ピンホールカメラが作りたいのですが、どうやっていいか分かりません、どんな道具を使って、どう作ればいいのか教えてください。

当然箱が必要となってくると思うのですが、その箱の大きさは、ドノくらい小さいものまでOKですか?出来れるだけ小さいのを作ってみたいので・・・。

またどれ位待ったりとか、現像などこのカメラに関する事なんでも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔の規格で110フィルムというのが有って、その110フィルムがほとんど1眼カメラのレンズ無しのような格好をしています。


110フィルムの感光部にマッチ箱程度の箱を当て、遮光してピンホールを開け、シャッターに遮光性テープを貼れば出来上がり!!
なんとフィルム巻上げに小さな治具を削り出せば(木で作れます)フィルム巻き上げ機構まで出来てしまいます。
撮影が終わればフィルムケースごと現像へ、次回使用のため巻き上げ治具だけ手元に残します。
「写るんです」が発売される前から使ってました、「写るんです」が出たとき110ピンホールの”パクリ”と思ってました。
110フィルムは参照URLを見てください。

製造方法その2。
1眼レフのレンズをとって遮光板を張る(イメージはレンズ穴をガムテープで塞ぐ感じ)
ピンホールを開ける。
ピンホールの位置をカメラから遠くにすると望遠になる。
牛乳パックを2重構造にしてスライド機構を作りしっかり遮光すればズームレンズ??(メチャ暗い)
ファインダーが使える・機種によりTTL測光(ほとんど意味無し)や、メカニカルシャッターが使える。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~hw6k-asi/work01_01.h …
    • good
    • 0

 ひとまずあるHPをご案内します。



 その他「ピンホールカメラ」などでたくさんヒットしますよ。

 ご参考までにどうぞ。

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/r-shade/zatu/zatu_cam …
    • good
    • 0

先ず、どのようなカメラを作りたいのですか?



1 フィルムを使った本格的なカメラ。
2 科学実験で作るような、光の性質を学ぶための、倒立画像が確認できるだけの簡易カメラ。

どちらでしょうか。
それによって、手間も、大きさも変わってきますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピンホールカメラの作り方

 ピンホールカメラを作りたいのですが、印画紙やフィルムの代わりに、いわゆるインスタントカメラ(ポ○○ロイド社など)のフィルムを使ってもかまわないのでしょうか。実際そういった製品も出てるようですが。
その際の注意点(フィルムの選び方や取り扱い方など)ありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポラロイド類の最大の問題は“現像工程をどうするか”です。

インスタント写真には2種類ありますが
そのうちの「引き剥がしタイプ」のものでしたら
少々高価ですが市販の「ポラバック」を利用すればいいでしょう。
撮影済みフイルムを取り出す際に
ポラバックの出口で現像液が湿布されるような仕組みになっています。
パックの価格は4×5判で2~5万円です。

ただ、このタイプのポラフイルムは露出が厳格ですから
ピンホールレンズの明るさ(口径、フランジバック等)を把握していなければいけませんし
それと同時に「露出計」も必要になります。

インスタントフイルムでピンホール撮影をしている人は
たいていこのタイプの8×10位の大判フイルムを使っているようです。

装着そのものは遮光さえできればあとは簡単です
(って、まあ、その“遮光”が難しいんですが・・・)。
フイルムの平面性はポラバックに依存するしかありませんが
元々プロ向けのものですから、一定の基準は満たしているはずです。

また、そもそもパンフォーカスですから
ピンホールレンズとの平行度はそれほど気にしなくてもいいはずです。



もう一つの、いわゆる「撮影後にスッと出てくる」タイプのものは
露出はそれほど厳格なものではありませんが、
フイルムを排出する仕組みをカメラの何処かに組み込まなければいけません。
その機能を持った単独のフイルムバックは市販されていないと思いますから
ポラカメラの現物を犠牲にして分解するしかありません。
あまり現実的ではなく、誰にでも出来るものではなさそうに思います。

ポラロイド類の最大の問題は“現像工程をどうするか”です。

インスタント写真には2種類ありますが
そのうちの「引き剥がしタイプ」のものでしたら
少々高価ですが市販の「ポラバック」を利用すればいいでしょう。
撮影済みフイルムを取り出す際に
ポラバックの出口で現像液が湿布されるような仕組みになっています。
パックの価格は4×5判で2~5万円です。

ただ、このタイプのポラフイルムは露出が厳格ですから
ピンホールレンズの明るさ(口径、フランジバック等)を把握していなければいけません...続きを読む


人気Q&Aランキング