PC-300はUSB接続ということですがそのほかにはどこが違うのでしょうか?
リアルタイム入力用にどちらかを購入しようと思ってるのですが迷ってます。
同じ49鍵盤ですが少し値段も違うし・・・。
USB接続は何か利点があるのでしょうか?
音源はSCー8850をUSB接続する予定です。

他に何かお勧めのキーボードがあれば教えてください。
鍵盤は最低49鍵欲しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

USBだと、直接パソコンにつなげることが可能なので、あまり周りがごちゃごちゃしないで済むという利点があります。


また、ふつうのMIDIキーボードのようにMIDIインターフェイスとか用意しなくて、いいという事があげられます。
でも、僕はあまり USBのキーボードとかは、あまりすきではありません。
あまり一般的なシステムが構築できないですしね・・・。
やっぱり、PC→MIDIインターフェイス→マスターキーボードと、つなぐのがベストだと思います。オーディオ扱うときにもオーディオインターフェイスにブスッとさせますし・・・。
でも、結論からいえばどっちでもいいんじゃないですか?
好みの問題です。
ほかには Rolandの製品としてはXPシリーズなんかもいいと思います。
でも、音源を別に持ってらっしゃるなら、特にXP使うことないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱり好みの問題ですか。
だったらとりあえずPC-70かな。

実はXP60、持ってたりするんですよ。
今は弟が県外へ持っていってて家にはないのですが・・・。
これがあれば音源は買う必要がないのでしょうか?
XP60を音源として使うということですよね・・・?
SC-8850を購入予定なのですが。
音はGM音源を主に使うのでSC-8850はいらないのでは?
と思ったりするけど色々といじって遊びたいし、後悔するのがイヤなのでいいものを買っておこうかなと。
XP60とSC-8850、どちらがよいのでしょうか?
また質問していまいすいません。(汗)

お礼日時:2001/12/05 20:38

直接質問とは関係無いかもしれませんが


USB接続では、苦い経験があります。

Roland S-MPU64をLogic Audioで使っていたのですが、
オーディオファイル再生の時、LRが逆転したり
ノイズが乗ったり大変でした。
YAMAHA UX256でも同様でした。
全てのUSBがそうという訳ではなく、emagic社の製品は
大丈夫でした。
ドライバに原因があるようです。

以上はLOGIC AUDIOで使えば、という話ですが。

AUDIOファイルをお使いにならない(MIDIオンリー)のであれば、
USBでも全く問題無いと思います。

http://www.midia.co.jp/のサポートの
LOGIC HDR全般をご参照下さい。

参考URL:http://www.midia.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

今のところ、Audioファイルを使う予定はありません。
音源はUSB接続をした方が良い、と言うのを
どこかで聞いたか読んだのでそうしようと思ったのです。

お礼日時:2001/12/07 20:59

そうですか。

XP持ってらっしゃるんですか・・・。私もXP-30持ってます。
XPは好きなんですけど、やっぱりSC8850のほうが音色数も多いし、いろいろいじって遊ぶにはSCの方がいいんじゃないですか?もちろん、XP-60を音源として使えばいいのですが用は用途によるという事だと思います。
ライブなんかで生演奏するには鍵盤ついてたほうがいいし、DTMのみでつかうならば別についてなくてもねー・・・というのが前提としてあって、そしてカタログなどで機能を比較すればいいわけです。ネットでもかなり詳しく解説されてるので
よく分かると思います。
まあ、僕の場合は、マスターとして本格タッチの電子ピアノ(ちなみにYAMAHA)とXP-30とNodeLead(Claviaのやつ)+SCD-70+各インターフェイス+ミキサー+Mac(ここ重要、やっぱり気分的にWinよりMac)みたいなかんじですけど・・・・・・。
結論としては、一番ベストなのは、
(1)金かけないコース
弟さんから、XPをとりもどす。そして兼用。
(2)ちょっとお金かけるコース
SC-8850を買い、弟さんから取り戻したxpをマスターに!!
(3)懐あったかいぜコース。
PC-70とSC-8850を買う。
のどれかでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

本格タッチの電子ピアノ、いいですね。
本物の楽器で演奏しているように聞かせることを追求していきたいので、ピアノ曲などを作る場合一番理想的だと思うけど場所と予算の都合が・・・って状態です。(苦笑)
とりあえずXP-60は弟に持って帰ってきてくれるよう交渉しなければ。(笑)
それからどうするか考えます。
色々とありがとうございました。

お礼日時:2001/12/06 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMIDIキーボードで簡単セットで演奏

MIDIキーボードがあるのでwinXPに繋いでピアノの練習をしたいのですが、無料のソフトか何かで、簡単に音が出せるようなソフトありますか?
立ち上げたらもうピアノとして使えるような、、、セッティングが複雑なのだとちょっとわかりません。

Aベストアンサー

http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/music/midi/
ベクター softライブラリー
-----------
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/sequencer/msproducer.html
窓の杜 (soft DL)
-------------
softは↑此処でFreeやシェアウエアー等あります。


-----------------
ですが、キーボードでPCで演奏するには(手入力なら問題無い)音源がsoft音源だと、キーを抑えた時と音が出るまでに時間差が有って聞き難いです。本格的に使うなら(ハード音源が必要です)

QMIDI音源モジュールのおすすめ品をm(_ _)m

どのジャンルでお聴きしていいか、とりあえずこのジャンルに再質問ですm(_ _)m

PCでmidi音源を再生、オディアヘッドフォンで聴いたり、パート別再生したりで聴いていますが、音の不自然さにヤになっちゃいます。
Windowsの既定デバイスMicrosoft GS Wavetable SW Synthで、YAMAHAのmidplayerでの再生環境ですが、古い安物でいいので、音源モジュールで、特にピアノの音色ナチュラル再生はどういう機種を、どういうつなぎ方や再生MP3変換に録音?するとか聴けるようにすればいいでしょうか?

まるきりこの手の機材に無知識なので、よろしくご教示いただければ幸いですm(_ _)m

Aベストアンサー

シーケンサソフトや録音ソフトに関しては、Windowsユーザではないので詳しくありません。

音源に関しては、ハッキリ言ってめちゃくちゃややこしいので、どこで妥協するかを決める必要があります。

MIDI音源というのは、「1台1台が独自規格」といって良いほどいい加減なものです。最も基本となるGM規格は128音色しか規定されていないため、1990年代初頭にローランドとヤマハがそれぞれ独自の拡張規格GSとXGを作りました。しかし、おなじ「GS規格のMIDI音源」といっても、モデルごとに微妙に差があるため、たとえば「GS規格の音源A」を前提に作られたMIDIファイルを「GS規格の音源B」で再生すると、100%同じ音にはなりません。

一部のXG音源にはGS互換モードが、また一部のGS音源にはXG互換モードが搭載されていますが、普通は「GS音源AとBの差」よりも違いが大きくなります。

また、Rolandの場合、ある時期を境に事実上GS規格を放棄してしまったので、新しいから良いとも言えない状況です(というと聞こえが悪いですが、要するにMIDI音源の時代ではなくなったので拘るのを止めた訳です)。

このほか、近い時期に発売された機種なのに同じバンクに別の音色が割り当てられているといった問題もあるため(有名な例ではSC-8850とSC-8820)、MIDI音源を用意すれば万事OKという訳にはいきません。

いちばん無難なのは、XG音源でありながらGSフォーマットに正式対応したYamaha MU1000/2000か、GS音源でありながらXGフォーマットに互換性のあるSC-88pro/8850辺りでしょう。MIDI音源としては最も完成された製品なので、中古品の球数も豊富です。ただし、安くても2万円くらいはする上、(通信カラオケを除けば)いまさらMIDI音源という時代でもないので、視聴目的だけだとちょっと高すぎる気がします。

比較的安いところだと、GS初号機のSC-55mk2か(XG互換性なし)、XG初号機のMU80がGS互換モードを備えています。いずれも1万円くらいで手に入るでしょう。

なお、オークションはもちろん、中古販売店でもいい加減なところは少なくないので、自分で良否が判断できないのであれば多少高くても信頼のおける店で購入することをお勧めします。

音質に関しては、少なくともリアルな音ではありません。たとえばSC-8850のピアノ音色の波形容量は4MBですが、今日のシンセサイザーだとその10倍から1000倍近い容量があるので、比べるべくもありません。ただ、悪い音という訳でもなくて、プロのクリエーターでも使い続けている人はいます。

パソコンとの接続は、USB端子がある場合はそれで、ない場合はMIDI端子で行います。当然、パソコンにはMIDI入出力がないので、USB/MIDIインターフェイスを使うことになります(1in/1outで3000円くらいから)。当時はシリアルポート接続が一般的でしたが、今どきのパソコンには搭載されていない方が多いでしょう。

MP3に変換するには、MIDI音源の音声出力をパソコンに繋いで、録音し、必要なら変換することになります。パソコンの音声入力がマイク端子しかない場合、直接繋ぐと音源にダメージを与えるので、外付けのオーディオデバイスが必要です(安物で3000円くらい、DTM用で1~3万円くらい)。

シーケンサソフトや録音ソフトに関しては、Windowsユーザではないので詳しくありません。

音源に関しては、ハッキリ言ってめちゃくちゃややこしいので、どこで妥協するかを決める必要があります。

MIDI音源というのは、「1台1台が独自規格」といって良いほどいい加減なものです。最も基本となるGM規格は128音色しか規定されていないため、1990年代初頭にローランドとヤマハがそれぞれ独自の拡張規格GSとXGを作りました。しかし、おなじ「GS規格のMIDI音源」といっても、モデルごとに微妙に差があるため、たとえ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報