質深部の保護をするのがオイルフィニッシュなので、乾燥硬化したオイルを溶かす溶剤はあるかもしれませんが、その溶剤を塗ったところで余計に深部に染みこみますので、木部ごと削り取る以外は、オイルの除去は難しいでしょう。
ポリウレタン塗装等なら、少し下塗りが染みこんだ層まで削ってしまえば、あとは白木ですからオイル仕上げ可能ですが(これはやってみたことある)、オイルは塗装よりも深く染みこんでしますし、それゆえ地の木質によって染みこみ度が違うので、ムラっぽくなりやすいですね。

重ね塗りをすれば、少しは色目が濃くなりますが、塗れば塗るほど元々のオイルカラーと重ね塗りで使ったオイルカラーとの色調の差が出やすくなりますから、私としては、なるべく手をかけずに「うちの愛機の個性」として許容してやる方が良いと思うのですが…まぁ、他人だから言える事だと言われると、返す言葉はないですが…

思い切って「ワトコ」か何かを塗るにしても、少し薄目の色目でじっくり様子を見ながら塗られた方が良いと思いますし、可能ならオリジナルペイントをしてくれるようなショップの職人さんに、先に意見を聞いてみる方が良いとは思います。

全くの一般人(単なる日曜大工の木工趣味人)の感覚論なんですが…

「ワトコ」等も含めた「オイル」の場合、少なくとも素人向きには「クリーナーのようなもので剥がす」というのは無理だと思います。
「オイル」が木質にそこそこ深く染みこんで、そのまま木質と一体に乾燥硬化して木質深部の保護をするのがオイルフィニッシュなので、乾燥硬化したオイルを溶かす溶剤はあるかもしれませんが、その溶剤を塗ったところで余計に深部に染みこみますので、木部ごと削り取る以外は、オイルの除去は難しいでしょう。
...続きを読む

Qネックの塗装ラッカー・サテンフィニッシュについて

YUIさんの使用しているギターを調べていたら、機材情報でネックをラッカー・サテンフィニッシュに再塗装していることが分ったんですが
(1)サテンフィニッシュとは何か
(2)そうすることで何が変わるのか
(3)お店で頼むと何円位かかるのか 

教えてください!お願いします!!
ちなみに、サテンナチュラルとサテンフィニッシュは同じ事ですか?

Aベストアンサー

サテンフィニッシュというのは、通常の塗装では表面がツルツルとしてつやが出るのに対し、表面のつやを消すような加工を加えた仕上げのことです。マットフィニッシュなどともいいます。軽くサンドペーパーで擦ったような表面に仕上げることで、摩擦を減らし、手触りを軽くする効果があります。演奏上も、手先の負担が軽くなることが期待できます。なお、手触りがサテン地の表面のような感触になることから、サテンフィニッシュなどと呼ばれます。
ネックのリフィニッシュについては、ギターのネックジョイント方式やリペアショップの価格設定によっても異なりますが、おおよそは3万円程度の費用がかかると思います。具体的な金額については、見積もりを出してもらうのが良いでしょう。ギターによっては、下手にリフィニッシュするより、はじめからサテンフィニッシュのギターを買ってしまうほうが良いこともあるかもしれません。
また、思い切った方法としては、自力で塗装の表面をサンドペーパーで擦ってしまうのも一つかもしれません。800番くらいのペーパーから始めて目の細かいペーパーで仕上げていけば、器用な人なら自力で何とかなることもあるでしょう。ただし、自信がない場合には避けた方が無難です。
なお、ネックの塗装の仕上げを変えると、ギターの音質にも影響が出る可能性があります。お気に入りの音が出るギターをリフィニッシュした場合、以前とは音が変わってしまうということもありえますので、音が気に入っているギターにこうした加工を施すことには慎重になることをお勧めします。

サテンナチュラルとサテンフィニッシュの違いですが、サテンフィニッシュは上記のように塗装表面の仕上げの方法のことで、サテンナチュラルは塗装のカラーと仕上げを表現した用語です。同じことといえば同じことですが、内容的には相違があります。
サテンナチュラルというのは、塗装の色がナチュラルフィニッシュと呼ばれる木材の表面の木目などがそのまま見える色で、その塗装表面にサテンフィニッシュを施してあるカラーリングのことです。

参考まで。

サテンフィニッシュというのは、通常の塗装では表面がツルツルとしてつやが出るのに対し、表面のつやを消すような加工を加えた仕上げのことです。マットフィニッシュなどともいいます。軽くサンドペーパーで擦ったような表面に仕上げることで、摩擦を減らし、手触りを軽くする効果があります。演奏上も、手先の負担が軽くなることが期待できます。なお、手触りがサテン地の表面のような感触になることから、サテンフィニッシュなどと呼ばれます。
ネックのリフィニッシュについては、ギターのネックジョイント方...続きを読む

Qオイルフィニッシュのネック。

オイルフィニッシュのネック。

こんばんは、
私はシャーベルのサンディマスを使っています。
ネックはオイルフィニッシュです。

そのギターは、よく「ネック反り」しやすいですが、なぜですか?

また、反らないようにするには、どんな対策がありますか?
保管法、メンテナンス方法等教えてください!

ちなみに弦は、9ー46です。
一日の練習は6時間で、結構手汗をかくタイプです。

回答お待ちしております

Aベストアンサー

>よく「ネック反り」しやすいですが、なぜですか?
ネックの反りやすい原因はその材質に有ります。
通常ではメイプルがネック材には適していると言われていますが、
中でもハードメイプルと言われるメイプル材が最も固く、反りにくいと言われています。
このハードメイプルでも、貼る弦のセットに寄っては反りますので、
弦選びには注意が必要です。
特に張りっぱなしにしたい場合は、09~42寄りも細い弦が良いでしょう。
自分もメインは09~46ですが、ギターに寄っては厳しい様で、家の練習用には
09~42を貼っています。
>反らないようにするには、どんな対策がありますか?
これは、弦を緩めるしか無いです。
通常では練習を終えてペグを2~3回転緩めて置いて置きます。
長期的な保管では更に+2~3回転です。
またテンションの緩すぎるのも、長期的な保管ではネックがよじれたり、逆反りしたりする事が有りますので、自分で弦を引っ張って各弦のテンションを均一に緩めて置くのがベストです。
一概には言えませんが個人的には、90年台以降ではハードメイプルと言われるメイプル材も良い材が無い為に反りやすい傾向ではないかと思っています。
また、質問者さんの様なオイルフィニッシュでは汗などの水分も吸いやすいので、メンテナンスもオイルフィニッシュ用の保護剤でメンテナンスすると良いかも知れません。

>よく「ネック反り」しやすいですが、なぜですか?
ネックの反りやすい原因はその材質に有ります。
通常ではメイプルがネック材には適していると言われていますが、
中でもハードメイプルと言われるメイプル材が最も固く、反りにくいと言われています。
このハードメイプルでも、貼る弦のセットに寄っては反りますので、
弦選びには注意が必要です。
特に張りっぱなしにしたい場合は、09~42寄りも細い弦が良いでしょう。
自分もメインは09~46ですが、ギターに寄っては厳しい様で、家の練習用には
09...続きを読む

Qネック裏の塗装(フィニッシュ)と弾き心地について

ネック裏の塗装に、グロスフィニッシュとサテンフィニッシュがありますが
それぞれの実際に使ってみての長所、短所や使用感などを教えてください

それと下の質問にも答えてもらえるとありがたいです
・グロスフィニッシュは汗などで少しべたついて手を動かすときに引っかかる感じがあったのですが、きちんと手入れすれば無くなるのか?
 また、サテンフィニッシュだとこの感じはグロスに比べてほとんどないのか
・それぞれのネックの塗装の耐久性について
・グロスからサテンにしたり、サテンからグロスにしたりは安価で簡単にできるのか

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

QNo.3686904 で書き込みをしようと思っていたら、締め切られてしまいましたので、こちらで書きます。
エントリー価格のギターでは、コストを押さえるために、蜜蝋仕上げとか米ヌカワックス仕上げがしてあります。
最初のうちは、高級品のセラックニスのグロス仕上げのように見えますが、経年変化(経験で6年以上)でサテンフィニッシュ風に艶が消えます。
ただ、安価でもワックス仕上げは、高級品のオイルフィニッシュの汚れ染み込みや、ニス仕上げやウレタン系で汗で引っかかる感じが少なく、使用感が良好で、剥げたら素人でも簡単に再コーティングができます。
エントリー製品のウレタン系グロス仕上げは、皮膜が薄いため、削ってサテン仕上げ風にすると、部分的に剥げて木材の地がでてしまいます。
高級品のウレタン塗装は、着色用のウレタン(ステイン)にクリアウレタンが塗ってあるため、相当に厚みがあるので、出来ないことはありません。(高級品は、いじる気しない)
サテン仕上げをグロス仕上げにするには、塗装・研磨技術と専用工具・材料が必要です。
高級品のセラックニス仕上げは、長年の使用で剥げてきても、味となるので、直す気にはならないと思います。

QNo.3686904 で書き込みをしようと思っていたら、締め切られてしまいましたので、こちらで書きます。
エントリー価格のギターでは、コストを押さえるために、蜜蝋仕上げとか米ヌカワックス仕上げがしてあります。
最初のうちは、高級品のセラックニスのグロス仕上げのように見えますが、経年変化(経験で6年以上)でサテンフィニッシュ風に艶が消えます。
ただ、安価でもワックス仕上げは、高級品のオイルフィニッシュの汚れ染み込みや、ニス仕上げやウレタン系で汗で引っかかる感じが少なく、使用感が良好で、...続きを読む

Qオイルフィニッシュでの仕上げ法

現在、海水水槽を立ち上げようと奮闘中です。
実は先日水槽台を購入しました。大工さんに作っていただいたのですが、塗装がまだされていない状態なので、自分で仕上げようと思います。
塗装などの経験はなく全くの素人ですが、過去ログなど調べてある程度方向性は見えてきました。
とりあえず、着色できるオイルフィニッシュ?で
1.サンドペーパーで平らにする
2.オイルフィニッシュを塗る(刷毛)→ウエスでふき取る
3.乾いたら再度、サンドペーパーをかける
4.再度オイルフィニッシュ→ふき取る
と思っています。
そこで、下記のような疑問がありますので回答をお願いしたいと思います。

Q1ただ、実際にはペーパーがかかっているのか、台表面にはざらつきなどは別にないようですが1のペーパーがけが必要なのか?
Q2砥の粉で凹凸を埋める作業は必要か?
Q3ウレタンニスなどによる仕上げの方がいい?(客観的な意見として)
Q4そもそも、上記手順でいいでしょうか^^;
Q5オイルフィニッシュって、缶に書いてあるのでしょうか?ホームセンターで見て分かるでしょうか?

ちなみに水槽台は松系のパイン材だそうです。
よろしくお願いします。

現在、海水水槽を立ち上げようと奮闘中です。
実は先日水槽台を購入しました。大工さんに作っていただいたのですが、塗装がまだされていない状態なので、自分で仕上げようと思います。
塗装などの経験はなく全くの素人ですが、過去ログなど調べてある程度方向性は見えてきました。
とりあえず、着色できるオイルフィニッシュ?で
1.サンドペーパーで平らにする
2.オイルフィニッシュを塗る(刷毛)→ウエスでふき取る
3.乾いたら再度、サンドペーパーをかける
4.再度オイルフィニッシュ→ふき取る
...続きを読む

Aベストアンサー

Q1。 ペーパーがすでにかかっている場合は必要がないように思います。ただ、カンナ等で仕上がっている場合はオイル(とくに着色なら)がムラになってしまいますので、かけたほうが良いと思います。

Q2。 凹凸があるのですか?オイルで仕上げるのであればある程度は味になると思います。私なら埋める作業はしません。(やり方も分かりません)

Q3。 ウレタンやニスなどは汚れにくく水にも強く綺麗に保てるとは思います。個人的には味のあるオイルで仕上げたいですけどw が、ウレタンやニスなどは綺麗に念入りにペーパーかけし、綺麗にホコリや木くずがない状態でないと仕上がりや、やり直しは大変でしょうね。

Q4。 あっていると思います。2の状態で毛羽立ちがない場合は3の作業は省けるはずです。

Q5。 うちの近所のホームセンターではなかなか良いの品がありませんでした。書いてなかったとしても店員さんに聞いて見るといいと思います。

私は下記サイトでリボスのカルデット(4色)とメルドスという商品を検討し、自宅の無塗装のフローリングに塗りました。フローリングということもあり、舐めても安心な商品であるということでリボスのメルドスにきめました。
結果、メルドス(クリアです)にしたのは、ペーパーかけが綺麗にできてないと色ムラが出来る為、カルデット(着色オイルです。ペーパー掛けの範囲が広いので後半はいい加減になりそうだったからです)は諦めカルデットより撥水効果があるといわれるメルドスに決めたという次第です。

参考URL:http://www3.tokai.or.jp/ohhashi-toryou/index.html

Q1。 ペーパーがすでにかかっている場合は必要がないように思います。ただ、カンナ等で仕上がっている場合はオイル(とくに着色なら)がムラになってしまいますので、かけたほうが良いと思います。

Q2。 凹凸があるのですか?オイルで仕上げるのであればある程度は味になると思います。私なら埋める作業はしません。(やり方も分かりません)

Q3。 ウレタンやニスなどは汚れにくく水にも強く綺麗に保てるとは思います。個人的には味のあるオイルで仕上げたいですけどw が、ウレタンやニスなどは綺麗に...続きを読む

Qギターの塗装剥がし(ポリ)について質問です

今ストラトの塗装剥がしをやっています。
アイロンとスクレイパーで剥がしているのですが、
ネックポケット付近にアイロンやスクレイパーを当てる事ができず、
ここで作業を中断している状態です。
ネックポケット付近のようなえぐれている所はどのようにすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

お疲れさまです。

スクレイパーを使った剥がしは平面には非常に有効ですが、ご質問のようなえぐれ(カッタウェイ)では、木材の表面が木口(こぐち)といって繊維の断面が現れる部分で、このため塗料が染み込みやすい事から塗装が剥がし難い場合があるようです。

この場合は無理をせず、例えばスプレー缶のような円柱にサンドペーパーを巻いて、それを回転させるようにサンディングすればよいと思います。ただしヤケになって円柱を前後に往復して擦ると、その部分の表面が崩れる可能性がありますので、今どこにペーパーが当たっているのか良く見ながら、焦らずにやってみて下さい。

他に入り組んだ部分についても、直接ペーパーを手に持って掛けるより、発泡スチロールの平らな部分を利用するなどして、下地の状態を崩さないようにした方がいいですよ。

頑張って下さい。

Qオイルフィニッシュ仕上げ方法について教えてください。

オイルフィニッシュ仕上げ方法について教えてください。

オイルフィニッシュ仕上げをしたく、ワトコオイルを購入しました。
ワトコオイルの使用方法を読むと、「二度目のオイル塗布をした後に、『必要に応じ』240~400番の耐水ペーパーで表面が濡れた状態で研磨します。」とあるのですが、どのような状態が「必要に応じ」にあたるのか分かる人、教えてください。

参考URL
http://www.hoxan.co.jp/watco/introduction/paint00.html

Aベストアンサー

木質によっては、1回目のオイル塗布の際に木地がオイルを吸って「微妙に毛羽立った状態」(1回目前のペーパーがけでツルツルにしたはずが、ちょっとざらついた状態になるイメージ)になることがあるので、そういう場合は2回目を塗った上から耐水ペーパーでウェット研磨(表面研磨しつつオイルをしっかり木地に浸透させるイメージ)することで、木地を整える…って感じです。

使用オイルまたは木質によっては、1回目と2回目の間(1回目が乾いてから)に200~400番くらいのペーパーでしっかりサンディングした方が良いケースもあります。

Qwashburn P-2QCS

ヌーノ・ベッテンコートのモデルギターwashburn P2の詳細(値段、材質等)を知りたいです。
ホームページなどを覗いてみたのですが、Nのシリーズしかありませんでした。もう絶版になってしまったのでしょうか・・・?
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Washburn P2:Washburn P290:Washburn P2QCS:Washburn P3:Washburn P4:Washburn P4 Deluxe大体この位のPシリーズがあります。
P2は韓国製で現在1中古で14000円位で取引されてます。P2QCSは韓国製で新品で8~9万で取引されてます。現在は作られていませんから、中古を探す事になると思います。この韓国製のPシリーズには中古価格3万以上で購入はやめた方が良いと思います。参考にしてください。


人気Q&Aランキング