ちょっと小耳に挟んだんですが、
ショウコウ(こんな物質がほんとにあるのか?)とオスミウムを1:7で混ぜた固定液があるそうで。

もし御存知の方がいれば販売会社と商品名を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ショウコウ(こんな物質がほんとにあるのか?)


固定液は分かりませんが、「ショウコウ(ショウコウ)」は「昇汞」で「塩化第二水銀」です。

http://wwwcrl.shiga-med.ac.jp/home1/seminar/sp97 …
(組織学研究法概説)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実はこの質問は友達に頼まれたものなのですが、参考のHPを教えてあげようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 17:04

古い本に書いてあったんですけど、SEMで用いられているものなのか分かりませんが、


ベンスレー液
     2.5% 昇汞水溶液  4ml
     2%  オスミウム酸 1ml
マン液
     1%  オスミウム酸 1ml
   飽和昇汞水溶液 1ml    

 なるものがありました。素人なので固定液であるということしか分かりませんが。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに固定液っぽいですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 17:09

SEMって走査電顕のことですよね。


「昇汞」はZenker液やSusa液で用いるものだと思うのですが、表題の製品は存じません。

オスミウムの固定方式と昇汞(凝固タイプ)のは方式が異なるので併用は可能と思いますが、一般的には架橋型のホルマリンなどとと混ぜて使いますね。

もしあらかじめ混和したものがあれば、ハロゲンがあるためオスミウムと安定して保存できないような気がするのですがどうやって保つのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。もしかしたら別々に買った方がいいかもしれませんね。御意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q料理 (だし巻き卵)のレシピを英語にしています。卵液の訳。

だし巻き卵のレシピを英語にしています。テストでレシピを英語にする試験があるのです。
そこで卵液というのはthe egg liquids とあらわすのかegg liquids とあらわすのかegg liquid とあらわすのか困ってます。(卵は3つ使ってます)

卵液の3分の1の量を流す
1/3 quantity of the egg liquids is washed away.というふうでよいのでしょうか?

残りの卵液の2分の1の量を流す
1/2 quantity of the rest of the egg liquids is wash away.
でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

補足にお答えして。

egg mixture が卵液になります。mixtureは何でも液体を混ぜ合わせた場合に使われます。
冠詞は初めの場合はいりませんね。無冠詞でよいでしょう。
the はその前に作った卵液のことだよと強調するためにつけただけです。

First,the egg mixture is made.
ちょっと奇異に感じます。
基本的に、レシピのようなinstructionは命令形で書くのが普通です。
Make egg mixture at first.
というように書きます。が、コレだと具体的な指示がないので、前置きなしにいきなり本題に入る方がよいでしょう。

全体に命令形で統一すると良いでしょう。

例えば卵を使う料理などでは、
recipe, egg
などとアメリカのwebで検索すると、卵を使った料理のレシピが沢山出てきますので、それで表現方法を知るとよいと思いますよ。
料理には料理で使う言い方、使う動詞があるので、マネして作るとよいと思いますよ。

Q細胞内液の浸透圧 - 膨圧 = 細胞外液の浸透圧(吸水力=細胞外液の浸

細胞内液の浸透圧 - 膨圧 = 細胞外液の浸透圧(吸水力=細胞外液の浸透圧)
が、低張液で成り立つ理由がわかりません。
低張液でも吸水力は0になるのではないのですか?
それが外液の浸透圧と等しくなるって

おかしくないですか?

Aベストアンサー

吸水力には定義が必要です。吸水力の文科省の昔の定義は「その細胞が純水に対してどれだけ吸水する圧力を持つか」です。現在の文科省の定義は「その状態で細胞がどれだけ吸水する圧力を持つか」と変わったようですね。これは全く言葉の定義が違いますからどちらを言っているのでしょう。

やや低張液に植物細胞を入れた場合には、
昔の定義なら平衡状態でも細胞の吸水力は純水に対してですから0にはなりません。その際の関係式は以下になります。
吸水力=内液の浸透圧-膨圧=外液の浸透圧

現在の定義では平衡状態では吸水力は平衡状態ですから0になります。その際の関係式は以下になります。
吸水力=内液の浸透圧-外液の浸透圧-膨圧=0 です。

文科省は重要な用語の定義を変更しても同じ用語を使用するとはとんでもないことに思えます。今の役人や学者は何を考えているのでしょう。今の学生さんはかわいそうですね。それにしても質問しっぱなしでお礼も言えないのならマナーとして人に聞くべきではないと思いますよ。

Q「懸濁液」って、英語では?

「懸濁液」にあたる英語の固有名詞ありますか?
「血球懸濁液」を英語では、なんとかくのか知りたいので、お願いします。

Aベストアンサー

blood cell suspension
といいますが。

Qin situに用いる固定液について

 現在in situ hybridizationを行なおうと思い、色々本を読んでますが、固定液について質問です。
 成書には、とにかくRNaseフリーにするために、DEPC処理とか、乾熱滅菌とか色々書いてありますが、経験者によると、実際はそれ程気にしておらず、特にRNaseについて気にしてないようでした。
 では組織が持つ内因性のRNaseはどう気をつけてるの?と聞いたら、アルデヒドで固定する為に、気にしないレベルになっていると思う、との答えでした。
 さて前置きが長くなりましたが質問です。
普通in situの固定にはホルムアルデヒド固定を行い、架橋結合により併せて酵素も失活出来ると思いますが、アルコール固定のみによる変性固定では、RNaseの失活は期待できないでしょうか?
 質問の意図としては、ホルムアルデヒドを作るのが面倒なのと、架橋によるプローブの浸透が阻害されるような気がするので、アルデヒド固定を省くことが出来れば、いろいろ良いことがあるんじゃないかと思ったのです。
 面倒ですが、どなたか示唆を頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

RNaseの最大のソースは材料の生物組織です。それでもRNAのISHができるのは、固定によってRNaseが失活するからです。固定標本を得るまステップまではRNase-freeにこだわる必要はありませんし、その後も普通にきれいな器具、試薬を使えば組織中のRNAが分解されるほどのRNaseのコンタミはまず起こりません。
ネガティブコントロールのために標本をRNase処理したものを使うという方法もありますが、なかなか効いてくれないものですよ。

アルコール固定は単なる脱水による固定なので、組織中のRNaseの失活は全く期待できません。それができるなら、RNAの取り扱いがどれだけ楽になることか。。。
ちゃんと固定をほどこした上で、界面活性剤、有機溶媒(DMSOなど)やプロテアーゼなどで処理して、プローブの浸透やターゲットRNAの暴露を高めます。

Q「転写液」を英語では、何て言うのでしょうか?

海外にいるのですが、印刷物に使う転写液を買おうと思っています。

下のリンクを見てもらうと、どういう商品か分かると思うのですが、転写液を英語では何て言えばいいか分かりません。

印刷やアート関係で英語のできる方がいれば、是非教えてください。

http://www3.zero.ad.jp/k-kuri/news2.htm​

http://www.yumegazai.com/default.asp?cd=5007000000

宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

transfer liquid (or chemical)ではないかと思います。
ただ、具体的な商品名で指定する方が店員には分かりやすい
かも知れません。

Q猫の研究者を御存知の方、教えて下さい。

猫の生態について調べていますが不明な事が多々あります。

猫を研究している研究者、学者、猫好きの人を御存知の方、その方の御名前と研究内容や、著書、ウェブサイト等を教えて下さい。宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

http://www.nagasakineko.com/index.html
日本「長崎ネコ」学会
先日NHKで紹介されアクセス数が伸びています。

Qこれを英語で・・・

pHメーターを校正する際に使用する標準液について質問です。
●リン酸塩標準液(pH6.86)
●フタル酸塩標準液(pH4.01)
この二つを英語でなんと言うのでしょう?申し訳ありませんが詳しい化学式は忘れてしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・リン酸塩標準液
Phosphate pH standard solution

・フタル酸塩標準液
Phthalate pH standart solution

だと思います。

QHeLa細胞の固定液について

HeLa細胞のtubulinを観察するため、メタノール、ホルムアルデヒド、アセトンの3種類の固定液で固定してみたのですが、差がほとんど見られませんでした。最もよいものを用いたいのですが、この3つの固定液では差は見られないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

使用する抗体や染色する因子によって大きく差が出てくる場合があります。
ちゃんと使ってやると脱水状態や、タンパク質の変性状態がかなりこの3者では変わってきますので、位相差像は違って見えると思います。(つまり形態的にすこし変化がみられるはずです。)
もしこれを変化がないという程度の解像度での観察でしたら、この固定方法のどれでもtubulinの染色でしたら問題ないと思います。

Qシアナマイド液について

シアナマイド液は英語でどう言いますか?
教えてください。  

Aベストアンサー

回答のやり方がよくわからないのですが、
英語の綴りを教えてほしいと言うことでしょうか?

cyanamide(たぶんあってると思う)

シアナミドは「嫌酒薬」といって、お酒を嫌いにさせる薬です。
慢性アルコール中毒に使用します。(急性はだめ)

作用としては、体内におけるアルコールの分解作用の中の
第二段階に当たる「アルデヒド脱水素酵素」の作用を妨害して、
体内に「アセトアルデヒド」という物質を蓄積させることによって
効果を発揮します。
アセトアルデヒドは、俗に言う「悪酔い成分」で、これが体内に貯まると
吐き気、嘔吐、悪心などをひきおこして「悪酔い・二日酔い状態」になります。

Qリンパ管液とリンパ液

リンパ管液とリンパ液
これらは同じものとしてみて良いんですよね。
単純すぎてすみません。
教えてください

Aベストアンサー

同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報