あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

室内で、ハイドロカルチャーを使って植物を育てたいのですが、
できれば食用にもなるハーブを、と考えています。

室内&ハイドロに適したハーブにはどんなものがあるでしょうか?
また、ハイドロで育てたものを食用にしても問題はないのでしょうか?

A 回答 (2件)

適してるのは ミント類ですね



ゲッケイジュもきっと出来ます。

食用になるってイメージでは かなり小さめのハイドロボールを使って ルッコラやマーシュの種を撒き 間引きながら育てる感じかな?

水耕栽培のイメージなので 食べるものを育てるのはおかしくないけど...

あなたのイメージするハーブがどんな種類のものなのか解らないのですが
ちいさな器でかわいく飾れるものをイメージしてたら ミントあたりで 時々紅茶に浮かべるぐらいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明が足らず申し訳ありません。

イメージしていたというより、イメージできてないので質問させていただいたのですが、外で育てるよりも日光がすくな目になってしまうので、そういった条件に合うものが知りたかったのです。

室内で土を使わず育てたいので、ハーブにこだわらないのですが、育てられるなら育ててみたいという気持ちで質問してみました。

回答ありがとうございました。ちょうどミント類はいくつか外で植えている分がありますのでその辺も参考にがんばりたいと思います。

お礼日時:2005/11/02 13:28

個人的な感覚ですが、



>ハイドロで育てたものを食用にしても問題はないのでしょうか?

ハイドロ = 液体肥料 = 何から出来ているか判らない
って事で、個人的には抵抗が大きいですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土植えからハイドロカルチャーにする時

 ホームセンターで売っている土植えの観葉植物(パキラやテーブルヤシ等)をハイドロカルチャーにしたいのですが、具体的にどのような手順で行えばいいのでしょうか?本には、洗った後に根ぐされ防止剤をしいて、レカトンと植物を入れると書いてあり、それはわかります。でも土からはずした後、二週間位は水だけで育てるというのもありました。この二つはだいぶ違うと思うので確かめたいです。
観葉植物は始めたばかりなので植物が枯れてしまうこともこれから当然あると思います。その時、原因を特定しやすいように曖昧な方法はなるべく避けるようにしているので確かな方法をお願いします。
 もう一つ、イオン交換樹脂栄養剤とゼオライトはどう違うのでしょうか?一緒に入れるのですか?

Aベストアンサー

#1です。
ハイドロカルチャーは基本的に室内でやりますので、屋外の一般の植物飼育とは一寸異なります。
というのは植物は光合成の為の光と水分と空気と栄養そしてその植物に適する温度があれば何時でも何処でも生育します。
勿論その植物本来の休眠期がありますので一概には言えませんが、本来冬眠するはずの動物も暖かいところで育てれば冬眠しないそうです。
ですからお住まいがどちらか解りませんがそれらの条件が揃えば基本的に種類や大きさに関係なく何時やっても大丈夫です。
ゼオライト+イオン交換樹脂栄養剤はゼオライト+液肥でも代替できますが、ゼオライトだけでは肥料分が無いので生育が遅くなります。
その場合は時々ハイポネックス等の液肥を規定量添加すれば大丈夫ですが入れ過ぎは禁物です。
また、イオン交換樹脂栄養剤は汚れた水をきれいにする作用もあるでその植物が生育しているときは常に入れておく必要があります。
生育しているかどうかは根の伸張具合や新芽の動きで見ることが出来ると思います。
書籍には、挿し木の時期は何時・植え替えは何時と色々書いてありますが、あくまでもそれは基本でその時期であれば誰がやっても大丈夫ということで書かれていると思いまが、私は前記の条件が揃えば何時でもやっています。
植物は生き物ですのでその植物の様子を常に観察しそして愛情を掛ければ掛けただけ答えてくれます。
そうすると何をして欲しいと言っているかが段々わかってくると思います。
綺麗に咲いた花には綺麗だよと言ってやると聞こえていてより綺麗な花が咲くといわれています。女性と同じかな?
可愛がってあげてより良いハイドロカルチャー生活をお楽しみ下さい。

#1です。
ハイドロカルチャーは基本的に室内でやりますので、屋外の一般の植物飼育とは一寸異なります。
というのは植物は光合成の為の光と水分と空気と栄養そしてその植物に適する温度があれば何時でも何処でも生育します。
勿論その植物本来の休眠期がありますので一概には言えませんが、本来冬眠するはずの動物も暖かいところで育てれば冬眠しないそうです。
ですからお住まいがどちらか解りませんがそれらの条件が揃えば基本的に種類や大きさに関係なく何時やっても大丈夫です。
ゼオライト+イオン交換...続きを読む

Qセラミスでの育て方について教えてください。

お世話になります。先ほど違う質問でも質問させていただていますが、
又お聞きしたいことがありますので宜しくお願いします^^;
名前もわからず使っていたのですが私がハイドロカルチャー?と読んでいた物がセラミスというものだったのがわかりました。
そこで
ワイヤープランツ、ポトス、などをセラミスで育てたいのですが今までポトスを育てていた際にはセラミスしかいれていませんでした。
が、ネットで見てみると根腐れ防止(ミリオン?)を底にしいてからその上に植物をのせて又上からセラミスをかけるという簡単な説明がのっていました。
これを機会に元気がなくなったポトスと頂いたワイヤープランツと正体不明の観葉植物^^;達を1つ1つセラミスに植え替えしたいのですがセラミスだけでなく根腐れ防止剤も入れた方がいいのでしょうか?又水位計も今まで使用していませんでしたが使ったほうがいいですか??
どうやってセラミスに植え替えした方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

セラミスとハイドロボールはよく似ていますが、メーカー側からの使い方説明では、使用方法が少々違いますね。
セラミスは根玉をつけたまま植え込むので、ハイドロボールのみよりも、広範囲の植物を植え込むことができます。また、ハイドロボールと同じような使い方も出来ます。

ご質問がいくつかに分かれていますが、お手持ちの4種の植物だとハイドロボール植えは可能だと思います。セラミス植えはもちろん可能です。最も根ぐされしやすいのがワイヤープランツだと思いますが、水遣りの仕方次第です。

ただ、現時点での(土を落としての)植え替えは、通常のお宅ならキツいと思います。観葉植物は全般的に熱帯のものが多いのでよく成長する暖かい時期に植え替えするのが良いのです。室温が最低気温で15度くらいを保てるなら問題ないでしょう。

ハイドロカルチャーの場合、水位計は使ってみてもいいでしょうが、ベンジャミンなど乾燥ぎみのほうが管理しやすいものには、あまり意味がありませんでした(^_^;;;
それより透明な容器に植える方がラクです。
セラミスで育てたことがないので、根玉に差し込むインジケーターの効用はわかりません。

土のない植え込みをご希望の場合、植物は土によって違う根を作ることがあり、土植えからだと水挿しなどで新たに苗を作ってからハイドロカルチャー仕立てにするほうがうまく行きます。(特にポトス、ワイヤープランツ)

どのような植え替えをお考えなのか分かりませんので、これくらいしか回答できませんが、、、

土植えの場合のままでも、有機肥料は絶対使わない、セラミス、赤玉土のようなもので表土を被い(マルチング)、水遣りに気を使うと随分と違います(^_^)

セラミスとハイドロボールはよく似ていますが、メーカー側からの使い方説明では、使用方法が少々違いますね。
セラミスは根玉をつけたまま植え込むので、ハイドロボールのみよりも、広範囲の植物を植え込むことができます。また、ハイドロボールと同じような使い方も出来ます。

ご質問がいくつかに分かれていますが、お手持ちの4種の植物だとハイドロボール植えは可能だと思います。セラミス植えはもちろん可能です。最も根ぐされしやすいのがワイヤープランツだと思いますが、水遣りの仕方次第です。

ただ...続きを読む

Q室内でハーブを土無しで育てる方法

室内で食用のハーブを育てたいと思います。
カルセラというセラミックの土があるときいたのですが、食用のハーブを育てるのに、カルセラという土を使うことは、安全面で大丈夫でしょうか。

また、ガーデニングが初めてなのですが、比較的簡単に育てることができるお勧めのハーブがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。その土は知らないのですが、検索してみますと花だけではなく、野菜やハーブ類を育てていらっしゃる方が沢山いらっしゃるようですので、野菜ができたらハーブも簡単です(野菜よりハーブの方が簡単なので)。ただ色々沢山作りたい方にはこの値段は割高なのが唯一の欠点だと思います。普通培養土は14リットルぐらいで大体400円ぐらい(もっと高いのもありますが、大体私はこれぐらいのを使っています)。プランターなら2鉢は十分、5号鉢ぐらいなら10鉢以上は出来ると思います。1リットルですので5号鉢なら1鉢分強ぐらい、何回も使えるとはいえ初期投資が結構高くなりそうです。ですが1鉢か2鉢ぐらいで楽しみたいと思われるなら構わないと思います。
http://www.culcera.com/culcera/culcera.html
 室内でハーブ栽培ですが、ハーブは大抵地中海性気候で、暖かく乾燥した所、日光がさんさんと当たる所を好みます。正直地植えで料理に使えるようなハーブなら今から地上部が枯れる物が多くなるのが現状です。その中でも室内である程度丈夫で、料理にも使える物は以下のものがお勧めです。
●タイム・・・シソ科常緑低木
 煮込み料理などの臭い消しにローリエと一緒に使ったり出来ます。寒さは比較的強いですが、夏の蒸れで茶色になって枯れてしまうことがありますので、ある程度大きくなったら梅雨入り前に半分ぐらい切り詰める事が必要です。苗が売られています。
http://yasashi.info/ta_00002.htm
●オレガノ・・・シソ科多年草
 パスタやピザに活躍します。タイムと同じで蒸れには弱いので、梅雨前に刈り込む事が必要です。苗が売られています。
http://yasashi.info/o_00016.htm
●チャイブ・・・ユリ科多年草
 アサツキに似ていますが、葱坊主がピンクなのが特徴です。寒さで地上部が枯れる事がありますが、大変丈夫ですので中で生きています。枯らさないようにして下さい。苗が売られています。
http://yasashi.info/ti_00002.htm
●パセリ・・・セリ科二年草
 イタリアンパセリにするとよりハーブっぽい感じがします(普通のパセリよりも柔らかい葉っぱで、食べてもクセが少ない)。パセリのように使ったり、ローリエとタイムと一緒にブーケガルニに使います。二年草ですので、再来年には枯れますが長く楽しめます。
http://yasashi.info/ha_00010.htm←普通のパセリですが一緒です。
●ミント・・・シソ科多年草
 おそらく最も丈夫で強健なハーブです。少々日当たりが悪くても育ちますので、数鉢窓辺に置くなら一番条件が悪い所に置いて下さい。夏場蒸れる事もありますが、そんな事では枯れません。見栄えが悪くなるので梅雨入り前に茂っていたら半分ぐらい切り詰めてください。切るだけで爽やかな香りが広がります。切った茎はバスやティーに使えますが、水栽培で楽しめますので、お風呂やトイレにコップに挿して楽しめます。寄せ植えをしない事(他の植物を負かすので)、別のミントを一緒に植えない事(雑種化します)がポイントです。非常に成長が早いので1年に1度は植え替えの必要があります。苗が売られています。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●ロケット(ルッコラ)・・・アブラナ科一年草
 苗でもハーブショップなどで売られていますが、種が簡単ですので種から育てたほうが簡単です。そうするとプランターが必要ですので、普通の培養土でベランダなどで育てた方が安上がりです。ゴマのピリッとした風味でホウレン草よりもクセがなく、サラダ、おひたしなどで活躍します。花を咲かさないように、花芽をコマメに摘むと長持ちします。花も食べられます。種は100均などでも売られているぐらい代表的なハーブです。
http://yasashi.info/ru_00007.htm
●ローズマリー・・・シソ科常緑低木
 お菓子やバス、料理(鶏肉の香草焼とか)、リースなど幅広く使えるハーブの代表選手です。花が咲き長年楽しめますが、やはり他のハーブと同じで蒸れに弱いので、梅雨前に少しカットして中を透かしてあげてください(タイムと同じで茶色になって枯れる事があります)。乾燥気味を好みますので、水やりは控えめに。また成長が早いので1年に1度は植え替えの必要があります。
http://yasashi.info/ro_00002.htm←これは花が咲いていませんが、ピンクや紫の花が咲きます。地味ですが(^_^;)。
●カモミール・・・キク科1年草、多年草
 今あるかどうか分かりませんが、種まきは今が適期です。我が家でもこぼれダネで既にカモミールの芽が出ています。ハーブティーとしてクセのない飲み口で楽しめます。日当たりさえよければ丈夫に育ちます。ローマンとジャーマンの2種類があり(他にもダイヤーズなどありますが)、ジャーマンはよく雑貨屋さんなんかでもキットが売られているポピュラーなタイプ、丈が高くなり丈夫ですが1年草です。ローマンは丈が低く、成長が遅いですが多年草です。どちらも育てていますがジャーマンの方が育てやすいです。種と苗どちらでも簡単です。
 今なら大体こんな感じです。春のハーブの季節になるとバジルやナスタチウム、シソなども加わってきますので、そちらも御検討下さい。またフェンネル、ディル、レモングラス、ヤロウ、ベルガモット、セージ類は簡単ですがものすごく大きくなりますので、鉢植えには向いていません。
 ハーブを育てるコツは
(1)乾燥気味に育てる。普通の培養土の場合は鉢土が乾燥して、更に2日ぐらいおいてもOK。やる時はタップリと。
(2)肥料はなし。ある程度いじめて下さい。ヌクヌクと育てると風味が薄れます。
(3)日当たりが良い所。ただし夏の西日は避ける。前述の通りそこまで暑さに強い訳ではありませんので、多年草の場合夏になると場所を考えてください。
(4)多湿に注意。何度も書く事になりますが、蒸れると見栄えが悪く、最悪茶色になって枯れます。タイムやローズマリーは注意して下さい。刈り取った物は料理などに使いましょう。またタイムはコップに水を入れて挿しておくだけで増やせます。

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。その土は知らないのですが、検索してみますと花だけではなく、野菜やハーブ類を育てていらっしゃる方が沢山いらっしゃるようですので、野菜ができたらハーブも簡単です(野菜よりハーブの方が簡単なので)。ただ色々沢山作りたい方にはこの値段は割高なのが唯一の欠点だと思います。普通培養土は14リットルぐらいで大体400円ぐらい(もっと高いのもありますが、大体私はこれぐらいのを使っています)。プランターなら2鉢は十分、5号鉢ぐらいなら10鉢以上は出来ると思います。1リットルです...続きを読む

Qハダニ・アブラムシ・羽虫…薬を使わず駆除できますか?

私は植物を育てると、枯らしてしまいます。
小さくてぞわぞわ群れる虫が発生してしまうのです。
最近青シソの苗を貰ったのですが、ハダニがついてしまいました。
近所に園芸のお店もないし、中学生なのでインターネットで気軽に薬を取り寄せる事もできません。
とりあえず、家にあったバーナーで表面を炙り殺しています。
これで一件落着だと思いましたが、今度は蜘蛛の巣のような物が張ってしまいました。
これもハダニの仕業のようです。
このままではイタチごっこのような気がします。
バーナーでは無理ですかね…。

私の家はマンションの八階で、日当たりは良いです。
土は新しいものを使用しております。
他に育てている植物は、パセリ・アイビー・ペパーミント・スペアミント・パキラ・ゴムの木です。
過去に発生した事のある虫は、黒い羽虫・アブラムシです。

薬を使用せずに駆除する方法を教えてください。
後、他の植物に感染するかどうか・八階なのになぜこんなにも虫が来るのか、について教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

紫蘇を含め人が喰える野菜・ハーブにはほぼ全て虫が付きます。
ましてや無農薬のおいしい野菜を虫さんが逃すはずはございません。

対処はコマめに葉の裏などをチェックするしか有りません。卵や成虫を見つけた場合、小さい葉なら葉っぱ毎処分、大きな葉なら安物のガムテープでペタペタやるとほとんど取れます。

>八階なのになぜこんなにも虫が来るのか、
ご近所のベランダに害虫の媒介地があるのだと思いますね。(かといって覗き込まないでネ!危ないし、近隣トラブルになるので)8階の高さでは自然にテントウムシなど捕食昆虫が来る環境ではないので害虫さんが定住すると無農薬で根絶は難しいです。その意味でいけば近所の原っぱでテントウムシ採集などいかがでしょう。1日あたり500匹程度のアブラムシを捕食するそうです。

Q室内に置いても虫のつかない観葉植物

観葉植物を部屋に置きたいのですが、全くの初心者でわからないことだらけです。
部屋に植物を置くと、虫がわくのでは…と心配です。

よくみかけるハイドロボールだと、虫はわかないのでしょうか?

虫のわかない、おすすめの植物があったら教えてください。

Aベストアンサー

No.2さんと同意見です。
加えるとすれば、トラカンやサボテンですね。
嫌いな観葉植物は育ちませんので、好きだな、かわいいな、と思える物を買いましょう。普通にホームセンターで、外ではなく屋内のコーナーにある植物なら室内で大丈夫ですよ。
私の経験では、虫はクモや毛虫(涌いたというよりもともと付いたものが成長したらしい)、鉢底の受け皿の水にあやしい虫、鉢の裏にダニのような虫がわいたことがあります。クモは取り除き、毛虫は割り箸でつまむ、受け皿は良く水洗いする、鉢のダニは熱湯に鉢底をつけて退治します。
しかし、「不快」なだけで人間に悪さをするわけではなく、そんなに神経質にならなくてもいいのではないでしょうか。
ハイドロボールは確かに虫はわきにくいと思いますが、水の管理はやや難しいですね。
私の印象では、虫よりも病気の方が大変だと思います。
本当に全くの初心者であれば、かわいいガラスのコップにビー玉を半分ほど入れ、アイビーを挿す(生け花みたいに)ことから始めると良いと思います。

Qハダニの駆除

アイビーを育てているのですが、ハダニが沢山発生して困っています。
葉水をして駆除を行ったりしてますが、2日くらいでまた発生してしまいます。
オルトランを撒いていますが、それでも出てきます。
ちょっと油断してハダニがつくとたちまち弱ってしまいます(涙)
根絶させるにはどうしたら良いか、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉水とは湿度を高めて乾燥から守るために行う作業の一つで、葉水では
ハダニは絶対に駆除は出来ません。病害虫の発生原因の多くが湿度不足
で、特に夏場や冬場はどうしても湿度が不足して空気が乾燥してしまい
ます。葉水をしたからと病害虫が発生しなくなる事はありませんが、葉
水をするとしないでは発生率は大きく違ってきます。
と言う事ですから、葉水では害虫は駆除が不可能と言う事が理解して貰
えるでしょうか。

次にオルトランには液剤、粒剤、水和剤、オルトランS等の種類があり
ますが、害虫によって選ばないと全く効かない事もあります。
オルトランは万能薬ではありませんから、何にでも効くと思ったら間違
いです。例えばカイガラムシにはオルトラン水和剤しか効きませんし、
コガネムシにはオルトラン水和剤と粒剤しか効きません。カイガラムシ
にオルトラン粒剤を使用しても絶対に効きません。
ちなみに申しますが、それぞれのオルトランではハダニを駆除する事は
出来ません。その証拠にオルトランを使用したのにハダニは駆除出来て
いませんよね。害虫に全く効き目が無いのに使用すると、植物が薬害を
起こして枯れる事もあります。これからはハダニに有効な薬剤を使用さ
れるようにして下さい。

ハダニに有効な薬剤はベニカグリーンVスプレー、パイベニカ、ベニカ
マイルドスプレー、テルスタースプレー、マラソン乳剤、スミチオン乳
剤、アクテリック乳剤などです。

薬剤散布は1回だけでは効きません。1週間置きに2~3回繰り返して
使用し、それでも効果が出ない時は最後に薬剤散布をした日より10日
間置いてから別のハダニに有効な薬剤を使用します。
薬剤散布は必ず屋外で行い、ゴム手袋とマスクは着用して下さい。薬剤
が乾けば室内に入れて構いません。
薬剤は毒ですから、人体に吸い込むと命に危険を伴います。決められた
事は必ず守るようにして下さい。

葉水とは湿度を高めて乾燥から守るために行う作業の一つで、葉水では
ハダニは絶対に駆除は出来ません。病害虫の発生原因の多くが湿度不足
で、特に夏場や冬場はどうしても湿度が不足して空気が乾燥してしまい
ます。葉水をしたからと病害虫が発生しなくなる事はありませんが、葉
水をするとしないでは発生率は大きく違ってきます。
と言う事ですから、葉水では害虫は駆除が不可能と言う事が理解して貰
えるでしょうか。

次にオルトランには液剤、粒剤、水和剤、オルトランS等の種類があり
ますが、害虫によって...続きを読む

Qノズルが外れないスプレーボトルの香水を、アトマイザーに移したい!

今日、ずっと憧れだったブルガリの「オ・パフメ エクストリーム」(オー・ド・パルファン)を手に入れました。
初めてのネット通販だったんですが、ルンルンで箱から出すと、スプレータイプの瓶でした。
わたしはふつう香水をつけるときは、足首の内側に左右1回ずつプッシュして使うんですが、
このEDPの瓶って、どら焼きみたいな形をしててちょっと持ちにくいんですよね。
それに、この瓶付属のスプレーだとけっこう大量に吹き付けてしまいそうで不安です。
そこで、ロールオンタイプのアトマイザーに移そうかな~と考えてノズルの部分を外そうとしたら・・・
外れませんでした。この瓶は、簡単に外れないタイプのようです。

ノズルの部分を外して詰め替え用のチューブをつけるやり方は今回は使えません。
しかし、キャップ自体を外してスポイトで吸い上げるのはもっと無理・・・
(キャップはガッチリ固定されていて、外すのは到底無理なので。)
こういう場合、どのようにすればうまくアトマイザーに移せるんでしょうか?

わたしは昼間は仕事をしているので、仕事場では香り無しで過ごして、
仕事が済んだあとにでもつけたいなと思うのですが、
まさか瓶ごと持って仕事場に行くわけにはいきませんし・・・。
何か良い方法をご存じの方がおられたら、力をお貸しください。よろしくお願いします。

今日、ずっと憧れだったブルガリの「オ・パフメ エクストリーム」(オー・ド・パルファン)を手に入れました。
初めてのネット通販だったんですが、ルンルンで箱から出すと、スプレータイプの瓶でした。
わたしはふつう香水をつけるときは、足首の内側に左右1回ずつプッシュして使うんですが、
このEDPの瓶って、どら焼きみたいな形をしててちょっと持ちにくいんですよね。
それに、この瓶付属のスプレーだとけっこう大量に吹き付けてしまいそうで不安です。
そこで、ロールオンタイプのアトマイザーに...続きを読む

Aベストアンサー

アトマイザー売り場に、キャップが外せない香水を移し変えるための
香水用の漏斗(じょうご:口の小さい容器に液体を入れるときに使う道具。円錐状の上部の底が筒口になったもの)が売ってありませんでしたか?
漏斗に香水を吹きかけて、アトマイザーに流し込む方法です。
確かにそんなに見かけるものではないので探すのが大変かもしれませんが、
アトマイザー売り場にあると思いますよ。500円くらいです。
または一旦ちがう口の広い瓶にスプレーして、スポイドで移し変える
方法もありますがほこりが入ったりしてあんまりオススメできる方法では
ありませんが、最終手段では使える手です。

Qしばらく洗髪できない時のお手入れ方法

来月入院・手術の予定があります。
耳なので、術後10日くらい洗髪禁止になります。
で、この10日間のあいだ、髪の毛というか頭皮が脂臭くなってくるので、臭い・かゆみ・フケの処理について、何かよい方法があったら教えてください。

じつは1年半ほど前にも、もう片方の耳を手術してまして、この時カユミはさほどでもなかったのですが、臭くて自分の頭の臭いでノドが痛いという日々を過ごしておりましたので、今回は少しでも軽減できればと思っております。

ちなみにドラッグストアで売っていた某化粧品メーカの「水のいらないシャンプー」を試しに使用してみたのですが、香料がつよく術後の回復期に使用するには不向きと思われました。

洗髪できない数日間の不快感を少しでも軽減できる方法を教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私も、とある手術で1ヶ月ほど、シャワーも洗髪も禁止だった事があります。
髪の長さが、腰まであったもので、かなり困りました(苦笑)
で、「ドライシャンプー」なるものを購入してもらい、使ったのですが・・・たしかに香料がキツかったですね(苦笑)
私がした事は、
好きなハーブ系オイル(私はミント系が好きです。)をたらした水にさらして
軽く絞って電子レンジで蒸したタオル。
これで地肌を軽くマッサージする感じで・・・
結構サッパリしましたよ(^^)
自分でしていても、気持ちいいんです(^^)
髪の毛自体には、何もしませんでした。
地肌を清潔にしていれば、大して匂わないものですね。
毎日、朝晩、していました。

どうぞ、お大事に・・・

Qキッチンでハーブを育てたいんですが、土以外になんか・・・。

こんど初めてキッチンでコップなどを使ってハーブを育てようと思うんですけど、さすがに土ものを置くのをキッチンテーブルの上に置くのにためらいがあってなにか土以外で、なにかしりませんか??
 昔テレビで吸水性の何かができて水遣りの手間とかも少なくなった。見たいなのをみたんですが、それがなにだったか思い出せなくて・・・。知ってる人や育てている人がいらっしゃったらぜひアドバイスを!!

Aベストアンサー

土を一切使わないハイドロカルチャーという方法があります。
ハイドロボール(レカトン)は軽く洗って水を含んだまま使いますが水は容器の1/4~1/5位です。
入れすぎて根が水没すると根腐れしますからご注意下さい。
根の一部が常に空気に触れるようにしておくことが必要です。
常に根が漬かっている状態のため根腐防止剤とイオン交換樹脂栄養剤を入れると良いでしょう。
イオン交換樹脂は汚れた水をきれいにする事と交換樹脂の表面に栄養剤が含まれていますので植物に栄養を与える栄養剤の役目があります。
しかし、交換樹脂は約3か月位しか持たないので新しい交換樹脂に交換するか液肥に切り替える必要が有ります。
下記サイトは私がハイドロカルチャーについて回答したものですし、下記参考URLにも色々出ていますのでご参照下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=786940

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=786940, http://www.bloom-s.co.jp/shopping/hydro/index.html

土を一切使わないハイドロカルチャーという方法があります。
ハイドロボール(レカトン)は軽く洗って水を含んだまま使いますが水は容器の1/4~1/5位です。
入れすぎて根が水没すると根腐れしますからご注意下さい。
根の一部が常に空気に触れるようにしておくことが必要です。
常に根が漬かっている状態のため根腐防止剤とイオン交換樹脂栄養剤を入れると良いでしょう。
イオン交換樹脂は汚れた水をきれいにする事と交換樹脂の表面に栄養剤が含まれていますので植物に栄養を与える栄養剤の役目があります。
...続きを読む

Qこれはオススメ!という害虫の防止・駆除方法

今年の春からいろいろな食用のハーブや簡単な野菜をプランターで育て始めました。

最近、ルッコラからアブラムシがワサワサ、イタリアンパセリの茎の根元の部分にもグレーのアブラムシのような虫がびっしり!ラディッシュには青虫がウヨウヨなどなど・・・虫達が大量に活動し始めました(涙)

これまでにも害虫駆除法の投稿はあったようですが、改めて『この方法は良かった!』という方法をガーデニングの先輩の皆さん教えて下さい。

今までは木酢酢を薄めたものを1週間に1~2回予防にとスプレーして、もし見つけたらピンセットで捕ってたんですけど・・・やってるうちに体が拒絶反応してるのか?全身がかゆくなってきちゃって(-_-;)

食べると体に良くないという薬はなるべく避けたいですが、逆にストレスが溜まるくらいなら~と考えています。

沢山の情報をお待ちしています。

Aベストアンサー

私もハーブへのアブラムシ被害に困っています。
以前は地道に木酢液をかけていましたけど、
あまり効果が持続しないんですよね。
しかも使っているうちに土は酸性に傾いていくし・・・。
なるべく無農薬で育てたいとは思いますが、
ご近所に迷惑をかけるわけにも行かないので
今は基本的に「オレート液剤」を使って退治しています。
残効性がないので、
卵が孵るころを見計らって何度か散布が必要だと思います。
お近くで販売しているお店がないようでしたら、
純石鹸を水に溶かしたもので代用できますよ。

同じ会社の「パイベニカ乳剤」は有機栽培にも使えると説明がある上、
殺虫効果はかなり高いと思います。
うちではアブラムシに群がっていたアリまで瞬殺でした。
その殺虫力が少し怖いのと、
死骸がついたままになっているのが嫌なので
これは「最後の手段」にしています。

それと、やはり大切なのは予防措置のようです。
アブラムシは銀色の光が嫌いだそうなので、
銀色の虫除けテープを購入して周囲に張り巡らせています。
これをつけてからまだ2週間ですが、虫害はバッタだけになりました。
アルミホイルでも代用できるので試してみてくださいね。

あと不織布で被覆栽培しているプランターは
何もしなくても虫がつかないので完全無農薬を通せています。
クリーニングに出したときに服にかぶせてくれる
不織布のカバー(防虫加工がしていないもの)でも代用は出来ますけど、
それは園芸店で販売しているのと違って遮光率がちょっと高いようなので、
半日陰を好む植物に利用するといいかもしれません。
お手入れのときにいちいちカバーをはずすのがちょっと面倒ですけれど、
機会があればこれもお試しください。

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/guide/syo00386.html

私もハーブへのアブラムシ被害に困っています。
以前は地道に木酢液をかけていましたけど、
あまり効果が持続しないんですよね。
しかも使っているうちに土は酸性に傾いていくし・・・。
なるべく無農薬で育てたいとは思いますが、
ご近所に迷惑をかけるわけにも行かないので
今は基本的に「オレート液剤」を使って退治しています。
残効性がないので、
卵が孵るころを見計らって何度か散布が必要だと思います。
お近くで販売しているお店がないようでしたら、
純石鹸を水に溶かしたもので代用できます...続きを読む


人気Q&Aランキング