オスのマウスの赤ちゃんを去勢すると、
そのマウスはメス化するということなんですが、
去勢した後に、女性ホルモンを与えるとオス化するのはどうしてですか??
ホルモンの影響が具体的にどのように作用するのかを、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多くの動物は最初は表現型はメス型であり、その後の発生段階でオス型の遺伝子型


(XY型など)を持つもののみがオス型に分化していきます。そして、オス型のものは主に男性生殖器から男性ホルモン(アンドロゲン)を放出して、それが脳の特定の部位に働くため、オスの脳はオス型になっていくのです。
つまり、脳の性はXYなどの遺伝子型によって決定するのではなく、発生段階におけるホルモンの働きによって決まるのです。

「オスのマウスの赤ちゃんを去勢すると、そのマウスはメス化する」というのは去勢すると、男性ホルモンが大量に放出されなくなるので、
脳のホルモン環境がメスと同じ→脳はメス化する!!
という結果になるのです。

しかしこの男性ホルモン、脳でそのままの形で働いているのではなく、脳の中で”アロマターゼ”という酵素によってなんと女性ホルモン(エストロゲン)に変化してから働くのです。オスの脳を作っているのが、女性ホルモンだとは驚きですよね。だから去勢した後に女性ホルモンを与えると(脳が)オス化するのです。

じゃあ、もともと女性ホルモンを出している遺伝子的にメスの個体は、脳がオス化しちゃうんじゃないの?という疑問が出るかもしれませんが、その答は下のURLで図付きで説明されているので、見てみてください。

http://www.sysken.or.jp/minosk/brain.html

また、「脳の性分化」で検索して見ると、いろいろhitするのでこのことに関するその他の疑問も解決するかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなって申し訳ないんですが、丁寧に解説して下さってホントにありがとうございます!

お礼日時:2002/01/28 15:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宦官が去勢された理由

 中国などで後宮に仕えた宦官たちが去勢された理由いうのは何だったんでしょうか?
 また、中国以外の東洋諸国の宦官たちはどうだったんでしょうか?

Aベストアンサー

下記本に宦官について去勢方法も含めて詳しく書かれています。

『宦官』三田村泰助著 中公新書 \720 

ご質問に関し、この本には以下のような記事がありました。

1.宦官の第1義は異民族に対する征服の誇示を目的とする。
2.刑罰として宦官を作る。
3.明代は、食欲が満たされないため、自ら性欲をすてて、
  後宮経由で立身出世ができる可能性がある、
  宦官となるケースも多かった。
4.後宮の夫人たちは幼児のときから宦官となったものを好んだ。
  この場合、彼らはなんの仕事も無く、ただ娘のようにふるまった。
  何のサービスをしたかは言うのをはばかるとステントは言っている。
5.宦官は、中国に特産ではなく、エジプト、ギリシャ、ローマ、トルコ、
  朝鮮といった当時の文明国にはほとんど存在していた。
  当時の文明国で宦官が存在しなかった唯一の例外は日本だ。

あと、亡失したため文献を挙げることはできませんが、
軍馬なども隊列を整えるために1頭以外はすべて去勢するという記事を
読んだ記憶があります。

Qメス同士の子供はメスかオスか

TVを見ていたら、
オス抜きで、メス同士のX染色体を掛け合わせて誕生したネズミが紹介されてました。(一部胎盤を作るのに必要な男性の遺伝子は組み込まれたそうですが)。
あと、これはX同士を掛け合わせたのかは分かりませんが、
オス抜きで、タマゴ(子供)を産んだ爬虫類・鳥類・魚類が紹介されてました。

これらの子供は、やはりオス(Y)抜きで誕生したので、必ずメス(XX)なのでしょうか?
もしそうでなくオスも生まれるのでしたら、理由も教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ネズミの場合はメスしか生まれないはずですが,
爬虫類や鳥類,魚類では話が違ってきます。

オスが ZZ,メスが ZW の組み合わせの性染色体を持つ,
ZW 型の性決定を行う動物の場合(例えばニワトリ),
あるいは温度などの環境によって性が変化する動物の場合,
オス抜きでもオスの子供が出来る可能性はあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93

Qわれわれは犬猫の宦官に囲まれて生活しているのでしょうか?

犬猫を都市部で飼っている大半の家庭では犬猫を去勢しますよね?ということは取りも直さず、宦官に囲まれて生活しているのと同じことではないでしょうか?いったい去勢された犬猫というのはそうでない犬猫に対して性格的に異なる面もあるのでしょうか?例えば雄猫は女性っぽく行動する、というように、です。
我々は犬猫の宦官に囲まれて生活しているも同然?

Aベストアンサー

 去勢のことで後代まで知られているのは司馬遷ですが、去勢も避妊も、間引きも洵に摂理に反しているではないのかと疑問になります。
 人も、多くが飼いならされ、ペット化しつつあるのではないかと、私も痛感していた年齢もありました。
 それは、必ずしもこんにち(今日)に限ったことでは在りません。
 そういう思いが浮かんでくるのは、人しだい、どこのどんな意識界に自分をおいて存在し、生きているかの問題ではないかと存じます。
 ペット人間では済まない、済ませられない、ことはどんな方にもあります。宦官で生きている人が多いと思う場面もありますが、それでは本当にすまないことがいくらも、各個人にもあります。
 真剣に自分にあろうとしたら、宦官ではすみません。
 動物を去勢することはいやですが、繁殖のコントロールをしないと、この地上で動物との生活がしにくいですね。
 昔の犬殺しや、三味線やが必要になりますね。それも残酷なことでした。

Q血液中のCA+平常化に影響を与える2つのホルモン

いつもお世話になっています。

血液中のCA+平常化に影響を与える2つのホルモンの名前と、
彼らは実際にどのようなことをするのかを教えて頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

パラトルモンは、Caを骨などからを放出させ、腎臓での再吸収を促進し、排出量を抑えます。
その結果、血中Ca濃度が上昇します。

血中Ca濃度が上昇すると、パラトルモンの分泌は抑制され、カルシトニンが分泌されます。
カルシトニンは骨からのCa放出を抑制させます。

Q中国の宦官について

昔、中国に宮廷に使える宦官がいましたよね。
彼らは去勢されていたらしいのですが、
当時の技術でどのようにそれを行っていたのでしょうか。
その方法と成功率などを知っている方はぜひ教えてください。

Aベストアンサー

根元を紐でしっかりと縛って止血し、火で炙った刀で一気に切り落とします。そしてサウナ状の暑い部屋の中でひたすら悶え苦しむだけ。暑い部屋は病気を防ぐために高温を保つという意味があったようですネ。
切り落とした後、紐で縛りっぱなしにしておく場合と、切り口にロウを流し込んで封をする場合があったようですネ。いずれにせよ、3日3晩は一切の飲食をせず、また、その間は排尿もできなかったようです。
壊疽、感染症、尿毒症などにやられてしまい、死亡することも珍しくなく、成功率というか、生き残る確率は約6割だったと聞き及んでおります。
根元を縛るという方法は血液循環を止めて出血を最小限とする以外に神経を麻痺させるという効果もあったでしょう。けれども、麻酔を全く施さないでの切断は‥さぞや痛かったでしょうネ。
宦官たちは自分の切断した一物を常に懐に入れて持ち歩いていたそうです。そして死後は再び完全な男として再生できるようにと願っていたそうですネ。
当時に生れていなくてよかったです‥
以上kawakawaでした

Qメスのゾウ対オスのライオン

以前に、ゾウとライオンが1対1で戦うとどちらが強いか?
という質問をしたところゾウのほうが強いという答えを頂きました。
しかし、水のみ場でオスのライオンに威嚇されたメスのゾウが後ずさりするという映像を見ました。
オスのライオンとオスのゾウが戦えばゾウのほうが強いと思いますが、メスのゾウとオスのライオンが戦うとどちらが強いのでしょうか?
やはり、あの巨体によりメスのゾウのほうが強いでしょうか。
わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雌のゾウといっても、ライオンの数十倍の体重があります。
一対一で戦えば、ライオンには勝機はまったくありません。
威嚇されて逃げるとしても、それは単に無駄な戦いを避けただけです。
野生動物は、無駄な戦いはいっさいしません。
考えてみてください。
ゾウはライオンと戦っても、確実に勝てるでしょう。
しかし、ライオンの牙や爪で、傷を負うかも知れません。
もし万一、傷を負ってしまったら、次にはその傷が命取りになります。
そんなことにならないよう、戦いは極力避けます。

Q宦官とカストラート

中国の宮廷に仕えた宦官とカストラートは、それぞれ去勢されていたと聞きました。カット、ということは男性能力を機能的に無くさせることでしょうが、具体的にどちらをカットしていたのでしょうか?棹か球か巣か、ということです。お願いします。

Aベストアンサー

時代や対象者によって異なっていたようです。

初期の異民族や宮刑の場合、性器全てを取り除いていてようです。
この場合、死亡率が極めて高かったようです。(半数以上が死亡したそうです。)
そのため、中国では、宮刑は、死罪に次ぐ重罪でした。

時代が下がり、宦官を行政システムとしてかなりの数が必要になり、自ら志願して宦官になる時代では、睾丸だけの削除になっていったようです。
睾丸だけの削除の場合、死亡率は極めて低くなったそうです。

Qオスがメスを選ぶのかそれとも逆なのか

とりあえず人間は別にしておいて、動物はオスがメスを選んで交尾もしくは夫婦関係を築くのでしょうか?それともメスがオスを選んで交尾もしくは夫婦関係を築くのでしょうか?

オスがアプローチするものの、最終決定はメスが行うとすれば、メスがオスを選んでいるって事ですよね?なんかそういう話でわかりやすいものっていうかなんか明快になってる法則みたいなものってありますか?
そういうのに関連した話でもあれば御紹介ください。

Aベストアンサー

子孫を残すのに必要なエネルギーは、雄と雌ではかなりの差があります。
メスが卵子を作るのに比べオスが精子を作るのはずっと少ないエネルギーで済み、また、妊娠するような動物では子作りにかかる負担もメスの方がずっと多くなります。
さらに、メスでは一生の間に産める子供の数は生理的に限られますが、オスは機会さえあればかなり多くの自分の子を持つことが可能です(理論的には一生の間に作られる精子の数だけ=星の数ほど)。
そのため、メスは一回の繁殖に対してより慎重にならざるをえません。より優秀な遺伝子を受け継がなければ、せっかく苦労して作った子供が生き延びてくれないからです。ですのでメスはオスをしっかりと選別しなければならず、決定権はメスにあることが多いのです。
反対にオスではばらまき作戦を取り、一回の繁殖に集中するよりたくさんの繁殖機会を得ようとする傾向があります。あまり相手は関係ないといった感じでしょうか(苦笑)。
これら繁殖戦略 については、R・ドーキンスの「利己的な遺伝子」等でいろいろ紹介されています。面白く分かり易い内容なので本を読んで見ることをおすすめします。

子孫を残すのに必要なエネルギーは、雄と雌ではかなりの差があります。
メスが卵子を作るのに比べオスが精子を作るのはずっと少ないエネルギーで済み、また、妊娠するような動物では子作りにかかる負担もメスの方がずっと多くなります。
さらに、メスでは一生の間に産める子供の数は生理的に限られますが、オスは機会さえあればかなり多くの自分の子を持つことが可能です(理論的には一生の間に作られる精子の数だけ=星の数ほど)。
そのため、メスは一回の繁殖に対してより慎重にならざるをえません。より優...続きを読む

Q病気や性同一性障害で無い場合、去勢は出来ますか?

自分は16歳の男です。
このカテゴリーで良かったでしょうか?
病気や性同一性障害で無い場合、人間が自ら望んで去勢手術を受ける事は出来るのでしょうか?

自分で検索してみましたが、ニューハーフ、カストラート、宦官、
性犯罪者等の事しか出てきませんでした。

自分は、特に女の子になりたい訳でもなく、でも男である自分が嫌な中性志望です。

ホルモン投与等もあるそうですが、睾丸摘出でもう戻れないようになりたいです。子供はいりません。自分の遺伝子を持った子供が生まれてくるなんてかわいそうです。

人間の去勢手術は、自らが望んだ場合、合法で出来るものなのでしょうか?
知識のある方。回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。専門家ではありませんが、ざっと知っている知識を書きます。
結論から言うと、日本の医療機関では無理でしょう。
子育てを終えた50代の方とかなら話は別ですが。
既婚者で子供はいらないのでパイプカットをしたい、と言う場合でも
奥さんの同意書が要ります。それでも先生は基本的に止めます。
もとに戻れなくなるので。特に未成年の場合、受け付けてくれる病院は
無いでしょう。さらに睾丸の摘出などは性同一障害と診断される必要が
あります。かなりの多くの検査やテストをクリアしないとできません。
これもまず無理でしょう。
まだ16歳、これからの人生何が起こるかわかりません。
子供が欲しくならないとは誰にも言い切れません。
10年後の自分がどう考えているか、わかりませんよね?
僕も、暗い少年時代を過ごし、自分が嫌いで自分の遺伝子を残したくない
と昔考えたりしましたが、20代、30代と大学生や社会人になったり
旅行に出たりして、何度か恋をして、結婚をしてみようか、と考えが
変わりました。それに遺伝子を残したくないだけなら、コンドームなどで
避妊すれば済むことです。

極端な発想に飛びつく前に、カウンセラーやメンタルクリニックの受診を
進めます。親や友達には相談しにくいのですよね?
自分が嫌になる気持ち、と言うのはとても良く分かります。
そういう人は実はたくさんいます。
でも自分自身の内面を変えて、好きになる可能性も十分あります。
よ~く考えて、人生を生きて行ってください。
せっかく、生まれてきたのですから、いいこともあるはずです。

こんにちわ。専門家ではありませんが、ざっと知っている知識を書きます。
結論から言うと、日本の医療機関では無理でしょう。
子育てを終えた50代の方とかなら話は別ですが。
既婚者で子供はいらないのでパイプカットをしたい、と言う場合でも
奥さんの同意書が要ります。それでも先生は基本的に止めます。
もとに戻れなくなるので。特に未成年の場合、受け付けてくれる病院は
無いでしょう。さらに睾丸の摘出などは性同一障害と診断される必要が
あります。かなりの多くの検査やテストをクリアしないと...続きを読む

Qオスとメスの体の大きさの疑問

 人間の場合は、通常女性よりも男性の方が体が大きく、力も強いですよね?

 でも、ノミやカマキリなどの場合はオスよりもメスの方が体が大きく、力も強いです。

 どうしてですか??それぞれメリットがあるのでしょうか??

 また、人間の場合も、男性よりも女性の方が体が大きく、力も強かった場合、今の生活に何か変化はありますか??

Aベストアンサー

性選択(性淘汰)の面から説明されること多いようです。

妊娠、哺乳、育児期間が長い哺乳類のメスと子どもは集団(群れ)やボスによる長期間の保護を必要とします。したがって、保護者には力が強いものが求められます。また、襲ってくる捕食者を威嚇したりする能力として、低くて大きな発声ももとめられます。
当然、そのような環境下におけるメスは、力強い声や体つき、及び高い運動能力の者を好むことになります。このメスの性選択によって、強くて大きな体のオスの遺伝子がより多く残った、というわけです。

また、そもそも哺乳類のオスの存在意義はメスの獲得競争にあります。メスの獲得のためにオス同士が戦いを繰り返すことになり、その結果としてより大きな角や牙をはじめとした要するに大きくて強い体の持ち主の遺伝子が多く残ることになります。
なお、余談ですが一般的に好戦的な民族ほど男女の体格差が大きいといわれています。

ただし、これは一夫一婦制ではなく群婚性(もしくは一夫多妻)における現象といえます。一夫一婦制であればメス獲得に敗れたオスはまた別のメスを探せばいいだけだからです。これは強いオスが複数のメス、もしくは群れのメス全体を押さえることからおきているわけです。
もし人類で、このまま一夫一婦制が長く続き、くわえてメスが肉体的に強いオスを選ぶ必要のない時代が長く続けば、男女における体格の差は縮まってくると思われます。

一方、昆虫など卵を大量に産み、数の多さで遺伝子を残すタイプは性選択の必要がありません。捕食行動はオスメス共通ですし、捕食者から逃れる行動は擬態など、力に関係ないことがずっと高い効果を発揮します。
つまり、昆虫などのメスにとっては、強いオスにはあまり価値もなく、それより卵の保護等のために自分自信に栄養をタップリと身につけておくほうが重要だというわけです。
ただし、昆虫でも(昆虫にかぎりませんが)オスによるメス獲得競争が激しい種はオスの体格が大きくなる傾向にあります。

>人間の場合も、男性よりも女性の方が体が大きく、力も強かった場合、今の生活に何か変化はありますか?

激変でしょう、「家畜人ヤプー」の世界になると思います(もちろん文学的な表現としては、という意味です)。
これは大げさだとしても、女性が妊娠、育児から解放さればありえなくもないかもしれませんね。強い男よりも、カワイイとか美しいとか頭がいいとかいう男が多く遺伝子を残せそうな気がします。

性選択(性淘汰)の面から説明されること多いようです。

妊娠、哺乳、育児期間が長い哺乳類のメスと子どもは集団(群れ)やボスによる長期間の保護を必要とします。したがって、保護者には力が強いものが求められます。また、襲ってくる捕食者を威嚇したりする能力として、低くて大きな発声ももとめられます。
当然、そのような環境下におけるメスは、力強い声や体つき、及び高い運動能力の者を好むことになります。このメスの性選択によって、強くて大きな体のオスの遺伝子がより多く残った、というわけです...続きを読む


人気Q&Aランキング