正座が子供の脚の成長によくないことの医学研究


我が家の3才児が通う幼稚園では、いまだに正座を強要させています。 正座することを規律と信じ込んでいる様子です。 

父兄の立場から正座の害を力説しても説得力があるとは思えませんし、園の教育方針に苦言を呈してあとあと気まずい関係になるのも困るので、「正座が子供の脚の成長によくない」ことを示した医学研究報告のようなものを文書で見せることを考えています。

医学論文、学会報告、あるいは一般読者向けに書かれた新聞、雑誌その他の記事について何か御存じでしたらお教え下さい。


MEDLINE にはおそらくなさそうですが、検索に役立つ key word 情報なども助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は医学には無知な人間ですが、少し違った角度から考えています。

私も小さな子どもをもつ親ですが、保育所や幼稚園といった教育の現場に多少の疑問を持ち、最低限の意思表示もやってきました。色々問題が山積ですね。
 ご質問にあるように、ひとつの疑問にデータを照らし合わせディベートしていくのも一つの方法ではありますが、子ども自身がどう感じているか、また、先生方がどう感じているかを中心に、思い切って意見の場を設けるよう働きかけてはいかがでしょうか。
 円の教育方針といっても”いまできる最適な子どもの教育”という大前提がある以上、こわがらず堂々と意思表示するほうが、園にとっても子どもさんにとってもいいことのはずです。
 もし、どうしてもデータを突きつけるのであれば、接点を探すための話し合いの場を設けたあとのほうが、相互理解への可能性があるのではと思います。
 医学的見地からアドバイスできませんが、こういった方法もあるということですので、ご参考になれば幸いです。
子どもさんのためにがんばってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q茶道をたしなみたいのですが、正座ができません。

32歳、サラリーマン、男です。
おもてなしの心を勉強したく、また自身の教養を深める為に
茶道をやってみたくなりました。

しかし、私は交通事故で右ひざに障害があり完全に曲がりきらず、正座をすることができません。
(あぐらはギリギリ出来ます)

こんな私は茶道をしても良いのでしょうか、
問題ある場合には何か良い方法があるものなのでしょうか、
識者の方、ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

すでに他の方が書かれたように、事情を説明すれば
対応できる先生もいるかと思います。

但し、基本的にお点前は正座をして茶を点てなければ
なりませんので、あぐらを組んだお点前を考えて
くれる先生ではないと難しいかと思います。
(昔はあぐらを組んでお点前をしていた茶人が
 いましたけどね・・・)

もし、よろしければ私も会員となっている

「真ML茶の湯Community」
http://chajin.net/

に登録して、ここで事情を説明したら先生が見つかる
可能性も高いかと思います。このグループは茶道を
楽しんでいる2200名以上の方が会員となって
おり、宗匠クラスから気軽にお茶を楽しんでいる人
までたくさんいらっしゃいますので、きっと相談に
のってくれるかと思います。(日本全国に会員が
います)

良い社中(教室)が見つかればいいですね(^^)

参考URL:http://chajin.net/

QMEDLINEの検索について

 MEDLINEで検索をして,沢山出てきたとき,
Select page 1 2 3 4…
の2以降を選択しても
Error handling request: no current query
となり表示されません,
どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

具体的にどのようなキーワードで検索した場合でしょうか?

補足お願いします。

Q椅子式(立礼?)の茶道教室(京都市)

はじめまして。
最近茶道を始めたいと思っており、下記のような
茶道教室があれば教えて下さい!
宜しくお願いします。

以前膝を痛め、以来長時間正座を出来なくなりました。
茶道というとやはり正座が必要だと思い、はじめるのを
諦めていたのですが、正座をせずにイス式(立礼?)
で行う茶道もあるという事を聞きました。

もしそういった教室が京都市内にあるようであれば
教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんわ。
私のお稽古している流派では、いすに座ってするお手前=立礼は、お手前の一種です。
なので、立礼ばかり教えている教室って言うのを探されるのは難しいかもしれませんね。
茶道、って言うとなんだかずーっと正座をしているように思われる方もいらっしゃいますが、実際そうでもありません。
長い時間正座ができるに越したことはないですが、基本のお手前(平手前)で20分くらいです。
「かんざ」という正座をしたときに足がしびれないようにする、お尻を置く台(いす?とはちょっと違うような・・・)もありますし、長めのフレアースカートをはいてこっそり足をくずしておくって言う手もあります。(先生にもよりますが…)
せっかく茶道をはじめてみたいと思われたんだったら、いろいろな所に見学に行かれてみてはいかがでしょうか?カルチャーセンターや市などが運営している施設にもあるかもしれません。
見学に行かれて、正座が長時間できないことを相談されるのが一番いいと思います。
先生によっては快く受け入れていただけると思いますよ。
ちなみに私の先生は、生徒にかんざを勧めてくれます。

こんばんわ。
私のお稽古している流派では、いすに座ってするお手前=立礼は、お手前の一種です。
なので、立礼ばかり教えている教室って言うのを探されるのは難しいかもしれませんね。
茶道、って言うとなんだかずーっと正座をしているように思われる方もいらっしゃいますが、実際そうでもありません。
長い時間正座ができるに越したことはないですが、基本のお手前(平手前)で20分くらいです。
「かんざ」という正座をしたときに足がしびれないようにする、お尻を置く台(いす?とはちょっと違うような・...続きを読む

Q医学部で薬品の研究は出来ますか?

タイトルに書いてあるとおりですが、医師になってから(又は医学部で)薬の研究をすることは出来るでしょうか?
それとも薬品について学ぶなら、やはり薬学部(又は理学系?)じゃなければ出来ないでしょうか?
是非御教え下さい。御願いします。

Aベストアンサー

医学生です。

質問に一言で答えるとすれば、可能ですが、創薬そのものに関わりたいのなら薬学部の方が適していると思います。

もちろん、どこの医学部にも薬理学教室という研究室があり、医学部を卒業した人(つまり、医師免許を持つ人)も研究を行っていますが、こういう薬理学教室で行われている薬の研究は、主に理論面の場合が多いです。
つまり、この病気に対して、こういう成分が効きそうだとか、動物実験を行った結果を論文として発表する。ただ、実際にその成分を含む薬の製造には製薬会社や薬学部出身の専門家の力を借りなければならないということです。
また、薬理学教室の教授には医学部出身者でなく、薬学部出身者を起用している医学部もありますので微妙と言えば、微妙です。

さらに言うと、医学部そのものは、あまり、化学的なことは専門としては学ばないということも考慮した方がいいと思います。医学部で学ぶ化学は、生化学で、あくまで生体と関連した化学であり、構造をどうこうとかいった純粋な化学ではないです。そういうミクロなことや薬品の成分の構造云々といったことを詳しく研究したいなら薬学部の方がベターなのではないでしょうか?

医学生です。

質問に一言で答えるとすれば、可能ですが、創薬そのものに関わりたいのなら薬学部の方が適していると思います。

もちろん、どこの医学部にも薬理学教室という研究室があり、医学部を卒業した人(つまり、医師免許を持つ人)も研究を行っていますが、こういう薬理学教室で行われている薬の研究は、主に理論面の場合が多いです。
つまり、この病気に対して、こういう成分が効きそうだとか、動物実験を行った結果を論文として発表する。ただ、実際にその成分を含む薬の製造には製薬会社や薬学部...続きを読む

Q茶道を習ってみたいけど、しびれが。。。

茶道に興味があります。
習ってみたい気はあるのですが、正座しないといけないのがネックになります。
すぐにしびれが切れるからです。

しびれが切れないコツってありますか。
茶道をしている方は、皆しびれは切れないのですか。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 私も最近茶道を始めました。
確かにしびれが切れて大変です((+_+))
ただでさえ、正座なんてしない生活のあわせ、体重も結構ありますから、足にかかる負担は普通の方より大きいですしね。。。

先生に「ハイ、立ってこれを奥に運ぶ時はこうやってこちらの足から。。。」なんて言われても立つ以前に足を浮かせることすらできないくらいです(@_@;)

先生も「あなた達、普段、正座する機会がないからね~!!」と、笑われます。
でも、そういう先生方も最初から正座ができていたわけでないそうで、私のところでは正座楽々グッズを貸していただけます。

市販されてる、籐で編んだものと先生のお手製のお饅頭型のお座布団と2つありますが、先生お手製のお座布団が人気です。

正座した足の上に挟むだけでとっても楽になります。
これを使いながらだんだん慣れてくるから大丈夫よ~と、周りの方もアドバイスしてくださります。

せっかくの日本の文化ですもの。足がしびれる為に諦めるなんて、もったいないですよね(*^_^*)

頑張ってくださいね(*^^)v

Q医学部の学閥が研究や就職に与える影響

将来、医学部卒業して自分で研究したいと思っています。
まだ、自分の中では、まだ視野が定まっていません。ただ、将来自分が中心になってできる(自分ひとりでもできる設備や施設のあまり要らない)個人をメインに精神神経学の研究をしたいと考えています。その為には、これらの学閥はどんな影響するのですか?
やっぱ、旧帝大なら評価はされやすいのでしょうか?
絶対に東大でないと駄目ですか?どの大学医学部までならOKでしょうか?そこで、医学部の学閥の影響について教えてください。
そして、学閥とはどのような影響が(メリット・デメリット含め)あるのですか?

あと、東大の出身の医者は、名古屋や京都などの大都市や地方の田舎でも通用するのですか?
一方、これと反対に名古屋大卒や京都大卒の人が東京に行くと、病院就職先や、また東大の教授になれるのですか?(現実問題としてどうでしょうか?)
そして、上記と同様に私大の医学部卒では?

悩んでいます、真剣な気持ちで質問しました。
憶測とかではない、リアルな答えをお願いします。

Aベストアンサー

主に臨床系の研究者を相手に技術と毒舌ででメシを食ってます。

研究の現場にいると、誰かがどこの学部を出たかなんて全く話題に
なりません。それよりどこの院を出てどこの医局に属しているかの
方が大事です。医学部を卒業しただけじゃ、医師としても研究者と
しても全く役に立ちません。とくに研究ってことになると、講義を
聴いて暗記をして来ただけの医学部卒なんて工学部卒に劣ります。
研究者としての教育が始まるのは大学院で、専門知識を持つ医師と
しての訓練は医局が担います。そんな考え方だから、どんどん学部
教育が軽視されて、単なる国試対策の詰め込みに陥る悪循環なんだ
けど。

ちなみに医学研究において医師であるメリットは、病院でヒトのサ
ンプルを採取できることに尽きます。個人の研究所なんてクソの役
にも立たないのでやめておきなさい。あ、定年後の暇つぶしにはな
るかもね。そういう元教授を一人知ってる。

Q茶道を習ってみたいのですが・・・

茶道を習ってみたいでのですが、幾つか疑問があります。
・正座が長時間出来ないと無理でしょうか?
・道具は何が必要なのでしょうか?
・着物を着るのでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

正座も練習の一つですから、最初からは長時間は無理でしょう。
無理せず徐々に慣れましょう。
道具は手始めとして袱紗、懐紙、黒文字、扇子(お茶用)それらを入れる袱紗袋があれば取り合えずはOK.
ただ流派によっては古袱紗も。
着物は着なくていいです、平服で結構。
白足袋は用意してください。
お茶を習ういい機会ですので、着物をお勧めしますが、いかがでしょうか。
エンジョイ サドウ!

Q宇宙医学の研究者になりたい

カテ違いかもしれませんが、、高2、男性です。

タイトル通りですが、将来宇宙医学を研究してみたいと考えています。

そろそろ、大学入試の時期ですが、どこの大学に行っていいのか不明です。目指すは医学部なんですが、医師とは臨床医と研究医とに別れていますよね?


どこの学校を出ても、医局の問題やらがあり、研究医でしかも自分のやりたい宇宙医学の研究が出来るとは思えません。


自分は、宇宙医学の研究をするのが昔から明確に定まっていましたが、肝心のどうやったらその場所までたどり着けるのか不明です。

まずは、医学部に入ってそれからでも何とかなるモンなのでしょうか?


ご享受お願いいたします。

Aベストアンサー

宇宙医学は新しい分野ですから、そうした研究をしている大学を選ばれた方が良いでしょう。
詳細は、高校の担任の先生か、進路指導の先生に相談した方が良いと思いますが、参考に宇宙医学関連の研究リストが出ているサイトを紹介しておきます。
このサイトに出ている大学の中から調べていっても良いと思います。

参考URL:http://www.nasda.go.jp/press/1999/06/jem_990623_t02d_j.html

Q茶道に興味があるのですが・・・

34歳の男性です。
茶道に興味があるのですが、

1)やはり正座は基本的にできなければダメなんでしょうか(慣れるとも聞きますが、現在の自分は30分が限度です)。
2)メジャーな流派とマイナーな流派では何がどう違うのでしょう(どちらをお薦めしますか)。

以上2点、教えて頂きたく宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
一口に茶道といっても、茶道の何に興味がおありですか?
お点前の作法ですか。あるいは茶道を通して日本文化を知りたい、あるいは禅道を知りたい、道具について勉強したいのかで、若干スタンスが変わってくると思います。
人によっては、「喫茶去」(まあお茶でも飲んでいって!)という精神で、仲間と和気あいあいと、やられるかたもいるし、
従来からのしきたり作法を強調されるかたもいます。
それによって正座の意味も違ってきます。
独断で申し上げますが、お点前は勿論正座です。
ただ客の場合は最初のお茶を一服するまでは正座をして、亭主に挨拶が終われば、非礼にならない位に足をくずされても良いと思います。
正座をなさる職業をお持ちの方は、大抵足腰をやられます。
正座を続けるというのは、あまり賛成しません。
流派についても同じことが言えます。
何流とこだわることなく。最終的にはon-drug流を作ってください。
お茶の免許をとって、教室でも開くのであれば、メジャー流をお薦めしますが。

是非お茶をおやりください!茶碗、掛け軸、お花、お料理などと楽しい素材が一杯あります。

こんにちは。
一口に茶道といっても、茶道の何に興味がおありですか?
お点前の作法ですか。あるいは茶道を通して日本文化を知りたい、あるいは禅道を知りたい、道具について勉強したいのかで、若干スタンスが変わってくると思います。
人によっては、「喫茶去」(まあお茶でも飲んでいって!)という精神で、仲間と和気あいあいと、やられるかたもいるし、
従来からのしきたり作法を強調されるかたもいます。
それによって正座の意味も違ってきます。
独断で申し上げますが、お点前は勿論正座です。
ただ...続きを読む

Q現代医学とその他の医学

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。

皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・?

ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと...続きを読む

Aベストアンサー

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科学雑誌片手ではないのでおそらく他の部分に原因があると思います。

私自身が考えるのは
『施術者の社会的な信用』だと思います。漠然とした言い方ですが『きちんとした教育と学問の上に成り立った施術』であれば多くの共感が得られるのでは?と思います。少なくともどんなバカな西洋医でも6年の期間を費やし、国家試験を通過しそれなりに名の通った先人に教えられて研鑚した結果でなければ『独自の』医療は展開できません。人の体について考える以上、西洋医学でも基礎とされる解剖学や生理学は全ての医療の基本となると思いますが、少なくともここ日本におけるその他の医療者…施術者がこれを身につけているとは考えられないところが不安の種です。解剖学で骨に関して熟知していない人間が骨のずれなどわかるわけがない…本当はわかるのかもしれないけれど普通はそうは考えない。他も同様です。体のバランスを整えるなどと宣伝するもののでは真のバランスとは如何に?と聞かれて答えられるものはいるのか?そこが問題です。中医の中には完璧な生理学を修めている方は山ほどいます。そういった人が行うものに関してなら信頼はおける…そういう理屈です。

現代医学にだけしか頼らないのではなく、信頼できる医者が(一般的には)現代医学にしかいない(確かに中には変なのもいるが・・)というだけのことだと思います。
健康食品の宣伝などで、玉石混交といってもコンマ1以下しか玉はない(ほんとにあるのか?)というところです。

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報