セルロースにDNAを固定化するときに、UV(紫外線)を照射するとプロトコールにありました。化学的に、どことどこが結合しているのですか?ご存じの方、どうかお教え下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 直接の回答ではありませんが,回答が付かないようですので参考にでもなればと思い回答いたします。



 DNA のメタノ-ル溶液を UV 照射すると,塩基部分のオレフィンにメタノ-ルがラジカル付加するそうです。今の場合も同じ反応が起こっているのではないでしょうか。

 古いですが,以下の成書をご覧になってみて下さい。

「化学モノグラフ20 有機光化学」松浦輝男 著,化学同人,1970年

「化学の領域増刊93 有機光化学」松浦輝男・野崎 一 編集,南江堂,1970年

「化学総説 No.33 有機光化学の新展開 電子移動反応」日本化学会 編,学会出版センタ-,1982年
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございいました。
早速、お教えいただいた本を探します。

お礼日時:2001/12/13 08:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】紫外線に反応する塗料の落とし方を教えてください。 紫外線に反応する塗料を落とす化学的な方法を

【化学】紫外線に反応する塗料の落とし方を教えてください。


紫外線に反応する塗料を落とす化学的な方法を教えてください。

あと皮膚に触れても害がないものをお願いします。

Aベストアンサー

http://item.rakuten.co.jp/goldstar/r232-15-6745/
http://okwave.jp/qa/q4197519.html
上記参考にどうぞ

QUV(UV洗浄)を銀に照射すると、変色したり、表面がボロボロになるのはなぜ?

こんにちは。

UV洗浄機でUVを銀に照射すると、しばらくすると色が黒っぽく変わって、ボロボロに剥がれてしまいます。

その後加熱すると、元の銀色に戻ります。

銀の酸化・還元反応らしいことは判ったのですが、どのようなメカニズムで、どのような反応が起きているのかが判りません?

どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

酸素の励起・活性化による酸化の他に、紫外線による光励起で表面に微粒子銀が発生している可能性もあります。
こちらの反応が起こっているとすると、アルゴン雰囲気で行っても黒化してしまいます。
(その場合も、「こちらだけ」かどうかは、黒化の様子の比較をしてみないとわかりませんが)

   hν
Ag → Ag^+ + e^- (酸化)
Ag^+ + e^- → Ag (還元)

酸化還元により表面が荒らされれば黒色となり、加熱によって再度平滑化されれば銀色に戻ります。
(銀鏡反応で生じた金属銀をガラス側ではなく銀側から見た場合、銀(の一部)が黒色に見えるのと同じです。なお、微粒子銀は不安定なため、銀の融点より低い温度でも形状変化を起こし得ます)

Q銀箔への紫外線照射について

化学素人なんですが、仕事でこんな実験を行っています。
木の板に銀箔を施し、その後水銀ランプによる紫外線照射を行い、変色の様子を見る。といった内容です。
紫外線の波長はUV-A(具体的な数値は忘れました・・)で、まず3時間ほど照射してみたんですが、表面はすぐ黄色く変色していました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1654730.htmlの質問も閲覧してみましたが、黒っぽくなってはいないので、恐らく硫化が原因となる変色だと思います。根拠はこちらのサイトからです→http://www.nakagawa-tokyo.co.jp/japan/knowlages/0510_silver_discolor/index.htm
変色の原因が硫化である事を前提に質問しますが、なぜ紫外線を照射すると銀箔表面が硫化するんでしょうか?メカニズムがよく分かりません。他にも酸化や過熱によるものもありそうですが・・・。なにぶん化学素人なので想像がつきません。ご存知の方是非ご教授ください。(出来れば小学生レベルの言葉でお願いします・・・)

Aベストアンサー

1) 化学専門でなくても色々な分野で経験すればその分野の化学の素人ではありません、 あなたの
経験、実習、観察は化学専門でも、その分野でなければ、素人と同じですので、自身をもって下さい
2) さてUV A 照射 ですが、ご存知のように、UV エネルギーは非常に強く(無論その強度にもよりますが)
皮膚にさらすと、蛋白質がじょじょに崩壊し、その変性が生じ、皮膚ガン、DNA ダメッジなどがよく知られ
ています、
3) このようにUVの照射は銀表面にある種々の分子の不安定性をまして、結合力などの弱い分子は
破壊されて、一部はラジカル( 酸素、 硫黄など)になり、この反応性の高いラジカルが銀表面と反応スルト
考えたら、銀表面では入射と反射のUVでさらに強く その反応はわずかでしょうが1-2-3時間も照射
すれば色の違いはわかるでしょう、その色の物質量は酸化物、硫化物でもナノグラム単位でしょうが
目でその違いがわかるはずです、
4) このようにUV照射による化学反応はラジカル反応が主です、 UV ラッカー ナドもコノ反応、オゾン層の反応

5) 目や皮膚にきをつけて、
5) 参照 Google ---> UV ーー> Wikipedia ナド ( English, Deutsch, 日本語(この説明はフ充分)

1) 化学専門でなくても色々な分野で経験すればその分野の化学の素人ではありません、 あなたの
経験、実習、観察は化学専門でも、その分野でなければ、素人と同じですので、自身をもって下さい
2) さてUV A 照射 ですが、ご存知のように、UV エネルギーは非常に強く(無論その強度にもよりますが)
皮膚にさらすと、蛋白質がじょじょに崩壊し、その変性が生じ、皮膚ガン、DNA ダメッジなどがよく知られ
ています、
3) このようにUVの照射は銀表面にある種々の分子の不安定性をまして、結合力などの弱い分...続きを読む

Qグルコース溶液は紫外線の照射で劣化する?

50%ブドウ糖水溶液を紫外線下で保管した場合、劣化はおきるのでしょうか?よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

紫外線の波長と容器の種類によります。

Q化学の1次結合,2次結合について

教科書には1次結合はイオン結合,共有結合,金属結合で2次結合は水素結合,ファンデルワールス力とありますが,キレート結合は1次結合,2次結合として分類できる類のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそもの話として、一般的な化学の世界では使わない言い方ですね。
調べてみますと、接着剤の業界で使われる言葉のようですが、「結合」というからといって「化学結合」を分類するような言葉ではないようです。

まあ、要するに、一般的に化学結合と認識されるようなものを一次結合、分子間力と認識されるものを二次結合と分類しているようです。そういう認識であれば、「1次結合はイオン結合,共有結合,金属結合で2次結合は水素結合,ファンデルワールス力」という認識は妥当でしょう。基礎化学屋は不満を持つでしょうけどね。
で、そういう前提であれば、キレートというのは、基本的には配位結合であり、配位結合は共有結合の親戚のようなもので、決して、分子間力ではありませんから、一次結合ということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報