年末に入籍を予定している大学院生(男)です。
学生のうちに何故入籍を?という問題はさて置いて頂き,
扶養に関して少々知識がまとまっていないところがあるので質問したいのですが,
1.私が妻を扶養する
2.妻が私を扶養する 
という,2つの選択肢があると思います。
#私が両親の扶養のままでいる, という選択もあるかと思いますが,
親の扶養は出た方が様々な面でメリットは大きいと理解しています。

収入の面では,
私はアルバイトをしていますが,年間103万円には届かない収入額です。
婚約者は学生ではなく,103万円を上回る収入はあります。

このような場合,1と2のどちらが良いのか教えて下さい。
質問の仕方が抽象的かもしれませんが,
御回答下されば随時補足していきたいと思いますので,
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 NO2の追加です。

国保への加入手続きですが、まずご主人が親の扶養から抜ける手続きをしてください。この理由としては「婚姻による」ことが理由となりますので、婚姻届をして新しい戸籍を作ってからの処理となります。親の加入している保険から抜ける手続きに必要な書類を、親に確認してください。同時に、親の医療保険から抜けた証明書が必要ですので、「健康保険離脱証明書」をもらってください。国保に加入する場合は、以前加入していた保険を確認するために、離脱証明書などの加入内容がわかる書類を提出しなければなりません。

 医療保険は空白が出来ないようにつないでいきますので、結婚の日=入籍日の前日まで親の扶養として、入籍日から国民健康保険に加入するように手続きをします。

 国保への加入は、住所地の役所の国保担当課に、印鑑、奥さんが使っている国保の保険証(世帯主が変更になり、氏名も変更になり、番号も変更になりますので返還します)、御主人の親の扶養から抜けた証明書を持参してください。5分程度で、新しい保険証が発行されます。あわせて、御主人の国民年金の資格変更手続きも、行ってください。
    • good
    • 1

 年間の保険税額、7~8万円はお二人での税額の見込みです。

所得にもよりますが、低い場合は割引制度があり、均等割と平等割が6割か7割引きになる制度があります。お二人の前年所得を合計して、33万円以下の場合は6か7割引。57万5千円以下の場合は、4か5割引。68万円以下の場合は2割引と言う制度になっています。割引率が2種類あるのは、市町村によって異なる方法を取っているからです。7~8万円より、もう少し安いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に御回答いただきまして,
誠にありがとうございました。
今後の我々については,
今回の件のみならず色々と勉強しなければならないことが多いとは思いますが,
独学では分からないことがあったら,またここで質問させていただきたいと思います。
その時はまたよろしく御指導くださいますようお願い致します。

お礼日時:2001/12/03 10:03

>入籍した場合,私は独自に健康保険に加入しなければならないと思います。



国民健康保険の場合、1世帯に一枚しか保険証が発行されませんから、貴方が世帯主となり新たに戸籍を作り、あなたの名義で国保に新規に加入して、奥様は家族として保険証に名前が載ります。
保険料は、お二人の前年の年収から計算され、その他に均等割りなどが加算されます。

手続には、今まで加入していた各々の国保から脱退したことを証明できる書類が必要になります。
今までと同じ市に住む場合は、現在の保険証を持参すれば証明書は要りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答頂きましてありがとうございました。
「独自に加入・・・」のくだりは,私の誤解でした。
夫婦で保険証は1枚ですよね。

お礼日時:2001/11/28 10:17

 奥様になられる方が国保で、ご主人になられる方が親の扶養の医療保険であれば、入籍後はお二人で世帯を構成し、戸籍もお二人の戸籍が作られることになります。

したがって、ご主人になられる方は親の扶養から外れることになります。

 奥様が社会保険でしたら、お二人のうちで所得が多いのは奥様ですので、奥様の扶養にご主人が入ることが出来ますが、奥様が国保であればお二人とも国保に加入することになります。国保税は、前年所得に対する所得割額+一世帯あたりの平等割額+一人当りの均等割額が2人分+それぞれの名義の固定資産があれば資産割額
の合計が年間保険税となります。なお、所得割の計算に当たっては、前年所得から給与所得の場合は35万円の基礎控除がありますので、給与収入が100万円までは国保税の計算に使う前年所得はゼロで計算されますので、お二人の年間の国保税は7~8万円程度かと思われます。(税率や額は市町村によって異なりますので、概算の数字です。)

 いずれにしても、入籍によりお二人で独立した生計を営むことになりますので、親の扶養からは税金面も医療保険も、外れることになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。
国保税年間7-8万円というのは,二人の合計額ですよね?

お礼日時:2001/11/28 10:14

バイトやサラリーマンの場合、1月から12月までの年収が103万円以下の場合、所得税は課税されません。


103万円を超えると所得税が課税されますが、扶養者(配偶者控除)一人につき38万円の控除(配偶者控除)が有ります。
従って、貴方が奥様の扶養者になると奥様の税金が軽減されますから、その方法が有利となります。

また、奥様が勤務先で社会保険に加入している場合は、健康保険についても貴方の年収が130万円以下なら、奥様の被扶養者になることが出来ます。

国民年金については、現在のまま継続することになります。

この回答への補足

婚約者は勤務先での社会保険には加入しておらず,国保に加入しています。親の扶養からは独立しています。
私は学生であり,親の扶養家族です。
なので入籍した場合,私は独自に健康保険に加入しなければならないと思います。
ただし,私のバイト料や妻の収入は多くないので,保険料はそんなに高くないと思うのですが・・・

補足日時:2001/11/27 23:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/27 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学生で親の扶養下にある息子が結婚する場合

4月に大学4年になる扶養下にある息子が今年末か来年早々に結婚する予定です。

来年の4月には就職しますがそれまでは親の戸籍から抜けても今まで通りに仕送りをします。

親の戸籍から抜けたら親は息子を扶養家族として扶養控除を受けられなくなるのでしょうか?老親の場合は別居でも実際に扶養していれば控除の対象になるとありますが・・・

また税制上、このような場合の婚姻届の提出時期は年末が得とか年初が得とかありますでしょうか?

どなたか詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

扶養控除は戸籍とは関係ありません。というより戸籍は別になっても親族であることに代わりはありません。
税法上の扶養控除は、別居していても「生計が一」であればよいことになっています。別居していても息子さんの所得が 38万円以下で、主たる生活費を親御さんが面倒を見ているなら、何の問題もなく扶養控除がもらえます。
ついでに、お嫁さんも所得が 38万円以下なら扶養家族にできます。

>税制上、このような場合の婚姻届の提出時期は年末が得とか年初が…

婚姻届は、税金がどうのこうの考えて提出時期を決めるのでなく、結婚の実態が始まったら出さねばなりません。
とはいえ、婚姻届が年末までに出されていたら、お嫁さんを扶養家族とすることもできます。息子さんは、前述のとおり、婚姻届の有無は関係ありません。

Q学生できちゃった結婚の保険

現在、私は付き合っていた彼女との間に子供ができ、5月に結婚をすることになりました。ですが、私は今大学4年生でこれから大学院に通わせてもらう身分です。また、彼女は1年間契約で働いていて、それがこの3月で終了し、来年1年は働かない予定で、両方の親に大学院に通うお金と生活費をいくらか払ってもらい、奨学金ももらいながら、彼女と二人で生活していく予定です。とりあえずこれから1年間の収入は親からの援助金と奨学金のみとなる予定です。
医療費などに保険を効かせるために、保険に入りたいのですが、私と彼女は親の社会保険の被扶養者に入ることができるのでしょうか?また、国民健康保険に二人とも入るべきなのでしょうか?私としましては、お金もないので安くすむ方を希望します。
保険のことは全く知らずに生活してきて、急にこのような展開になったので、できたら詳しい方の意見を聞かせてもらいたいです。また、検討違いのことを言っていたり、的確なアドバイスをするために私の提供する情報が足りない場合は、教えてもらえるとありがたいです。

Aベストアンサー

保険に関してですが、結婚されるのなら、gutzさんが筆頭者(世帯主)となり国民健康保険に加入されるのが一般的ではないでしょうか?
結婚後も親の保険に入り続けるなんて話は聞いた事がないです。

まず、gutzさんと婚約者さんが親御さんの社会保険から抜ける手続きを親に頼み会社の方でその手続きを取ってもらいます。
後々、ごたごたすると面倒なので5月に入籍なら4月の初めあたりに手続きをします。
1週間ぐらいで。会社の方から、社会保険資格消失証明書みたいなものを頂けますので、そしたら役所にそれを持って行き、gutzさんと彼女は、まだこの時点で籍は入れてないので個々に国民健康保険に入り、保険証を作ります。

そして、入籍の日。
話を聞く限り、彼女はgutzさんの扶養に入るわけですから、婚姻届を提出した後、扶養に入る手続きを国民健康保険課でします。
そうしますと、gutzさんの保険証に彼女の名前が加わりますので保険に関しては、これで大丈夫です。

保険料に関しては、gutzさんの前年の収入により決まりますので、前年の収入がないのであれば、おそらく今年の保険料は最低額の一人1300円。彼女の分と合わせて月2600円になるはずです。

出産にあたって、国民健康保険の方から出産費(名称は忘れました。)が約30万ほど出ます。出産後申請すればもらえます。
出産直前に7割程度前借りできたりする制度もありますので役所で聞いてみてください。

もしくは、子供が生まれるまで籍や保険をいじらずにいる方法もあります。彼女の親が社会保険に入っている場合、親の入っている社会保険から出産の際、30万ほどお金がもらえる制度ができました。(家族出産育児一時金)
今までは、加入者の配偶者(彼女の父が保険加入者なら彼女の母のこと)が出産した際にしか出産費は出ませんでしたが、その加入者の子供、(つまり彼女)にも適用できる決まりが最近できました。
ですが、彼女の親の立場等考えると親も会社の方に、この事を言いにくいだろうと思います。
社会保険で申請した方が出産費は国民健康保険より数万多くもらえる場合がありますが、そこまで親に迷惑かけるのもどうかと思います。


子供ができたのに、双方の親から援助を受けながら大学院に通う事自体おかしいのではないでしょうか?
子供ができて、産むと決めたのなら、きちんと自分で生計を立てるのがあたりまえの事ではないのでしょうか?
少し、考えが甘いです。
彼女の毎回の検診費だって合計すれば、最低10万はかかります。出産するにあったって服や小物等準備もしなくてはいけませんし。
絶対このままじゃうまくいきませんよ。
彼女だって、絶対不安に思っているはずです。

子供ができ、産むことを決めた時点からgutzさんは親になる、大人になるという心構え、準備をしなくてはいけません。
女って、お腹に赤ちゃんがいるのでだんだん大きくなってきます。だから余計に、親になるという自覚ができてきます。ですが、男はそういった自覚できるものが身近にないので精神年齢が低いとか言われているんです。

今、大4なら就活をしてください。
社会人となり、お金を稼ぎ、家庭を守れる力をつけてください。それでもやっぱり、若いから金銭的に大変といった時に初めて双方の親御さんの力を借りるわけです。

私は今19で子供がいます。18でデキ婚しすぐ別れてしましました。元旦那はまだ10代でgutzさんみたいに考えが甘い人でした。双方の親を頼りきった結果が今にあります。
私は人一倍自立心が強かったので、双方の親に頼り切っている元旦那を見て本当に情けなかったし、恥ずかしかっです。もっと、プライドをもって欲しかったです。

自分で家庭を養えないし、親の援助をアテにしているんだったら、結婚もしないで欲しいし、子供もおろしてください。そんな中途半端な親のところに生まれてくる子供が一番かわいそうです。

結婚、そして子供を育てる事ってそんな甘いもんではないです。私は18で出産し、離婚もして今は一人で働きながら子供を育てています。高校も子供ができたから中退し、資格、取柄、私には何もありません。
自分の今までの行動が招いた結果が今ここにあるのです。
子供には私の一生をかけて責任をとっていこうと毎日がんばっています。
私の話とgutzさんの場合は内容が違いますが、gutzさんにはこのような決意がおありですか?

家族のために、この先定年まで毎日働く、養っていく、責任を背負えますか?
家庭を持つってそういう事も含まれています。

子供ができました。じゃあ、結婚しましょうじゃないいんですよ。

どうしてもおろしたくないなら、きちんと行動で示してください。

きつい事を書きましたがよくお考えください。

保険に関してですが、結婚されるのなら、gutzさんが筆頭者(世帯主)となり国民健康保険に加入されるのが一般的ではないでしょうか?
結婚後も親の保険に入り続けるなんて話は聞いた事がないです。

まず、gutzさんと婚約者さんが親御さんの社会保険から抜ける手続きを親に頼み会社の方でその手続きを取ってもらいます。
後々、ごたごたすると面倒なので5月に入籍なら4月の初めあたりに手続きをします。
1週間ぐらいで。会社の方から、社会保険資格消失証明書みたいなものを頂けますので、そしたら役所にそれを...続きを読む

Q入籍後も親の扶養家族でいるのは可能か?

現在私は学生です。婚約中の彼女と入籍をしたいと思っているのですが、私は現在無収入なので、入籍後もしばらく親の扶養家族にとどまりたいのですが、こういったことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>彼女の方は収入があり、親の扶養家族ではありません。
私の友人でも同様でしたが、彼女が会社員か公務員で社会保険の健康保険に加入しているのであれば、彼女の扶養に入ればよいのでは?
当然配偶者なので入れます。私の友人はそうしていましたよ。この場合の特典は、ご質問者は国民年金3号被保険者になれるということです。
今は学生特例で免除しているかもしれませんが、これだと老齢年金の受給金額に反映しません。
でも配偶者の厚生年金or共済年金の扶養であれば、保険料は支払っているとして国民年金に加入できます。

これはよく会社員の奥さんがそうなのですが、これは男女差別はなく逆でもかまわないので。
健康保険の扶養と年金の扶養は連動していますので、健康保険の扶養にはいると自動的に年金の扶養にも入れます。
親の健康保険の扶養だと年金までは扶養には入れません。

もちろん彼女の保険料の負担は変わりません。扶養家族により保険料が変わることがないのが特徴ですから。

あと、税金の方も彼女の税金を減らす為にご質問者を配偶者控除としてやればよいかと。
(税金と社会保険の扶養は別物でそれぞれ手続が必要です)

彼女が社会保険に加入しているかわかりませんが、一応加入していた場合のために書いてみました。

>彼女の方は収入があり、親の扶養家族ではありません。
私の友人でも同様でしたが、彼女が会社員か公務員で社会保険の健康保険に加入しているのであれば、彼女の扶養に入ればよいのでは?
当然配偶者なので入れます。私の友人はそうしていましたよ。この場合の特典は、ご質問者は国民年金3号被保険者になれるということです。
今は学生特例で免除しているかもしれませんが、これだと老齢年金の受給金額に反映しません。
でも配偶者の厚生年金or共済年金の扶養であれば、保険料は支払っているとして国民年金...続きを読む

Q結婚をすると父親の扶養家族から外れるのですか?

はじめまして。私は20歳の大学生です。結婚しようと考えているのですが、今、父親の扶養家族になっている私は、扶養家族から外れるのでしょうか?
もし外れるのだとしたら、年が明けてから結婚した方がよいと思うのですが、どうでしょうか?
ちなみに、彼女は社会人で、自分で保険料や年金を払っています。彼女の扶養家族になることも検討中です。

Aベストアンサー

税金関係の扶養のことだけを考えると、

結婚しても、父親と子供が同一生計内ならば子供は父親の扶養親族になれます。むろん、妻の控除対象配偶者になることも出来ます。両方、同時になることは出来ません。

ただ、一族全体のことを考えると、父親の扶養から外れない方がいいです。(父親と妻の所得税率を共に10%とします)
(1)父親の扶養親族の場合、父親にとって質問者は特定扶養親族ですから、
・所得税では、63万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
630000×10%=63000円が節税
・住民税所得割では、45万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
450000×10%=45000円が節税
合計、63000+45000=108000円の節税になります。

(2)妻の控除対象配偶者の場合、
・所得税では、38万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
380000×10%=38000円が節税
・住民税所得割では、33万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
330000×10%=33000円が節税
合計、38000+33000=71000円の節税になります。

一族全体では、108000-71000=37000円だけ有利です。

今年結婚しようが、来年結婚しようが、話は同じです。

税金関係の扶養のことだけを考えると、

結婚しても、父親と子供が同一生計内ならば子供は父親の扶養親族になれます。むろん、妻の控除対象配偶者になることも出来ます。両方、同時になることは出来ません。

ただ、一族全体のことを考えると、父親の扶養から外れない方がいいです。(父親と妻の所得税率を共に10%とします)
(1)父親の扶養親族の場合、父親にとって質問者は特定扶養親族ですから、
・所得税では、63万円の扶養控除を受けることが出来ます。すると、
630000×10%=63000円が節税
・住民税...続きを読む

Q入籍後に親の扶養

入籍後も親の社会保険の扶養のままにするのは可能でしょうか?

現在親の社会保険の扶養に入ってます。
入籍する事になりました。
でき婚です。(でき婚についての批判はいらないです。)
現在お互い実家暮らしで、彼は社会保険に入ってます。

入籍後もわたしは出産までは実家で暮らすつもりなのですが
出産までには籍を入れたいです。
この場合保険は入籍後に彼の扶養に入るべきですか?
現在わたしは無職になり収入はありません。
貯金で生活費を払っていますが、実家に住む以上
親の収入で生活してるような物です。

無知ですみません。知恵を貸してください。

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

下記の扶養の条件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
《被扶養者の範囲》
1.被保険者と同居している必要がない者
・配偶者
・子、孫および弟妹
・父母、祖父母などの直系尊属
2.被保険者と同居していることが必要な者
・上記1.以外の3親等内の親族
(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
・内縁関係の配偶者の父母および子
(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

以上の条件をふまえると、
>この場合保険は入籍後に彼の扶養に
>入るべきですか?
1の条件となるのは入籍後となりますね。
2の条件では同居が必要です。

>現在わたしは無職になり収入はありません。
収入条件は特に問題はありませんが、
親御さんの扶養のまま継続され、
ご出産後落ち着かれてから変更されれば
よいと思います。

出産までの間に健康保険を変えられると
過渡期に通院や万が一時に面倒なことに
なりかねません。
そういう面で健康保険の変更タイミングを
お考えなさるのが最善かと思います。

ご健康でご無事の出産をお祈りします。

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

下記の扶養の条件にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
《被扶養者の範囲》
1.被保険者と同居している必要がない者
・配偶者
・子、孫および弟妹
・父母、祖父母などの直系尊属
2.被保険者と同居していることが必要な者
・上記1.以外の3親等内の親族
(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
・内縁関係の配偶者の父母および子
(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

以上の条件をふまえると、
>こ...続きを読む

Q男が学生、女が社会人の結婚

 大学4年生の男です。彼女は就職して2年になります。
つきあって3年になりますが、二人の貯金もそこそこ貯まったので
今年中に、入籍したいと思います。ですが、やはり自分は学生ですし、
入籍に関する知識がまったくないので、どういうものかわかりません。
例えば、戸籍上の問題、二人で住みたいのですが、世帯主は?とか
自分は彼女の扶養になるの?とか・・・。
そういった金銭的なことが知りたいです。
本当に無知なのでいろいろ教えてください。

Aベストアンサー

戸籍上の問題とは、世帯主に関してですか?
世帯主は、一家に2人いてもかまわないようです。
彼女が世帯主になり、shinyaさんが彼女の扶養家族でもかまわないでしょう。
彼女の扶養家族になれば、彼女は税金の面では減税されます。
健康保険証なども彼女の扶養家族となります。
その他は、彼女の仕事先で、どのような手当てがついてくるのかは、
彼女に聞いてみてください。
それと大学によっては、学生結婚することによって、
学費が下がる大学があると、以前に聞いたことがあります。
婚姻届には保証人2人が必要です。
お幸せに。

Q現在親の健康保険の扶養になっています。

現在親の健康保険の扶養になっています。
結婚したので本籍など旦那の実家に変更しました。
旦那は国民健康保険なので扶養にしてもらう手続きをするつもりなのですが、まだしてません(籍をいれて2ヶ月経ちます)

まだ扶養から外れていないのですが、外れる手続きをして国保に加入すると8月から請求がくるのでしょうか?
それとも籍をいれた6月からなのでしょうか?

詳しく説明お願いします。

Aベストアンサー

>まだ扶養から外れていないのですが、外れる手続きをして国保に加入すると8月から請求がくるのでしょうか?
>それとも籍をいれた6月からなのでしょうか?

貴女の親の健康保険の被保険者の資格を喪失した日の月からです。

貴女の親が勤務先の社会健康保険ならば、その健康保険組合などが被扶養者の資格を喪失したと認めた日の月からですね。婚姻日とは限りませんが、普通は婚姻日で扶養異動届を出し、そのまま認められるケースが多いです。

しかしながら、婚姻届を出しても新居が用意できるまで親の扶養のまま、ということで、住民票を異動させた日とするケースもあります。これもその日で扶養異動届を出せば大抵そのまま認められるでしょう。場合によっては戸籍謄本や婚姻届受理証明書や住民票の写しの提出を求められることもあります。

つまり、親の扶養を受けなくなったと親が報告をし、健康保険組合などが認めた「扶養の異動のあった日」が、被保険者の資格を喪失した日となります。保険料は月単位で脱退月は保険料はかかりません。従って、社会健康保険の被保険者の資格を喪失した次の日から国民健康保険には強制加入となり、加入月から保険料が請求されるのです。尚、国民健康保険の資格取得の手続には、それまでの被保険者資格喪失証明書が必要になりますので、あなたの親を通して、勤務先の健康保険組合等からもらってください。

もし貴女の親も国民健康保険だとしたら、それは住民票を異動させた日の月からです。国民健康保険は被扶養者という考えはしません。同じ住民票にあれば、その世帯主に保険料支払い義務があるのです。従って、その場合は転居又は転入日の月からの請求が来るということになります。

>まだ扶養から外れていないのですが、外れる手続きをして国保に加入すると8月から請求がくるのでしょうか?
>それとも籍をいれた6月からなのでしょうか?

貴女の親の健康保険の被保険者の資格を喪失した日の月からです。

貴女の親が勤務先の社会健康保険ならば、その健康保険組合などが被扶養者の資格を喪失したと認めた日の月からですね。婚姻日とは限りませんが、普通は婚姻日で扶養異動届を出し、そのまま認められるケースが多いです。

しかしながら、婚姻届を出しても新居が用意できるまで親の扶養のま...続きを読む

Q結婚して夫の扶養となり健康保険を切り替える時どのような書類が必要ですか?

今アルバイト生活で、国民健康保険を納めています。
来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが、
夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

会社に問い合わせるべきとは思いますが、
ちょっと事情があってできないので、
基本的な書類とか、大体で良いので教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

>来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが

夫(になる人)の扶養になれるということは確認済みなのでしょうか?
上記のように結婚してからも仕事を続けるのなら、収入の制限がありますし、また夫の健保がBであればロのように前年の収入によって判断するところだと、現在は無職・無収入でも前年の収入が130万を超えていれば扶養にはなれません。
ですからそこのところを確認しているかと言うことです。
なれるだろうで確認せずに、土壇場になってなれませんという事になると大慌てと言うことになりかねませんが、どうなのでしょうか?

>夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

一応扶養になれると仮定して。
夫の健康保険の扶養になれば、国民年金は第3号被保険者になれます。
第3号号被保険者は保険料はなしで、国民年金に加入できる制度です。
ですから夫の会社には少なくとも「健康保険扶養者(異動)届」、「国民年金第3号被保険者変更届」、それから質問者の方の年金手帳を提出することになります。

それから扶養になっても自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。

市区町村の役所に連絡して結婚して会社の扶養になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む

Q結婚してからも親の扶養に入っています。追徴金などとられますか

お願いします。現在結婚2年目です。会社で社会保険・健康保険はありません。現在、私は親の扶養で保険に加入しており、嫁と子供は嫁の職場の保険に加入しています。今度、嫁は退職することになり、私が親の扶養から抜け、独立し、嫁と子供を扶養家族とし、国民健康保険に加入しないといけないのですが、結婚してからの追徴金など発生しますでしょうか。
また、国民健康保険を自分・嫁・子供(2歳)で加入した場合、全国平均いくらくらいを支払うのでしょうか。

Aベストアンサー

親御さんは社会保険ですよね。
実際に扶養と認められれば問題はないのですが結婚していて云々なので実際はダメのようですね。

その間に医者にかかっていなければ特にお金を請求されることはないです。
ただし資格がないので前に遡って資格を取り消されるとそこから無保険状態ですから国保に加入する際にそこまで遡っての加入が必要になります。
(2年前まで。3年という自治体もあるそうです)

国保は扶養という考え方はなく、個人個人の前年度の収入と人数等によって保険料が決まり世帯主に請求されます。

ですからあなたとあなたの奥さんの収入それと自治体が最低わからないと金額はわかりません。

Q夫がアルバイト&学生になります。扶養者控除などは?

夫が1月よりアルバイトになりました。4月からはそれに加え学生にもなります。
私は年収400万の会社員です。配偶者控除や扶養者控除などは私の会社に申請すればよいのでしょうか?(この二つのこともよくわかってませんが) 夫のバイトは月7万~10万程度です。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>配偶者控除や扶養者控除などは私の会社に申請すればよいのでしょうか?

はい、そうなります。
勤務先の経理担当部署(担当者)に聞けば必要な手続きについて教えてもらえるはずです。

---
(詳細)

夫婦間で受けられる「所得控除」は、(扶養控除ではなく)「配偶者控除」です。

『No.1191 配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

「所得控除」は、一年が終了してから、「所得税の確定申告」で(税務署に)申告するのが原則です。

ただし、「給与所得者」の場合は、「給与所得者の扶養控除等申告書」で「配偶者控除」や「扶養控除」を【事前申告】することが認められています。(申告すると「源泉所得税」が減額されます。)

ただし、申告時点では、「年間の合計所得金額が【未確定】」ですから、「所得の見積額」が「見込み違い(所得オーバー)」になってしまった場合は、「給与所得者の扶養控除等【異動】申告書」で「訂正」します。(不足が生じた所得税は「年末調整」で清算されます。)

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
※この申告書は、申告する「所得控除」が【なくても】、「その年の最初に給与の支払を受ける日の前日」までに提出しなければなりません。(詳しくはリンク先の説明をご覧ください。)

>…夫のバイトは月7万~10万程度です。

年間で「84万円~120万円」の「収入」になります。
ただし、「配偶者控除」の要件は【年間の合計所得金額】ですから、「収入」から「所得(税法上の儲け)」を求める必要があります。

「所得の求め方」は「所得の種類」によって違っています。

『所得の種類と課税のしくみ』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319.htm
※「アルバイト」=「給与所得」、「源泉徴収あり」=「給与所得」ではありませんのでご注意ください。

仮に、「給与所得」の場合は、「所得金額」が「19万円~55万円」になりますので、【他に所得がなければ】、「年間の合計所得金額」も「19万円~55万円」ということになります。

『[PDF] 年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2011/pdf/73-81.pdf

---
「年間の合計所得金額 19万円~55万円」の場合は、「配偶控除」、または、「配偶者【特別】控除」が申告できます。

『No.1195 配偶者特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

「配偶者【特別】控除」も、年が明けてから、「所得税の確定申告」で申告するのが原則ですが、「年末時点で年間の合計所得金額が確定している」のであれば、勤務先の「年末調整」の際に申告すること【も】可能です。

『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

---
(備考1.)

ご主人自身は、以下の要件を満たすと「勤労学生控除」という「所得控除」が申告できます。

『No.1175 勤労学生控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

「勤労学生控除」も【給与所得者であれば】「給与所得者の扶養控除等申告書」で【事前申告】することが可能です。

※「所得控除」が増えても「所得金額」そのものは変わりませんのでご注意ください。

---
(備考2.)

(ご存知かとは思いますが、)「健康保険の被扶養者」および「国民年金の第3号被保険者」の制度は、「税金の優遇策」である「配偶者控除」や「扶養控除」とは【無関係】です。

*******
(参考情報)

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の目安です。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『税金から差し引かれる金額(税額控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html
『No.2030 還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm

『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『報酬?給与?所得の区分がグダグダだと?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14559/

---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>配偶者控除や扶養者控除などは私の会社に申請すればよいのでしょうか?

はい、そうなります。
勤務先の経理担当部署(担当者)に聞けば必要な手続きについて教えてもらえるはずです。

---
(詳細)

夫婦間で受けられる「所得控除」は、(扶養控除ではなく)「配偶者控除」です。

『No.1191 配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

「所得控除」は、一年が終了してから、「所得税の確定申告」で(税務署に)申告するのが原則です。

ただし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング