人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お茶を飲むとき、口ですすって飲むと熱くないお茶でもストローで飲むと熱くて飲めませんよね。
すするお茶も、ストローで飲むお茶も温度に大きな差は無い気がするのですが、どうして熱いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「すする」と液体表面に空気(冷たい)が接触し、温度が下がるために、「熱くない」と感じます。

この「すする」ですが、外国の方はできないもしくはやらないそうです。特に麺類の食べ方をみるとはっきり違いがわかります。以前カップヌードルのCMでシュワルツェネガーが「ハグハグ」と、とても食べにくそうにしていましたが、それが「すする」ことができない弊害のようです。
    • good
    • 0

昔ストローでお茶飲んだらストローが溶けました。


^^;

すすると言う行為は、空気の流れを利用してお湯の温度を下げているのです。

空気が流れると、分子が移動するのでお湯に空気の分子がより多くぶつかって温まります。

これによって熱の交換が行われ、お湯の温度を空気の分子が奪って行くのです。

ふうふう吹くのと同じ現象になります。

それと、ストローは溶けると有害物質が出ますからお茶をこれで飲まないようにしましょうね。^^
    • good
    • 0

「すする」動作で自然とお茶を冷ましているのかも知れませんね。

すする時って、お茶と一緒に空気の流れも口の中に入ってきますし。
    • good
    • 0

すする時は、お茶と空気の接する面が増えるので、すこし冷めるんじゃないでしょうか。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスティックは水に溶け出すんですか?

こんにちは。
前にプラスティックは水に少しずつ溶出していくことがあると聞いたことがあります。
もちろん、それを口に入れると体に溜まって害があると聞きました。
それ以来、私はプラスティックにナーバスになってしまって気になって仕方がありません。

例えば、ペットボトルの温かい飲み物は、買ったことがないし、
(温かい方が溶け易くなると思って)
紙コップじゃなくてプラスティックのコップに入った熱い飲み物も飲むのが抵抗あります。
それに、家に景品でもらったコーヒーメーカーがあるのですが、
水を入れるところなどプラスティック部分が多く、大丈夫だろうか、と疑っています。
その他、サランラップは大丈夫?など
本当に気になります。

これらは本当にプラスティックが溶け出していないのでしょうか?

Aベストアンサー

No2の者ですが(こんにちは),ちょっと誤解されているようなので補足しますね.

「プラスチックが溶け出さないから安心」というのは,ちょっと違うんです.むしろ,プラスチックの原料や添加剤が溶け出す方が怖いんですよ.

仮に,プラスチックが溶け出したとしても,通常はあまり毒性の高くない状態で溶け出すんです.しかも実際にはほとんど溶け出しませんから,プラスチックの溶出は問題にならないんですね.

それに対し,残留する原料や添加剤は,確実に少しは溶け出します.しかも,毒性はプラスチックが溶け出すよりもかなり高いです.だから,「プラスチックが溶け出さないから」と言って安心しないで下さい.

で,実際に毒性のある化学物質が溶け出すわけですが,問題はその「量」なんですね.日常生活で普通に摂取してしまう毒物の量と比較して,それほど多くないレベルであると思われます・・・だから,「心配しなくてもいい」ということなんです.

いずれにしても,昭和30年代ぐらいからプラスチックは非常に幅広く使われています.もし,顕著に害があるなら,平均寿命はどんどん短くなるはずです.実際に,そういうデータはありませんので,とりあえずは,過剰な心配は不要だと思うんです.

No2の者ですが(こんにちは),ちょっと誤解されているようなので補足しますね.

「プラスチックが溶け出さないから安心」というのは,ちょっと違うんです.むしろ,プラスチックの原料や添加剤が溶け出す方が怖いんですよ.

仮に,プラスチックが溶け出したとしても,通常はあまり毒性の高くない状態で溶け出すんです.しかも実際にはほとんど溶け出しませんから,プラスチックの溶出は問題にならないんですね.

それに対し,残留する原料や添加剤は,確実に少しは溶け出します.しかも,毒性はプラスチ...続きを読む


人気Q&Aランキング