だんな様が頚椎ヘルニアと診断されました。
4番目と5番目の間の骨が神経にさわっているらしく ぎりぎり手術は受けなくてすむだろうといわれ2週間の入院。
しかし肩から手の先までの痛みと痺れは全く改善されず ブロック注射も効果なし。痛み止めの座薬を入れても 夜も寝られない状態が1ヶ月続いています。
MRIの状態より 本人の痛みの方がひどいようで、もう手術するしかないと言われたのですが・・・。
 そこで 頚椎の手術についてのリスクと成功率。 それと 手術後(リハビリ後)の首の動きがどの程度回復するのかを教えていただきたいのです。
首にボルトを入れて固定するとか聞きました。
とても不安です。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

私は、手術室に勤務しております看護婦です。専門家でもないし、私自身は経験をしていないので、経験話は出来ませんが、手術前・手術中・手術後を見てきて、の事を参考までに・・・脊椎関係の病気で手術するかどうかは、その人の症状によります。だんな様のヘルニアは頚椎ということで、その症状である肩から手の先の痛み・痺れが改善されないとしたらやはり手術をするしかないのかもしれません。ただ、手術をしたからといって絶対治ると思い込んでいたら、そうでない事もあるので、病院選びはしっかりとしたほうが良いと思います。それと、今現在治療されている病気があるとすれば、その病気が手術の時に悪影響を起こす原因になるかもしれないのと、全身麻酔で手術は行われるので麻酔の影響で全身には、かなりの負担があるという事を忘れないで下さい。
 首にボルトを入れて固定する方法は2種類あって、前方固定・後方固定とあります。が、だんな様は、頚椎ヘルニアという事なので、多分前方固定だと思われます。
脊椎関係の手術はとても緊張するんですよ・・・個人的な感想ですが。
 だんな様が手術をする事に対してとても不安に感じてしまうのは当然のことと思うのですが、一番不安に思っているのは当本人であるだんな様だと思うのです。家庭の事・仕事の事・これから先の人生の事・・・挙げればきりが無いのですが、まずは、信用できる病院を見つけて、信用できる医師を探してください。
 頑張ってくださいね!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。 
やはり盲腸などの手術とは違って その後の状態においても家族として覚悟がいるということがわかりました。
だんな様は 入院していた病院を退院し べつの頚椎で有名?といわれる病院で診ていただきました。
前の病院ではすぐ手術と言われたのですが 今回のところは 後1ヵ月半ほど
様子を見てそれから決めましょうとのことでした。
ボルタレンの座薬でも痛みが消えないので それと併用して少し強い痛み止め
をもらって帰りましたが やはり痛みは少しも改善されないようです。
おっしゃる通り 本人が一番つらいはずですね・・・
私も主人の前ではど~んと構えているつもりですが やはり不安で。
でも もうちょっとしっかりしなければ と思えました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 16:25

椎間板ヘルニアの手術というと椎弓切除(ラブ法)と前方固定術がありますが、頚部ということですから『前方固定術』でしょうか?



専門外ですが、関連URLがありましたので書き込みます。
ただ、神経症状の出現から期間が長いと手術でも改善されない例が相当あるということは知っておいてください。

専門外なので一般人としての回答です。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~tomos/document/icspin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 
自分がいろいろ調べた範囲では 割にいいことしか書いていなかったようですね・・・ 
手術の方法など読ませていただきましたが 私が思っていたよりもっと大きくリスクも高いようです。
子供がまだ1歳半なのですが この手術をするとだんな様はきっと仕事どころではなくなるのでしょう。
他の病院でも観て頂く事も含めて いろいろ考えなければ と思います。 
通っている病院の先生よりも 詳しく教えていただいて 本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/27 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 頸椎椎間板ヘルニア<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    頸椎椎間板ヘルニアとはどんな病気か  頸椎は7個の椎骨で構成されていますが、第1頸椎は環椎(かんつい)、第2頸椎は軸椎(じくつい)と呼ばれ、第3頸椎以下とはまったく異なる形状をしており、椎間板が存在するのは第2頸椎以下です。  椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしますが、クッションの表面が破れた状態、すなわち椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアで...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頸椎の椎間板ヘルニアは安静で治りますか?

寝起き首の激痛で病院に行きました。

頸椎の椎間板ヘルニアと診断されました。
首の第6と7番目が飛び出ていて神経を1本悪さしているという説明でした。
症状は片側の肩の痛みと同側腕の痛み、親指・人指し指・中指の3本の痺れです。特に人指し指の痺れがひどく張った感じがあります。

病院ではこの程度の症状なら薬で治る場合もあるとのことで、現在痛み止めと筋肉を和らげる薬を飲み安静にしています。

医師が嘘をついているとは思っていませんが、本当こんなものなのでしょうか?
また私の様な低度の症状の治療方法が他にあれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヘルニアは自然治癒することが分かっていますので、基本的には保存療法で進めています。保存療法で効果が認められなく、症状が強ければ手術という方法もあります。

一般的な保存療法は薬(神経の回復を促す薬、末梢神経に作用するお薬、痛みを取るお薬、ステロイド)、ブロック注射、電気や牽引などリハビリ、鍼治療などです。


ご自分ではまず枕が大事なると思います。枕とは医学的に見て結構重要なアイテムで、けしておろそかには出来ません。ですから当然選ぶ時も正しい 知識を持って、じっくり選ぶ必要があります。これを誤れば、寝違い、慢性的な肩コリはもちろんですが、変形性頚椎症など、頚椎の退行変性を早めてしまう可能性が非常に高いわけです。 「全身性の疾患の原因に成りうる」 と説く医師もいるほどです。

では 「最適な枕とは?」 ですね。枕の選びの条件は以下のとおりになります。

・少し厚みがあるもの
・波型など形がついていないもの
・頭の重みで形が変わるもの
・寝て気持ちがいいもの

高さの簡単な目安は横向きに寝たときに、頭が真っ直ぐになる高さ(上がったり、下がったりしないもの)がいいとされています。素材は個人的にそば殻が優秀だと思っています。低反発や高反発は避けたほうが良いかもしれません。しかしどんな素材でも経年のへたりが出てきます。数年おきに新しいものに 変えるのも重要です。

ではどうして低すぎる枕、形の付いた枕や枕なしがダメかご説明します。これらの方法で仰向けにねると、頚椎は前に膨らむようにカーブしてしまいます。頚椎には全身に行く神経の束、脳に行く動脈などがあります。この状態はそれらの走行を妨げる結果になります。例えば頚を上げるような高所の作業は、短時間でも辛いですし、長く続ければ手の痺れ、立眩みなど起こりえます。きっとご経験している方も多いと思います。ここまで極端ではなくても、似たような状況を作り上げる結果になっています。毎日何時間も頭を支えるものですから、その影響もとても大きなものになります。


整体やカイロプラクティックなどは無資格なので大変危険が伴います。これは厚生労働省も警告していますので絶対に行かれないでください。整骨院(接骨院も同じ)はケガを治療するところなのでヘルニアは専門外です。行かれるなら鍼治療がいいでしょう。

鍼は治療の持続効果も長いので、週一回ほどの施術でも十分効果を出せます。病院の治療(お薬、リハビリ)との相乗効果も望めますので、病院の治療と並行して行うようにしましょう。また鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりはしないので実は体に一番やさしい治療方法になります。ただ、中にはマッサージや整体のようなことをしたがる施術者もいますから、病院で病名を言われた、骨や椎間板に異状がある、といわれた方は治療の前にしっかり伝えておきましょう。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

ヘルニアは自然治癒することが分かっていますので、基本的には保存療法で進めています。保存療法で効果が認められなく、症状が強ければ手術という方法もあります。

一般的な保存療法は薬(神経の回復を促す薬、末梢神経に作用するお薬、痛みを取るお薬、ステロイド)、ブロック注射、電気や牽引などリハビリ、鍼治療などです。


ご自分ではまず枕が大事なると思います。枕とは医学的に見て結構重要なアイテムで、けしておろそかには出来ません。ですから当然選ぶ時も正しい 知識を持って、じっくり選ぶ必要があ...続きを読む

Q頚椎症の手術後の後遺症について

変形性頚椎症で今年の9月に頚椎6番、7番の前方固定術を行い、10月に頚椎5,6番の椎間板ヘルニアの手術を行いました。今現在、退院して、仕事も復帰しておりますが、首から背中の痛み、手足の痺れ等、改善されておりません。主治医の先生からは、冷えから来ているのではないか、痺れも2~3ヶ月もすれば、直ると言われました。術後約2ヶ月なので、このような症状は、当たり前なのでしょうか。痛くて、まともに寝れません。
頚椎の手術をされた方、あるいは、専門の方、ご意見の程、お願いいたします。

Aベストアンサー

私は8月に頚椎5,6番の外傷性ヘルニアの前方固定手術を行いました。私の場合は症状がかなり酷く両腕の痺れのとれる確率60%痛みは時間の経過とともに無くなるとのことでした。手術前の説明では低い確率ですが場合によっては症状が改善せずしかも酷くなることもあると聞きました。

術前よりは遥かに良くなりましたが、両腕の痺れと一部の痛み握力低下 指の麻痺が今も残っており(痛みは日付薬で取れるそうです)、飲み薬で誤魔化しています。今だ仕事にも復帰出来ていない状況です。(気候で痛み加減もかなり違います)
この状況でも外科手術的には大成功だそうです。
(症状が進行せず改善がみられている、圧を取り除けた)
神経に傷が付いている場合は完全に修復することがないので私の様に後遺症が残るらしいです。
※この手術は症状が進行しないと言うのが一番の目的のようです。
治療がんばってください。

Q2年前に頚椎症性脊髄症で手術。今も痛みが酷い。治らないのでしょうか?

叔父が頚椎症性脊髄症で、2年前手術しました。
術前の症状は、足の痺れで躓きやすいが歩行はでき、手も指2本ほどが痺れているという状態でした。
他には、腰や首に痛みがあり、全身に倦怠感がありました。
手術は成功しましたが、この手術は進行を抑えるのが第一で、急激に良くなる事は無いので、気長に様子を見るようにと言われ、定期的に通院しています。
しかし、2年経っても症状はよくならず、むしろ、首の動きが悪くなり、さらに手術し長期入院の成果がないことにガッカリし最近は塞ぎこむことも多くなりました。
主治医に相談しても、それは仕方ないと言われるみたいで、解決にならないようです。

叔父は60代で、独り暮らしで、現役で働いていますが、体調がおもわしくないことと、精神的に気力を失っているために、仕事をやめたいと考えているようです。
退職してゆっくりして欲しい気持ちもありますが、今の叔父は友達に誘われても出かけようとしないし、家にいても読書などもせず、食べることにも楽しみが無く、ただ憂鬱に時が過ぎるのを待っているような状態なので、仕事をやめて、独りで家にいたらどうなるのだろうと心配しています。
うつ病なのかもと心配し、それとなく精神科や心療内科に行ってみてはと言ってみたのですが、その気になりそうにありません。

とにかく、今はまず、身体の痛みをどうにかできないものかと思っているのですが、叔父が手術した病院は、頚椎症性脊髄症に関してはこの地域で一番と言われている所で、手術するまであちこち病院に行った末にたどり着いたところなので、近場の他の病院に行っても解決しそうにありません。
全国的に見たら、解決できる方法はあるのでしょうか?
それとも、上手く付き合っていくしかない病気なのでしょうか?
教えてください。

叔父が頚椎症性脊髄症で、2年前手術しました。
術前の症状は、足の痺れで躓きやすいが歩行はでき、手も指2本ほどが痺れているという状態でした。
他には、腰や首に痛みがあり、全身に倦怠感がありました。
手術は成功しましたが、この手術は進行を抑えるのが第一で、急激に良くなる事は無いので、気長に様子を見るようにと言われ、定期的に通院しています。
しかし、2年経っても症状はよくならず、むしろ、首の動きが悪くなり、さらに手術し長期入院の成果がないことにガッカリし最近は塞ぎこむことも多く...続きを読む

Aベストアンサー

脊椎のオペは症状改善の最終手段として行われるもので、
他の治療法で改善せず、悪化してきて初めて選択されます。
なぜかを2点ほど挙げると、
背骨には神経の束が集まっていて手術には危険を伴うということ。
もう1つは手術をして改善するという確率が低いことです。
ただ、年齢、症状的にオペを選択されたのは間違いではない
と思います。その可能性に多くの人が期待して実際に少しでも回復
されている方は沢山います。
長い間圧迫されてきた神経自体が痛んでいるため、除圧しても
なかなか改善せず、むしろ手術の侵襲によって組織の癒着などで
術後のほうが辛く感じる方もいます。
結論は、まず選択された病院は問題ないと思います。それが今の
医療の限界です。
つまり付き合っていくと思っていたほうがいいと思います。
そういう辛い思いしてる方は大勢いらっしゃいます。
叔父さまは術後の改善をきっと期待されていたのでしょう。本人が
一番辛いですから。
今できることはやはりメンタル面での周りの支えと、ご本人が
前向きになるよりほかしかたないと思います。
残念ですが病院を変えればどうこうなるものではないですからね。

脊椎のオペは症状改善の最終手段として行われるもので、
他の治療法で改善せず、悪化してきて初めて選択されます。
なぜかを2点ほど挙げると、
背骨には神経の束が集まっていて手術には危険を伴うということ。
もう1つは手術をして改善するという確率が低いことです。
ただ、年齢、症状的にオペを選択されたのは間違いではない
と思います。その可能性に多くの人が期待して実際に少しでも回復
されている方は沢山います。
長い間圧迫されてきた神経自体が痛んでいるため、除圧しても
なかなか改善せず...続きを読む

Q頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。

去年の夏あたりから、首に痛みがありました。その後通院をしていて、今も通院しています。

その去年の夏、あまりの首の痛さに、MRIを取ったんですが、そこの病院にはMRIがなく、他の病院で取ってきたMRIを病院で見てもらいました。

診断は頚椎椎間板ヘルニアだったのですが、手術するほどでもないし、そんなに圧迫している様子もないとのことで、痛み止めの薬とザルソ?とかいう血管注射でここまできています。

もちろん、薬は何度も変わりましたし、痛みが消えることはありませんでしたので、MRIを取った病院に行きました。

やはり頚椎椎間板ヘルニアで、両腕が過敏になっていて、力が入らない、頭痛、首の痛みが出てもおかしくない状態(MRIでは6番と7番の間にヘルニアが見られるらしい)だそうです。結果的には、痛み止めしかないということでしたが、金銭的にもきついし、精神的にもきついです。

どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

辛いでしょうね…私は頸椎症でC5-C6を前方固定術でもう何年も通院して服薬生活をしてます。多分もう一生このままか…加齢で悪化か…予測つきません。医療費は毎年とてもかかりますし病状で仕事も転職。頸椎は症状が重ければ外科療法や安定してれば温存療法など色々ありますがまず治ることはありません。筋力を落とさず無理をしないことでしょうね…後この病気の影響で別の症状も多々出てきますので健康管理が大切です。お大事にして下さい。

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む

Q頸椎ヘルニアを手術以外で治す方法は?

頸椎ヘルニアと診断されて1年です。レントゲンでは、神経に触っていないそうですが 手足のしびれに悩まされています。手術以外で、何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

ちょうど6年前の昨日、頚椎ヘルニアの急性期の症状が出た者です。
5,6のあたりに神経を圧迫して腫れている様子がMRIにて確認されたため、CT検査は行わず神経ブロック注射を1度だけして、後は処方薬を2年間飲み続けてました。私の場合、首に衝撃が走ったその瞬間から左側腕全体と指先に今まで感じたことのない痛みとしびれを体験しました。現在もその後遺症なのか、左手親指にしびれ(麻痺ではなく、ジンジンとした感覚障害に近いものです)が残ったままでおります。首のほうの直接の痛みは時々ずんとした重みのある痛みを、天気の変わり目などに感じる程度で済んでいます。ちなみに足への影響はありません。(症状が出る約2週間前に原因不明の、右足太もも全体の感覚麻痺がありましたがわずか2,3日でなおってしまったため、頚椎由来かどうか不明です)

私の場合、しびれだけでなく(仕事上必要な範囲の)力が入りにくくなってしまい、また急性期を過ぎてもしびれや神経痛、頭痛(首を守るために肩こりがかなりひどかったようです)に悩み、精神的に参ってしまって仕事を辞めてしまいました。仕事の負荷が減れば、しびれも自然によくなるだろうと自己判断したのですが、一向に良くならず、急性期から5年を超えてやっともう一度、詳しい検査をして今の状態(ヘルニアの具合)が知りたくなり、都内の某病院にて頚椎ドックを受けました。(問診表記入、骨密度検査、X線、MRI、CT撮影)そして、長年ヘルニアだと思っていたのが、変形性頚椎症であることがわかり、左側の神経紺の圧迫も、素人の私が見ても心配になるほど細くなってましたが、(実はさきに精神科にてうつと診断されていたので1年半ほど治療中なのですが)今飲んでいる薬の種類を変えてしばらくした時、しびれが日に日に、でも本当にわずかなペースなのですが軽くなってきまして、その事をドックを受けた医師に話したところ、私の場合は手術は適当でないからしません、とはっきり言われました。

なんとなく腑に落ちなくて(外科手術で良くなると思い込んでいたため)自分でネットで変形性頚椎症を調べていくうちに、聞き慣れない言葉ですが「ミエロパチー」という、脊髄障害のことをさす言葉のカテゴリーの中にこれも含まれていることに興味がわきまして、よくよく調べてみるとなんと、たまたま精神科から処方されていた3環形坑うつ薬がしびれの改善治療のために処方されることが分かったのです。自分でも驚きました。5年にしてやっと、しびれが軽くなってきたのはもしかしたらたまたまうつを治す目的で飲んでいた薬のおかげかもしれなかったからです。

話が長くなりましたが、私の知人で同じ頚椎ヘルニアになった人は、そのほとんどが1年ほどでしびれも消え、痛みもほとんどないそうです。私のようにヘルニアでだらだらと痺れが続くようでしたら、変形性頚椎症の可能性もあるのかもしれません。ただし、それは医師が言うにはMRIだけでなくCTを撮らないと分からないんだそうです。またすべての整形外科医が頚椎を含む脊椎に詳しいわけでもないようですし、ミエロパチーという言葉もおもに神経内科で使われるような言葉らしいので、神経症状・神経根症状(しびれも当然含みます)については、神経内科のほうが的確な診断がでる確率が高いのではないかと思われます。

質問者様の場合、足(下半身)にもしびれがあるようなので、それが一番気になる点ではありますが、もしもしびれだけで排尿困難とか、もっと重症な症状がない限り通常は医師も手術を避けるべき、との認識が強いように思います。

私が参考にした、ヤフーの健康コンテンツの中の「ミエロパチー」のぺーじをご紹介いたします。
http://katei.health.yahoo.co.jp/katei/bin/detail?p=%CA%D1%B7%C1%C0%AD%B7%DB%C4%C7%BE%C9&kt=all&t=key&sc=ST020280&dn=2

「一般的な治療法」では薬の例が示されておりますが、私はテルネリンとテグレトールと同系のノリトレンを服用し、なおかつ精神安定剤としてメイラックスを飲んでますがこれは私の頭痛に劇的に効きました。参考までの記述です。

また、同じコンテンツにも書かれておりますが、痺れだけの症状は症状の中でもかなり軽いほうのようです。そしてしびれはずっと残り続ける場合もあると、急性期にお世話になった病院で5年前に言われました。今は薬で少しずつ良くなっているので、この調子で消えてくれればと祈る思いで飲んでいる毎日です。それでもしびれとはまだまだ長い付き合いになるだろうと思い、あまりそのことばかりにこだわらないようにも注意しています。

ヘルニアの手術には、1日で患者を退院させることも出来るような腕のいい方法と手段を持った医師が実際にいますが、私のような骨の形が変形(棘が出来た状態)した場合、同じ手法の手術は出来ないのと、しびれが軽いくらいでは手術はしない、ということだそうです。

文章が大変長くなりましてすみません。神経にまつわる問題ですので、神経内科にかかってみるのはひとつの手段だと思います。時間はかかると思いますが、私のように急性期から時間がたったにもかかわらず薬が効果を表すこともあるからです。
以上、私の経験からのお話はこれで終わりにいたします。
質問者様も、もしかしたら手術は必要ないかもしれません、希望を持って体をケアしていきましょう。お役に立てれば幸いです。

ちょうど6年前の昨日、頚椎ヘルニアの急性期の症状が出た者です。
5,6のあたりに神経を圧迫して腫れている様子がMRIにて確認されたため、CT検査は行わず神経ブロック注射を1度だけして、後は処方薬を2年間飲み続けてました。私の場合、首に衝撃が走ったその瞬間から左側腕全体と指先に今まで感じたことのない痛みとしびれを体験しました。現在もその後遺症なのか、左手親指にしびれ(麻痺ではなく、ジンジンとした感覚障害に近いものです)が残ったままでおります。首のほうの直接の痛みは時々ずんとした重みのある...続きを読む

Q頚椎ヘルニアの後遺症のある方仕事や日常どうしてます

頚椎ヘルニア C5・C6の椎弓整形手術を3年ほど前にしましたが
手の痺れ、握力&感覚低下・反射が悪く日や時間によって歩きづらい。
手術した病院では、メチコバール・ミオナール・ノイロトロピンを処方されれてます。
全般的に反射が悪く、やや歩きにくいので別の医者でダントリウムを処方されてます。
(手術した先生には中々聞いてもらえなかったのと遠方です)

保全の仕事は理解してくてる方と共同でしのいできましたが、
業績悪化で希望退職(解雇)されました。

求人を見てると力仕事か多く、応募するにも気になってしまいます。

術後後遺症の残った人はなんとか工夫してできてるようなものでしょうか?

Aベストアンサー

頚椎ヘルニアに対して椎弓形成術を受けた後の「頚椎症性脊髄症」である可能性が高いように思います。
障害年金が受給される可能性もあるかもしれません。
福祉事務所にご相談ください。

https://nenkin-support.jp/disease/1403/

Q頚椎ヘルニアの治療法or痛み軽減法お教え下さい。

教えて下さい。以前胸郭出口症候群と診断されたのでそれについて質問させて頂き、教えて頂いた様にしていたのですが、自分で調べていくうちに違うような気がしてきまして、本日、再度整形外科へ診察にいき、MRIにて再度検査しましたところ、ヘルニアが発見されました。頚椎ヘルニアです。意味不明な病気ではないかと思っていた自分にとっては、病名がはっきりしてスッキリしたような気がするのですが、これからが戦いだと思っています。とにかく右腕が痛いです。刃物を刺されてグリグリされているようで。腕を取ってしまいたいと思うことも時々あります。今日から医師の指示で首にカラーを巻いて安静だと言われましたが、他に何か治療方法等、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく投稿しました。当方はデスクワークが主です。手術だけは避けたいと思っています。長文になりましてすみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は2000年頃に頚椎ヘルニアと診断されたあと、数年立っても片側の腕(左)から指先にかけての神経痛や指先の痺れが治らず、別の病院にて再検査した時に「変形性頚椎症」と診断された者です。

急性期(突然激しい痛みに襲われて、MRIの結果神経根の圧迫が確認された時)は私の場合痛みがあまりにひどく、ブロック注射をきっかけにして痛みをとる治療を受けました。牽引は「する」と言われていたのですが、結局一度も牽引を受けることなく今に至ります。私が聞いたところ牽引も人により効いたり効かなかったりするそうで、必ず牽引するものでもないという説明を看護士、リハビリ士から聞きました。

質問者様、痛みはどのくらい続いているのでしょう?突然痛みが強くなった場合は神経が炎症を起こして激しい痛みを発してますので、一にも二にも「安静」しかないと思ってください。激しい痛みが続く場合は私のように「神経根ブロック注射」という、痛みの神経に直接麻酔を打つことで痛みの伝達を一時的に「ブロック」させ、脳みそに「痛みは治った」と思わせて痛みをとる方法があるので、医師からそれを勧められることもあるかもしれません。私は1度の注射で痛みが激減しました。人により2度3度受ける方もおられるようですが。

頚椎への手術は下肢に麻痺とか、排尿困難等が出ない限り絶対に手術にはなりません。と言うか、医師も患者も共にリスクが高すぎるので手術しにくいと言うのが本当のところのようです。ですので手術に関しては何も心配なさらなくても大丈夫かと思います。

片側の腕だけ、しつこい痛みが残るような場合、先に述べたブロック注射は「ペインクリニック」というところでも受けられるので、それを積極的に利用する人もおられます。整形外科では頚椎のヘルニアや変形性頚椎症などの場合、治療とはいってもせいぜい神経に良いとされるビタミン剤とか、首周りの筋肉のこわばりをとって痛みを和らげる目的の筋弛緩剤とか、シップや頚椎カラーで固定ぐらいでしか対応できないと言うのも現実のようでして…。私は「鍼灸治療」をある整形外科医より勧められたこともあり、しばらく通って主だった痛みや神経痛を大体それで良くすることが出来ました。※神経根の炎症が治まってからの治療方法のひとつです。炎症が治まれば温熱療法も効果があるかと思います。

我慢できる程度の時々の強めの痛みは、私は市販薬の塗る液体タイプのものを使用することもあります。テープかぶれしやすいので長時間貼るタイプのものが苦手なので、最近の塗り薬・結構効きが強いのでそれで手軽に痛みを軽くしたりします。処方薬として同じような塗り薬を出される場合もあると思います(私がそうでした)。

長々と書いてきましたが、今は主治医のおっしゃるとおり「安静」期と思って、痛みでこわばっている肩や首を楽にしてあげるのが先です。もし本当にヘルニアならば、痛みは必ず治まり、治っていくと思われます。私の頚椎ヘルニア仲間の友人たちはほとんどが何の後遺症もなく治っております。私のように痺れや痛みがずるずる続く場合は頚椎の関節にとげが出来て、それが神経根を圧迫させる「変形性頚椎症」の疑いもあるかもしれませんが、その場合でも大きな痛みは必ず取れてきます。私はしびれや神経痛との付き合いは余儀なくされましたけど、普通の生活ではほとんど困ることがないのでそういう意味でも、これ以上悪くなるはずがないと私は思うのです。

痛いときが一番苦しい…とってもお気持ちわかります。何かして早く治したいと思ってあせってしまうんですけれど、ここはじっくり自分の体と向き合って、体の状態を受け入れてあげて、ゆっくり治していって欲しいと切に願います。少なくとも痛みは必ず引きます!これだけは断言できますので…。どうかお大事になさってください。早い回復をささやかですがお祈り申し上げます。

私は2000年頃に頚椎ヘルニアと診断されたあと、数年立っても片側の腕(左)から指先にかけての神経痛や指先の痺れが治らず、別の病院にて再検査した時に「変形性頚椎症」と診断された者です。

急性期(突然激しい痛みに襲われて、MRIの結果神経根の圧迫が確認された時)は私の場合痛みがあまりにひどく、ブロック注射をきっかけにして痛みをとる治療を受けました。牽引は「する」と言われていたのですが、結局一度も牽引を受けることなく今に至ります。私が聞いたところ牽引も人により効いたり効かなかったりするそ...続きを読む

Q頚椎症性神経根症の治療方法は?

首から肘や腰まで痺れて痛く整形外科へ行くと頚椎症性神経根症と診断されMRI検査でそうでしょうと言う事で今後は薬物治療で仕事は続けても良いが、良くはならないけれど悪化はして行くと思いますと言われ、薬を飲んでも痛みはあり大分初めよりは痛みは和らいでいますが、仕事をしていると痛みがあって特に首は耳の後ろ辺りから肩にかけ吊るような痛みがありデスクワークは出来ましたが、辛い日もあり今後仕事をしていくのに将来の体を考えると少し休養してからの方が良いか、休養してもこの病気は良くなるのか解らないのです。仕事も就いたばかりでなかなか通院となっても休めない状況なのです。(有給が無い会社なんです)どなたかこの病気の事お解りになる方はいませんか?
どんな病院へ行けばよいかなどアドバイスもお願いします。

Aベストアンサー

つらい病気ですね。おいくつなのかわかりませんが、もしあなたが30代や40代なら頚椎症がなぜ起きたのか、骨代謝異常や職業的な姿勢などの問題、栄養摂取上の問題も考えないといけないかもしれません。簡単な骨密度などは測定されましたか?頚椎の変形が進むと神経を圧迫し、末梢神経症状が出るのが神経根症で、ひどくなれば手術(骨を削り神経圧迫を取り除く)などの適応もあると思いますが、その辺は整形外科の先生とよく相談された方がいいでしょう。結論はすぐには出ないことが多く、経過を見ながら、生活との兼ね合いなども考慮して手術などは判断されると思います。ただ、痛みについては、ペインクリニックを紹介してもらい、受診することをお奨めします。ペインクリニックは麻酔科医が行う痛み専門の診療で、神経ブロックや薬物療法の組み合わせで痛みのコントロールを行うところです。頑張って下さい。

Q頚椎ヘルニアの名医・名院を教えてください(首都圏)!

父がもう2年ほど頚椎ヘルニアで通院しております。牽引や痛み止めの薬で毎日を凌いでいるようですが、貰って帰ってくる薬の量も半端ではなく、こんなに飲んで逆に体に害が出ないのかと心配になるくらいです。腰椎のヘルニアがレーザー治療で完治したという知人がいるのですが、頚椎の場合は首には様々な神経が集まっていて危険なのか、父の通っている病院には技術的に不安なところがあるのかレーザー治療は体裁よく断られたといっていました。最近は左手が痺れてきているようです。最近カイロに通いはじめたようなのですが、先程このサイトの過去問で、カイロや整体は危険だというのを読んで血の気が引いております。そこで伺いたいのが

1.頚椎ヘルニアにレーザー治療は危険か
2.危険ではない場合、関東圏での専門医と平均的な費用
3.カイロや整体よりも鍼灸治療のほうが効果があるのか

です。どれか1つでも構いません。滅多に痛いなどといわない父が辛そうにしているのが非常に不憫です。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

回答に添えませんかもしれませんが私は頚椎症と椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアも治りませんが、腰を引っ張ってもらいヘルニアが神経に触れないようにしています。特に暖める様にしています。頚椎症もネックストレッチというゴム製のもので首を時々引っ張っています。ヘルニアは治りませんが、引っ張ることで飛び出している軟骨が少しへこみ神経に触らなくなり楽になります。
3~4千円でHPで購入できます。
私も頚椎症の時初めは多量の痛み止めなどを貰いましたが全く効果なく、他の医者に言ったら引っ張ってくれました。私の場合は当日直ぐに痛みがなくなりました。
頚椎の手術は危険すぎるかと思います。物理療法でトライしてください。医者を変えるのが無難です。
整形外科でレントゲンは撮っても意味が無いので断って下さい、お金がかかるだけで何も判りません。
椎間板ヘルニアも手術はしないようにと医者に言われています。危険すぎるからです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング