すごく記憶があやふやで申し訳ないですが・・・

10年ほど前に読んだ少女漫画なんですが、タイトルが
わからないので読みたいのに探せません。

記憶に残っているのは
・主人公の女の子は大食らいだけど、キャベツだけたべれない
・敵キャラに左右反対に書く「K」というのがいた。
・約10年前に「りぼん」か「なかよし」(多分。違う可能性もあります)で連載されていた。

キャラなどの固有名詞が全然出てこないのでさがせないんです。どなたか知っていましたら宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あまり自信がないのですが・・・。



それは、もしかしたらフラワーコミックス(だったと思います)から出ている聖鈴子さんの「タイムリミット!新菜(ニーナ)」ではないでしょうか?全7巻で、最終巻は1991年1月26日に出ているようです。・・・10年前ですよね?

で、内容はというと、とにかく食欲旺盛の新菜が超能力研究会?のようなクラブに入ってて、たくさん食べた時に超能力を発揮できるようになり、敵と戦うという話です。結構シリアスな場面もあるようですが、ギャグマンガと言ってもよいのかも・・・?ラブコメディという感じなのかな?

>敵キャラに左右反対に書く「K」というのがいた
これに、いまいち確証が持てなかったのですが、先日偶然古本屋で見かけまして、パラパラと見てみたところ・・・いました!!敵キャラは「K」ではなく「B」の左右反対でした。でも、キャベツだけ食べれないというエピソードはちょっと見つけられなかったので・・・本当にこれなのかどうかは自信ないです。ごめんなさい。

ちなみに主人公・新菜の口癖・・・というか笑い声は「くまかかか」でした(笑)。聞き覚えありませんか???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

多分それだと思います。フラワーコミックスも読んでますので(「くまかかか」もなんか記憶にあるし^^)

さっそく古本屋を巡ってきます。

すごく読みたかった作品だったので・・・。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/28 09:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多分、10年ぐらい前のりぼんかなかよしの漫画

こういう話があったと思いますが思い出せないので、判った方がいましたら教えて下さい!

・話は、バレンタインデーの回だった。
・主人公(女の子)は、好きな人にチョコを作ったけど失敗or何らかの形でそのチョコを渡せない状態にしてしまう。
・そのため、家にあったアルファベットチョコで文字を組み合わせて、ラッピングした物を渡す。
・その文字は確か、告白(I love you のような感じで)を示す物だった。

あまり情報少ないかもしれませんが、よろしくお願いします!
(多分、りぼんかなかよしだったと思います)

Aベストアンサー

どうにもこうにも、現物が手元にないので確認できないのですが・・・、
アルファベットチョコを前に悩むシーンが頭の中によみがえってきました。

「わたしのあきらくん」(しらいしあい)

の中の話にそんなのがあったように思うのです。(たしか「りぼん」掲載だったはず)
ただ、この漫画って15年以上前のものなんですよねぇ・・・
それにこの頃の漫画をかなり読んでたので、どこかで記憶がごちゃまでになってるかも!?
だから、自信なしです。
懐かしさのあまり回答してしまいましたが、曖昧な情報でごめんなさい。

Q「りぼん」とか「なかよし」って、恋の話しかないんですか? この前少し読ませてもらったときに、恋の話し

「りぼん」とか「なかよし」って、恋の話しかないんですか?
この前少し読ませてもらったときに、恋の話しかなくて。
すごいくだらない質問だと思うんですけど、誰か分かる人いませんか?

Aベストアンサー

恋愛ものが多いですが
時期によってはホラー枠があったり、ギャグ枠があったり
スポーツ物や友情もの、ファンタジーがあったりとしてきたので。
どれもまあ多少は恋愛からみますが
長い目で見たらそうでもないですが。
ただ恋愛ものはやっぱり多いですよね
去年も絶叫学級とかホラーものあったような…

Q姫ちゃんのりぼんやママレードボーイの時代のりぼんっ子です! あの時代のりぼんの漫画が大好きでした!

姫ちゃんのりぼんやママレードボーイの時代のりぼんっ子です!
あの時代のりぼんの漫画が大好きでした!
その世代の方に質問です。りぼんの漫画、何が好きでしたか?

Aベストアンサー

断然「星の瞳のシルエット(柊あおい)」ですね。
これが一番ですね。

あと、短編ですけど、谷川史子の「きみのことすきなんだ」です。これは別冊だったかな?

Q「りぼん」「なかよし」に載っていた作品、作者を教えてください

最近、自分が昔よく読んでいて面白かったものを読みたいなと思っているのですが、ぼやっとは覚えている程度で、作者の名前が出てこなかったり、タイトルが出てこなかったりで、皆さんに教えていただけたらと思いました。
りぼん、なかよし、に載っていたもので、皆さんの好きな作品、作者を教えていただけますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

りぼん限定で。
その昔、姉の読んでいたりぼんを暇に任せて読み初め、そのうち自分でコミックスを揃えて読んでました(苦笑。
さすがに最近の作品には疎いですが。


大昔の話になりますが、千明初美さんという作家がいらっしゃいました。
非常に独特の感性を持つかたで、その作品は必ずしも全てが傑作ではないのですが、個人的に非常に惹かれるものがあり未だに覚えています。
以前に古本屋で傑作集3冊の揃いを見つけて、宝物のようにしています。

 『蕗子の春』
 『いちじくの恋』
 『バイエルの調べ』

ちなみに、千明初美さんの「先生と2年E組」にインスパイアされた、つうか、はっきり言ってぱくってできた作品が大島弓子さんの「あまのかぐやま」だったりします(笑。

まぁ、「千明初美を大島弓子が料理するとこうなるのか!」と感心しましたけれども。


時代が下って、

一条ゆかりさん、清原なつのさん、池野恋さん、あたりはメジャーすぎてコメントすることなし。
谷川史子さん、この方も独特の感性が魅力でした。
柊あおいさん、これはもう、いかにも「りぼん」の大作家。
「星の瞳のシルエット」大好きでした。
彩花みんさん、「赤ずきんちゃちゃ」で一世を風靡。
同様に矢沢あいさん、「天使なんかじゃない」。


そして、この人の名を忘れてはいけない、

岡田あーみんさん

いやぁ、大好きでした(大笑い。
「お父さんは心配性」もすごかったですが、「ルナティック雑技団」のキレっぷりは凄まじかった。
あと、長期連載の合間に描いた短編も案外いいものがありましたねぇ。

りぼん限定で。
その昔、姉の読んでいたりぼんを暇に任せて読み初め、そのうち自分でコミックスを揃えて読んでました(苦笑。
さすがに最近の作品には疎いですが。


大昔の話になりますが、千明初美さんという作家がいらっしゃいました。
非常に独特の感性を持つかたで、その作品は必ずしも全てが傑作ではないのですが、個人的に非常に惹かれるものがあり未だに覚えています。
以前に古本屋で傑作集3冊の揃いを見つけて、宝物のようにしています。

 『蕗子の春』
 『いちじくの恋』
 『バイエルの...続きを読む

Q15年位前の、りぼんかなかよしのよみきり漫画

15年位前に、りぼんかなかよし(もしかしたらマーガレット)に掲載
された、読みきり(もしかしたら短期集中連載)の漫画を探しています。
手がかりは、
・主人公の女の子は映画の字幕をつくる仕事に就きたいという夢がある。
・普段は思っていることを口に出せないが、あるときいじめっ子(?)の
 女の子相手に、英語のスラングを使ってとっても口に出せないような
 ことをまくしたてる。
見た覚えがあるという方、書き込みお願いします。
最終的には、どのコミックに収録されているかが知りたいです。

Aベストアンサー

15年も前でもないし、読みきり作品でもないのですが、私が思いついたのは麻生みことの「天然素材で行こう」です。
これはLaLaDXにて5~6年間ほど、読み切り連載されており、最近完結しました。コミックスも白泉社の花とゆめコミックスから出ています。
主人公、亀岡二美は映画の字幕の仕事に就くために映画の字幕を隠して見て、英語を勉強しているという設定でした。ある時、口論(?)か何かで興奮してスラングが出てしまう(普段映画で見慣れてるので、こういう言葉がとっさに出たとか)というシーンも確かにありましたが…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報