江戸時代の地方自治の単位で”藩”という名称があったと思うのですが
江戸時代にはそんな言葉はなく後からつけたものである。と言われました。
確かに神君の時代からあったとは考えにくいですが、中期くらいからでて
きてもおかしくないのでは?と思っています。藩と言うものの歴史をかい
つまんで教えてはいただけないでしょうか?

A 回答 (2件)

江戸時代には正式名称としての「藩」はありませんでした。

正式には「○○家」と言います。
例えば時代劇で長州藩と呼ばれているのは、正式には長門・萩の毛利家です。

中国(今の中華人民共和国)では諸国を治める諸侯を藩王と呼んでいました。
江戸中期に漢学者たちがこれをまねて、大名の領地を藩と呼び始めたのが始まりです。

もともと武家は家を基本構成単位としていますので、一つの大名家に家臣も家として仕えます。だから家臣も自分のことを○○家家臣と呼称します。
大名家の領地内の政治も家を基本としています。

しかし、江戸時代になり社会が安定し、大名が参勤交代で本国にいることが少なくなると、大名家も政府機構のようなものを整えるようになり、家という意識が薄れてきます。特に江戸時代も後期になるとその傾向が強くなります。
一般の家臣たちも江戸後期になると「藩」という言い方を使います。

「藩」と言う呼び方は、特に幕末の勤王の志士の間で流行した呼び方のようです。
(当時の勤王の志士の流行語で、他には自分を「僕」、相手を「君」と呼ぶのがあります)
ただし、格式を大事にする武家社会では江戸時代が終わるまで、正式な場では「○○家」と呼んでいました。

明治になり、新設された府や県と区別するために、「藩」は正式な呼び方となりました。

これ以降の回答は説明の都合上、「藩」を使わしてもらいます。

>江戸時代の地方自治の単位で”藩”という

ちょっと誤解があるようなので説明させていただきます。

江戸時代の藩は地方自治ではなく、独立国家です。
それぞれの藩は独立国家として扱われ、江戸時代の日本は三百諸侯といわれる独立国家の集合体です。

現代の仕組みにたとえると、それぞれの藩はアメリカや日本などの国にあたり、幕府は国連にあたります。国連はアメリカや日本の内政に干渉できないのと同様に幕府は各藩の内政に干渉できません。
ただ違うのは、幕府は国連より権力が強力で、藩を取り潰したり、国替えをする権限を持っています。
国連に強大な権限を持たせて、その場合の国連と加盟国を想像すると、イメージ的には幕府と各藩の関係が想像できると思います。
    • good
    • 0

 参考になれば幸いです。

下記URLを、参照してください。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fsiro/hp/fsiro_db/h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部首:音読み・訓読みとは別の作り方で考案された名称

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮名と関係がある

冖 → わかんむり
宀 → うかんむり
殳 → るまた
禾 → のぎ
釆 → のごめ

2)形と関係がある

丨 → ぼう、たてぼう
亅 → はねぼう;かぎ

3)仮名とも形とも関係がある

丿 → の;はらいぼう

4)他の部首の名称が影響を与えた

冫 → にすい
頁 → おおがい

5)他の部首の名称が影響を与え、区別するためにも作られた

酉 → ひよみのとり
隹 → ふるとり

上記のものはいつ・どこで・誰によって考案されたでしょうか。また、どんな過程によって・どの時点でその名称が定着したでしょうか。詳しい方、是非、教えて下さい。

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮...続きを読む

Aベストアンサー

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が作られ、篇が構成され、篇目すなわち部首であったから、篇とは部首全部について適合しうる語であった。また「片」の字も用いたのであって部は篇と同意で、したがって部首字が篇(また片、偏とも書かれた)とも呼ばれた。」
「日常的に多く見る漢字の偏旁冠脚の場合は通俗的なものを必要としたので、ほぼ一般に弘通した名があったが、部首字すべてに通俗の呼び名が行われたものとは認めがたい。部首名のまとまった資料は『運歩色葉集』、キリシタン版『落葉集』(小玉篇)、江戸時代に入っては、『節用集』末書などに付録されたものがある……」


  『新撰字鏡』(しんせんじきょう)昌住撰、900年成立。漢字を160の部にわけ、漢字で発音と意義を示すが、和訓も少なくない。最古の漢和辞典といわれる。
  『運歩色葉集』(うんぽいろはしゅう)16世紀半ばの成立。「色葉集」(語を頭音に従ってイロハ分けしただけの国語辞典)の一つ。
  『落葉集』(らくようしゅう)日本イエズス会のコレジヨで、1598年成立。「落葉集」(漢語の最初の漢字の音でイロハ分けした漢語字典120頁)・「色葉字集」(和語を頭音でイロハ分けした国語字典44頁)・「小玉篇」(漢字を140の部首で分けた漢字字典34頁)の三部構成。

『節用集』末書の二つを参看しました。

『(増廣字便)倭節用集悉改袋(やまとせつようしうしつかいふくろ)』1776 「篇冠構尽(へんかふりかまへつくし)」 135部首 
『大全早引節用集』天保年間 1840頃 「編冠構字尽(へんかむりかまへじつくし)」 98部首

近代の漢和辞典

榮田猛猪『(縮約)大字典』1920(大11) 「部首名称」 137部首
諸橋轍次『大漢和辞典』1955~60(昭30-35)では部首字(とその異体字)に読みを「国訓」として入れたものがあります。その数およそ110

 「部首のよみ」を全部そろえるようになったのは、ごく近年になってからのことのようです。

               1955     1920   1840       1776     1598
力    ちから     ちから    ちから   ちから      ──     ちから
      ──     ちからづくり ──    ──      ちからつくり
瓦    かわら      ──    ──    ──      かはら    かはら
臼    うす       ──    ──    ──       うす 
鼓    つづみ     
十    ジュウ      
寸    スン       ──    ──     ──      すんつくり   すん
臣    シン       
龍    リュウ       
比    ヒ         
     ならびひ      
     くらべる      
用    ヨウ        
     もちいる     
走    そうにょう   そうねう   そうねう    さうねう    そうにう    そうにう
     はしる       
辛    シン       
     からい      
門    モン       
     もんがまえ    ──    もんがまへ
     かどがまえ  かどがまへ  かどがまへ  かどがまへ   かどかまへ  かどがまひ
冖   わかんむり   わかんむり  わかんむり  へきかぶり   ひらかふり  ひらかむり
宀   うかんむり うかんむり   うかんむり  うかぶり     うかふり   うかむり
殳   るまた るまた     るまた    るまた    つはものつくり  るまた
    ──        ほこづくり
禾   のぎ のぎ      
    ──        のぎへん    のぎへん  のぎへん    のぎへん  のぎへん
釆   のごめ のごめへん   のごめへん  
丨   ぼう      
     たてぼう     ──     ──    てつちう 
亅    はねぼう    
     かぎ      
丿   の         ──      ──     へつへん
     はらいぼう  
冫   にすい にすゐ     にすゐ    にすい    にすい    にすい
頁   おおがい おほがひ   ──     ──      おほがひ
酉   ひよみのとり  ひよみのとり  ひよみのとり ひよみのとり ひよみ   ひよみのとり
     とりへん     とりへん    とりへん
隹   ふるとり ふるとり     ふるとり    ふるとり    ふるとり  ふるとり

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が...続きを読む

Q江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。 要

江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。

要するに藩主は国を欺き脱税していた藩には財力があった。

10万石の領地を持つ藩で金持ちの藩主がいたが、国に所有地で取れる米の量は10万石とお上の国に申告し、江戸幕府の視察団が来ても田んぼは確かに10万石しか取れない土地であったので視察団はそのまま帰っていった。

では、10万石の大名はどのように国の目を欺き脱税していたかと言うと、山の表面に米田畑を作り、裏面に売れる木を植えていたのである。

要するに副業で林業をやって木を国を通さずに直接売買して副収入を得ていたのである。

という話を聞いて、昔の藩主も脱税してたのか。

それで金持ちの藩が存在していた理由が分かった気がした。

高い銃を大量に買える財力がなぜか領土が小さい藩に存在していた。

大きい広い土地を持つ藩主は土地も広いが国に納める税金も高かったので不作のときに大きく蓄えを減らし、領土の大きさが逆に財政を悪化させていたのだ。

で、江戸幕府も小さい藩主なのに羽振りが良いので、直接藩主になぜお前の藩は不作が続いているのに人々は餓死もせずにピンピンしているのだと聞いた。

実は米が不作でも林業で現金収入があったので米を買って村人に配っていたので栄養失調にならないのでピンピンしていたのだが、さすがに脱税してるお金があって財力に余力があるからとは言えないので、江戸幕府は結局、どういうカラクリでその藩だけ疫病に掛からないのか知りたくても真実は聞けなかったというお話。

これ以外の脱税話を知ってたら教えてください。

多分、他の藩も脱税していたと思う。

江戸時代に廃藩置県が起こるまで、藩によって金持ちの財がある藩と同じ石高の藩でも貧富の差があった。

要するに藩主は国を欺き脱税していた藩には財力があった。

10万石の領地を持つ藩で金持ちの藩主がいたが、国に所有地で取れる米の量は10万石とお上の国に申告し、江戸幕府の視察団が来ても田んぼは確かに10万石しか取れない土地であったので視察団はそのまま帰っていった。

では、10万石の大名はどのように国の目を欺き脱税していたかと言うと、山の表面に米田畑を作り、裏面に売れる木を植えていたのであ...続きを読む

Aベストアンサー

密貿易 島津などは当たり前のようにやっていた 隠密が入れないように放言も難しくしたわざと

Q同一コード毎に最新の名称を取得するSQL

いつもお世話になります。

以下のデータ構造において、以下の条件にあてはまるレコードを
取得するにはどのようなSQLになりますでしょうか。

(1)同一のコード、区分において、有効期間開始日が最新のもの
(2)同一のコード、区分、有効期間開始日において、有効期間終了日が最新のもの

【テーブル】
※主キー:コード、区分、有効期間開始日、有効期間終了日
コード 区分 有効期間開始日 有効期間終了日 名前
10000 A01 19800101 99991231 名称1
10000 A01 20000101 99991231 名称2
20000 A01 19800101 19991231 名称3
30000 C01 19800101 19991231 名称4
30000 C01 19800101 99991231 名称5
30000 B01 20000101 99991231 名称6
40000 D01 19800101 99991231 名称7
40000 D01 20000101 20201231 名称8

【取得結果】
10000 A01 20000101 99991231 名称2
20000 A01 19800101 19991231 名称3
30000 C01 19800101 99991231 名称5
30000 B01 20000101 99991231 名称6
40000 D01 20000101 20201231 名称8

ようするに、最新データの名前のデータを取得したいのですが、その最新の
定義が上記にあげたものになります。

連続投稿になってしまい申し訳ないのですが、どうしてもスマートな
SQLを思いつかず、皆様のお知恵をお借りしたいと思った次第です。

宜しくお願いします。

いつもお世話になります。

以下のデータ構造において、以下の条件にあてはまるレコードを
取得するにはどのようなSQLになりますでしょうか。

(1)同一のコード、区分において、有効期間開始日が最新のもの
(2)同一のコード、区分、有効期間開始日において、有効期間終了日が最新のもの

【テーブル】
※主キー:コード、区分、有効期間開始日、有効期間終了日
コード 区分 有効期間開始日 有効期間終了日 名前
10000 A01 19800101 99991231 名称1
10000 A01 20000101 99991231 名称2
20000 A01 19...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんはスルーされていますが、#1さんのSQLも十分スマートだと思いますが・・・。

#1さんは EXISTS 句の中身だけ書かれている様だったので、それ以外を補完してみました。

------------------------------------
SELECT * FROM テーブル T1 WHERE NOT EXISTS
(SELECT 1 FROM テーブル T2
WHERE T1.コード = T2.コード
AND T1.区分 = T2.区分
AND ( T1.有効期間開始日 < T2.有効期間開始日
OR T1.有効期間開始日 = T2.有効期間開始日
AND T1.有効期間終了日 < T2.有効期間終了日));
------------------------------------

参考URL:http://codezine.jp/article/detail/907

Q江戸時代、百姓に優しかった藩、厳しかった藩は?

天領は年貢の取り立てなどが厳しくなかったので百姓は助かったという話を聞いたことがあります。
他に百姓が生活しやすかった藩はどうこでしょうか?
逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩がありましたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  * 海産業を主とする三閉伊地方(三陸海岸沿岸部)に、水稲の基準で重課税。
  * 三閉伊地方の産業(海産、材木、製鉄)に御用金制度を用い、無理な課税を行ったこと。
  * 「軒別税」(人頭税)を実施したこと。
  * 藩札の大量発行によるインフレーション。
  * 幕府の手伝い普請(公共工事手伝い命令)による臨時課税。
  * 財政難から藩士の禄を長期にわたって借上したこと。
  * 戦国時代以来のライバルである弘前藩、仙台藩に対抗するために恒常的に高直しや官位の叙任工作を幕府有力者に働きかけていたための出費。

 島原藩は島原の乱を起してしまった過酷な藩政の責任を問われて、藩主の松倉勝家は、改易処分となり、後に斬首となった。
 (藩の藩主が切腹すら許されず斬首された事例は、この1件のみ)

 水戸藩は、御三家の中でも唯一江戸常勤を定められた為、膨大な支出がある上に徳川光圀(水戸黄門)の時より行われた水戸学(大日本史の編纂)の費用で、税は8公2民(4公6民~5公5民ぐらいが一般的)でした。

 御三家である為、一揆が多発してもお取り潰し等の責任をとらされる事も無いうえに、徴税の手違いで村民皆殺しを行った「生瀬一揆」も有ります…。
 後の天狗党の乱の時も、関係者の家族まで処刑し、大勢が変ると報復に相手の家族を皆殺しにするなど、血生臭い行為に走りやすい傾向が有るのかも知れません…。

 ちなみに徳川光圀は、若い頃に辻斬りを行ったり、舶来物の贅沢品を好み、自身の趣味でもある大日本史の編纂に関係する資料の献上を推奨(賄賂)し、水戸学は幕末の倒幕のイデオロギーにも成ります…。
 (水戸黄門漫遊記の悪役を1人で包括出来そうな方だったり…。)

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  ...続きを読む

Qウィルス名称統一の見込みは?

毎日という位のウィルス発見&セキュリティソフト配布の繰り返し。
ふと、思ったのですが(過去のQ&Aは参照済み)

【「WINXXXX」というソフト名は、トレンドマイクロ社では使用せず、シマンテック社等は使用】
やはり「セキュリティホール」の致命的欠陥を意識しての事だろうと邪推も。

そこで質問ですが
【日本の国内だけでも「ウィルス名称」の統一が理想と思うのですが無理なんでしょうか?】

政府関連のIPAとかみましたが「セキュリティソフト別のウィルス名称一覧表」が載ってる始末。
特に「WIN…」の接頭辞付き名称だけでも何とかならないのでしょうか?

病名や学名が世界共通で統一なのに、それ以上接する機会の多い「ウィルス名」がバラバラ(欧州・米も違うが統一化の動きはある)は困る。
(政府関連は相当遅れてる様子)
ここ、OKWEBはこういう質問が向いてると質問してみました。

Aベストアンサー

現在出回っているウィルスにシマンテックでwin接頭辞を付加するタイプのものはないはずですが。

win接頭辞はwindows3.x対応プログラムを表す名称です。ですから現在では対応システムがほぼ皆無に等しいためそういった名称を付けられるウィルスも配布されません。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/vnameinfo.html

命名規則について確認してください。

トレンドマイクロはwin32プログラムタイプのワームについて、実行環境を名称に織り込んでいませんが、シマンテックとNAIではファイルタイプを明確にするために、接頭辞でそれを示す傾向にあります。シマンテックやNAIの名称に使われる接頭辞はきちんと規則化されたものであり、ファイルタイプ・プログラム形式を表しています。接頭辞を見れば、win32実行形式かVBスクリプトかマクロかといったことが一発で分かるようになっています。

少々誤解されているように思えるのですが、windowsのセキュリティホールの利用についてウィルス名称に織り込むことはどこもやっていません。それはプログラム活動の本質部分とはあまり関係のないことだからです。

---------------
ウィルスの名称は流行したものに関しては主流となった通称が後で差し替えられることもあります。例えば最近の例で言えば、TrendMicroはOpaservワームを初めOpasoftという名称で定義リリースしていましたが、後に改称しています。

http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_OPASERV.A

このワームに関しましてパターン355にて「BKDR_OPASOFT.A」の名称で一旦検出に対応いたしましたが、パターン357以降にて「WORM_OPASOFT.A」に改称いたしました。またパターン369より「WORM_OPASERV.A」に再度改称いたしました。


発見後間もない時期に複数の名称が出ることはありますが、主流派の名称に落ち着くのが一般的です。

ただしエンドユーザーの立場では、ファイル解析なんてできないのですから、結局のところ、解析・判定・対処法という全てでサポートベンダーの情報を参照することになります。自らがサービスを受けているベンダーの中で情報が統一されているならユーザーにとって何ら不利益はないはずです。もしそのベンダーのサポートに問題があるならば、他社に乗り換えれば良いでしょう。

現在出回っているウィルスにシマンテックでwin接頭辞を付加するタイプのものはないはずですが。

win接頭辞はwindows3.x対応プログラムを表す名称です。ですから現在では対応システムがほぼ皆無に等しいためそういった名称を付けられるウィルスも配布されません。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/vnameinfo.html

命名規則について確認してください。

トレンドマイクロはwin32プログラムタイプのワームについて、実行環境を名称に織り込んでいませんが、シマンテックとNAIではファイルタイ...続きを読む

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Qフィルムの名称リバーサルとポジは全く同じ意味ですか

大変基本的な質問でお恥ずかしいのですが、フィルムの名称リバーサルとポジは全く同じ意味ですか

Aベストアンサー

同じ意味と考えてよいです。

Q江戸藩=徳川藩

徳川家康は江戸幕府を作りました。しかし、豊臣政権の時、摂津大坂藩と言う藩があったように家康も江戸の藩主だったんじゃあないですか?。もし、そうならどの名前ですか?。

1・武州江戸藩。

2・同徳川藩。

Aベストアンサー

秀頼の治める藩を摂津大坂藩と呼ぶならそれは後世でしょうねえ。
当時はそうは呼びません。

既に出ていますが○○藩という呼び方じたい正式なものではなく単に一般的な呼称です。
そういう意味では1で正しいですし、ある意味正解はありません。
ただ徳川藩という呼称は使わないでしょう。将軍家と御三家全部徳川藩になってまぎらわしいので。

藩主は国主クラスなら尾張侯、水戸候、薩摩侯、藩領は○○侯御所領、藩士は○○侯御家中
実際には国主クラスだと尾張中納言とか会津中将とか官職をつけて呼ぶ場合が多いようです。

私も今回疑問に思い軽く検索しましたがもっと小さな藩だと(越後)村上内藤侯、(長州)長府吉川侯などとどうやら地名と住所を重ねて呼ぶようですね。

Q類語辞典アプリについて

最近出先で類語辞典を使うことが増えました。
今までは講談社の類語辞典とオンラインのシソーラスを使っていましたが、講談社の類語辞典は語彙少なく、通信環境必須でした。
しかし必ずしも作業する環境が通信環境がいい状況でなかったりするのでオフラインで使える類語辞典を探しています。

角川類語新辞典と三省堂類語新辞典のどちらかの購入を考えています。
この2つのアプリはオフラインで使用できますか?
アプリ評価のサイトを色々探ったのですがオフラインについて記述が見当たりませんでした。
価格が価格だけに試しに買ってみるのはちょっとためらってしまいます(書籍の類語辞典買うよりは安いんですが…)

それと角川の方は2200円のものと1500円のものがあるので、どちらを使っているかも書いていただけると助かります。

ちなみに角川は大辞林との連携が売りですが、私はあまりそこは用途として必要としていません。

Aベストアンサー

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

それから私がよく使う類語辞書を紹介します。
ネット上に存在するデータを使いローカルに持っているアプリですが、Word ouenというところが出している類義語辞書です。
この辞書では単語のみが表示されて用例や意味は表示されませんが、関連語というカテゴリがあって、類語からは外れる近い単語を表示してくれます。
また類語と共に英和・和英ができ、英語の類語と関連語も捜せるのが魅力的です。
意味や用例については外部辞書連携が利用できます。
広告は入りますが無料版もあります。

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

そ...続きを読む

Q江戸時代の藩の権限と通行手形について

江戸時代の時代劇の中で藩と幕府は現在で言えばどんな体制なのでしょうか、たとえばアメリカの連邦制や日本の現在の都道府県と政府の関係なのでしょうか。また、藩と藩をまたぐのに手形を見せろという場面があり手形とは何でしょうか、またなぜ通行手形が必要なのでしょうか、
また手形はどこで売っているのでしょうか。時代劇をみて歴史の勉強をしたいと思いますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

藩と幕府の関係は、上下関係のようなものでいえば、現在の日本の中央と、地方に近いと思いますし、税率の違いや、独自の法律があるところは、アメリカと似ています。
手形は、現在で言うところのパスポートです。
「入り鉄砲、出女」を警戒するために生まれたものです。
武士は、藩庁に、農民は、村役人、菩提寺に、町人は、町役人、菩提寺に発行を依頼しました。


人気Q&Aランキング