人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

この2つの違いがうまく理解できません。通商白書なども見ても専門的なことばかりで・・・。わかりやすく説明してもらいたいです。できれば例なども挙げてもらえればありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通商白書読んでみました。


※この手の物を読むポイント:文章を追わずに題名にあるキーワードだけで想像を膨らませて内容を推測する、その後に文章読みながら、その内容を自分のイメージに合わせていきつつ自分のイメージを補正する。何故なら、彼らは簡単なものほど難しく書き、本当に難しいものは簡単に書く。でないと彼らは失業してしまう(右翼的発想)。
※素人なので間違ってたらすみません。

ある労働集約的な産業(たとえば服)を取り上げると、
中国は労働者の賃金が安い、日本は労働者の賃金が高い。

この状況では、

日本人が着る服) 中国の労働者が機織り-(輸出)→日本
中国人が着る服) 中国の労働者が機織り→中国

ある資本集約的な産業(たとえばTV)を取り上げると、
中国は金が無いのでそんな難しい機械を作る工場が作れない、日本は金持ちだからハイテクな工場を作れる。

この状況では、

日本人が使うTV) 日本の工場が製造→日本
中国人が使うTV) 日本の工場が製造-(輸出)→中国

結果として、ある産業(財)を取り上げると常に一方向になる。
労働集約的な財:中国→日本(日本-×→中国)
資本集約的な財:日本→中国(中国-×→日本)

しかし!!、実際には服も日本から中国へ、TVも中国から日本へ輸出されている。
これはひとえに、服といっても高級なスーツや浴衣があり、TVといっても「移りが悪いが安物のTV」や「白黒モニター」があるからだと考えられる。

この「高級スーツと普通の服」「普通のTVと移りが悪いが安物のTV」のように品質に違いがあるから双方向が成り立つのを垂直的産業内貿易。
この「浴衣と普通の服」「普通のTVと白黒モニター」のようにそもそも商品として違いがあるから双方向が成り立つのを水平的産業内貿易。
と深尾のおじさん達は呼ぶことにしてみた(だからそれがどうした、調べんでも分かるだろ、そんな事くらい)。

----
労働が相対的に豊富な国(発展途上国)では労働集約的な財を生産して輸出し、資本が豊富な国(先進国)では資本集約的な財を生産、輸出すると考える)。こうした考え方を単純に適用すると、二国間で貿易が行われている各々の財について見ると、必ずどちらかの国が輸出または輸入するという一方向のパターンになり、輸入も輸出もされる双方向の貿易が行われる財は存在しないことになる。しかし現実には多くの国の間において、同一品目について双方向の貿易が行われている。このことは同じ品目であっても品質や商品属性に差があることを反映しているものと考えられる。
深尾、石戸、伊藤、吉池(2003)は、東アジア域内貿易を一方向貿易(産業間貿易)、垂直的産業内貿易(品質により製品を区別)、水平的産業内貿易(商品属性により製品を区別)、に分けた分析を行っている。垂直的産業内貿易は同じ財に対する輸出と輸入の平均単価の格差が大きい場合(注226)で、品質の差を反映しているため、当事国間で要素賦存(労働者のスキル、技術)のきめ細かな差があると発生しやすく、水平的産業内貿易は平均単価の格差が小さく同様の品質で多様な財を供給し合っている場合で、商品属性を反映しているため、当事国に共通する嗜好の多様性を反映しているものと考えられる。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qチケットの当選確率、1枚と2枚どっちが当たりやすい?

とても人気のある舞台の先行販売の抽選に申し込もうと思っています。

一人4枚まで申し込めるのですが、その場合1枚や3枚等奇数の枚数より、2枚や4枚等の偶数の枚数の方が当たる確立が高いのでしょうか?(オークションでの転売やネットでのチケット交換をよく見かけるので、最大枚数の4枚で申し込んでいる人が多いようです。)
座席数などの関係で、偶数の方が割り振りがしやすいとかあるのでしょうか?

希望は1枚でいいのですが、偶数枚数の方が当選確率が高いのであれば、2枚又は4枚で申し込もうかと思っています。
うまく説明できなくてすみませんが、この様な事に詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

確証はありませんが、枚数が少ないほど当たる確率は高くなるのではないかと思いますが・・・
1枚だったらどこの座席でも空いてさえいれば取れるはずですが、2枚以上だと、2つ以上並んだ座席が空いていないと取れないわけで、確率は低くなるのではないかと思います。
今までの個人的な経験でも、2枚で申し込んだ日はダメで1枚で申し込んだ日は取れたり、1枚で申し込んだ日の方が良い席だったりしたことが多かったように思います。たまたまかもしれませんが・・・

Q日商簿記検定2級を英語でいうと?

日商簿記検定2級は英語でどのように言い表すのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトが参考になると思います。

参考URL:http://www.i-am.jp/topics/oversea/resume.html

Q関税が高いことのメリット・デメリット

関税が高いことのメリット・デメリットを教えてください。
調べてみると、「ゼロ関税」にした場合のメリット・デメリットばかりが
出てくるので、関税が高い場合のメリットデメリットがわかりません。

Aベストアンサー

輸出関税の税率を高くする場合
輸出国にとって
メリット:輸出が抑制され、国内物資を潤沢にでき、物価を抑制できる
ディメリット:輸出が抑制され、市場が制限され、物価が下がる
全体的に:経済活動は沈静化・縮小傾向に向かう(メリット/ディメリットのどちらに感じるかは、その社会情勢による)
輸入国にとって
メリット:輸入が抑制され、国内事業者は競争者が減り、有利に事業展開できる。物価低下も防止できる
ディメリット:輸入が抑制され、輸入品の価格が上昇する。輸入品を原材料やエネルギー源にしているものの価格も上昇する。
全体的に:経済活動は沈静化・縮小傾向に向かう(メリット/ディメリットのどちらに感じるかは、その社会情勢による)
国際的にみた場合
メリット:競争を抑制できる。コストや品質などで劣位にある事業者も事業活動を継続出来る。後進国の低効率事業も破綻を免れる。
ディメリット:競争が抑制される。コストや品質などで劣位にある事業者も事業活動を継続でき、経営効率の良否による淘汰が進みにくくなる。国際分業も進まない。他国への輸出が事実上困難であれば、どこの国でもグローバル企業は育たない。
 
輸出関税⇒ http://www.paceiniraq.org/export_tax/

輸入関税の税率を高くする場合
輸出国にとって
メリット:輸出国の消費者・購入者にとっては、輸出の減少分だけ潤沢に物資が確保できる
ディメリット:輸出国の生産者・輸出者にとっては、輸出の減少分だけ市場が減少する
全体的に:経済活動は沈静化・縮小傾向に向かう(メリット/ディメリットのどちらに感じるかは、その社会情勢による)
輸入国にとって
メリット:輸入が抑制され、国内事業者は競争者が減り、有利に事業展開できる。物価低下も防止できる
ディメリット:輸入が抑制され、輸入品の価格が上昇する。輸入品を原材料やエネルギー源にしているものの価格も上昇する。
全体的に:経済活動は沈静化・縮小傾向に向かう(メリット/ディメリットのどちらに感じるかは、その社会情勢による)
国際的にみた場合
メリット:競争を抑制できる。コストや品質などで劣位にある事業者も事業活動を継続出来る。後進国の低効率事業も破綻を免れる。
ディメリット:競争が抑制される。コストや品質などで劣位にある事業者も事業活動を継続でき、経営効率の良否による淘汰が進みにくくなる。国際分業も進まない。他国への輸出が事実上困難であれば、どこの国でもグローバル企業は育たない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関税というのは輸出や輸入のときに掛ける税金で、通常、物品によって税率が違います。
なににどの程度の税率を決めるかで、効果の出方は違います。
単に、税率ゼロと税率500%というようなことでメリット/ディメリットを考えても、現実的でなく、ほとんど意味はありません。
架空で考えるだけなら、次のようなのはどうでしょうか。
例えば、国内では関税は完全にゼロです。
この状態でのメリット、ディメリットは何でしょうか。それを考えてみてください。
次に、他県との県境を越えるときには25%の税がかかり、他の市との市境を超えるときには5%の税が掛かる状態を考えます。現状と比べて関税が高率になった状態です。
おそらく、相当数の商品の税込み価格が上昇します。市内や県内の商品はそれに比べれば安価です。購入者は市内や県内の商品を購入するでしょうから、市内、県内の事業者の売上や生産が増加します。そうするとシャッター通りやさびれて倒産しそうだった中小事業者も息をを吹き返します。失業していた人や就職先を探していた人も就業して給料が得られるようになり、地域経済は再生に向かいます。日本全国の4工場で生産して全都道府県に販売していた事業者は、(生産効率は下がりますが)工場などの規模を小さくして地方都市単位で事業できるような戦略に変更します。その結果、(東京周辺だけが活気があり、地方はさびれる)状況は変わります。
世界レベルで考えても似たことが言えます。
中国が世界の工場になり、多くの国では生産が難しくなり雇用機会もなくなるということは、関税がなく、その他の貿易障壁もないときに起きます。
関税を全て60%,80%とすると、国際貿易は大幅に減り、グローバル企業は事業戦略を変更しなければならなくなり、国別の地産地消になって各国の国内産業ができて就業機会が増えます。その代わり地産地消らしく価格は上昇します。
“適当に関税がある”とその辺りのバランスがとれます。しかし、どこが適当なバランスなのかは立場立場で意見が分かれます。
とても大事な視点は、【価格が上がるか下がるか、安価にものが買えなくなるか、生活が苦しくなるか】ではないのです。ある地域社会で産業や事業がなくなるということは、社会が社会として存続できないということなのです。自営で農業、漁業、商店、工務店をやるにしても、勤め人として働くにしても、そうした事業や産業が継続できなくなったら、その社会はお終いです。価格がある程度高くなっても、生計費がますます圧迫されたとしても、地域での事業を存続させないと、社会そのものがダメになってしまいます。
問題は簡単ではないのです。日本はエネルギー、鉱物資源、穀物などほとんどのものを海外に依存しています。貿易がとまっても国内でまかなえる状態にはないのです。
(いま、輸出で稼ぎ、それで利益を出せている事業)がダメになるような関税のかけ方をしたら日本が成り立たなくなるのです。(今輸出できていない事業)がさらにダメになるになるような関税のかけ方をした場合は、産業の空洞化や雇用機会の一層の減少をもたらします。
基本的に、人々が働いてその成果を海外に売って、その稼ぎで、必要なものを輸入するしかない状況を認識することが大事です。関税も、その辺りを考えてバランスをとらないといけないんです。
では、丁度良い関税のかけ方は、高過ぎる関税とは、低すぎる関税とは、これにみんなが同意できるものはないのです。

輸出関税の税率を高くする場合
輸出国にとって
メリット:輸出が抑制され、国内物資を潤沢にでき、物価を抑制できる
ディメリット:輸出が抑制され、市場が制限され、物価が下がる
全体的に:経済活動は沈静化・縮小傾向に向かう(メリット/ディメリットのどちらに感じるかは、その社会情勢による)
輸入国にとって
メリット:輸入が抑制され、国内事業者は競争者が減り、有利に事業展開できる。物価低下も防止できる
ディメリット:輸入が抑制され、輸入品の価格が上昇する。輸入品を原材料やエネルギー源にして...続きを読む

Q需要曲線の均衡価格の求め方を教えてください

ある問題でこのように出されました。

D=100-p
S=3p
と書かれていました。また、縦軸は価格で横軸を数量とするとなっています。
問題はグラフを描いて、均衡価格と均衡取引量を求めないさいというものです。

私は数学を2~3年やっていなくて、まったく分かりませんでした。友人は「たぶん、中学2年生レベルの数学でできるよ」と言われたのですが、それでもわからなかったです。

どのように求めればよいのか教えてもらいたいです。答えは自分で頑張って求めてみます。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

均衡価格は需要量と供給量が一致する価格ですから
D=Sとなればよいわけですよね。
なら
Dつまり100-pとSつまり3pが等しいという方程式を解けばpが求められるはずです。
次に求めたpを元の式に代入すればD=Sの値つまり均衡取引量が求められるでしょう。


人気Q&Aランキング