夜、寝ている時って色々なこと考えるんです。
さっきも今年の夏のこと振り返っていました。
 特に困ったとかいう質問ではないので暇な時に回答
してもらえると嬉しいです。

夏になると、庭の山椒の木に黒い幼虫がつくんです。
蛾の幼虫だと思って最初は駆除してたんですけど、ある日
それはアゲハ蝶の幼虫だと気がつき、それからは
その幼虫が蝶になるまで観察しようと決めました。
黒かった幼虫も数日すると成長してアゲハ蝶の幼虫らしく
青色の太った芋虫になり、ますます観察が楽しくなってきました。

幼虫ってすごい食欲ですネ。
山椒の木は丸裸になってしまいました。
餌がなくなるとその度に苗木を買ってきて幼虫に食べさせました。
でも、もうすぐサナギになるだろうっていう時に
必ず、忽然といなくなるんです。
アゲハ蝶の幼虫が食べれる葉は限られているので
他の木に移ったとは思えずに
いなくなる度になぜだろう??と不思議でなりませんでした。

ところがある日、見たんです。
ハチのような虫が青い団子をくわえて飛んでいるのを!
(見間違いかもしれませんが・・。)
その後急いで山椒の木を見に行ったら
昨日までいた幼虫がやっぱりいなくなっていて・・。
ハチって幼虫を食べるんですね。
これまで観察した幼虫がすべて成虫になる前に
ハチに食べられていたなんてビックリです。

そのとき、アゲハ蝶ってとっても綺麗だけど
そんな風になれるのはほんのちょっとなんだー・・って気が付きました。

なんだかとっても寂しいです。悲しいというか・・・(うまくいえない
気持ちです(^^;)
今が夜だからこんな気持ちになるのだと思います。
普段には考えないことを考えてしまう・・。
私は昼と夜ではものの感じかたが違うみたいです。
想像力もたくましくなります。

みなさんは、そういうことないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

我が家にも山椒の木が有り毎年アゲハの観察?を楽しみにしています。


子供が幼い頃、評判が良いからと買ってきた「腹ぺこ青虫」と言う絵本も始めは興味を示さなかったのに、幼虫をつつくと角を出すんですよね、それを教えたとたん蝶に興味を示しはじめました。
(青虫の防衛機能で臭い匂いも出るとか、でも面白いですよ。)

111212maiさんと同じように餌不足で植木屋から苗木を購入して横に置いたことも有りますし、鳥から守るために木全体をネットで覆ったことも有りました。

幼虫はサナギになる時は、別の場所へ移動します。(ビックリするほど離れた場所でサナギになっています)全ての幼虫が蜂や鳥の餌食になっているわけでは無いんですが親になれるのは僅か1-2匹と本に書いてありました。

蛹化寸前の青虫(山椒の木から脱走しているもの?)を観察箱へ入れ、蛹化=>羽化を子供たちにも見せました。
蛹化の瞬間を見ると驚きですよ。一瞬にしてサナギの形に変わります。
来年はぜひ蛹化の瞬間を観察してやって下さい。生命の不思議を感じると思います。

話が少し変わりますが、パセリにはキアゲハがつきます。
やはり餌不足でスーパーのパセリを購入して、幼虫をそちらへ移してやったら・・・、鎌首を持ち上げ一目算で逃げ出しました。残留農薬とかの影響なんでしょうか?私達には害の無い物?でも蝶の幼虫には死活問題のようでした。
(紋白蝶もそうでした、スーパーで購入したキャベツでは育ちませんね。)

なお、私達は卵から孵化したばかりのアゲハの幼虫は、鳥のフンみたいなので「ウンコちゃん」と呼んでいます。(^^


山が好きで昔はよく歩いていました。子育てで十数年のブランクが有りましたが3年程前から、月に一度の日帰りくらいで山に復帰しました。山で自然に触れると体も心もリフレッシュされます。
寂しいことも有ります、花がきれいだったから翌年もそこに行けば一株も残っていない・・・人間による自然破壊は寂しいです。


質問の最後で書かれていることよく分かります。常に感じているのですが・・・うまく言葉で書くことが出来ません。質問と違った回答になったと思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ丁寧に回答をしていただき、とても嬉しく思っています。
 
yan2014さんは子供さんとアゲハの観察をしているんですネ!観察は、生命の大切さや育てることの楽しさなど様々なことを気が付かせてくれるきっかけになると思います。とってもいいことですよね!これからも直接自然のものに触れて、そこから大切なものを感じ取ってくださいネ(^^

サナギから蝶に羽化する瞬間は子供達だけでなく
大人達も感動しますよね。私はまだ見たことがないので、
yan2014さんの回答を参考にして(ネットで木を覆うなど)来年こそは絶対に
青虫を天敵から守ろうと思います。

「うんこちゃん」には笑えました(^^確かに、うんこです、あれは!
あの幼虫が綺麗なアゲハ蝶になるなんて・・ホントに神秘的です!

自然の生き物は生きることにとても一生懸命・・。人間が環境を破壊しても自然の生き物はその中で必死に生きます。そんな健気な様子を見たら環境破壊なんてできません。私も人間による環境破壊には寂しさを感じます。
自分と同じ考えの人がいると知ることができて、とても良かったです(^^

話がまとまらず、長々と書いてしまいました。(^^;

本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/11/28 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアゲハ蝶のサナギが

こんばんは。

アゲハ蝶の幼虫が、虫カゴの天井面でサナギになったのですが、
子供が触ったために、サナギと天井面を繋いでいた糸が切れ、
虫カゴの床面へ落ちてしましました。

今は、そのまま床面に転がった状態です。
このまま、無事に羽化するのでしょうか?

羽化できないのであれば、助ける方法を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水平に床に置いても大丈夫です。
しかし、サナギを床に固定しないと羽化の時に殻を引きずって歩いてしまい成虫がサナギの殻から出れなくなりますよ。

また羽を伸ばすためにぶら下がる小枝などを立てておけば勝手に
上っていき、そこで羽を伸ばします。

Q蝶にあげる山椒が足りない

祖母の家のベランダに蝶が卵を産んでいきます。
羽化が楽しみらしく、毎年山椒の鉢を増やしていっています。
けれど、山椒を増やしても増やしてもすぐ丸坊主になってしまって、
折角幼虫が大きく育ってきても、葉が足りなくて餓死というしてしまう子も…。
山椒の木が手に入りやすい環境ではないので、坊主になっては遠出して買い足しに行きます。

山椒以外で簡単に入手できる餌の代わりになるものはないでしょうか?

Aベストアンサー

山椒に来るのはナミアゲハとクロアゲハです。
生まれたばかりの幼虫が濃い茶色なのがナミアゲハで黄土色っぽいのがクロアゲハです。
他の方も書かれていますが、山椒以外に柑橘系の葉を食べます。
ただ、山椒と他の柑橘系ではかなり香りが違うので、山椒で生まれ育った子は途中からみかんの葉に移されても食べない場合もあるらしいです。
育てられるだけの卵が産まれたら、その後は山椒の樹に網をかけるなどして産卵させないようにした方がよいのではないでしょうか。アゲハが他の場所の山椒や柑橘系に産卵するので餓死する子は発生しません。

自分の所で何匹も育てたいというのでしたら、柑橘系の樹と虫かご(透明なケースにフタの付いている物)を準備します。
生まれそうな卵の付いた山椒の葉を小さく切り取って虫かごに入れた柑橘系の葉に乗せておくと、柑橘系の葉を食べる子になるかもしれません。この場合、虫かごのフタの隙間から幼虫が出られるので目の細かいネットを間にはさんでおいた方が安全です。幼虫はある程度大きくなったら樹に移動します。
幼虫は食欲旺盛なので柑橘系の鉢で育てられるのは数匹だけだと思いますが、山椒よりはもつと思います。

ちなみに、外で飼っているとハチやハエに寄生されたり、鳥に食べられたりしますので、確実に蝶に育てたいなら鉢ごと目の細かいネットで覆ってしまった方がよいですよ。

山椒に来るのはナミアゲハとクロアゲハです。
生まれたばかりの幼虫が濃い茶色なのがナミアゲハで黄土色っぽいのがクロアゲハです。
他の方も書かれていますが、山椒以外に柑橘系の葉を食べます。
ただ、山椒と他の柑橘系ではかなり香りが違うので、山椒で生まれ育った子は途中からみかんの葉に移されても食べない場合もあるらしいです。
育てられるだけの卵が産まれたら、その後は山椒の樹に網をかけるなどして産卵させないようにした方がよいのではないでしょうか。アゲハが他の場所の山椒や柑橘系に産卵す...続きを読む

Q栽培している人参の葉っぱにアゲハの幼虫がつきました

プランター4つで人参を12育てていたところアゲハの幼虫と
思われるものがつき、あれよあれよという間に葉を食いつくし
ました。別に人参の収穫に思い入れもなかったので黙って見て
たのですが、葉が完全に無くなって幼虫たちが困っているのが
かわいそうになり昆虫用大型プラケースに入れました。
数えながら入れたら何と36匹。ミツバとパセリを入れました
が殆ど食べず、今日明日にも大量餓死しそう。検索してみると
山椒やミカン・柑橘系の葉が必要とどこにも書いてあります。
中には、種を植えて樹を育てろと。とても間に合いません。
時節柄か葉つきの人参すら売っておらず、どうしたら良いで
しょうか?

Aベストアンサー

にんじんやパセリを食べるのは、キアゲハです。アゲハやクロアゲハはみかんなどを食べます。カラスアゲハやオナガアゲハは山椒が好きです。
農薬が多いと食べません。

Qアゲハの幼虫がさなぎになるために位置を固定しました。

アゲハの幼虫がさなぎになるために位置を固定しました。
場所は虫かごの天井(格子のようになっている部分)で、ほとんど床と平行な格好です。
このままだと、さなぎへの脱皮の際に首吊りの状態にならないかと心配です。
虫かごを横に倒すと幼虫はほぼ垂直の状態になりますが、
今度は床に近くなってしまいます。(床から約1cmほど)
向きを変えた方が良いでしょうか?
それともこのままにしておくべきでしょうか?

Aベストアンサー

動かさない方が良いです
固定したときの状態で蛹化します
動かすと蛹化できないことがあります

Qカブトムシの幼虫の餌用に木を腐らせるには

クヌギの木を早く腐らせるにはどうしたらよいでしょうか?

また、どれくらいで幼虫の餌になるのでしょうか?

幼虫が50匹ほどいて困ってます。

Aベストアンサー

クヌギの木が山から切って来たばかりの新しい木なのか?また、椎茸栽培などでの使用後の比較的古い物かでどの程度で幼虫に与える事が出来るようになるかは大きく違ってきます。質問にあるように少しでも早く幼虫に与えたいとして、新しい木であれば、粉砕後の人工的な発酵と言う工程が必要で、この場合で通常1ヶ月程度。
椎茸の原木栽培などで使用した後の古い木であれば、表面の皮を剥き、後はNo.1さんの回答通りで良いです。
それから、今この時期の幼虫と言う事ですと、国産かぶと虫の場合だと蛹化直前だと思われますので、いくら餌として使用したくとも到底間に合いませんので、広葉樹100%の腐葉土か専用のマットを購入して下さい。
もし、木が新しくても、木を来年にでも使用すると言うことでしたら、水に浸す→乾かせる→水に浸すを来年まで繰り返すと比較的早く餌として使用出来ると思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報