私の知り合いから相談を受けたのですが、このような経験もないので、どのようなアドバイスをすれば良いのか困っています。
状況は以下です。
その知り合いは、夫婦と子供2人の4人暮らしです。
4年前に新築の1戸建て住宅を購入し、現在も住んでいます。
当然ローンを組んでいて、支払いを続けています。
その本人が、県外へ転勤させられそうなのだそうです。
現在住んでいる家をどうしようかと思っているそうです。
私が考えたアドバイスは、全員で赴任先に引っ越すこと(子供が小学校1年生と幼稚園入園前なので、父親と離すのは可哀想だと考えて)
家は「賃貸」として貸し出す(月々のローン代くらいで)
また、帰ってこられる保証は無いのですが、帰って来た場合は、リフォームして明け渡してもらう契約とする。
という物なのですが。
この様な契約は可能なのか?
また、もっと良い知恵があったらご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

会社の同僚が新築してすぐに転勤になり、会社の「借り上げ社宅」として契約を結びました。


このような場合は「定期借家」としての契約を結ぶ必要がありますから、個人間の契約よりも、対企業の契約の方が引き渡し時に安心です。
ごねられる心配がありませんから。
一番は自社の借り上げ社宅ですが、二番目の策としても不動産屋を通して他の企業への社宅として契約すると良いでしょう。
明渡し時の契約条件を厳しくする場合は家賃をそれなりに下げないと借り手が付かないことがありますので、あまり欲張らない方が良いと思います。
まずは、会社の人事部へ相談に行きましょう。
そのときには『根回し』をしておくことも忘れずに、正攻法だけでは受け入れてもらえないことがありますので。
役員クラスの一言が得られればかなり力強い後押しになります。
硬軟両面を使い分けて、みすみす損することのないように気をつけて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、借り上げ社宅が良い方法ですか・・・なるほど
ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/27 11:39

横浜の不動産コンサルタント会社の者です。


賃貸するのが一番だと思います。
まず期間の問題ですが、他のかたもおっしゃってたように「定期借家制度」でやるのがベターです。ただ期間限定の契約をしますと、借り手の市場自体が小さいです。そこで、本来のその「定期借家制度」(これを非再契約型といいます)と従来の更新可能な賃貸借契約の中間をなすものとして、再契約前提型定期借家制度というのがあります。これはもともと、一般のアパートとかで不良入居者(素行が悪いとか家賃滞納をしたりだとか)を契約期間の終了とともに追い出すための有効な手段として使われているものです。再契約前提型の賃貸借であれば、借り手の市場自体も若干増えると思いますから、やってみる価値はあるでしょう。もちろん、再契約型とうたってるわけですから、借主の事情も考慮して退去通知を出さなければならないですが、更新可能もしくは期間限定の契約よりはおきゃくさんが付きやすいと思います。
リフォームの件ですが、通常畳、襖、クリーニングくらいはやってもらえる可能な範囲でしょう(もちろん引き渡し時にそれらをやっておくのはいうまでもありませんが)。ただ、昨今原状回復についてのトラブル(いわゆるリフォームは法律上、本当はすべて家主の負担)が多いので有能な管理会社が必要となるでしょう。ちなみに私は原状回復に関連した訴訟とかも経験あります。
また転勤などのやむをえない理由であれば住所変更はできます。公庫などにはその旨を届け出る書類もちゃんとあります。私も管理会社としてその書類を書いたこともありますし。やむをえない事情でなければ、表札を出しっぱなしにしておくしかないです。でも住所は変更できますよ。あくまでも公庫からの手紙だとかが、あて先不明で戻ってくるのだけ避ければよいのですから。でも借りた人は、自分の家に人の名前が書いてあるのはいやですけどね。(これも経験あります)
たしかに返済額との兼ね合いが重要になりますが、貸さなければ返済額は減らないのですから、そこのところをよく考えたほうが良いと思います。
あと、これは覚えておいてほしいのですが、賃貸管理のプロフェッショナルという会社は、みなさんがよく耳にする大手の会社では存在しませんのでご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
なんだか、漢字の多い言葉がでてきましたが・・・難しい
のでしょうか?
やっぱり、知り合いの勤める会社に「借り上げ社宅」の
制度があるのなら、そちらのほうが良さそうですね・・・

お礼日時:2001/11/28 09:54

やってる人多いです。



ただし、ローンを借りているとこには、住所変更しない。
住宅ローンの場合ですけど、自分自身が住んでいないと投機のための購入とみなされて、金利が高くなるから。
だから住宅金融公庫の場合は、難しいかも。

>帰って来た場合は、リフォームして明け渡してもらう契約
 定期借家でそういう契約は、可能です。不動産屋さんに相談しましょう。一般的には、貸し出すときにリフォームして、返してもらうときにリフォームしてもらうパターンただ、契約ですから、双方了解すれば何でもOK。(不動産屋さんはイヤがるかも)

一番の問題は、立地・交通の便も含め、もろもろの条件をつけた上で、借り手が居るかどうかです。月々のローン代くらいというのも、どの程度かによります
それだけの価値があるところだったらいいんですが・・・

できれば、親類や知り合い、転勤させる会社に借りてもらい、必要なときに出てもらいやすいのがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、レスポンスの良さにびっくりしております。
住宅金融公庫は、借りる時点で住んでいれば良いのではないかと・・・自分で確認して見ます。
なるほど、会社に借り上げてもらうというのは、良い考えですね・・・アドバイスの一項目に入れておきます。

お礼日時:2001/11/27 01:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借り上げ社宅の家賃負担は?

私が勤務している事業所には「社宅管理規定」というものがあります。
この規程では、会社が本社以外へ転勤(現状営業職に限る)を命じた場合、
その者の住居を会社名義で借りて賃貸社宅とし、
会社がその賃料を支払うものとなっています。
実際の運用においては、社員自ら、好きな物件を見つけて転居し、
その家賃(勤務地や家族構成により異なりますが10万円前後を上限とし
上限以上は自己負担)を、会社が直接家賃の支払い口座へ振り込むという形を取っています。
これは手当とは違いますよね。
源泉徴収時の課税対象にはならないと認識してよろしいでしょうか。
~ここまでは普通の質問です~

~ここからはちょっと愚痴です~
ちなみにこういった制度は、皆さんの目からみていかがでしょうか。
転勤するだけで年100万円以上浮く計算なんですよね。
本社勤務者には住宅手当も一切無いため、あまりにも転勤者へ偏った厚遇だと
思いますが、どう思いますでしょうか?コモンセンスの問題として。

Aベストアンサー

◇ご質問
支給の仕方からして、手当ではないですね。手当扱いになっていなければ、課税対象にもならないでしょう。

本来なら会社が探して契約して「住む所」を与えるべきです。その手間を省いて、家賃の支給をもって「住居の貸与」に代えているのでしょう。

◇愚痴
もし手当扱いで120万円を支給していれば、その分が課税対象になりますが、そうではありません。転勤者は「非課税の120万円」を得ているので、120万円以上のメリットを享受しています。

完全に平等 というのは無理とはいえ、ちょっと偏りすぎですね。

◇ほかのケース
私の勤め先では、東京地区にのみ「家族寮」があります。3LDKで、家賃は16000円です。他地方、例えば大阪で同レベルの住居を探そうとすると、10万円は優にかかります。to-chakiさんのお勤め先の反対で、私の会社では「東京地区の家族持ちは年100万円有利」なのです。でも是正される見込みは全くありません。

また、地方の勤務者には原則として独身寮しか整備されていませんが、本社⇒地方への転勤時にゴネると、家族寮が与えられることがあります。「ゴネ得」ですね。これも是正されません。

また、同じ「独身寮」といえども、通勤時間が100分かかる寮と、10分の寮があります。どちらに入れるかは総務担当者の裁量です。年200日勤務として、年間で600時間の差が生じます。これはお金に代えられないくらいの不平等さです。これについて遠い寮の寮生が文句を言うと「嫌なら自分で借りろ」と言われます。これも是正される見込みはありません。

不公平なのはto-chakiさんの会社だけではないんです。どこの会社にもこういう問題はあると思いますよ。

◇ご質問
支給の仕方からして、手当ではないですね。手当扱いになっていなければ、課税対象にもならないでしょう。

本来なら会社が探して契約して「住む所」を与えるべきです。その手間を省いて、家賃の支給をもって「住居の貸与」に代えているのでしょう。

◇愚痴
もし手当扱いで120万円を支給していれば、その分が課税対象になりますが、そうではありません。転勤者は「非課税の120万円」を得ているので、120万円以上のメリットを享受しています。

完全に平等 というのは無理とはいえ、ちょっと偏りす...続きを読む

Q現在親子ペアローンをで組んでいて、新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?

主人+私+子供1人 が住む3000万円の一戸建ての購入を考えています。
しかし、主人が結婚前に親の家を、親(2000万)住宅金融公庫から、主人(1000万円)ろうきんから、でローンを組み、家を購入しています。
今現在主人の方はローンの残りは600万円なのですが、新たに2500万円の住宅ローンを組むことは可能でしょうか?
主人もローンを組んだ時のことをよく覚えてないようで、
世間一般で「親子ペアローン」と呼ばれる物なのかよくわかりません。

Aベストアンサー

>でも現金で一括返済して、それから頭金を貯め直すという方が
>いいような気がするのですが・・・。もっとも貯まるまでに
>何年かかかるので購入時期がかなり先になりますが。
>これはどうでしょうか?

現在のローンの残債600万円を一括で返済できる預貯金がある
ということでしょうか?

それならば一括返済してから、新たに借り入れるということでも
良いでしょうね。

頭金を再度貯めるのも無論結構ですが、頭金0円で借り入れできる
住宅ローンもありますし、頭金が再度貯まるまで待てるかどうか
にもよりますよね。

私の私見ですが、マイホームは早いうちに取得した方が家族のため
にも、お子さんのためにも良いと思いますよ。

いろいろ悩めることと思いますが、がんばってください\(^o^)/

Q社宅への家賃補助

勤務する会社の社宅等規定がこの度改定されることになりました。
主旨は、会社からの家賃補助につき、これまでは自己負担は家賃の○%であったのが変わり、
単身者・家族帯同者により上限家賃が設定され、超過分は全て自己負担となるというものです。
(大半の社宅入居社員は自己負担が増える見込みですが、組合もなく名ばかりの社員会で、
その代表が、親会社から出向してきている総務部長の圧力に屈して、やすやす了解しました)

自身については少し複雑で、夫婦二人なのですが、妻も別会社で働いております。
結婚目処たった半年前に、私が異動となり、妻も暫く仕事を続けたいという意向もあり、基本的に他県にて離れて暮らしているという状況です。
(妻勤務地の住居は個人にて賃貸しております)
私が勤務する会社の総務に、この度の社宅等規定の改定を機に、一応、"単身赴任手当"・"住宅手当"等の発生有無を確認したところ、認められないとの返答でした。
(会社所在地に持ち家か賃貸問わず自宅を有す者が、社名で転勤となった場合、単身赴任手当てと
住宅手当、また、単身社宅家賃に対し会社補助がでるという規定があります)
単身赴任手当に関しては、異動後の結婚+自己都合という事情あり、対象外という処遇は理解できます。

ただ、本文初頭の社宅上限家賃につき、『それでは家族帯同扱いの上限家賃を適用すべき』と
総務に具申したところ、週末+αの月10日程度では社会通念上同居と言わない、
同居していないのに同居と申請するのは自由だが、マイナンバー制度開始等もあって様々な書類が総務に集まるので、実態を明確に知ることになれば、懲戒処分・解雇の対象になる、
と訳の分からない脅しのような回答で、一方的に電話を切られました。
(単身者扱いでは、家族帯同扱いと比べ、上限家賃額設定:自己負担が大きく異なります)

自身にとっては納得出来ない処遇で、余り事例のない話だとは思いますが、
法的・判例的(一般的にでも結構です)にどちらの言い分がより正しいものでしょうか。

ご教導お願い致します。

勤務する会社の社宅等規定がこの度改定されることになりました。
主旨は、会社からの家賃補助につき、これまでは自己負担は家賃の○%であったのが変わり、
単身者・家族帯同者により上限家賃が設定され、超過分は全て自己負担となるというものです。
(大半の社宅入居社員は自己負担が増える見込みですが、組合もなく名ばかりの社員会で、
その代表が、親会社から出向してきている総務部長の圧力に屈して、やすやす了解しました)

自身については少し複雑で、夫婦二人なのですが、妻も別会社で働いております。
結婚目処た...続きを読む

Aベストアンサー

社宅等規定に関しては、就業規則の絶対的記載事項に入らないので、定めるかどうかは自由です。
法律上の規定はありません。会社の好意による付与であって、条件を変えても構いませんし、規定を取りやめても問題ありません、
手続き上、就業規則の改定に関し、従業員の代表に同意を取らなければならないだけです。貴方が従業員代表なら就業規則の改定に拒否を示せますが、総務部長に背けない人がハンコをついて終わりです。

全く社宅や家賃補助のない会社も多数あります。
家を買うと、家賃ではなくなるので、家賃補助が打ち切りになるところも多いです。
赴任先で自分の見つけた家に引越しをすると、手当が出なくなるところもあります。(引越し当初の条件と変わった)
単身赴任手当や転勤手当も、一時払いか、3年を限度とするなどの有期の場合も多いです。(引っ越しで一時的に家具の調達とか不要な出費を補助するためのものであり、生活が板につけば、どこに住もうが生活費は必要だとの意向です)。

会社が規定を変えるときは、経費の削減・効率の追及という目的が殆どです。
今回の改定であなたを含め多くの人がが経済的損失を受けるということは、会社の経費削減につながるということです。
あなたの不満を会社に言っても、経費削減のために役員会で決めたことでしょうから、取り合ってもらえないでしょう。
正論で主張することが不可能だからです。

釣りバカ日誌のように、社長と個人的に友人で無い限り打開策はありません。

問題を大きくして居づらくなるのなら、自己負担がなるべく増えない家を探された方が賢明と思います。

社宅等規定に関しては、就業規則の絶対的記載事項に入らないので、定めるかどうかは自由です。
法律上の規定はありません。会社の好意による付与であって、条件を変えても構いませんし、規定を取りやめても問題ありません、
手続き上、就業規則の改定に関し、従業員の代表に同意を取らなければならないだけです。貴方が従業員代表なら就業規則の改定に拒否を示せますが、総務部長に背けない人がハンコをついて終わりです。

全く社宅や家賃補助のない会社も多数あります。
家を買うと、家賃ではなくなるので、家賃...続きを読む

Q集合住宅(マンション)に住んでいる人、また昔住んでいた人に質問です。

集合住宅についてメリットとデメリットを調べています。
自分たちの経験した「迷惑なこと」「便利なこと」や「迷惑なこと」問題点をどのようにして改善したか?
集合住宅とはどうあるものか?など幅広い意見を待っています。
また、昔集合住宅に住んでいた人には、集合住宅と現在すんでいる住宅(一戸建てetc)の違いなどを教えてほしいです。(この投稿は十八日0:00まで閉じません)

Aベストアンサー

古い賃貸マンションを借りていた時は「騒音問題」と「家主がセンスの悪い改装をして困る」などありましたが、新しい分譲ではその問題はなく、おおむね快適でした。今は都合により一戸建てに住んでいます。
マンション共通のメリット
・入口が玄関ドアだけなので、防犯対策が楽
・上下左右が住居なので保温性が良く、冬 暖かい
・眺望がよく、日当たりがより(部屋による)
・外廊下式だと風通しがよい
・修繕の負担が一戸建てより少ない
・エレベーターホールで、または管理組合で、人のつながりは意外に濃い
・庭の世話、雪かきなど不要
・葬式、サークルに集会室が使える
マンションのデメリット
・犬が飼えないところが多い
・庭いじりができない(庭付き住戸除く)
・管理組合の理事に当る確率は、町内会役員に当る確率より高い
・オートロックだと新聞が集合ポストに届く
・小雨が降っていることが分りにくく、ロビーで気が付いて、またエレベーターで家に傘を取に帰ることになる
・駐車場代が別にかかることが多い
・何10年か後の立替えの時は、住民の合意が大変だし金銭負担も大きい(分譲)
・西日が入る部屋など異常に暑くなる
・外廊下の高層階では風圧でドアが開かないことがある
・地震でつぶれた時は、2重ローンなど金銭負担が大きい(分譲)

古い賃貸マンションを借りていた時は「騒音問題」と「家主がセンスの悪い改装をして困る」などありましたが、新しい分譲ではその問題はなく、おおむね快適でした。今は都合により一戸建てに住んでいます。
マンション共通のメリット
・入口が玄関ドアだけなので、防犯対策が楽
・上下左右が住居なので保温性が良く、冬 暖かい
・眺望がよく、日当たりがより(部屋による)
・外廊下式だと風通しがよい
・修繕の負担が一戸建てより少ない
・エレベーターホールで、または管理組合で、人のつながりは意外に...続きを読む

Q独身寮・社宅の家賃と税務署

私が勤めている会社では、単身赴任している者に対しては30歳まで独身寮もしくは借上げ社宅が用意されてその家賃は現在、5000円です。

しかし、この家賃が税務署から負担が軽すぎると指摘があったらしく段階的に高くしゆき1万円程度にする話が持ち上がっています。

そこで疑問に思ったのですが単身者の負担が軽い事を税務署がわざわざ指摘するものなのでしょうか?

独身寮や借上げ社宅に関する詳しい税負担はしりませんが、単身者の負担が軽い=会社の経費が多い=課税額を減らしていると見られてしまったのでしょうか?

それとも、単に経営陣側が経費を削減したいから税務署の名を借りてもっともらしそうな理由を作り上げただけなのか?

どうも、家賃と税務署が頭の中でつながりません。

Aベストアンサー

社員に対する福利厚生が厚すぎると、税務署が経費として認めなかったり、社員に対して実質的な給与補助であるとして課税対象になったりします
が、私の知る限りでは単身赴任者の借り上げに関しては税務署に対する申し立てで回避できます

税務署がそのような指摘をすることはあります
今のご時世、会社があえて反論せずに税務署の指摘に乗ることも充分あり得ます
実態は何とも言えませんが・・・

Q小学生と中学生のいる30代のサラリーマンです。知り合いが保谷に住んでい

小学生と中学生のいる30代のサラリーマンです。知り合いが保谷に住んでいていい所だから
引っ越して来いと勧められるので行こうかと思って見に行ったのですが、畑と駐車場と
古い木造の家ばかりが見えて、とてもこれからの街のように見えなかったのですが、
学校のレベルや塾など保谷の街を冷静に見れる方のお返事お待ちしております。
保谷ってどんな街ですか?特に子供の通う学校や塾など教育関係が心配です。

Aベストアンサー

こんばんは

お知り合いの意見より、お子様たちの意見を取り入れたほうが良いと思います。

きっと引越しなどしたくないはずです。

Q社宅家賃収入は、営業収益、それとも営業外収益?

社宅の家賃収入は、営業収益でしょうか、それとも営業外収益でしょうか?
仮に営業外収益だとすれば、社宅の修繕等も営業外費用で支出すべき
なのでしょうか?
なお、社宅に空室がある場合は社員以外にも貸しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社がアパート等を他者から借りてそれを全部社員に住まわせる(社宅)場合は前回のようになると思います。

減価償却費は、どちらで出すべきなのでしょうか

ということは自社の施設(建物等所有資産)ということでしょうか?
修理等の維持費用等は福利厚生費(統合勘定)として処理し、減価償却費
は通常の営業費用とする。水道光熱費等はその科目で処理し、社員から
実費精算で徴収し、費用の減少として処理する。

Q知り合いの女性が住むアパートが賃貸アパートの廃業に伴い来年の8月に退去通告が来ました。 半年以上前の

知り合いの女性が住むアパートが賃貸アパートの廃業に伴い来年の8月に退去通告が来ました。
半年以上前の通告には退去料等請求出来ないのですか?
尚、その方は精神障害者手帳を持つ方で今月から移転先を探し始めたがそれを理由に入居先が無い状況です。
せめて移転先の保証と契約金等出して頂けませんか?
宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

移転補償等の請求をするのは可能ですが、相手が応じるかどうかは何とも言えません。また、半年以上前の通告だから、何らの補償なしでも現在の入居者との契約を解除できるワケでもアリマセン。
違法な立退き要求でない限りは、来年の8月の通告日経過後に『賃貸借契約解除および建物明渡訴訟』が提起されて、その判決(または和解)内容に従うまでは、現在のアパートには住むことは出来ます。

>賃貸アパートの廃業
の部分の詳細な理由が判らなければ、相手の出方も予想が付きません。

こちら側に一番不利なのが、老朽化による建築物の解体に伴う賃貸契約の解除です。数百万単位で費用を掛ければまだ使用できるとしても、その費用の回収期間と、改修により使用継続でき得る期間との兼ね合いで、『建替えた方が得』となれば、現入居者に対しての移転補償なしで明渡し、という事は十分考えられます。

逆に、建物はまだまだ使えるけれども、アパート経営が煩わしくなったから、入居者には出て行ってもらって、空いた状態で売却する、というのであれば、交渉の余地はあるのかな?とは思います。この場合は、期限を決めて出て行ってもらわないと、家主側の不利益になるからです。

これは、当事者である質問者様のご友人が現家主に尋ねたとしても、本当のトコロを教えてくれるかどうかは判らず、家主は自分に不利にならないように、良心的な家主であれば自分が不利にならず、入居者であるご友人の不利益も少なくなるような理由を言ってくるでしょうね。入居者であるご友人でもそうなのですから、関係の無い質問者様がこの部分にタッチしようとすると、かなり苦労されると思います。

 最終的にどこを着地点にするかは難しいトコロで、例えば、移転補償から話し始めて、最後の半年分の賃料を移転補償に充てる、と言うのを落としどころにしても良いのかどうか?ですよね。肝心なのは次の入居先のアテが全く無い状態の解消でしょうから。
状況から見て、理想的なのは、次の賃借物件の提供を条件に明渡しに応じることですが、相手が公的機関であれば可能でしょうけれど…
うまく立ち回らないと、経済的に損をするのはご友人ですから、そのリスクは頭に入れて動く必要があると思います。

例えば、動いた結果、年明けに頃合いのアパートを見つけたとします。入居は2月からだとして、契約に必要なお金をどうします?今の家主が払ってくれる約束をしていない以上、ご友人が払いますよね?今の家主には1か月前の予告で退去出来たとして、これで良いのでしょうか?
今から動いて新規の部屋を見つけても、その契約費用に対して現家主から何らの補填が無いのであれば、あまりメリットが無く、経済的なデメリットを負うダケですよね。

建物の状態次第ですが、家主側が訴訟費用およびそれに付随する移転補償を惜しんで今回のような通告を出した、と仮定すれば、来年の8月以降は少々住環境が悪くなる可能性はありますが、そのまま入居継続することも視野に入れて動かれた方が良いでしょう。

あまり好きなやり方ではアリマセンが、頃合いの物件を見つけたので契約したいが、手持金が心許ないので家主側で費用負担してくれないか?と持ち掛けてみて相手の反応を見てみる、という事は考えられますね。

移転補償等の請求をするのは可能ですが、相手が応じるかどうかは何とも言えません。また、半年以上前の通告だから、何らの補償なしでも現在の入居者との契約を解除できるワケでもアリマセン。
違法な立退き要求でない限りは、来年の8月の通告日経過後に『賃貸借契約解除および建物明渡訴訟』が提起されて、その判決(または和解)内容に従うまでは、現在のアパートには住むことは出来ます。

>賃貸アパートの廃業
の部分の詳細な理由が判らなければ、相手の出方も予想が付きません。

こちら側に一番不利なのが、...続きを読む

Q社宅の家賃!

都内の社宅の家賃って一般的にどれくらいですか!?
自分は独身です!

Aベストアンサー

うちの会社では昔は2~3万円くらいでしたが最近の厳しいご時勢で、市価の半額を目処に負担するように変わってきています。
地方では3万円くらいですが、都市部では6万円くらいになります。
自家保有しないと40代半ばで市価と同額負担となります。はあ。

Q親の住む一戸建てのローンが・・

私は近々結婚します。新居にマンション購入を考えており、現在かなり具体的な話になっています。
ところが私の親からクレームがつきました。
私の親は40歳後半過ぎてから家を新築し、現在ローン返済中です。父と母は12歳の年の差があり、父はすでに年金生活者。母もパートで体を酷使している状態。まさか2,000万以上もローンが残っているなんて夢にも思っていませんでした。
私たちは2800万弱の新築マンションを検討しています。公庫も銀行も融資審査は通っています。
でも親の家(私の実家)が気になって今頃になって躊躇しています。
私はマンション購入を諦めて実家に戻って実家のローン返済を手伝ったほうが良いのでしょうか?
親は借金は残さないと言っていますが、だったら私たちのマンション購入に反対するわけがわかりません。
はっきり言わないのです。
皆様のご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

同居を求めているかどうかは何とも言えませんね。
その可能性もあるし、そうでないかもしれません。
まあ、理由を言わない辺りは確かに怪しげですが。

同居以外に考えている理由としては、

A.自分たちの生活が確定していないのに購入しても、後で自分たちの生活に合わなくなって困るだけ。
「そのときには買い換えればよい」なんてお気楽な考えは通用しませんし。(そう考えて購入して失敗した人の実に多いこと。新築だと購入直後でも2割、以下年に4%程度下落してしまう。)

B.自分たちの購入が失敗だったと思っているから二の哲をふませたくない。
家賃程度の返済ならと思っていたが思いの外維持費がかかることに後から気が付き、また巨額のローンというのがどういう物なのか身にしみた。

C.自分たちがいなくなった後、家を渡そうとしている。
住宅ローンは団信生命保険などで、ローン債務者が死亡すると保険金で完済されるのが基本です。(銀行のローンであれば間違いなくそうなっています。公庫の場合は異なる場合もあります。)
ですから借金を残さないというのは、その通りになるでしょう。

まあAならはっきり言っても良さそうですが、B,Cだとどうかなぁ。

同居を求めているかどうかは何とも言えませんね。
その可能性もあるし、そうでないかもしれません。
まあ、理由を言わない辺りは確かに怪しげですが。

同居以外に考えている理由としては、

A.自分たちの生活が確定していないのに購入しても、後で自分たちの生活に合わなくなって困るだけ。
「そのときには買い換えればよい」なんてお気楽な考えは通用しませんし。(そう考えて購入して失敗した人の実に多いこと。新築だと購入直後でも2割、以下年に4%程度下落してしまう。)

B.自分たちの購入...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報