「○○○まくら」という名前で枕の商標登録申請をしたのですが、本日「拒絶理由通知」が届き、拒絶されてしまいました。
拒絶理由は下記のとおりです。

この商標登録出願に係る商標は、その構成中に「まくら」の文字を有してなるものですから、出願人がこれをその指定商品中「まくら」以外の商品に使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるものと認めます。
したがってこの商標登録出願に係る商標は、商標法第4条第1項第16号に該当します。 以上

そこでお伺いしたいのですが、
1.この名前では商標は無理だということなのでしょうか?
2.仮に意見書を提出した場合、どのような「意見の内容」を提示すれば登録できる可能性が出てくるのでしょうか?

なお現在の状況の詳細は下記のとおりです。
●もうすでに「○○○まくら」という名前で枕を販売している。
●○○○まくらの発売後に類似名として「○○○ピロー」「△△△ピロー」等が発売されている。
●【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】は「20」、家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの,まくら として出願。
●弁理士等は利用せず個人で申請。ただし私自身の申請ではなく、申請者方から「登録」された場合に利用する権利を譲ってもらっている者です。

文章的にわかりづらい表現が多いかとは思いますがご了承ください。その他、不足事項がありましたら追加させていただきます。何卒よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.については、商標法第4条第1項第16号に該当する懸念がない理由を意見書にて説明し、それが審査官を納得させ得るものであればOKです。

補正も必要でしょう。
2.については、発明協会から「拒絶理由への応答」とかいったタイトルの書籍が出ていますので、ご自分で応答案を作成するのであれば、それを入手して研究して下さい。

 念のため申し上げておきますが、katsuakiohata さんが専用実施権を得ない限り、第三者に対抗できないことにご注意下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。無知とは怖いものですね。また本なども読んで勉強してみます。

お礼日時:2001/11/28 10:51

1.この拒絶理由以外にも問題があれば別ですが、理由がこれだけならば可能でしょう。


2.拒絶理由は理解していますか?
出願の商品範囲を以下のように書くと、

【指定商品又は指定役務】
家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの,まくら

「まくら」と「家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの」が商標の対象となります。
つまり、20に分類される「まくら」以外の商品である「家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの」もこの商標の登録対象になります。
しかし、商標名に「まくら」と言う言葉が含まれています。そうすると、まくら以外の製品に「○○○まくら」という商標を使うことは、消費者に誤認(まくらだと勘違いする)おそれがあるわけです。
だから拒絶されたんです。(「,」は商品群を複数並べるときに使います)

基本方針としては、補正書で「まくら」に限定して提出すれば良いかと思います。
なお、「まくら」についてもきちんと用途なども記述するなど、範囲を気を付けたほうが良いと思いますが。

本当は今からでも弁理士さんに相談するのがいいのですけど。
けっこうやっかいなんですよ。出願書を正しく書くのは。
たとえ無事登録までこぎ着けても、書き方が悪いと抜け道が出来ますから。

一般的知識としてしか知らないので、自信なしにしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。早々商品を限定して補正書を出してみます。

お礼日時:2001/11/28 10:47

1.登録不可。


2.ムリでは?
しかし、登録できない、ということは、この名前は早く使った方が勝ちでしょう。
新たに登録できませんから、新しく権利侵害にもならないでしょうから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商標登録出願中の状態で類似商標を使用している相手に文句を言えるか?

現在、ある言葉を商標登録出願中です。

というのも、その言葉と類字した言葉を、ある会社が無断で使用しはじめたため、急遽、商標を出願致しました。

現状、まだその商標の申請はしたばかりとなりますので、もちろん認められている商標ではありません。しかし、この状況下でも、類似した言葉を使用している会社に対して、苦情を言うことは出来るのでしょうか?

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

商標法にこういう規定があります。

第13条の2 商標登録出願人は、商標登録出願をした後に当該出願に係る内容を記載した書面を提示して警告をしたときは、その警告後商標権の設定の登録前に当該出願に係る指定商品又は指定役務について当該出願に係る商標の使用をした者に対し、当該使用により生じた業務上の損失に相当する額の金銭の支払を請求することができる。

つまり、まだ出願中の場合であっても、相手方に出願をした旨警告すれば、その警告のあとに発生した損害について賠償の請求ができる、ということです。

しかし、損害の賠償ができるのは、その出願した商標が実際に登録されてから、です(第2項)。あと、相手が商標を使用している商品・サービスが、その出願された商標においてカバーされていることが当然必要になります。

なお、まだ登録されていませんので、商標の使用の中止を相手方に請求することはできません。あくまで、登録された後に損害賠償請求ができるだけです。

Q「家系ラーメン」はなぜ商標登録が拒絶されたのでしょうか?

「家系ラーメン」というのは一般的な辞書に載っている言葉ではありません。
商標登録が拒絶された理由として、何が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

■家系ラーメン関係商標登録
家系ラーメンそのものの商標に関しては,拒絶査定が出ています.その他の店舗に関して判明した限りの情報を掲載いたします.特許庁特許電子図書館の商標出願・登録情報検索から調べた内容です.商品及び役務の区分では,『42 中華料理を主とする飲食物の提供,ラーメンを主とする飲食物の提供,その他の飲食物の提供』となるでしょう. 家系ラーメン 拒絶査定! 何と桃家の主人が出願したが,あえなく拒絶.誰でも家系ラーメンと看板に出すことができます.

・桃家
【出願番号】 商願平10-57647
【出願日】 平成10年(1998)7月7日
【先願権発生日】 平成10年(1998)7月7日
【最終処分日】 平成12年(2000)7月6日
【最終処分種別】 拒絶査定

・吉村家
拒絶査定発送済! これも2000年まで出願していなかったのも驚きだが,あっさり拒絶も驚き(最終処分ではないので、拒絶査定不服審判、審決取消訴訟により可能性はまだあり).まあ,吉村家という名前の店は他にもありそうだが.最終処分が出れば,誰でも吉村家と店名に出すことができるけど,イメージ悪すぎる? 【出願番号】 商願2000-112357
【出願日】 平成12年(2000)10月16日
【先願権発生日】 平成12年(2000)10月16日
【拒絶査定発送日】 平成13年(2001)11月2日

・六角家
登録! 1999年に出願って遅すぎない?即席めんは,別登録(登録4511193) 【登録番号】 第4450620号
【登録日】 平成13年(2001)2月2日
【出願番号】 商願平11-74981
【出願日】 平成11年(1999)8月19日


・笑の家
登録! 開店前(1999.11.11)よりも前から出願.出願日が六角家と同じということで、森田さんの発案? 【登録番号】 第4442292号
【登録日】 平成12年(2000)12月22日
【出願番号】 商願平11-74982
【出願日】 平成11年(1999)8月19日
【称呼】 ショーノヤ,ショーノケ,ワライノイエ (変な呼び名も・・・・)


・吉本家
登録! 中山の系列のロゴのような気がする.別の系列はライセンスor侵害 【登録番号】 第4007488号
【登録日】 平成9年(1997)6月6日
【登録公報発行日】 平成9年(1997)8月14日
【出願番号】 商願平5-1186
【出願日】 平成5年(1993)1月8日
【氏名又は名称】 株式会社アイトゥー

・横濱家
登録! 最も早い出願.出願者が経営母体か? 【登録番号】 第3091866号
【登録日】 平成7年(1995)10月31日
【出願番号】 商願平4-200455
【出願日】 平成4年(1992)9月21日
【氏名又は名称】 神奈川中央住宅株式会社


・横浜家
出願中! こちらの出願は遅い.横濱家に対して、登録なるか? 横濱家の商標の侵害の可能性も. 【出願番号】 商願2001-71993
【出願日】 平成13年(2001)8月7日


・だし屋
登録! 藤沢市石川のだし屋 【登録番号】 第4298880号
【登録日】 平成11年(1999)7月30日
【出願番号】 商願平10-34343
【出願日】 平成10年(1998)4月23日


・大黒家
株式会社浅草大黒家総本店 てんぷら というのがあるが,ラーメン屋はなし.

・横浜ラーメン
拒絶通知! 日ハムは、即席中華めんで出願.あえなく拒絶 【出願番号】 商願平10-92388
【出願日】 平成10年(1998)10月26日
【最終処分日】 平成12年(2000)6月9日
【最終処分種別】 拒絶査定
【氏名又は名称】 日本ハム株式会社


■商標登録とは?
商標登録を受けることができない商標
・普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
・その商品又はサービスについて慣用されている商標
「家系ラーメン」など?
・商品の産地、販売地、品質、原材料、サービスの提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途等からなる商標    「横浜ラーメン」など? ・ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
「吉村家」など?
・極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標


拒絶査定とは? 拒絶査定からの復活
拒絶査定→拒絶査定不服審判→拒絶審決→審決取消訴訟

■家系ラーメン関係商標登録
家系ラーメンそのものの商標に関しては,拒絶査定が出ています.その他の店舗に関して判明した限りの情報を掲載いたします.特許庁特許電子図書館の商標出願・登録情報検索から調べた内容です.商品及び役務の区分では,『42 中華料理を主とする飲食物の提供,ラーメンを主とする飲食物の提供,その他の飲食物の提供』となるでしょう. 家系ラーメン 拒絶査定! 何と桃家の主人が出願したが,あえなく拒絶.誰でも家系ラーメンと看板に出すことができます.

・桃家
【出願番号】 ...続きを読む

Q商標と登録商標の違い?

商標(TM)と登録商標(R)の違いを教えてください。
よろしくお願い致します。

以上

Aベストアンサー

専門家でないので違うかもしれませんが

TM=商標=Trademark=商標として使用しているが特許庁に商標登録していないもの、もしくは出願中のもの。

R=登録商標=Registered trademark=上記と違い特許庁に登録済みのもの。登録されている商標については柿で検索可能です。

http://www.ipdl.jpo.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm

Q会社の新設部門で使用する出版部門のネーミングを商標登録する際の指定商品

会社の新設部門で使用する出版部門のネーミングを商標登録する際の指定商品と指定役務の区分は
何に該当しますでしょうか??非常に困っております。ご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

弁理士の先生に相談したほうがいいのではないでしょうか。役務としての出版物の制作は41類ですが、その部門のやることとあっているかどうか、商品である印刷物(16類)もカバーしたほうがいいのかどうか、電子書籍は関係するのか等、ここだと分からない点がたくさんあります。

Q特許権の権利化について、出願から設定登録の間に行われた他人の使用ってどうなるんですか?出願から設定登

特許権の権利化について、出願から設定登録の間に行われた他人の使用ってどうなるんですか?出願から設定登録までに時間がかかったら、出願公開された時点で何もかも手の内バレてしまうから普通他人は出願公開みて真似しますよね?どうなるんですか?設定登録からしか特許権の独占権が及ばないならパクリまくりじゃないですか!?
他人から前もって警告だしとかないと終わりだそうです。そこらじゅうのアホがパクりまくったら全部警告出せる訳ねーだろ?個人を想定した自然権なのに無理があるじゃねーか!!??どーなってるんですか?

Aベストアンサー

67条です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報