「縦横高さ」は英辞朗には height, width and breadth と出ていました。widthもbreadthも幅という意味ですが、普通どちらが幅でどちらが奥行きのほうをあらわすのですか。ちなみに「奥行き」はdepthと出ているのですが、よけい混乱してしまいました。よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 もちろん「height, width and breadth 」といった表現もあるのでしょうが、わたしが関係している家具や機器類の分野の場合には、英語で書かれた欧米のカタログをはじめ国内でもほとんど Height ・ Width ・ Depth の表現が使われていて、H・W・Dと略されています。

この世界では Breadth という表現はこれまで一度も見たことがありません。

 また、たとえば自動車の場合には通常 Length ・ Width ・ Height の組合せが使われていて L・W・H と略されていますし、ドアのようなものの場合には Height ・ Width ・ Thickness の組合せになり、H・W・T と略されています。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Height ・ Width ・ Depth ですね。英語の家具のカタログを見たことがありませんのでとても参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/11/02 00:32

たんすのように前と後ろがきまっているものに関しては


正面から見て正面の幅がWになります。

が、スチール棚や長方形のテーブルのようなもの(四方向からみて幅が二種類っていみ)の場合は便宜上幅の広いほうがWになりますね。

あくまでも表示の問題です。

縦長に使えばDのほうが大きい数値になってしまいますから。

15年前は棚屋さんより
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正面の幅がwidthですね。ありがとうございました。とてもよくわかりました。

お礼日時:2005/11/02 00:28

専門分野で用語が違うのかもしれませんが、国際運送では一般に、縦、横、高さはLength, Width, Heightと用います。

略号はLWH。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Length, Width, Heightですか。わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/11/02 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QANDゲートを英辞朗で引くと

ANDゲート ;《コ》
AND gate

とありました
《コ》の意味を教えてください

Aベストアンサー

「コンピュータ」です。
下記URLで、「データ仕様」の一番下に凡例があります。

参考URL:http://www.eijiro.jp/e/index.htm

Q英辞朗の効果的な使い方・単語帳作成

英辞朗を使用していますが、
一度調べた単語をどんどん登録していって、
まとめてあとで見るという方法は
できないのでしょうか??

またその登録したデータをほかのPCに持っていくということは可能でしょうか。

その他、英次郎を使用した効率的な学習方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

英辞郎ではありませんが、姉妹本の「学辞郎」でできます。
新しい単語を登録でき、単語ごとに難易度ランクをつけられます。もちろん、検索機能もあります。

Qas tall as/the same height/identical in height

1) Jack is as tall as John.
2) Jack is the same height as John.
3) Jack and John are identical in height.

この文は厳密に言うと同じ意味なのでしょうか。私の考え方:
このような使い方においては、as ... as = the same = 程度が同じ(くらい) = 全く同じではない
identical = 全く同じ = 寸分も違わず
つまり、1)と2)と3)を同じにするには、
1) Jack is exactly as tall as John.
2) Jack is exactly the same height as John.
3) Jack and John are identical in height.
となります。
もしくは、
1)と2)を変えずに、3)を Jack and John are almost identical in height.
とすればよい。ちなみに、Jack is as tall as John. = Jack is either equal to John in height or taller とする英文学者もいます。従って、同じくらいであっても、小さくはならないということでしょうか。

皆さんはどう思われますか。

1) Jack is as tall as John.
2) Jack is the same height as John.
3) Jack and John are identical in height.

この文は厳密に言うと同じ意味なのでしょうか。私の考え方:
このような使い方においては、as ... as = the same = 程度が同じ(くらい) = 全く同じではない
identical = 全く同じ = 寸分も違わず
つまり、1)と2)と3)を同じにするには、
1) Jack is exactly as tall as John.
2) Jack is exactly the same height as John.
3) Jack and John are identical in height.
となります。
も...続きを読む

Aベストアンサー

>ちなみに、Jack is as tall as John. = Jack is either equal to John in height or taller とする英文学者もいます。従って、同じくらいであっても、小さくはならないということでしょうか。

○ 個人的には、この考え方に賛同したいと思います。

○ おそらく意識されることはほとんどないのでしょうが、本来は「as ... as ~」には「(~よりも上か)少なくとも同じだ。」という意味が含まれていた(または含まれている)のではないかと思います。

○ 実例が見つからないので説得力がいまひとつだとは思いますが、実際に使われている英文から根拠となりそうなものを2つほど挙げておきます。

○ まず「Jack is not as tall as John.」という英文で考えてみます。これは、特別な読み方をしない限り、「Jack is shorter than John.」と同じ意味を表していると考えられます。それは、すなわち「JackがJohnと同じくらいの背の高さではないこと」と「JackがJohnよりも背が高くはないこと」の2つのことを示していることになります。したがって「Jack is not as tall as John.」の英文から「not」をとれば、「Jack is as tall as John.」と「Jack is taller than John.」の2つの意味が残ることになります。すなわち「as ... as ~」には「~と同じか、または上である。」という意味が含まれていると推測できます。

○ 次に「Jack is as tall as any boy in his class.」の英文を考えてみます。ご存知のように「Jackはクラスのだれにも劣らず背が高い(一番背が高い)。」という意味になります。すなわち、ここで使われている「as ... as (any) ~」には、やはり「(どんな)~と比較しても同じか、または上である。」という意味が含まれていることを示しているのではないでしょうか。

○ 以上の2点から「as ... as ~」には「(~よりも上か)少なくとも同じ程度である。」という意味が内在している(または本来は内在していた)と考えることができるのではないでしょうか。(もっとも、現在ではNativeでさえ、そのことを意識している人はいないでしょうが・・・。)

>ちなみに、Jack is as tall as John. = Jack is either equal to John in height or taller とする英文学者もいます。従って、同じくらいであっても、小さくはならないということでしょうか。

○ 個人的には、この考え方に賛同したいと思います。

○ おそらく意識されることはほとんどないのでしょうが、本来は「as ... as ~」には「(~よりも上か)少なくとも同じだ。」という意味が含まれていた(または含まれている)のではないかと思います。

○ 実例が見つからないので説得力がいまひとつだと...続きを読む

Qby a hair's breadth

こんばんわ。

「by a hair's breadth」=「間一髪」というフレーズが本に載っていたのですが、普通に英会話の中とかでも使える表現なんでしょうか?

何となく、「間一髪」の髪をそのまま英語でもhairを使っていることが不思議というか…と思ってしまったので。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通に使えます。

“hair's breadth”は、英英辞典で「非常に小さな量または短い距離を表す様」という旨の意味が紹介されています。ご指摘の通り、髪の毛の幅の狭さからの喩えという意味では、日本語と全く同じ発想です。(ひょっとするとどちらかが語源になっているのかも知れません。いずれにせよ、髪の毛の幅を“ぎりぎり”の喩えとして持ち出すのは、洋の東西を問わず自然な発想だということなのでしょう。)

ちなみに、「by hair's breadth」に関連する表現として、「within hair's breadth of …ing」(間一髪で……するところだった)というのも考えられます。

Qto a depth of at least twelve miles

ある村で狐狩り(英国風)が行われる場面のことです。
Four cross-roads met in the village of Gurraghoo; and every one of the four drew, to a depth of at least twelve miles, from the countryside all that were able to take part in the quest and pursuit of a fox.
村に四本の道が交差していると思うのですが、その四本の道を村の外の田園地帯から狐を追いかけてくるということだと思います。ですがand every one of the four drew, to a depth of at least twelve miles, の意味が解りません。12マイルも沈み込むとは考えられません。
どうかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

Four cross-roads met in the village of Gurraghoo; and every one of the four drew, to a depth of at least twelve miles, from the countryside all that were able to take part in the quest and pursuit of a fox.

粗っぽく訳しますと

4本の道が Gurraghoo村で出会っていた。そしてその4本の道の1本1本が、少なくとも12マイル離れたところまでの田園地帯から、キツネを追い求めることができる人間をすべて引き寄せた。

となると思います。

村は一応、人が集住していますので、そこから離れれば離れるほど "country" (原・自然)的になっていきます。それを deep という感覚で捉えているわけです。Deep South(深南部)というのと似た感覚ですね。日本語で言うと「奥」という感じです。to は程度を表す用法と思います。at least をつけているのは、ひょっとしたら15マイル先の人間も全部来ているかもしれないが、自分の確認しえた限りでは、12マイル四方のキツネ狩好きは1人残らず来ていた、ということでしょう。

以上、ご参考になればと思います!

こんにちは!

Four cross-roads met in the village of Gurraghoo; and every one of the four drew, to a depth of at least twelve miles, from the countryside all that were able to take part in the quest and pursuit of a fox.

粗っぽく訳しますと

4本の道が Gurraghoo村で出会っていた。そしてその4本の道の1本1本が、少なくとも12マイル離れたところまでの田園地帯から、キツネを追い求めることができる人間をすべて引き寄せた。

となると思います。

村は一応、人が集住しています...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報