パートで平成8年10月1日から働いて13年12月25日で退職予定です。
5年3ヶ月になりますが実際に保険に加入したのが何年になるのか教えて下さい。
給料の〆が25日で翌5日支払いです。
平成8年12月分から雇用保険が差し引かれています。
教育訓練給付制度を利用したいと思っているので5年以上になるでしょうか?
又5年以内の時は何時まで在籍していればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

雇用保険料を支払った期間が加入期間ですから、5年1ケ月になります。


一番正確には、手元に有る「雇用保険被保険者証」に記載されている、資格取得日が加入した日ですから、それから計算してください。

その結果、5年を超えていれば、教育訓練給付制度を利用できます。
教育訓練給付制度の詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/anteikyoku/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答をありがとうございます。
手元に「雇用保険被保険者証」がない為、確認が出来なく困っていました。
これで安心して退職し、次のステップに進むことが出来ます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/27 23:36

確認は職安で出来ます。

職安ですぐに確認できますので、該当するか否か、確認してみて下さい。少しでも足りないとだめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。
調べてみます。

お礼日時:2001/11/28 09:14

>手元に「雇用保険被保険者証」がない為、確認が出来なく困っていました。



「雇用保険被保険者証」は会社に預けて有りませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、ありがとうございます。
そうです。
会社が持っているのです。
聞くのが嫌なので他の調べ方はないのか模索していました。
職安にも聞こうかと思っていましたが直接出向かないといけないのでは?
表向きは自主退社ですが本当は解雇なのです。

お礼日時:2001/11/28 09:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者雇用促進法(平成25年4月1日施行の法律)解釈について教えて下さい。

平成25年4月1日から就労を希望する者全員を65歳まで雇用することが義務づけられました。大方の会社は3択のうち雇用継続を選択しています。理由は、(特別)社労士さんや顧問弁護士の言われる”就業規則にもあるように定年退職は満60歳だからその時点で労働契約は終わっている。従って、続けて労働するには新しい労働契約を結び就労することになる、その時点で労働条件を変更できるので有利”と言うことです。この解釈に対する判例はありませんが、そうなのでしょうか?昭和63年3月14日の労働省の指導では継続勤務とは、労働契約の存続期間、すなわち在籍期間をいう。定年退職による退職者を引き続き嘱託等として再採用している場合(所定の退職手当を支給した場合を含む)を含む。労働基準監督署に問い合わせても継続勤務の解釈は今も同じだそうです。この継続勤務の考え方と雇用継続の先生方の解釈はちゃんと整合しているのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

もう1点。

「継続勤務の意義」でしたら、第39条年次有給休暇の勤続年数にからめた解説に出てきます。内容は先に回答した通り。他の条にでてくるかは検索機能がないので保留します。

Q給料の支払いが15日〆で翌月25日支払いってルール違反では?

パートで働いていますが、契約書にタイトルのような
内容が書かれていますが、労働基準法違反では?
法では月1回以上支払いとなっていますが、どのように解釈すれば?

Aベストアンサー

当然違反ですよ。
1月16日から2月15日までの賃金が3月25日に払われる、ということは最大2ヶ月以上賃金支払いが空くことになりますから、毎月1回以上支払いの原則に違反します。
監督署に言えば指導対象になる筈です。

Q6年くらい前の平成16年に欠格期間一年の免許取消しになり、平成17年に

6年くらい前の平成16年に欠格期間一年の免許取消しになり、平成17年には再取得できる状況にあったんですが、仕事も忙しく車に乗る事もなかったので、 取らずに月日が流れました。しかし先日講習も済ませ、大特~大型一種を無事取得したんですが、ここで何点かお聞きしたく、書かせて頂きます。
免取りからの再取得だと、前歴は1だと思うんですが、その前歴1はいつどうすれば0になるのですか?
あとよく過去三年以内の違反とか表現ありますが、自分はすぐ取らなかったせいもあって約6年たってるので、過去三年は該当しないんでしょうか?いろんなパターンがあり、もしかして過去三年以内にはなんにもしてないので、前歴も0かなとか、いろいろ考えています。
こういった事情に詳しい方、教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

行政処分に該当した場合の前歴とは過去3年以内の免停・取り消しを言います。
http://rules.rjq.jp/gyosei.html

免許取り消しに該当した場合のは過去5年以内に取り消し処分を受けてる場合は欠格期間2年延長されます。
http://rules.rjq.jp/torikeshi.html

1年間無事故違反で過ごして、取り消し処分歴は3年間残ります。
もう6年経ってますからどちらにも該当しませんから、前歴「0回」っと考えれば良いです。

Q平成15年4月23日 最高裁大法定判決について

今日国民審査の公報が、届きました。その中に上記の判例がありました。素人の私には意味がわかりません。
どなたか解説を、お願いします。
 委託を受けて占有する不動産に先に無断で抵当権を設定し、その後他へ売却した場合、売却した場合は横領罪にあたり、検察官は売却行為について起訴することができる。
この場合、起訴していない抵当権設定行為は、審理の対象とはならないので、売却行為がいわゆる不可罰的事後行為
にはならないとして、これに反する昭和31年の最高裁判決を変更した。
質問1.売却がだめで、抵当権設定はいいんですか?
質問2.不可罰的事後行為とは、どういう意味ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 参考URLのページがとても参考になりそうです。
 法律雑誌とかにも載ってるような重要な判例がほかにもあります。
 
>質問1.売却がだめで、抵当権設定はいいんですか?
 ここのページの方の解説では「そもそも抵当権設定行為が横領に該たるかどうかが怪しいところである。横領罪の保護法益は所有権であるところ,受託不動産に抵当権を設定しただけでは委託者の所有権は未だ侵害されておらず,せいぜい背任罪が成立するだけだと思われるからである。(中略)どうせなら,抵当権設定行為を横領罪とする点も判例変更してくれればよかったのにと思ってたりする。」
 とあるので抵当権設定行為を横領罪とする点は判例変更がなかったようです。

>質問2.不可罰的事後行為とは、どういう意味ですか?
 これは「状態犯」の場合、事後の行為で(=今回は売却行為)、それだけとっても別罪を構成しているように見えても(=売却行為は横領)、元の構成要件の違法評価に包含されている(=すでに抵当権設定の段階で評価が尽きている)ため別罪としては成立しないものを指す言葉です。
 今回判例変更された「昭和31年判決」は抵当権設定行為に後行する不動産売却行為を「不可罰的事後行為」として別に横領罪は成立しないとしたものでした。
 
 「本判決は,「罪数評価にかかわらず」後行する目的物の売却にかかる横領罪だけを訴因として起訴しても適法であるとしただけで,その罪数評価については,何も述べなかった。」と解説のページにあるように、最高裁は「先行の抵当権設定行為が存在することは,後行の所有権移転行為について犯罪の成立自体を妨げる事情にはならないと解するのが相当」とするも、それらの別個に成立した横領罪が罪数評価でどのように扱われるかは説示していません。
 

参考URL:http://www.kenslabo.com/law/precedent/index.php?task=detail&id=259975&subject=cns&category=all&lawname=all&listmax=10&ta

 参考URLのページがとても参考になりそうです。
 法律雑誌とかにも載ってるような重要な判例がほかにもあります。
 
>質問1.売却がだめで、抵当権設定はいいんですか?
 ここのページの方の解説では「そもそも抵当権設定行為が横領に該たるかどうかが怪しいところである。横領罪の保護法益は所有権であるところ,受託不動産に抵当権を設定しただけでは委託者の所有権は未だ侵害されておらず,せいぜい背任罪が成立するだけだと思われるからである。(中略)どうせなら,抵当権設定行為を横領罪とす...続きを読む

Q東京地裁平成21年3月13日判決

東京地裁平成21年3月13日判決、借主が商人であっても、その実質を分析して、商行為ではないと判断された判例だとある弁護士から教えていただきました。しかし、私の代理人弁護士が判例ソフトを検索してもこの判例が見つからないそうです。日付けの誤りでもあるのでしょうか。私達はこの判例を裁判で活用をしようとしています。この判例の出所などを詳しくお分かりの方がおられましたら、お願いですから教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

裁判年月日 平成21年 3月13日 裁判所名 東京地裁 裁判区分 判決
事件番号 平20(ワ)17115号
事件名 保証債務等請求事件

◆原告は、被告が代表取締役を勤める会社に対し、被告を連帯保証人として、金員を貸し付けたと主張して、原告が被告に対して、貸付金の返還を請求した事案において、被告は、本件貸付けは、主債務者が株式会社であり、商行為であるから、貸金債権は商事消滅事時効により消滅していると主張したものの、本件は、もっぱら被告の個人的信用及び依頼に基づいて貸付けをしたものと思料され、本件貸付けは、名義人は被告の関与する会社とはいうものの、実質は被告個人に対する貸付けであり、商行為ではない から、消滅時効の主張は理由がないとして、請求を認容した事例

このことだと思われます。
判例ソフトによっては引っかからないのかな??


人気Q&Aランキング

おすすめ情報