蛙の学名でPseudacris triseriata triseriataとPseudacris triseriataとあった場合どちらの英名もWestern Chorus Frogとかかれていることがあるのですがこれらは一緒の種類を表しているんですか?それとも別々なんですか?
ちなみにRana t. tagoiは、このt.という書き方は省略ということてRana tagoi tagoiのことだと思っていいのでしょうか。またPipa sp.と記されているときのsp.ってどういう意味なんですか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

前の方の回答のうち訂正すべき部分、補足すべき部分について主に記します。



 すべての動物の学名を決めるためのルールである国際動物命名規約では、種の学名は2語名法、すなわち属名と種小名を並べて表すことと定められています。ここでは、Pseudacrisが属名で、triseriataが種小名です。
 ただし、一つの種の中に亜種があると認められる場合、種小名のあとにさらに亜種小名をつけることが許されています(亜種とは、一つの種の中で他の集団とは分布域が地理的に異なる集団で、固有の特徴を持つものと考えて良いでしょう)。
 従って、最初のご質問の答えは、「これらは同じ種を示しているが、後者はより詳しく亜種まで指定している」ということです。
 Rana t. tagoiのt.は種小名tagoiの省略ということであっています。2語で示した種名のうち、属名は頭文字で表記することができますが、種小名を省略して書くのは一般的ではありません。好ましくないと言って良いと思います。しかし、3語により表された亜種名では、種小名をご質問のような方法で省略することが規約により許されています。なお、3語で亜種名を示すとき、一番最後の単語を亜種小名と言います。
 Pipa sp. は、Pipa属の一種と言う意味です。spp.ならば種名が不明の種が複数あることになるのは、先の回答者のおっしゃるとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

亜種ですか。難しいですね。詳しい説明をどこでさがしたらいいのかわからず悩んでいたので助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/03 08:08

動物の学名は基本的に3名式となります。


ご質問のケースではPseudacris triseriataの中で最も典型的なものについてPseudacris triseriata triseriataという名称がつけられているわけですネ。
3名式でかかれたものは一つの種を限定したものであり、2名式でかかれたものは、少し広く、変種などを含む扱いと考えればよいでしょう。
ですから、広い意味では同じものを指すと考えてくださいネ。
Rana t. tagoiという省略形は、本来は好ましい書き形ではありません。
通常は同じ文章の中で、はじめにでてきたものと同じ属名を持つものは、2度目からは属名を省略するのがルールですよネ。
ご質問の場合は書かれているように解釈すればよいでしょうネ。
最後のsp.はPipa類と解釈して下さい。
そして、sp.の場合は一種、spp.の場合は複数の同属動物(植物)を指す書き形です。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いろいろ本やインターネットで見ていると学名の書き方がまちまちにみえたので最近とても気になっていたものでした。なかなかインターネットで調べてもずばっと学名に関する説明に行き当たらなかったので、詳しく教えていただけてうれしいです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/03 07:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛙を増やしていいか

私の住む島には今まで蛙がいなかったのに,私達がよその山から連れてきて飼っていた蛙が大きくなって,卵まで産んでいました。その蛙と卵を,これから島で育てていいんでしょうか。異種による生態系の破壊が最近問題になっていますが・・・?

Aベストアンサー

この種の問題は結構難問です。従来の生態系の中に居なかった生物を持ち込むことによって起こる変化は、新参者が食物連鎖のどの位置にあるかによって異なりますし、何よりも人間の存在とその諸行が、それに輪をかけることになります。蛙は虫が主食ですが、アマガエルからウシガエルまで、食べる昆虫は同じではないはずです。当然その対象となる昆虫は、益虫もあれば害虫もあるわけで、人間にとっては功罪相半ばといったところでしょう。しかし蛙を食物の対象とする蛇やネズミや猛禽類が増えるなど違った影響も考えられるのではないでしょうか。あなたの住んでいる島が、生態的にどんな環境なのかわかりませんので何とも申し上げかねますが、結論を言えば持ち込むべきではなかったと思います。蛙に罪はありません、我々人間に必要なのは、我々もこの地球の環境で生かせてもらっているという謙虚さではないでしょうか。

Q森林伐採問題の真実は......

森林伐採問題の真実は......

こんにちは、今の森林伐採問題の真実と矛盾が知りたく書き込みをしました。

国内では割り箸などをマイハシに変えるなどのエコ活動を推進してる背景がありますが、

オフィス家具などが、スチール→木製の安価のものが非常に増えてきてる現状をみます。
飲食店や、イノベーションのリフォームでも木製のものを見ます。
観光地もプレハブではなくログハウスも増えてきてます。

エコを推進するなら木製のものを減らすべきなのではないでしょうか?
それともそれでも合理的な仕組みがあるものでしょうか?

2 森林が減っていってる現状を耳にしますが、国内には紀伊、長野、岡山、広島などの山奥に
地元の人も自治体の人も手をつけれないような数の森林があります。
この死んでる森の木こそ有効活用すべきではないのでしょうか?

真のエコとは何か?凄く疑問を感じます。

Aベストアンサー

森林伐採問題の真実は
これら原因のすべては人間の無知と経済活動というエゴが原因にあると思っています。

杉や桧ばかりを植林すれば山の保水力や養分は少なくなり、それが原因で漁獲量が減ったり、水不足や洪水等の災害が増加するのです。

>国内では割り箸などをマイハシに変えるなどのエコ活動を推進してる背景がありますが
事の始まりは、コンビニ弁当です。コンビニ弁当の過当競争の中で少しでも原価を下げたいコンビがブームの火付け役です。
聞こえはエコだし、アンチョコなログハウスの会社もブームに乗って販促活動の一つにしたりしています。
割り箸の95%以上が中国の生産なのです。(割り箸の事を書けばさらに長文になるので)
ホンマにエコ活動したいのならば日本で伐採された木材の辺材や竹から作った割り箸を使ってもらいたいものです
(竹も放置するととんでもない事になります、ますます山が荒れるのです)

経済活動を目的として作られた植林は手入れを怠ると荒廃してしまいます。

>飲食店や、イノベーションのリフォームでも木製のものを見ます。
何故木材製品が多く使われるのか研究して下さい。

>観光地もプレハブではなくログハウスも増えてきてます。
>エコを推進するなら木製のものを減らすべきなのではないでしょうか?
世界で一番古いログハウスは日本に現存しているのを知っていますか?
正倉院です1300年以上も前に作られました。
昔の日本の家屋は100年200年は当たり前でした、残念ながら現在の住宅の平均寿命は30~35年と云われています。
しかし正しく建てられたログハウスは100年以上は持たせる事は可能なのです。
多くのログハウスが正しく建てられていないのが残念なので.....正しくと云う言葉を使用させて頂きました。

昔から杉120年桧80年と云われています100年持たせれば資源の循環と云う観点では充分かと思います。
以前地区120年と云う民家の取り壊し再生を手伝った事があります。
瓦、土壁、柱やその他の構造材そのほとんどが再使用出来ました。土壁の土だってもう一度ねって塗れば使用可能なのです。
しかし今の住宅で再使用出来るものは限られていますよね
スタイリッシュとかファッショナブルだとかその基準だけで住宅は建てるべきではないと思います。

最初の回答者の方が
ところで、なぜ、国産材は売れないのか。その理由は簡単で、国産材が高すぎるからです。
多くの方々が誤解しているのです。
木材はすべて同じと思っているのです。これが多くの誤解を招いています。
最近では当たり前になったの2×4住宅、これに使用されているSPF材これはスプルース、パイン、ファー、の3つの頭文字を取ってつけているのです。
これら価格は米国では3m材が1本200円、日本の杉材であれば650円価格差は3倍以上です。しかし、その耐久力はそれ以上なのです。
SPF材と杉を雨ざらしにして地べたに放置します。それらが朽ちて行くスピードをSPFを1とすれば杉材は4~5
SPF材を4年保たすには800円必要ですが杉材ならば650円で済みます
多くの方はそんな事等考えはしないのでしょうね最終的なお値段が重要なのでしょう。
しかし、やり方によればお値段も変わりなく建てられるのですが、知らないってことは残念です。

日本には適材適所という言葉があります。日本では昔スプルースなんかは内装材鴨居、障子、等に美しい白木を生かされて(桧材の代わりに)使われていたものなのです。
それを根太や垂木等の構造材に使うなんて、考えられない事なのです(特に日本の様な多湿な国では)
先人達が知っていた木の事.....現在の我々はマスプロダクションの経済活動の中で先人達の築いて来た知恵を捨ててしまっているのです。

とある方が豊かな森林を考えられない価格で購入したいと打診がありました。(通常の数倍の金額です)
よく調べてみれば中国が絡んでいました。彼らは木が欲しい訳ではありません。
豊かな森が保っている奇麗でおいしい水が欲しいのです。

森林を管理すると云う事は国を保持するという事なのです
これは戦争と違う国防政策と云って過言ではないのです。

海外の森林に付いては又別の機会にでも.......

森林伐採問題の真実は
これら原因のすべては人間の無知と経済活動というエゴが原因にあると思っています。

杉や桧ばかりを植林すれば山の保水力や養分は少なくなり、それが原因で漁獲量が減ったり、水不足や洪水等の災害が増加するのです。

>国内では割り箸などをマイハシに変えるなどのエコ活動を推進してる背景がありますが
事の始まりは、コンビニ弁当です。コンビニ弁当の過当競争の中で少しでも原価を下げたいコンビがブームの火付け役です。
聞こえはエコだし、アンチョコなログハウスの会社もブームに乗...続きを読む

Q冬眠しない蛙のえさ

部屋で飼っている蛙は,冬眠しませんでした。冬の寒さで、水槽の腐ったみかんに集まっていた小さな虫たちもいなくなり、えさを失った蛙はやせ細ってきています。このままえさのない状態でも大丈夫なのでしょうか。先日、糸の先にちぎったソーセージをつけて食べさせようとしましたが、いったん飛びついて口に入れた後、吐き出しました。

Aベストアンサー

冬眠しないで食事もしないとどんどんエネルギーを消耗していきます。
春までは保たないでしょう。
蛙は動く物しか食べないので困りましたね
冬でも冬眠しない虫って言うと「ユスリカ」
河川や湖沼にいるはずです。
生きたまま捕獲してきて与えるしかないでしょう
来年は冬になる前にいっぱい食事させて太らせたら水槽ごと寒い外へ出しましょう。
そうすれば勝手に冬眠してくれます。

Q5,6本の足を持つ蛙

最近環境の影響で5,6の足を持つ蛙がいることを知りました。しかしその蛙がどこにいるのか分かりません。どこにいるのでしょうか?知っている人がいたら詳しい場所を教えてください。

Aベストアンサー

早稲田大学 教育学部 生物学教室 中村研究室

で研究しているようです。

参考URL:http://www.f.waseda.jp/nakamra/

Q        フクシマ.....何時終れるか ?

確か「最早、戦後ではなひ」と高らかに宣言されたのは、昭和31年度の経済白書(=年次経済報告)。

.......消費者は常にもっと多く物を買おうと心掛け、企業者は常にもっと多くを投資しようと待ち構えて居た。今や経済の回復に依る浮揚力はほぼ使い尽くされた。成る程、貧乏な日本のこと故、世界の他の国々に比ぶれば、消費や投資の潜在需要はまだ高いかもしれなひが、戦後の一時期に比ぶれば、其の欲望の熾烈さは明らかに減少した。

最早「戦後」ではなひ。

我々は今や異なった事態に当面しようとして居る。回復を通じての成長は終わった。今後の成長は近代化に依って支えられる。そして近代化の進歩も速やかにして且つ安定的な経済の成長に依って初めて可能となるのである........。(一部判り易く書き換え)

上記の弁と同んなじ様な屁理屈で、「フフクシマは何時終るのか」
10、20、50年後 ?

貴方成りの屁理屈で予想してみて下さい。

Aベストアンサー

戦後が終わったのは経済的な側面でと言う事なので。

福島は終わった。

放射能発生の本体にさえ近づけず、只問題物質を増えるに任せて貯蔵して行くだけの作業に終わりはない。

復興と言う唱えだけで、結局福島の一部を完全放棄し、住んでいた人たちが死に絶えて補償問題が発生しなくなった時点で、「福島は終わり」と切り捨てて始めて、東電や責任を負うべき学者・政治家・官僚たちは平気で暮らす事が出来る様になる・


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報