電池材料分野で、希土類を用いられている例を教えて下さい。できれば燃料電池以外のものを教えて下さい。
お願いします。

A 回答 (1件)

リチウム水素電池の電極の、水素吸蔵合金がその一例として挙げられます。

参考URLなどをどうぞ。
それ以上の詳しい説明は、そのページに出てくるキーワードをもとに適当にネット上を検索してみて下さい。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/denki15/2/2-5-1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
早速調べてみます。

お礼日時:2001/11/28 10:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学の電池の分野の問題です。 燃料電池の場合、 電子1mol流れると何molの気体が反応しますか?

化学の電池の分野の問題です。
燃料電池の場合、
電子1mol流れると何molの気体が反応しますか?

Aベストアンサー

酸素(分子)の還元反応
計算するだけなら「O2+4e^-→2O^2-」で十分なんですが、化学屋さんはこんな中途半端な反応式は大嫌い。そこで通常の半反応式を作成
O2 + H^+ + 4e^- → 2H2O
酸素分子1molを還元するためには、電子4molが必要
電子1molだから、酸素分子が1/4mol反応する。
ただし、酸素が気体であるかは保証の限りではありません。

水素(分子)の酸化反応
H2 → 2H^+ + 2e^-
水素分子1molを酸化するためには、電子2molが必要
電子1molだから、水素分子が1/2mol反応する。
ただし、水素が気体であるかは保証の限りではありません。

また、燃料電池に使用できるのは水素のみではありません。
他の燃料を想定するならばその物質に応じた反応式を立てて計算する必要があります。

Q電解液にKOHを用いた燃料電池について

水素・酸素の燃料電池で、わからないことがあります。

まず、負極で水素は還元剤として
H2 = 2H+ + 2e-
のように反応します。
電解液にKOHを用いた場合、KOHから電離したOH-がH+と反応し、負極でのイオン反応式は先ほどの反応式にOH-を加え、
H2 + OH- = 2H2O + 2e-
となります。

ここまでは私も理解できましたが、問題は正極での反応です。

正極で酸素は酸化剤として
O2 + 4e- = 2O2-
のように反応します。
電解液にKOHを用いているので、正極でのイオン反応式は
O2 + 2H2O + 4e- = 4OH-
となるそうなのですが、なぜこのような式になるのかが理解できません。

負極においては水素の反応式にOH-を加えることで変化するので非常にわかりやすかったのですが、正極では酸素の反応式ををどうすると先ほどのようなイオン反応式になるのかがわかりません。

どなたかわかる方、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

「O^2-」の形は非常に不安定なので、酸性溶液では通常はH^+と結合してH2Oの形になって安定します。
2H^+ + O^2- → H2O
しかし溶液が塩基性の場合は水の解離による極僅かなH^+と反応する事になると思います。
O2 + 4e^- → 2O^2-
2H2O → 2H^+ + 2OH^-
2H^+ + 2O^2- → 2OH^-
これらをまとめるとその反応式になるでせう。適当ですがだいたいこんな感じでしょうかね。

Q燃料電池の燃料純度

燃料電池って燃料極側で水素を取り込み電子とプロトンに分かれ、空気極側では酸素を取り入れ、膜を通過したプロトン、電子と結合して、水を排出しますよね。
このとき、水素を取り入れる過程で水素以外のさまざまな気体を取り入れてしまっても燃料電池としては問題ないのでしょうか?
水素だけ膜に反応してあとは、外へ排出すると思うのですが。
また、空気極側で酸素を取り入れるときには酸素のほかに窒素や二酸化炭素も同時に取り入れてしまうと思うのですがこれは大丈夫なのでしょうか?
さまざまな燃料電池があるのですが、最近注目の固体高分子形に限定してお聞きしたいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

低音で動く固体高分子型の場合、触媒に白金が用いられたりします。
で、この白金、COと良く反応してしまうのです。
となると、メタンなどの炭化水素から改質して得られた水素過剰の合成ガスにはCOが含まれているので、
このまま用いると白金触媒がCOに汚染され、
触媒の効果が低下します。
他に、H2Sの混入によりSによる被毒などもあり、
物質にもよりますが、やはり、燃料への混入は望ましくありません。

固体高分子型は基本的に、両極の水素の化学ポテンシャルの差に基づいて発電しますので、空気極側の水素ポテンシャルが低い事が望ましいわけですが・・
H2+O⇔H2O
の平衡から考えてわかるとおり、
Oが多く、H2Oが少ない状態が望ましく、その逆がよくないわけです。
となると、酸素以外の不活性のガスの増大は、
酸素の分圧を下げますので発電上は望ましくありません。
また、水蒸気の上昇はなおさらです。

Q燃料電池に混入させる燃料

バイオマスとして生物資源を発酵させてエネルギーを抽出させることをしている者です。
この時、発生しているガスとして主は水素なのですが、その他にもさまざまに含まれているようです。もちろんフィルター等を使用して主成分のみを抽出させているのですが、多少、他ガスも含んでしまいます。
燃料電池(PEFC)に混入させる燃料としてこのガスはふさわしいのか、なのですが一酸化炭素や硫化水素は特に悪影響を与えているらしいのです。
ここでお聞きしたいのですが、燃料電池に混入させてよい他ガスの許容容量はどれぐらいなのかを知りたいのですがよい文献、論文、HPはありませんでしょうか?
できれば、許容容量を示した表があればうれしいのですが。
また、上記以外の気体で燃料電池に悪影響を及ぼす気体は存在するのかについても教えてもらえないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般に固体高分子型の燃料電池の電極には白金触媒が使われています。この白金触媒がCOに被毒しやすいため、COは電池の性能を落とすと言われています。

この被毒は、COが白金触媒の表面にある活性点を覆うことで、本来の水素の酸化を妨げます。つまり、COがどれくらい白金触媒に吸着したかが問題になるため、寿命との兼ね合いになり、許容濃度のようなものはないと思います。

触媒を被毒する物質を挙げている文献がありましたので、参考にしてみてください。
http://www.safe.nite.go.jp/airpollution/
表中、除去技術各論と、設備投資額・年間運転経費の試算例

(4.4章触媒酸化法)をクリックしてください。

参考URL:http://www.safe.nite.go.jp/airpollution/

Q燃料電池は石油燃料よりずっとクリーン?水素の取り出し方?

燃料電池はクリーン?水素の作り方?

燃料電池について興味があっていろいろ自分なりに調べてみました。ちょっと燃料電池について興味があって、過去ログや自動車会社のページを見ていたのですが疑問があります。

(1) トヨタ・本田などのページをみると、燃料電池の水素はメタノールやガソリンなどから取り出すようです。そうだとすると、どっちにしろ、水素を取り出す過程で二酸化酸素が出ると思います。クリーンになったといえるのでしょうか?石油燃料との比較の問題でしょうか?硫黄などが出ないから?

(2) たとえば、メタノールなどをそのまま燃やす場合と、環境へのやさしさやエネルギー効率はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

MiJunです。

>メタノールをエネルギー源に使うことが、温暖化の解決になるのかな、ということですが。
確かに改質段階で発生しますが、元々がバイオマスで化石燃料とはことなり、メタノール分では(改質エネルギー源の問題もありますが)カーボンニュートラルと考えられます。
つまり、発生しても循環して吸収される訳ですから。
勿論メタノールをバイオマス以外の原料から製造した場合はカーボンニュートラルではなくなります。
⇒カーボンニュートラルの考え方で混乱しているのでは・・・?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報