こんにちは。はじめての質問です。私は学生生活も残りわずかになってきて、最近いそがしさに磨きがかかっている看護学生です。今、事例研究をまとめているのですが、いい文献がなく困っています。私がまとめているのは、整形外科で受け持った大腿骨頸部骨折の70歳代の女性患者さんです。この方は痴呆があって記憶力が低下しているために、車椅子動作が困難だったんですが・・・そこで記憶力が低下している患者さんへ、ADL拡大(今回は車椅子動作について)に向けてのコミュニケーションのとりかたについて、なにかよい文献があれば教えて下さい。なんだか長々しい文章になってしまってすいません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答ではないのですが、お困りのようなので、このように考えたらいいのではないかと思って書いてます。



車椅子動作・ADL拡大について、あなたは何を患者さんに伝えたいと考えていますか?
おそらく、大腿骨骨折の患者さんであれば安静であるとか、気をつける動作などについて、あるいは車椅子の使い方などでしょうか?それらの注意することは、「大腿骨骨折の患者の看護」の中から出てくるものと思います。

そして、もう1つは、痴呆があって、記憶力低下があることですが、高齢で、そのような症状がある時に配慮するものはどのような事でしょうか。一般的に言われる症状の特徴や、高齢者の特徴をふまえて考えること、そして、事例研究を考える時には、その患者さんに、症状のどれが当てはまっていて、どれが当てはまらないことなのかを考える。・・・当てはまらない部分は、その患者さんの個別性であるとも考えます。それをふまえて、どの程度の内容をコミュニケーションによって伝えるのか。

私がなんとなく考えるのは、「患者さんの理解できる言葉にすること」「一度に多くのことを言わないこと」「くりかえし伝えること」「患者さんが傷つかないように配慮すること」「忘れやすい人であれば、目に付くところに注意事項などを書きとめてみる」「患者の家族にも伝えていくこと」「行動を示しながら、伝えていくこと」「できれば、幾らかはっきりしている時を選んで伝える」などでしょうか。
絶対してはいけないことがあれば、患者さんの家族と一緒に、どうしたらいいかを考えてはいかがでしょう?

すべての要件を満たす文献を探すのは困難ですし、完璧な答えは見つからないと思うのですが・・・。

必要なことは、その患者さんにあった方法を、患者さんや家族の方と一緒に考えていくことであると思います。

もしかしたら、全然本にはない方法が有効かもしれませんし、患者さんに向かい合う時、看護の楽しさを感じることができるのは、この方法を考える時の、創造性だと思います。
がんばってください。

質問の意図をこのように受け取りました。違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
なんか、私の頭を整理してもらった感じで、これからまとめるヒントになりました!痴呆老人との基本的なコミュニケーションをふまえて、自分がどのように関わって何が良かったか、悪かったか・・・まとめようとおもいます。
私、最初は”めんどくさいなー、早く終わってよー”ってことばっかり思ってたんですけど・・・自分なりに一生懸命考えてるうちに、だんだん楽しくなってきて自分でも意外です。これも看護の楽しさでしょうか・・・?!
よしっ!がんばろーっと!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/01 18:28

今はとても忙しい時期ですよね。

私も、この時期は大変でした・・・。
事例研究、私はとても嫌いでした。働き出してからもあるんですよ・・・。そんな話はいいかな・・・?
う~ん。
この質問に対する返答は実はもっていないんです。ゴメンナサイ。
まだ回答がなかったので、思わず書き込んでしまいました。他人事のようには思えなくて・・・。
ageha25さんがどのようなことに焦点をあて、事例にまとめたいのか、う~ん。
ちょっと難しいかなぁ・・・。
老年の雑誌とか、本とか探してみたらどうでしょうか?
学校に沢山あると思いますよ。福祉の本もけっこう使えると思います・・・。
記憶力の低下している方へのADL自立へのコミュニケーション・・・
ageha25さんがどのように関わったのか、まとめていくときっといい文献が見つかるはず・・・。
なんて、偉そうなこと言ってごめんなさい。
そしてなんの回答にもなっていなくてごめんなさい・・・。
大切な時期、あと少しだ。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。とってもうれしかったです!
まだ文献は見つかってないんですが(痴呆患者のADL拡大でなくて拡大に向けての“コミュニケーション”となるとなかなかないみたいです・・・)自分でがんばって探してみます!
今日は看護婦さんたちの看護研究学会を見に行って、やっぱりすごいなーって思いました。たいへんですよねぇ・・・。あと川島みどり先生も事例研究の大切さを熱く話しておられました。私も患者さんに感謝して、最後までがんばりたいです!
あと、福祉の本というのはあまり見たことがなかったので、参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甲状腺右葉切除術後一日目の患者になぜ頸部の安静をしてもらうのですか?

甲状腺右葉切除術後一日目の患者になぜ頸部の安静をしてもらうのですか?

Aベストアンサー

予後不良防止のためです。

Q記憶力の低下

記憶力の低下
ストレートネックと分かって以来、自分でも自覚できるぐらい記憶力の低下が激しいです。
暗記をしようと思ってもさっき自分が何を書いていたか忘れてしまったり、深く思考することが出来なくなった気がします。
たまに身近な人の名前を一時的に思い出せなくなったりもします。

脳外科でMRI検査をしたのですが、脳には異常がないと言われました。
やはりストレートネックの所為でしょうか?
結構覚えなくてはならないことが多いので今の状態が続くのはとても辛いです。

Aベストアンサー

脳に異常が無いのなら一安心。

あとは鍛えて維持、改善。

まずは週一の家族とのえいがなどの外出と、
しめに外食で充実した会話。テレビや雑誌のニュース程度の話でいいです。

あとはソニーのPSP-3000などのケータイゲーム機を買って、
好きなゲームを暇さえあればやりましょう。

これだけで改善すると思います。
うちの母がそうでした。

ぼーっとしてたのが、いまではしゃきしャキデス。

さいごにお勧めのテレビ番組を。土曜朝9:25-9:55。
NHK教育テレビの「テストの花道」。脳の活性化システムを毎回違ったテーマで紹介します。

Q精神障害患者総数について 患者調査の見方

精神障害について調べています。

2010/2011「国民の福祉の動向」によると、

『平成17(’05)年の患者調査によると、およそ303万人が精神疾患により入院または外来治療を受けていると推計されており・・・』

と記述されています。

手元には平成20年の患者調査しかないので、
第3表(3-3) 推計患者数の年次推移,入院-外来×傷病分類別の平成17年を確認したところ、

V精神及び行動の障害の入院と外来の総数は550.7(単位:千人)でした。
これって、55万700人って読みますよね?(違っていたらお恥ずかしい…)

どうやって303万人と計算したのでしょうか?
患者調査の何の統計をみればよいのでしょうか?
神経系の疾患、240.6(単位:千人)を足したとしても数が合わないと思うのですが。

ご存じの方がいれば、教えてください(-"-)。。。

Aベストアンサー

回答にはなりませんが、参考程度まで。

「精神疾患」の定義次第が、どのようになっているのか。
厚生労働省には、「疾病、傷害及び死亡分類」というのがあります。
また、「社会保険表章用疾病分類」というのもあります。

視点を変えると、WHO(世界保健機関)が定めた、ICD(国際疾病分類)というものがあります。
厚生労働省は、基本的にこれを基準にしています(イコールではなく、≒です)。

DSM(アメリカ精神医学会)が定めた分類があります。
これが、「精神疾患に関するガイドライン」になっており、精神科医は、これに基づき診断しています。

私が言いたいのは、診断はDSMを使い、統計はICDを使っている。
だから、当然ながら一致しないのです。

質問文にある「精神及び行動の障害」「神経系の疾患」というのは、ICDの分類です。
これ以外にも、「中毒」の中にも精神疾患も含まれるものもあるでしょう。

あくまで「患者調査」なので、医師の診断病名によりカウントされるでしょう。
このクスリを処方するには、この診断名にしなければ、保険扱いにできないという理由により、少し変えることも現実問題とすればあるでしょう。

文章があまり上手ではありませんので、本意が伝わるかわかりませんが、一応の説明といたします。

回答にはなりませんが、参考程度まで。

「精神疾患」の定義次第が、どのようになっているのか。
厚生労働省には、「疾病、傷害及び死亡分類」というのがあります。
また、「社会保険表章用疾病分類」というのもあります。

視点を変えると、WHO(世界保健機関)が定めた、ICD(国際疾病分類)というものがあります。
厚生労働省は、基本的にこれを基準にしています(イコールではなく、≒です)。

DSM(アメリカ精神医学会)が定めた分類があります。
これが、「精神疾患に関するガイドライン」になって...続きを読む

Q保険会社が患者の健康状態や、患者の症状を照会したい場合はどのようにする

保険会社が患者の健康状態や、患者の症状を照会したい場合はどのようにするのでしょうか?

個人情報保護の観点から病院は保険会社から問合せがあったとしても
回答できませんよね?

保険会社としては、保険に加入しようとする患者の健康状態を確認したり、
損害保険金の支払のために患者の症状を知りたいと思います。

この場合は、どのようにしてこの情報を手に入れるのでしょうか?

もしご存知でしたら教えて頂けませんか?
ぜひよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

保険会社が被保険者の個人情報を調べるのは、保険金や給付金の
支払の申請があったときです。
それ以外で、調べる事はありません。

この支払い申請書と個人情報開示の同意書が一体となっています。
つまり、保険金・給付金の支払いを申請するなら、個人情報開示に
同意してください……ということです。

被保険者の同意があるので、堂々と病院のカルテなどを調べます。

QADLとかFIMとか何ですか?

理学療法士、作業療法士の方にお尋ねします。
学校で「ADLとは~があり、AADLは~があります。」みたいな
「あります」で終わる授業が続いています。

これで何をするのか、何を目的としているのか見えてきません。
「教科書よんどいて。プリント読んどいて。」が多くよくわかりません。
自分が質問下手なのか先生に質問をしても、何をいっているのか全然理解できません。

最終的に患者さんを評価をして、短期や中期の目標を設定することを、目的としているのでしょうか?
それとももっと実用的で深いものなのでしょうか?教えてください。
参考になる書籍やサイトの紹介でもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療職に就いているものです。

ADLとは「日常生活動作」ですので、食事や入浴、歩行などといった、「人が日常で使う動作」のことです。
FIMはそのADLを評価する物差しと考えて頂ければいいと思います。
(FIMは数値化します)

ADLが「何を目的としているか?」というご質問に答えるなら、「日常で使う動作を専門用語で表現した」ということです。
医療用語は(ADLは医療用語とは言えませんが)専門用語が多いですが、専門用語にして簡略化しないと話の全体像が見えにくいです。
例えば、「今、入院しているAさんのは歩行や食事動作が問題があるので退院できません。具体的には、歩行は介助が必要ですし、食事は補助具が必要です」
これを「今、入院しているAさんのFIMは67点(適当な数字です)で、減点項目としては歩行は5点であり他のADLにも問題があります」
と言えば、なんとなくのイメージが共有できます。

また、数値化した方が、患者さんにも説明しやすいです。
「先月は67点だったけど、今月は73点に上がりました。良くなっていますね」
といった具合です。

質問者様の解釈ですと、「評価する理学療法士(作業療法士)のためにある」といった解釈のようですが、
医療職同士の共通語と考えてください。
(日本語に例えると、日本語では表現しにくい単語をカタカナ英語で表現するようなものです)

なお、ADLとFIMは「動作」と「評価方法」ですので、「大腿四頭筋」と「股関節屈曲」くらいの別次元の話です。
(↑逆に分かりにくいかもしれませんねw。「解剖学」と「運動学」くらい違います)

医療職に就いているものです。

ADLとは「日常生活動作」ですので、食事や入浴、歩行などといった、「人が日常で使う動作」のことです。
FIMはそのADLを評価する物差しと考えて頂ければいいと思います。
(FIMは数値化します)

ADLが「何を目的としているか?」というご質問に答えるなら、「日常で使う動作を専門用語で表現した」ということです。
医療用語は(ADLは医療用語とは言えませんが)専門用語が多いですが、専門用語にして簡略化しないと話の全体像が見えにくいです。
例えば、「今、入院しているAさん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報