(1)と(2)の意味(ニュアンス)の違いをどなたか教えてください。
よろしくお願いします。

(1) My sister who lives in London has two children.
(2) My sister, who lives in London, has two children.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問の2つの文の違いは、制限用法と非制限用法の問題です。


(1)の文は制限用法
(2)の文は非制限用法
と呼びます。
日本語にこの違いをうまく訳すのは大変なのですが、
(1)では、 who 以下の従属節が My sister を特定するように働きます。
つまり、たとえば他にも日本に住んでいるお姉さんがいるとすると、
My sister who lives in London has two children, but my sister who lives in Japan has no child.
と言うことが出来ます。この文では、whoの従属節の前後にカンマを入れることは出来ません。
また、上の例文の状況では、
My sister has two children.
とwho以下を省略すると、どちらのsisterについて話をしているかがわからないので混乱します。
聞き手が日本のお姉さんだと推測すると、間違って覚えることになりますね。
なので、who以下で就職するとか、My elder sister などと複数いる場合は何らかの修飾が必要になります。

2)の場合は、who以下はあくまで付加情報として付け加えられているのみです。
従って、
My sister has two children.
としても全く混乱を生じない場合(つまり、聞き手との間で既にsisterが特定されているか、一人しかいない)に用いられます。
会話では、whoの前に一呼吸置くことにより、区別されます。
もちろん、もう一人実はMy sister がロンドン、あるいは日本に住んでいるのだけど、聞き手との間での意識に登っていない(つまり誤解が生じない)場合でも使われることはあるでしょう。
会話の出だしで、初めに聞き手が(日本にいる妹のことは十分知っているが)あなたのお姉さんの方は今どうしているの?と聞いて既に話題がそれに限定されている場合など。

ただ、sisterがいない場合でも、わざわざ,を付けずに(つまり制限用法)で述べられることも間々あるので(Nativeにとっても間違えやすいのです)、あまり神経質になる必要はありません。
もちろん新聞、法律文章など事実を正確に伝える文ではきちんと使い分けられています。

では。
    • good
    • 0

I don't really know how to really explain this but


the 1st sentence is incorrect. The 2nd sentence is correct.
See explanation below (in the middle of a sentence).

Commas are needed in this case on absolute phrases that modify entire sentences. Because these phrases are nonrestrictive, they must be set off by commas. Use a single comma if the phrase appears at the beginning or end of a sentence; use two commas if it appears in the middle of a sentence

>>at the end of a sentence
Franklin Roosevelt was the 1st president to fly in a commercial airplane, a fact unknown to most people.

>>in the middle of a sentence
Gandhi, the goal of Indian independence achieved, retired from public life.
    • good
    • 0

1は、「姉妹が複数いて、そのうちのロンドンに住んでいるひとり」という意味になります。


2は、「姉妹がひとりいて、彼女はロンドンに住んでいる」という意味になります。


全文を訳すと
1:ロンドンに住んでいるわたしの姉(妹)には子供が2人います。
2:わたしの姉(妹)はロンドンに住んでいるんだけども、彼女には2人子供がいます。

2の場合は、My sister=who lives in London
1の場合は、My sister(s)>who lives in London

って感じでしょうか。

この回答への補足

どうもありがとうございます。

もう少し詳しく聞いてよろしいですか?
なぜ、1は姉妹が複数いることになるのですか?

よろしくお願いします。

補足日時:2001/11/30 06:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI and my sister と My sister and me

以前どこかで、
My sister and me と文頭で使う、
I and my sister はあまり使わない、というようなことを聞いたような気がするのですが、

自分(Iやme) を含め、andを使い、複数の人を主語にする場合、どのような使い方が良いもの、良くないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、他の人を言ってから、最後に自分(Iかme)をつけます。
I とmeのどちらが正しいかは、その前後の文章によります。簡単な覚え方は、自分ひとりとして文章を作ったときにI と言う場合は “○○ and I”といい、自分ひとりの文章が meの場合は “○○ and me”と言います。例をあげると:

私はスキーに行ってきた。 → 姉と私はスキーに行ってきた。
I went skiing. → My sister and I went skiing.

彼は私に話していた。 → 彼は、姉と私に話していた。
He was talking to me. → He was talking to my sister and me.

といった感じです。文頭ですと、○○ and I のほうが正しいです。

Qin my life, of my lifeについて

inを使うかofを使うか まだ理解できないときがあります。
どなたか わかりやすく説明していただけませんか。

Aベストアンサー

>Yesterday was the happiest day of my life.
>Tonight has been the best night of my life.

>in を使ってもいいのかなと思ったりしますが、なぜ of かわかりません。

どうも、かなり理解が混乱しておられるようですが、
そういうお話であれば、

『 Yesterday was the happiest day in my life.

  of を使ってもいいのかなと思ったりしますが、なぜ in かわかりません。』

というのが普通ですよ。

----
で、正解の形の
  Yesterday was the happiest day "in" my life.
ということからスタートしますが、

英和辞典はお持ちでしょうから、まずはご自分で、life のところを引いてみてください。
たぶん熟語として、「 in one's life 」というのが載っていると思います。

で、the happiest day in my life という場合に、
「in my life」が掛かる(修飾する)言葉は、happiest という形容詞です。
(day という名詞ではありません。)

これが、私が #1 で触れた「副詞句」ということの意味です。

最もパッピー(happiest)というが "どの範囲で最もなのか" については、
たとえば「自分の生涯の中で」なのか、「自分の大学時代の中で」なのか、・・・
のようにいろいろあり得るわけですが、
ここでは、「自分の生涯の中で」というように触れているということです。

----
「of my life」の方は、これも #1 で触れましたように、
たいていは名詞に掛かる(修飾する)「形容詞句」として使われます。

たとえば、
 I'll spend the rest of my life in the country.
 (余生は田舎で過ごそうと思う。)
のようなケースで言えば、

  rest(残った部分) ← of my life(自分の生涯の)

のような関係です。

----
in 、of にしろ何にしろ、前置詞の使い分けについては、
なかなか言葉では説明しにくいところもあって、

上では一応「副詞句」、「形容詞句」とかにも触れましたが、
あまり文法的なことや理屈にとらわれすぎると、
英語がなかなか口から出てこなくなったりということもありますから、

要は、できるだけ多くの用例や会話実践を積みながら、
使い方の感覚を身に付けていくということだろうと思います。

--

>Yesterday was the happiest day of my life.
>Tonight has been the best night of my life.

>in を使ってもいいのかなと思ったりしますが、なぜ of かわかりません。

どうも、かなり理解が混乱しておられるようですが、
そういうお話であれば、

『 Yesterday was the happiest day in my life.

  of を使ってもいいのかなと思ったりしますが、なぜ in かわかりません。』

というのが普通ですよ。

----
で、正解の形の
  Yesterday was the happiest day "in" my life.
...続きを読む

Q意味を教えてください>_< But indeed in london, each time it's

意味を教えてください>_<

But indeed in london, each time it's snowing the country is paralyzed

Aベストアンサー

しかし、本当にロンドンでは、雪が降るたびごとに、国(ロンドン、イングランドのこと)は、麻痺状態になってしまう。

Qwill,would,could,can・・・確証のニュアンスについて

技術者です.
英文を書く際,

将来必ずそうなる・・・will
まずそうなるだろう・・・would
やろうと思えばできない訳ではない・・・could
できる・・・can

と言うように助動詞を使い分けていたのですが,人によっては,
wouldはできないと言うニュアンスがある,とおっしゃる方もいらして,
他にもmayやmightもあります,ちょっと混乱し始めて来ました.

丁寧さのニュアンスに関して過去ログを拝読致しましたが,
上記については私の中で解決しませんでしたので,改めまして,
日常会話の点から,或いは,パズル的な論文執筆法の点から,
この「助動詞による確証のニュアンス」について,教えて下さい.

例えば,
It rains.
等,例示して頂ければ幸いです.

Aベストアンサー

アメリカに35年住んでいる者です.

これは、日本語よく知っている日で無いと言葉に表せないかも.

とにかくやってみますね.

It will rain. 将来降ります.、
It would rain. 多分降るだろう
It could rain. 条件が合えば、降るかも知れない.(降る可能性もありえた)
It can rain. 降る可能性がある.
It may rain. 降るかもしれない.
It might rain. もしかしたら降るかもしれない、50%以下の可能性で.

過去形にする事によって、可能性を低くする. 又、アメリカでは、(責任逃れのため(笑))mightはよく使われます.

ただ、この助動詞は次に来る動詞によって、推量から、能力/意思に変わりますので、注意しなくてはならないですね.

自分の動作を示す動詞であれば、そうなります.

能力を示すCANのバリエーションとして、be able toを使って、ニュアンスを変えます.

I can do it. 出来ます.
I could do it. やる気があります. できました。
I will do it. やりましょう。やるでしょう。
I will be able to do it. やれると思います.
I would do it. やるつもりだ. やるといって聞かなかった.
I would be able to do it. 出来ないはずが無いでしょう。
I may do it. やるかもしれない.
I may be able to do it. 出来るんじゃないかな.
I might do it. もしかしたら、やるかもしれない.
I might be able to do it. もしかしたら、出来るかもしない.

ここまで書いてきて、やはり、私には日本語力がないと思いました。

かえって、混乱させてしまったと思います. 感じでは、分かるんですけど、言葉に出していえない.惨めですね.

と言うのは、やはり、使う事情でまるっきり違う意味になってしまうのですね.

やっぱり、これは、文法の分類化をしないと出来ないかも. でも、それでも、日本語力と、動詞と、状況とで、変わってくるしな. ここでは、紙面か足りないと思う.

ただ、辞書で、一つ一つ見れば、かなり詳しく書いてあると思います!(他力本願になっている!)
答えになっていませんね. 申し訳ない.

アメリカに35年住んでいる者です.

これは、日本語よく知っている日で無いと言葉に表せないかも.

とにかくやってみますね.

It will rain. 将来降ります.、
It would rain. 多分降るだろう
It could rain. 条件が合えば、降るかも知れない.(降る可能性もありえた)
It can rain. 降る可能性がある.
It may rain. 降るかもしれない.
It might rain. もしかしたら降るかもしれない、50%以下の可能性で.

過去形にする事によって、可能性を低くする. 又、アメリカでは、(責任逃れのため(笑))mig...続きを読む

Q英語で質問です。 At first,the children looked nervous, bu

英語で質問です。

At first,the children looked nervous,
but when we showed them the balls,
they gave us big smiles.
It was like magic!

最初は子供たちは神経質に見えました。
しかし私達がボールをみせたとき
彼らは私達に笑顔をくれました。
魔法のようだ!

和訳はできたのですが 主語、動詞、形容詞
名詞 などが分かりません。
形容詞や動詞を見つけるコツとかもあったら教えてもらいたいです。おねがいします!

Aベストアンサー

>主語、動詞、形容詞、名詞 などが分かりません。

用語の問題だと思いますので、文法の本を読んでください。
文の意味が分るのなら問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報